第四次聖杯戦争に参加したサーヴァントの宝具まとめ【Fate/Zero】

『Fate/Zero』では冬木市で行われた第四次聖杯戦争の模様が描かれている。いかなる願いでも叶えられる万能の願望機「聖杯」を巡り、サーヴァントたちが宝具という切り札を用いて熱い戦いを繰り広げた。宝具の開放、使用は伝説や神話の再現とほぼ同義であり、『Fateシリーズ』の作品における一番の見どころである。

アーチャー

王の財宝【ゲート・オブ・バビロン】

出典: blogs.yahoo.co.jp

ギルガメッシュについて!! - 生きているのなら神様にだって見せて ...

ランク:E~A++

バビロニアの宝物庫と、それに繋がる鍵剣。
持ち主の蔵と空間を繋げる能力を持つ。蔵も中身も所有者の財の量に準ずるため、何もない人が使っても何の意味もない。
ギルガメッシュは生前自分の蔵に「宝具の原典」を含めた大量の財宝を収めており、王の財宝でそれらを空間を繋げて自在に取り出したり、射出することが出来る。

天地乖離す開闢の星【エヌマ・エリシュ】

出典: hp.0zero.jp

ギルガメッシュ(エア・弱) [メインコンテンツ] Fateアップローダー

ランク:EX

かつて混沌とした世界から天地を分けた究極の一撃。彼が「エア」「乖離剣」と呼ぶ、無銘にして究極の剣から放たれる空間切断。風の断層は擬似的な時空断層までも生み出す。ギルガメッシュ曰く、「生命の記憶の原初であり、この星の最古の姿、地獄の再現」。威力は「王の財宝」内の宝具によるバックアップを受ければ、さらに上昇する。最強クラスでランクA++(概算で瞬間的にAの三倍)の「約束された勝利の剣」と激突しても、互いに相殺されながらもなお上回る威力。
ライダーとの決戦で、対界宝具の名に恥じず「王の軍勢」の固有結界を時空切断し、軍勢をなすすべもなく一撃で粉砕している。
尚、真名解放中に起こる風で武器が吹き散らされる為、「王の財宝」の武器射出との併用はできない。

天の鎖【エルキドゥ】

「神を律する」と謳われる鎖。伝承において神獣「天の雄牛」を捕らえた。
数少ない「対神兵装」のひとつで、相手の神性が高い相手ほど制約・拘束力が高まる。
しかし、いくら縛り上げたところで相手を無力化できるわけではない。ちなみに神性を持たないものにとっては少々頑丈な鎖。

グラム

魔剣・太陽剣。北欧神話における選定の剣であり、ヴォルスング・サガに登場する北欧最大の英雄シグルドが所有した。ドイツの叙事詩『ニーベルングの指輪』ではバルムンクの名で呼ばれる。
「最強の聖剣」に匹敵する「最強の魔剣」であり、竜殺しの特性も有する。竜の因子を持つ騎士王にとってはまさに天敵。

絶世の名剣【デュランダル】

フランスの叙事詩『ローランの歌』に登場する、決して折れないという逸話を持つ「不滅の聖剣」。
シャルルマーニュ十二勇士の筆頭、聖騎士ローランが所有し、もとは王が天使から授かったという。
三つの奇跡を持ち、所有者の魔力が尽きても切れ味を落とさない輝煌の剣。

ハルペー

ギリシャ神話に名高い英雄、ペルセウスの所有した女怪殺しの神剣。不死の相手に絶大な効果をもたらし、かつてメドゥーサの首を斬った一振り。鎌とも剣とも言われる。
「屈折延命」という不死系の特殊能力を無効化する神聖スキルを有し、この剣でつけられた傷は、自然ならざる回復・復元ができなくなる(自然の理にかなう治療は可能)。

ヴァジュラ

古代インド神話に伝わる雷神インドラの神格象徴の一つ。一度限りの射出宝具で、ダメージ数値はB+に相当する。所有者の魔力とは関係なくダメージ数値を出すお手軽兵装。

ダインスレフ

ニーベルンゲンの魔剣。北欧の英雄・シグルドを殺した一族に伝わるもので、元々はファフニール竜が収集していたもの。
強力な「報復」の呪いを持つ。
聖剣・魔剣の類は、栄光と破滅を両立させるものだが、この剣の持ち主の運命は破滅のみが与えられるという。

