Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀(サンファン)のネタバレ解説まとめ

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』とは、日台合同企画の武侠ファンタジー人形劇。『魔法少女まどか☆マギカ』などでおなじみの虚淵玄が原案と脚本、総監修を担当し、台湾の民間芸能である人形劇「布袋劇」をベースに、新しい形の人形劇を作り上げた日台合同映像企画である。実際に人間が人形を動かすアナログな手法とCGなどを使った演出を融合させた新しい「布袋劇」となっている。無双の力を発揮するといわれている武器群・神海魔械(しんかいまかい)をめぐって繰り広げられる武侠ファンタジー人形劇だ。

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』の概要

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』とは、日台合同企画の武侠ファンタジー人形劇である。『魔法少女まどか☆マギカ』などでおなじみの虚淵玄が原案と脚本、総監修を担当し、台湾の民間芸能である人形劇「布袋劇」をベースに、新しい形の人形劇を作り上げた日台合同映像企画作品である。台湾の伝統人形劇「布袋劇」にほれ込んだ虚淵玄が、日本であまり知られていないことに気づき、虚淵玄自身が原案・脚本・総監修をつとめ、キャラクターなどは彼が所属するニトロプラスがデザインを担当。人形の造形の制作などはグッドスマイルカンパニーが、そして『PSYCHO-PASSサイコパス』や数々の作品などで楽曲提供をしてきた澤野弘之がタッグを組み制作した、新しい形の人形劇だ。実際に人間が人形を操り、時には人形を投げたり、表情なども細かく動かせるのに加えてCGでも演出するなどアナログとデジタルの融合が素晴らしい作品となっている。
2016年7月8日から第1期の放送がスタートし同年9月に終了したが、それと同時に続編の発表もされた。コミカライズなど数々のメディアミックス展開がされ、2017年4月には小説 『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀 外伝』が発売された。その中で、アニメ第1期の前日譚である「殺無生編」に加え、虚淵玄書き下ろしの「殤不患」のエピソードも合わせた『Thunderbolt Fantasy 生死一劍』が2017年12月2日より劇場公開となった。また2019年10月25日にはアニメ本編にも登場する「浪巫謠」の過去を描いた劇場作品2作目『Thunderbolt Fantasy 西幽玹歌』が公開。また、宝塚歌劇団によって制作発表がされたのち、2018年8月から星組台湾公演「異次元武侠ミュージカル『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』」と銘打って舞台化され話題になった。同年10月から第2期である『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀2』も放送された。その最終回で第3期の制作決定と告知がされ、ますます今後の展開に注目したい。

『Thunderbolt Fantasy 東離劍遊紀』のあらすじ・ストーリー

東離劍遊紀(第1期)

追手から逃げる兄・丹衡(右)、妹・丹翡(左)

かつて魔界の軍勢が人間を滅ぼそうと起こした戦争「窮暮之戰(きゅうぼのせん)」で、一つの国だったが西幽と東離は二つの国に分かれ、呪いがかけられ行き来ができなくなっていた。人間たちは魔軍に対抗するため鍛造した武器群・神海魔械(しんかいまかい)を用い東離に平和を取り戻した。神海魔械は護印師たちによって守られてきた。その中でも最強の武器と言われる「天刑劔」を、神海魔械を監視する役目を担った護印師である丹衡(タンコウ)、丹翡(タンヒ)兄妹は守ってきたが、蔑天骸(ベツテンガイ)率いる玄鬼宗(ゲンキシュウ)によって奪われようとしていた。

蔑天骸に攻撃を受ける丹衡

激しい戦闘の末、丹衡は妹を逃がすため蔑天骸の攻撃をその身で受ける。そして天刑劔の柄を奪われてしまった。

七罪塔へ向け仲間を招集

残凶の無残な姿を目の当たりにする蔑天骸

一方、雨に濡れた旅人・殤不患(ショウフカン)は、煙管をくゆらせた美少年・鬼鳥(キチョウ)と出会った。殤不患は玄鬼宗から逃げてきた丹翡を助けたのだ。丹翡は気を失い、雨が降る中大きな木の下で鬼鳥はこの娘は護印師の一族だと殤不患に説明する。しかしその折、丹翡を追ってきた玄鬼宗の一人、残凶の襲撃に遭う。「この少女の災厄はまだ終わったわけではない」と鬼鳥が言う中、彼が得意とする幻術で残凶を惑わすのだった。そして殤不患もまた残凶に圧倒的な力を見せた。そして残凶は自らの首を斬り、魔界の使い魔である魑翼に自らの頭部を七罪塔に持ち帰らせたのだ。

