結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

2018年に開催された結月ゆかりのライブ。9月22日、23日の2日間で開催された。「ゆかりあかり」という名前からもわかるように結月ゆかりに加え、結月ゆかりと同じくVOCALOMAKETS企画のボカロ・紲星あかりも出演したライブイベントとなっている。
バンドサウンドによる結月ゆかりや紲星あかりのオリジナル曲の演奏に加え、当日は結月ゆかり達にまつわるボカロPも演奏者として出演した。Tシャツやモッズコートといった会場限定のグッズ販売も行なわれた他、同年5月5日に開催された結月ゆかりと紲星あかり関連の同人即売会『この声届け、月までも』でにて、結月ゆかりと紲星あかりが描かれた特別デザインの先行チケットの販売が行なわれた。

結月ゆかり アンロックキャンペーン

株式会社タイトーのアーケード音楽ゲーム『グルーヴコースター』シリーズの1つ、『グルーヴコースター 4EX インフィニティ ハイウェイ』とコラボした結月ゆかりのイベント。2019年3月28日に稼働を開始した『グルーヴコースター 4EX インフィニティ ハイウェイ』を記念し、行なわれたキャンペーンである。
ゲーム内で遊べる楽曲として、結月ゆかりのオリジナル楽曲の中でも人気のある「幸せになれる隠しコマンドがあるらしい」、「チェチェ・チェック・ワンツー!」の配信が行なわれた。さらに期間中、タイトーが展開しているアーケードゲーム用ICカード「NESiCA」を使って楽曲をプレイする事で貰える道具・アンロックキーを使用する事で、結月ゆかりによるナビゲーターボイス、ゲーム内で使えるアバターが貰えた。

結月ゆかりのプロフィール・人物像

年齢:18歳
身長:159cm
体重:非公開
誕生日:12月22日
ボイス:石黒千尋

ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID3』と株式会社エーアイの音声合成技術『AI Talk』を用いて制作された音声合成ソフト。ボイスのもととなっている音源を提供しているのは、声優の石黒千尋である。

パッケージなどの表記では「結月ゆかり」と記載されているが、公式で明かされているプロフィールによると「結月縁」が正しい名であると発覚している。名前の由来は「VOCALOIDに縁のある人達が音(月)を結ぶ」というもの。「月」がキーワードである事が明かされており、「結月ゆかりを通じて、音楽に限らずイラストなど様々なことが結ばれていくといいな」というVOCALOMAKETSの願いが込められているという。また偶然ではあるが、株式会社インターネットのボカロ・CUL(かる)と誕生日が同じである。その事から公式による合同誕生祭も開催されている。他社同士のボカロが合同企画を行う事は非常に珍しく、貴重なボカロイベントの1つでもある。

キャラクターデザインを担当したのは、イラストレーターの文倉十である。薄紫色の髪が特徴的な少女となっている。初期は長い髪を2つにわけた、いわゆる「おさげ」と呼ばれる結び方をした髪型であったが、後に発売された『CeVIO AI 結月ゆかり 麗』にて、ショートカットという驚きの髪型の変更に多くの結月ゆかりユーザーが驚かされる事となった。
ソフトによっては着用する服のデザインが異なる場合があるが、基本的にはうさぎ耳つきのフードがついたパーカーを着用している。この「うさぎ」は、キーワードの「月」を連想してのデザインだと推測される。左耳にマイク、腰にスピーカーと思われる装飾品がついている。髪色にあわせてか紫色の基調のデザインに仕上げられている。

結月ゆかりのディスコグラフィー

ボカロ音楽には、数多くのCDが存在している。この項目に記載されているもの以外にも、企業からリリースされたメジャーアルバムからボカロP等の結月ゆかりユーザーによる同人CDが多く販売されている。

『POP★sTAR the VOCALOID』

1. モノクロナイト/あーるP feat.初音ミクAppend(dark)
2. HEAVEN/はりー feat.初音ミク
3. ヤクソクの種/40mP feat.GUMI
4. プラスチック/蜻蛉 feat.GUMI
5. *tear*/DATEKEN feat.鏡音リン
6. 虹色蝶々/黒うさP(WhiteFlame)feat.初音ミク
7. ホシアイ/伊東歌詞太郎&レフティーモンスターP feat.GUMI
8. StarCrew/赤髪 feat.GUMI
9. celluloid/baker feat.初音ミク
10. さいごのよるのきりん/くらげP feat.初音ミク
11. Re : present/CielP/Team iM@C feat.巡音ルカ
12. Souvenir/フェイP feat.初音ミク
13. S・K・Y/ライブP feat.鏡音リン
【ボーナストラック】
14. 1095回目の後悔/かごめP feat.結月ゆかり
15. StarCrew feat. misha/赤髪