ヴィマーナ

古代インドの二大叙事詩「ラーマーヤナ」「マハーバーラタ」に登場する飛行装置。黄金とエメラルドで形成された空飛ぶ舟。輝舟。
水銀を燃料とする太陽水晶によって太陽エネルギーを発生させ駆動する。舵輪を備えているが、操作には必ずしもそれを用いなければならないというわけではない模様。
叙事詩において「思考と同じ速度で天を駆ける」と謳われ、その挙動は通常の航空機の縛りには捕らわれず、物理法則の範疇外。
劇中にて、バーサーカーの魔力に侵されたF15Jとドッグファイトを繰り広げた。

アサシン

cojicoji_0601
cojicoji_0601
@cojicoji_0601

Related Articles関連記事

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説・考察まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Grand Order(FGO)のネタバレ解説・考察まとめ

「Fate/Grand Order」とは2015年に配信を開始したスマートフォン用アプリゲーム。原作は2004年に発表されたゲーム「Fate/stay night」で、Fateシリーズのキャラクターや今作のオリジナルキャラなどを召喚して戦うRPG。2016年の年末に第一部のストーリーが完結し、大きな話題となった。その後も動きがあるたびに話題を呼ぶ大人気ゲーム。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

Fateシリーズのサーヴァントまとめ

『Fateシリーズ』とは、TYPE-MOONによる『Fate/stay night』を始めとしたゲーム、アニメ、漫画などの作品の総称である。どんな願いでも叶うという「聖杯」を求める魔術師たちのバトルロワイヤル「聖杯戦争」やそれに関わる人々を描く。 サーヴァントは魔術師が聖杯戦争のために呼び出す使い魔であり、莫大な魔力によって構成される。本来、呼び出される英霊や幻霊などは使い魔として扱うには手に余るため、クラスという器に押し込めている。

Read Article

Fate/Zeroのマスター・サーヴァントの解説まとめ

Fate/Zeroのマスター・サーヴァントの解説まとめ

『Fate/Zero』は冬木市で行われた第四次聖杯戦争の模様を描いた作品である。『Fate/stay night』の第五次聖杯戦争に直接つながる物語であり、『Fate/stay night』にも登場するセイバーや言峰綺礼、遠坂凛・間桐桜の父である遠坂時臣の活躍を見ることができる。 ここでは『Fate/Zero』に登場したマスター・サーヴァントをまとめた。

Read Article

令呪(Fate/Zero)のデザイン・スリーブまとめ

令呪(Fate/Zero)のデザイン・スリーブまとめ

令呪は『Fateシリーズ』における、「聖杯」に与えられるマスターの資格である。腕のどこかに3画の聖痕として現れ、3回まで自らのサーヴァントに絶対的な命令を下すことができる。デザインは個人によって異なり、命令をするごとに1画ずつ消えていく。ここでは『Fate/Zero』に登場するマスターたちの、令呪のスリーブの画像をまとめた。

Read Article

【金剣】アーチャー(ギルガメッシュ)とセイバー(アルトリア)のカップリングイラストまとめ【Fate/Zero】

【金剣】アーチャー(ギルガメッシュ)とセイバー(アルトリア)のカップリングイラストまとめ【Fate/Zero】

『Fate/Zero』に登場するアーチャーは英雄王として知られるギルガメッシュである。当初は他のサーヴァントに興味を持たなかったが、やがてかつての朋友エルキドゥを連想させるセイバー(アルトリア・ペンドラゴン)に対して邪な思いを抱くようになり、幾度となく求婚する。一方のセイバーはギルガメッシュに苦手意識を抱いており、求婚もバッサリと切り捨てている。

Read Article

Fate/Zeroの女性キャラクターの壁紙・画像まとめ【ヒロインから脇役まで!】

Fate/Zeroの女性キャラクターの壁紙・画像まとめ【ヒロインから脇役まで!】

『Fate/Zero』では冬木市で行われる第四次聖杯戦争の模様が描かれる。その戦争に向けて衛宮切嗣、妻アイリスフィール・フォン・アインツベルンの呼び出したサーヴァントが、少女剣士のセイバーである。またその他にも切嗣とアイリの娘イリヤ、助手の久宇舞弥といった女性キャラクターが登場する。 ここではFate/Zeroの女性キャラクターの壁紙・画像をまとめた。

Read Article

桜のために戦う男!間桐雁夜の徹底解説・考察まとめ【Fate/Zero】

桜のために戦う男!間桐雁夜の徹底解説・考察まとめ【Fate/Zero】

『Fate/Zero』に登場する間桐雁夜は、間桐の魔術を嫌って家を出奔した過去を持つ。しかし幼馴染の遠坂時臣と葵の娘・桜が間桐の養子となったことを知ると、桜を間桐のおぞましい魔術から解放するために家に戻る。そして当主の臓硯と交渉した結果、桜の解放を交換条件に、第四次聖杯戦争に臨むことになった。