狩雲霄の矢が獵魅の足元に刺さる

意識を取り戻した丹翡は自分の護印師としての役目と、同じく護印師であった兄の仇を打つために鬼鳥と行動を共にする。別行動をしていた殤不患は蔑天骸の部下である獵魅と玄鬼宗から襲撃を受けるが、どこからともなく飛んできた矢と鬼鳥に招集された捲殘雲によって玄鬼宗を一掃。矢を放ったのは彼もまた鬼鳥によって集められた狩雲霄だった。

鬼鳥の前に現れた刑亥

鬼鳥から招集された二人を加え、奇縁により導かれた一行は、蔑天骸の居城である七罪塔(しちざいとう)がある魔脊山(ませきざん)の3つの関門を突破できるよう一流の布陣をそろえるため、鬼鳥は夜魔の森でもう一人仲間にしようと考えていた。死霊術の達人・刑亥(ケイガイ)である。

廉耆の前に現れた殺無生

最初は鬼鳥を殺しかねないほどの剣幕だったが刑亥は「天刑劔の封印が解かれると聞いては捨て置けぬ」と手のひらを返したように協力を申し出たのだ。あとは無銀寺で落ち合うことになっている廉耆が持つ、吹き鳴らせば正しい道が分かるという迴靈笛がそろうだけと鬼鳥は言ったが、しかし街道では「鳴鳳決殺」と名高い殺無生が待ち構えていた。鬼鳥の居場所を知る者すべてを殺してかかる殺無生に廉耆は応戦。しかし力及ばず命尽きるのであった。そして殺無生は迴靈笛を奪ったのである。

殺無生を取り囲む刑亥たち

無銀寺にたどり着いた一行は、七罪塔にたどり着くのに必要な笛・迴靈笛を吹いている殺無生と出会う。殺無生は鬼鳥と過去に因縁があり、彼を殺すためだけに旅をしていたのだ。鬼鳥に手出しはさせまいと狩雲霄と捲殘雲は我先にと殺無生に攻撃を仕掛けるが、刑亥含めた3人がかりでもまったく歯が立たず、一時撤退となる。

殺無生に旅への同行を提案する鬼鳥

鬼鳥は策を巡らせていたが、一人で殺無生のもとに出向いた殤不患。戦闘になりかけたが鬼鳥の幻惑によって水を差されたのであった。そんな鬼鳥は殺無生に対して迴靈笛は持っていて構わないと言い、そのうえで魔脊山まで一緒に来ないかと殺無生を誘う。そして無事に闇の迷宮を攻略できたなら、鬼鳥自身の首を差し出すと言い出したのだ。

いざ、七罪塔へ

魔脊山に向かう一行

殺無生を含めた一行は船に乗り、魔脊山へ向かっていた。しかしそこに待ち受けていたのは獵魅含めた玄鬼宗の集団だった。そして殺無生と捲殘雲は見事な連携によって獵魅を討ったが、突然現れた蔑天骸によって場は混乱、しかし運よく見逃してもらったのだ。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

GODZILLA 怪獣惑星(Godzilla: Planet of the Monsters)のネタバレ解説まとめ

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。 人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

監視官 常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)のネタバレ解説まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、Production I.G制作による日本のアニメ。「監視官 常守朱」はフジテレビ「ノイタミナ」にて、2012年10月から2013年3月まで放送されたテレビアニメ第1期のコミック化。人間のあらゆる感情が数値化される「シビュラシステム」で計られた数値によってストレスの少ない社会となった日本の公安局の人々の活躍・苦悩を描く。

Read Article

アルドノア・ゼロ(Aldnoah.Zero)のネタバレ解説まとめ

『アルドノア・ゼロ』とは、A-1 Pictures・TROYCAによって共同制作されたオリジナルロボットアニメーションである。分割2クールで、第1クールは2014年7月から9月まで、第2クールは2015年1月から3月まで放映された。 地球人と火星人の戦争を描いている。地球人である界塚伊奈帆と地球人でありながら火星人に仕えるスレイン・トロイヤード、この2人の主人公と火星の皇女が戦争の行方を大きく変えていく。

Read Article

Fate/Zero(フェイト ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

目次 - Contents