結月ゆかりが使用されていることが初めて明記された全国流通盤のアルバム。発売日は2012年12月19日である。
本アルバムのテーマは「歌物」。動画サイトに投稿されていたボカロ曲達の中から「ストーリー性」が重視された楽曲達を集めた1枚。ニコニコ動画に投稿されたMVの再生回数が殿堂入りを果たした人気楽曲から、これからの活躍が期待されているボカロP達の楽曲まで、流行り廃りに関係なく全15曲(ボーナストラックを含む)の収録が行なわれた。結月ゆかりの歌唱楽曲「1095回目の後悔」は、結月ゆかりの企画元であるVOCALOMAKETSのメンバーであるボカロP かごめPが制作した楽曲となっている。
結月ゆかり以外には、初音ミク、鏡音リン、巡音ルカ、GUMIの楽曲が収録された。ボーナストラックには歌手のmishaが参加した楽曲も収録されている。

『V Love 25 -Exclamation-』

1. ドラゴンライジング/takamatt feat.GUMI,鏡音レン
2. WAVE/niki feat.Lily
3. 文学少女インセイン/カラスヤサボウ feat.鏡音リン
4. 先生と少女騒動~第一審公判~/マイナス(ワンダフル☆オポチュニティ!)feat.鏡音レン
5. Youthful Finder/koyori(電ポルP)feat.初音ミク
6. New Worlds God/samfree feat.初音ミク
7. 四季刻歌/綿飴 feat.IA
8. どえす/ぶりる feat.巡音ルカ
9. ロケット☆ドライブ/かっつん♪(シャッハP)& 糖質0P feat.GUMI,神威がくぽ
10. 林檎売りの泡沫少女/yukkedoluce feat.GUMI
11. 月光探検記/Harry(はりーP)feat.初音ミク
12. B-CLASS HEROES/欝P feat.初音ミク
13. 衝動×パンデモニクス/PolyphonicBranch feat.KAITO,MEIKO,VY2,結月ゆかり,Lily
14. 九龍レトロ/トーマ feat.GUMI
15. on the rocks/OSTER project feat.MEIKO,KAITO
16. キップル・インダストリー/millstones feat. 初音ミク
17. Party Junkie/さつき が てんこもり feat.初音ミク
18. 世田谷ナイトサファリ/みきとP feat.初音ミク
19. ジエンド/??? feat.結月ゆかり

音楽レーベル「BinaryMixx Records」発のボカロコンピレーションアルバムシリーズ『V Love 25』の第5弾にあたるアルバム。発売日は2013年1月9日である。
発売当時(2013年1月9日時点)で人気のあった楽曲から隠れた名曲まで、ネット上をわかせていた楽曲達を収録した1枚。収録曲数は19曲である。結月ゆかりはトラック13「衝動×パンデモニクス」とトラック19「ジエンド」にて歌唱参加をしている。本アルバムシリーズでは、「ボカロP当てクイズ」と呼ばれる企画が存在し、毎CD必ず制作者が不明の楽曲が収録されるようになっている。本アルバムでは、結月ゆかり歌唱のトラック19「ジエンド」が「ボカロP当てクイズ」の楽曲にあたる。
結月ゆかり以外では、初音ミク、鏡音リン・レン、KAITO、MEIKO、VY2、神威がくぽ、GUMI、Lilyが参加している。

『みんな幸せにな~れ!』

1. こちら、幸福安心委員会です。/うたたP feat. 初音ミク
2. re:Try -MAYU edit-/うたたP feat. MAYU
3. 永遠に幸せになる方法、見つけました。/うたたP feat. 初音ミク
4. 夢じゃない、嘘じゃない、目の前にある幸せな情景。/うたたP feat. 初音ミク
5. 一途な片思い、実らせたい小さな幸せ。/うたたP feat. MAYU
6. 世界一幸福になれるバスツアー/うたたP feat. 結月ゆかり
7. ブランダズ -Brand as-/うたたP feat. 初音ミク
8. ヤマダを狙うサトウの影に潜むスズキを操るタナカ/うたたP feat. MAYU,結月ゆかり
9. キミが望んだ、すれ違いの幸せ。/うたたP feat. 結月ゆかり
10. あなたのこえ、きこえています。/うたたP feat. MAYU
11. ぼくは ゆうしゃに えらばれた!/うたたP feat. MAYU
12. キミのことが好きでゴメンナサイver. MAYU/うたたP feat. MAYU
13. 3人の可愛い姉妹と、吊り橋の下に潜むモノ。ver. MAYU/うたたP feat. MAYU
14. 幸せになれる隠しコマンドがあるらしい/うたたP feat. 結月ゆかり
15. rotceV ynitseD/うたたP feat. 初音ミク
16. セキズイ駅発下り列車/うたたP feat. 結月ゆかり

ボカロP うたたPのメジャー1stアルバム。発売日は2013年4月17日である。
うたたPの代表曲であり、楽曲を原作とした小説の発売も行なわれた楽曲「こちら、幸福安心委員会です。」の収録が行なわれた他、結月ゆかりの人気オリジナル楽曲の1つである「幸せになれる隠しコマンドがあるらしい」も収録されている。その他にも複数の結月ゆかりの楽曲や、本アルバム用の書き下ろし楽曲の収録も行われている。収録曲数は16曲。ジャケットイラストレーターを担当したのは、「幸せになれる隠しコマンドがあるらしい」のMV制作も担当したイラストレーター兼漫画家のwoguraである。
結月ゆかり以外に、初音ミクMAYUの楽曲を収録。豪華封入特典として、うたたPが制作した物語音楽シリーズ『幸福シリーズ』に関わる架空の神社「幸福安心神社」特製の「幸福」お守りが全3種ランダムで封入された他、同じく「幸福安心神社」特製の「幸福」マウスパッド全5種+シークレットがお守り同様ランダム封入された。またアルバムにはアンケートが同封されており、答えるとCDジャケットを使用したクリアファイルを入手する事ができた。

