GODZILLA 怪獣惑星(Godzilla: Planet of the Monsters)のネタバレ解説まとめ

150383255251620249179

『GODZILLA 怪獣惑星』とは1954年から続く怪獣映画「ゴジラ」を原作としたアニメ映画作品。脚本は虚淵玄、監督は静野孔文、瀬下寛之。
人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持ったゴジラによって半世紀に渡り敗走を重ねた人類は、種全体の存続のため宇宙への脱出を余儀なくされる。22年後、再び地球を人類の手に取り戻すため、主人公ハルオを筆頭にゴジラと戦う様を描く。

『GODZILLA 怪獣惑星』の概要

『GODZILLA』(ゴジラ)は、ポリゴン・ピクチュアズ制作による日本の長編アニメーション映画。ゴジラシリーズ第30~32作目にして、初の長編アニメーション映画作品となる。脚本に虚淵玄らを起用し、「アニメならではのスケールでゴジラを描く」ことをコンセプトに作成されている。
ホバーバイクによる空中戦やゴジラの重量感ある描写など、実写映画では表現が難しいシーンを取り入れ、新たなゴジラ映画の可能性を示している。
過去作品とのストーリーの繋がりは無いが、人類と怪獣の半世紀に渡る戦いの様子を描いた今作品の前日譚となる小説「GODZILLA 怪獣黙示録」が発売されている。

地球上に出現した巨大生物「怪獣」、その中でも圧倒的な力を持つ「ゴジラ」に人類は敗走を続け、種全体の存続のために一部の人間と、同盟を結んでいた異星人種「エクシフ」と「ビルサルド」と共に宇宙へと脱出する。
しかし、人類生存に適した星は見つからずハルオが立案した「対ゴジラ戦術」がリークされたこともあり、人類は地球帰還を決定する。
亜空間航行を続けていた人類が地球に帰還すると、地球では2万年の歳月か経過していた。

全3部作構成で、今作品である第1章『GODZILLA 怪獣惑星』が2017年11月17日に、第2章『GODZILLA 決戦機動増殖都市』が2018年5月18日に公開されている。第3章『GODZILLA 星を喰う者』は2018年11月に公開。

『GODZILLA 怪獣惑星』のあらすじ・ストーリー

人類は環境変化が原因で地球上に出現した巨大生物「怪獣」の脅威に晒されるようになった。その中でも圧倒的な力を持った「ゴジラ」によって、人類はおろかほかの怪獣すらも駆逐され、半世紀に渡り敗走を重ねた。
ゴジラ討伐の対価として地球に住まわせてほしいと交渉してきた異星人種「エクシフ」と「ビルサルド」との共闘も空しく、ゴジラを倒すことはできなかった。
人類は種全体の存続を図り、一部の人間を別の星に移住させる計画を立案する。
幼少期のハルオは宇宙船に乗り込む直前に両親がゴジラの襲撃で死んでしまう様を目撃しており、それ以来ゴジラに対し異様な執念を抱いている。

1

地球上に出現したゴジラ

それから22年後、宇宙船は人類が在住可能な星を探し続け、11.9光年彼方の惑星くじら座タウ星eへと到着する。しかし、そこは人類生存に適さない星であった。
中央委員会はタウ星eへの移住志願者を集めるが、それは宇宙船の食料などの物資消費を減らすためであり、実質的には人類全体のために犠牲になってほしいというものであった。主人公ハルオは、自分たちが生き残るために仲間を追い出すという中央委員会の決定に反発し揚陸艇に籠城するが、移住志願者の一人で育ての親でもあるダイチによって、宇宙船での生活はもう老体には限界でありせめて死ぬなら大地の上で死にたい、と説得され拘束される。そして志願者の乗った揚陸艇は宇宙船を出発するが、タウ星eに上陸する前に事故によって爆発するのだった。

%e3%82%ad%e3%83%a3%e3%83%97%e3%83%81%e3%83%a3

篭城するハルオを説得する志願者のダイチ

今後の目的地が定まらない中、ハルオはエクシフの軍属神官メトフィエスの協力によって立案した「対ゴジラ戦術」をリークし、船員の地球帰還の意思を高める。亜空間航行により地球では長い年月が経っているためゴジラはもういないかもしれないという期待もあり、中央委員会は地球帰還を決断し長距離亜空間航行を用いて地球付近へと帰還するが、地球では約2万年もの歳月が経過していた。さらに未だゴジラは生存しており地球帰還を諦めようとする中央委員会だったが、メトフィエスの後押しでハルオの戦術が採用されゴジラ討伐のための部隊派遣が決定する。