Read Article

言峰綺礼(Fate/Zero)のイラスト・画像まとめ【Zero峰・ヤング綺礼】

言峰綺礼(Fate/Zero)のイラスト・画像まとめ【Zero峰・ヤング綺礼】

『Fate/Zero』に登場する言峰綺礼は、アサシンのマスターとして第四次聖杯戦争に参戦したキャラクターである。『Fate/stay night』の時よりも10年近く若いことから、「Zero峰」や「ヤング綺礼」とも呼ばれる。魔術師・遠坂時臣の弟子であり、聖杯戦争において表向きは敵対しつつも裏では結託して彼を補佐していた。

Read Article

【槍姫】ディルムッド(ランサー)とグラニア姫のカップリングイラストまとめ【Fate/Zero】

【槍姫】ディルムッド(ランサー)とグラニア姫のカップリングイラストまとめ【Fate/Zero】

ディルムッド・オディナは『Fate/Zero』に登場するランサーのサーヴァントである。 ディルムッドはケルト神話におけるフィオナ騎士団の筆頭騎士で、生前、彼にとってグラニア姫は主君であるフィン・マックールの婚約者だった。だがある時ディルムッドはグラニア姫を誤って魅了してしまい、ゲッシュ(制約)により駆け落ちを強制される。名誉を試すゲッシュと忠義の狭間で悩んだ末に、ディルムッドは姫の愛に応える道を選んだ。

Read Article

【槍剣】ランサー(ディルムッド)とセイバー(アルトリア)のカップリングイラストまとめ【Fate/Zero】

【槍剣】ランサー(ディルムッド)とセイバー(アルトリア)のカップリングイラストまとめ【Fate/Zero】

『Fate/Zero』に登場するランサー(ディルムッド・オディナ)とセイバー(アルトリア・ペンドラゴン)は、第四次聖杯戦争で争った間柄である。最初に戦って以来、好敵手としてお互いを認め合い、時には共闘することもあった。最後は一騎打ちの最中に、衛宮切嗣の策によりランサーが自害。騎士同士の戦いは不完全燃焼に終わってしまった。

Read Article

アイリスフィール・フォン・アインツベルンのイラスト・画像まとめ【Fate/Zero】

アイリスフィール・フォン・アインツベルンのイラスト・画像まとめ【Fate/Zero】

アイリスフィール・フォン・アインツベルンは『Fate/Zero』に登場する衛宮切嗣の妻である。「聖杯」を体内に内蔵したホムンクルスであり、サーヴァントが消滅し「聖杯」が本来の機能を取り戻していくごとに、生体機能や人格が消滅してしまう運命にある。しかし彼女はそれを知っていながらも、切嗣と娘のイリヤスフィールのために最後まで戦った。

Read Article

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Fate/Zero)のかわいい壁紙・画像まとめ

イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(Fate/Zero)のかわいい壁紙・画像まとめ

『Fate/Zero』の第1話では、イリヤスフィール・フォン・アインツベルン(通称イリヤ)が父の切嗣と共に、幸せなひと時を過ごす様子が描かれている。切嗣は娘のことを愛していたが、アインツベルン家の意向で第四次聖杯戦争以後会うことが出来なくなってしまった。そしてイリヤはアインツベルン家に、切嗣に対する憎悪を植え付けられる。切嗣はイリヤに会うことができぬまま他界。イリヤにとって第1話での親子の触れ合いが、父と過ごした最後の温かい記憶となった。

Read Article

第四次聖杯戦争に参戦したサーヴァント(英霊)の歴史・来歴まとめ【Fate/Zero】

第四次聖杯戦争に参戦したサーヴァント(英霊)の歴史・来歴まとめ【Fate/Zero】

『Fateシリーズ』に登場するサーヴァントは、聖杯の助けを得たマスターによって召喚・使役される「英霊」である。英霊は人類史や神話・伝承において偉大な功績を上げており、死後もなお人々の信仰の対象とされている。ここでは『Fate/Zero』に登場するサーヴァントの生前の歴史・来歴をまとめた。

Read Article

サーヴァント(Fate/Zero)の元ネタ・モデル・出典まとめ

サーヴァント(Fate/Zero)の元ネタ・モデル・出典まとめ

『Fateシリーズ』に登場するサーヴァントは聖杯の助けを得たマスターによって召喚・使役される「英霊」である。実在したかどうかにかかわらず、人類史や神話・伝承において偉大な功績をあげ、死後もなお人々の信仰の対象とされる英雄の霊格が「英霊」となる。 ここでは『Fate/Zero』に登場するサーヴァントの元ネタ・モデル・出典をまとめた。

Read Article

目次 - Contents