『月の響 - ツキノヒビキ -』

1. 紲月歌(せつげつか)(作:Bumpyうるし)
2. ユカユカ☆ヘヴンリーナイト(作:samfree)
3. 屈服と怠惰(作:osu)
4. クロウガール(作:Yono)
5. キライミライ(作:きの(嘆きのP))
6. 誰かの歌で僕が死ぬ(作:36g)
7. サヨナラチェーンソー(作:くらげP)
8. 夢魅鳥(作:azuma)
9. 撲滅なのです!(作:Dios/シグナルP)
10. SWALLOWTAIL ON THE SPIDER'z NET(作:LIQ)
11. 月魄-TSUKISHIRO-(作:斜め上P)
12. ハルアイ(作:Nia)
13. Tiny PaRadisE(作:かごめP)
14. 世界最後の飛行士(作:Yono)
15. 観覧車(作:INFINITY∞)

結月ゆかり、初の公式コンピレーションアルバム。発売日は2014年3月19日である。
「紲月歌」 「サヨナラチェーンソー」等の結月ゆかりを代表する名曲達から、本作の為に書き下ろされた結月ゆかりの新曲を収録した、結月ゆかりオンリーのアルバムとなっている。トラック2「ユカユカ☆ヘヴンリーナイト」を制作したボカロP samfreeは、本アルバムで初の結月ゆかり楽曲の公開となった。ジャケットのイラストを担当したのは、結月ゆかりのキャラクターデザインを行った文倉十。本作の為に特別に描き下ろされたイラストが使用されている。
発売時には初回特典封入として、ジャケットイラストを使用したジャケットと同じサイズのステッカーの封入が行われた。

結月ゆかりの代表曲

サヨナラチェーンソー

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不(カフ、KAFU)とは、クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」が企画を行い、名古屋の複数の企業からなる会社「CeVIO」が自社の音声合成ソフト『CeVIO AI』を用いて制作した音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。正式名称は「音楽的同位体 可不(KAFU)」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の人気バーチャルYouTuber「花譜」の声をもとに制作された事で話題となった。

Read Article

初音ミク(VOCALOID)の徹底解説まとめ

初音ミク(はつねミク)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・藤田咲(ふじた さき)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームを日本に生み出したきっかけのソフトであり、ボカロを代表するキャラクターでもある。

Read Article

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(かがみね リン・レン)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている「クリプトン・フューチャー・メディア」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・下田麻美(しもだ あさみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームのきっかけとなった初音ミクの次に制作され、約7ヶ月で2万本という売上数を出した。

Read Article

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(かいと)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。スタジオ・ミュージシャンの風雅なおと(ふうが なおと)の声をもとに制作された男性ボイスのボカロであり、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(ぐみ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『Megpoid』であり、GUMIは愛称。声優兼歌手の中島愛(なかじま めぐみ)の声をもとに、「人間らしいボイス」を目指して制作されたボカロとなっている。

Read Article

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(おとまち うな)とは、CGやキャラクターデザイン等の制作を行っている会社「エム・ティー・ケー」企画による、株式会社「インターネット」社発の音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。声優・田中あいみ(たなか あいみ)の声をベースにボイスが作られ、後に株式会社「エーアイ」が開発した「AITalk」を用いた発話用ソフトも開発された。

Read Article

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(めいこ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として、最初に生み出された。シンガーソングライター・拝郷メイコ(はいごう めいこ)の声をもとに制作されており、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(いあ)とは、音楽や映像、ソフトウェア等の企画・開発・販売を行っている会社「1st PLACE」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。1st PLACE所属のアーティスト・Lia(りあ)の声をもとに制作された。音声合成ソフトである他、1st PLACE所属の「バーチャルアーティスト」としてバーチャル空間プロジェクト「仮想惑星HABINA」に携わるなど、様々な活動を展開している。

Read Article

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

Read Article

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

Read Article

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

Read Article

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

Read Article

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

Read Article

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(こはる りっか)とは、キャラクター付き音声合成ソフトの企画やプロデュース、グッズ制作・販売などの音楽に関わる制作を行う合同会社「TOKYO6 ENTERTAINMENT」が行った「キャラクタープロジェクト」の第1弾として制作された音声合成ソフトおよびキャラクターである。クラウドファンデイングを通して資金が集められ、発話用音声創作ソフト『CeVIO AI』と歌声合成ソフトウェア『SynthesizerV』の2つに対応したソフトとして発売された。声のもととなったのは声優の青山吉能。

Read Article

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

目次 - Contents