2

リークされた対ゴジラ戦術の論文

保釈されたハルオはゴジラ討伐部隊の一員として地球へと上陸し、討伐の準備と変わり果てた地球環境の調査をするが、ゴジラ捜索予定だったリーランド率いる部隊が小型怪獣セルヴァムに襲われ甚大な被害を被ってしまう。リーランドは即時撤退を提案するがそのための揚陸艇は全て損傷しており、撤退のためには作戦通り仲間部隊と合流する必要があった。仲間部隊との合流後に撤退を試みるが、合流途中でゴジラと遭遇。ハルオは対ゴジラ戦術の要となるゴジラが纏う非対称性透過シールドの電磁パルスパターンを解析するために単身ゴジラに挑むが、ホバーバイクの火力ではシールドを発生させられなかった。ハルオは上空から捨て身の特攻を試みるが、直前でリーランドが多脚砲台によって支援することによってシールドが発生し、電磁パルスパターンの解析に成功する。ゴジラはリーランドの操縦する多脚砲台に熱線を放ち、リーランドは殉職してしまう。

3

ホバーバイクで特攻するハルオ

ゴジラから逃れたハルオは、リーランドの殉職によって指揮権を掌握したメトフィエスから指揮権を委譲され、ビルサルドの技術士官ムルエル・ガルグと共に作戦の続行を決定する。多くの犠牲を出しながらもゴジラのシールドを無効化することに成功し、ゴジラを撃破する。しかし、撃破したゴジラは2万年前のものとは別個体ではないかと環境生物学者マーティンに指摘され、その直後かつて人類を宇宙に追いやり、その間成長を続け300メートル以上にまで成長した「ゴジラ・アース」が出現する。ハルオは部隊に退避を命じつつ陽動を試みるが、ゴジラ・アースの圧倒的な力に瞬く間に壊滅させられのだった。

4

地中に潜っていたゴジラ・アース

その後目を覚ましたハルオは、謎の少女ミアナに介抱されていた。

『GODZILLA 怪獣惑星』の登場人物・キャラクター

ハルオ・サカキ(CV:宮野真守、洲崎綾(幼少期))

Maxresdefault

本作の主人公、階級は大尉。地球脱出の直前に両親がゴジラの襲撃に巻き込まれる様子を目撃しており、ゴジラを倒すことに並々ならぬ熱意を持っている。
揚陸艇に篭城した罪で第一級反逆罪で拘束されているなか、メトフィエスから与えられたアラトラム号の機密データを元に対ゴジラ戦術を執筆した。
メトフィエスの進言によって保釈され地球降下にも参加し、リーランドの殉職後はリーダーとしてゴジラ討伐の指揮をとった。

ユウコ・タニ(CV:花澤香菜)

Godzilla03

宇宙船内で生まれ育ったハルオの幼なじみで、階級は曹長。揚陸艇の爆発事故についてハルオに話を聞くために地球降下部隊に志願し、リーランドからハルオのお目付役を任された。兵器開発と操縦技術に長けており、ゴジラとの戦闘ではパワードスーツ部隊に参加し、ハルオと共にその最終段階となるEMPプローブスピアの打ち込みを行う。

メトフィエス(CV:櫻井孝宏)

Godzilla02

異星人「エクシフ」出身の軍属神官。階級は中佐。エクシフの長であるエンダルフに代わって教団を運営しており、その人格と博愛主義から人種を越えた人望がある。ハルオの理解者であり、ハルオこそがゴジラと対峙する英雄にふさわしいと考えている。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

監視官 常守朱(PSYCHO-PASS サイコパス)のネタバレ解説まとめ

『PSYCHO-PASS サイコパス』は、Production I.G制作による日本のアニメ。「監視官 常守朱」はフジテレビ「ノイタミナ」にて、2012年10月から2013年3月まで放送されたテレビアニメ第1期のコミック化。人間のあらゆる感情が数値化される「シビュラシステム」で計られた数値によってストレスの少ない社会となった日本の公安局の人々の活躍・苦悩を描く。

Read Article

ゴジラVSキングギドラ(Godzilla vs. King Ghidorah)のネタバレ解説まとめ

キャッチコピーは「お前だけには絶対負けない!」、「世紀末、最大の戦いが始まった。」、「12・14決戦!」。 「ゴジラvsキングギドラ」は、1991年12月14日に公開されたゴジラシリーズ第18作目で、東宝創立60周年記念作品。 ゴジラのライバルである人気怪獣キングギドラが再登場し、ゴジラとの戦いを描いた怪獣映画。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

Fate/Zero(フェイト・ゼロ)のネタバレ解説まとめ

『Fate/Zero』とはニトロプラスの虚淵玄の伝奇ライトノベル、及びそこから派生したアニメと漫画作品である。 「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り、7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦い、競い合う「聖杯戦争」を描いた物語で、アニメは2011年1月から第1期が全13話、2012年4月から第2期が全12話構成で放送された。

Read Article

キングギドラ(King Ghidorah)のネタバレ解説まとめ

キングギドラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣で、1964年のシリーズ第5作「三大怪獣地球最大の決戦」で初登場して以来、多くの怪獣映画に登場を果たしている。 竜のような3本の首と2本の尻尾、コウモリのような巨大な翼、黄金の体と、一度見たら忘れられないインパクトを持った見た目が特徴的。度々ゴジラと激突していることから、ゴジラ最大のライバルとも称される。

Read Article

シン・ゴジラ(Shin Godzilla)のネタバレ解説まとめ

2016年7月29日より公開された空想特撮映画。脚本・編集・総監督は、アニメ「新世紀エヴァンゲリオン」で有名な庵野秀明。監督・特技監督は、漫画「進撃の巨人」の実写版を作った樋口真嗣。東宝製作のゴジラシリーズとしては12年ぶり、29作品目となる。 東京湾より突如現れた巨大不明生物ゴジラに対し、日本政府が立ち向かっていく様を描く。 キャッチコピーは「現実(ニッポン)対 虚構(ゴジラ)」

Read Article

メカゴジラ(MechaGodzilla)のネタバレ解説まとめ

メカゴジラとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する怪獣の一体。 その名の如くゴジラを模した姿のロボットであり、視覚的に分かりやすいコンセプト、 カッコよさ、劇中で見せる圧倒的な強さから人気の高い怪獣である。 劇中の描写には、映画製作当時におけるロボットや機械に対するイメージが反映されており、各作品ごとの特色がみられる点が興味深い。

Read Article

PSYCHO-PASS(サイコパス)のネタバレ解説まとめ

舞台は人工知能・シビュラシステムが絶対的な法とされる近未来の日本。凶悪犯罪を取り締まる刑事たちの姿を描いた本作は、本広克行×虚淵玄×天野明×Production I.Gの豪華タッグによって制作され、2012年から放送開始となったTVアニメ、劇場版アニメ。監視社会のシステムをかいくぐり、凶悪事件の裏で暗躍し続ける謎の男「マキシマ」を追う刑事・狡噛慎也は、捜査の過程で自らも犯罪者となっていく。

Read Article

ゴジラ(84ゴジラ、The Return of Godzilla)のネタバレ解説まとめ

ゴジラ(The Return of Godzilla)とは、日本を代表する特撮映画「ゴジラシリーズ」の第16作目として、1984年に公開された怪獣映画。1954年以来、30年ぶりに出現したゴジラと人間の戦いを、当時の世界情勢等も織り交ぜながらリアリティ溢れる描写で描いている。 1990年代のヒットシリーズとなる「平成VSシリーズ」の事実上の第一作目にして、導入部にあたる作品でもある。

Read Article

ガイガン(Gigan)のネタバレ解説まとめ

ガイガンとは、東宝製作の怪獣映画「ゴジラシリーズ」に登場する架空の怪獣である。 初登場作品は1972年のシリーズ第12作「地球攻撃命令 ゴジラ対ガイガン」で、その後も度々シリーズに出演している。「未来怪獣」「サイボーグ怪獣」の異名通り、ゴーグル状の単眼、鉤爪状の手、腹部に回転ノコギリと全身武器の凶悪怪獣であり、その華麗な姿と残忍な戦いぶりから、根強い人気を誇る怪獣である。

Read Article

アニメ『PSYCHO‐PASS』とは?人工知能が支配する近未来…凶悪犯罪を追う刑事達の物語をご紹介

平和なはずの社会に突如現れた凶悪な殺人犯たち。彼らは一様に「マキシマ」という男の名を口にする。しかしマキシマは、人工知能でも裁くことができないイレギュラーな存在だった…。人工知能が絶対正義となった社会で、刑事は葛藤する。コンセプトは「近未来SF・警察もの・群像劇」。ノイタミナの大人気アニメ『サイコパス』のあらすじや見所をご紹介。

Read Article

人工知能の支配は終わらない。シビュラの支配下で葛藤する刑事の物語『PSYCHO-PASS2』とは

一人前の刑事に成長した常守朱のみが知るシビュラシステムの秘密。人工知能と思われていたシビュラの正体は、凶悪犯罪者の脳だったのだ。恐ろしい事実を知りながら、それでも現状世界を維持することを決めた常守朱。しかし彼女の前に、新たな謎と事件が立ちふさがる。

Read Article

『PSYCHO-PASS(サイコパス)新編集版』追加シーンまとめ

【新編集版を見逃した方必見!!】サイコパス1期に無かったシーンが「新編集版」に追加されているのをご存知ですか?本編の補足を兼ねた追加シーンでは、分かりづらかったキャラクターの心理が細かく描かれています。狡噛と対峙する直前の槙島は何を考えていたのか?狡噛はどんな思いで事件捜査にあたっていたのか?などなど…。見れば見るだけ、本編の面白さが濃密に感じられる新規カットについて迫ります!

Read Article

目次 - Contents