結月ゆかり(VOCALOID)の徹底解説まとめ

結月ゆかり(ゆづき ゆかり)とは、ボカロP達によるVOCALOID制作チーム「VOCALOMAKETS」企画のパソコン系ソフトウェアの開発・発売を行っている会社「AH-Software」による制作・発売が行なわれた音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID』と株式会社「エーアイ」が開発した『AI Talk』をに対応したソフトが発売されている。声のもとは声優の石黒千尋(いしぐろ ちひろ)である。

『VOCALOID4 結月ゆかり』版の結月ゆかり達。

結月ゆかりの2つ目となる『VOCALOID』ソフト。ヤマハの合成音声システム『VOCALOID』シリーズの4機目にあたるシステム『VOCALOID4』に対応するソフトとして制作された。発売日は2015年3月18日。
1種類の歌声ライブラリしか収録されていなかった『VOCALOID3 結月ゆかり』とは異なり、本ソフトでは3種類の歌声ライブラリが誕生。従来の結月ゆかりの声を『VOCALOID4』用に調整し直した「結月ゆかり 純」、囁くようなウィスパーボイスの制作が可能な「結月ゆかり 穏」、力のパワフルな歌声の制作が可能な「結月ゆかり 凛」の3種類となっており、結月ゆかりのデザインもそれぞれの声質にあったものが与えられている。本ソフトはそれぞれのライブラリを個別で売り出したものに加え、3種類すべてを同梱した『結月ゆかり コンプリート 純・穏・凛』、さらには『VOCALOID4』で音楽制作を行う上で必要なエディタ『VOCALOID4 Editor』を同梱したスターターパック版の発売がされている。

結月ゆかり exVOICE

『結月ゆかり exVOICE』のパッケージ。

結月ゆかりの音源追加ソフト。ダウンロード版のみでの発売となっており、結月ゆかりのソフトを持っているユーザーのみが使えるものとなっている。配信日は2016年12月22日。
『VOCALOID3 結月ゆかり』に備わっていた声のブレスやセリフ、エフェクト等、作曲に使える音源が非圧縮Wave形式の音声素材のみを収録し、発売したものとなっている。vol.1~vol.3まで存在しており、全てデータを収録した『結月ゆかり exVOICE セット vol.1~vol.3』の販売も行なわれている。
音源を追加しただけのソフトの為、キャラクター的な外見は初期デザインのものから変化はない。

VOICEROID2 結月ゆかり

『VOICEROID2 結月ゆかり』のパッケージ。

結月ゆかりシリーズ、3つ目の発話用ソフト。発売日は2017年6月9日である。前作『VOICEROID+ 結月ゆかり EX』のメジャーバージョンアップ版として発売された。
株式会社エーアイの合成音声技術『AI Talk』が採用されていたそれまでとは異なり、株式会社「AHS」の音声合成ソフト『VOICEROID』シリーズの2機目にあたる『VOICEROID2』を採用したものに変更。インターフェイスが一新された事により、それまではできなかった1つのプログラム上での複数の音声データベースの操作や、一文ごとに別々のボイスを割り当てるような細かい操作が可能となった。さらに感情表現機能が追加され、今まで以上に表現力豊かなボイスを作る事が可能となった。
キャラクターとしての外見的な要素に大きな変化はないが、それまでは被っていた筈のパーカーのフードが今作では外されている。

CeVIO AI 結月ゆかり 麗

『CeVIO AI 結月ゆかり 麗』の結月ゆかり。

結月ゆかりの4つ目にあたる発話用ソフト。発売日は2021年1月29日である。
名古屋工業大学学内ベンチャー企業のテクノスピーチやデジタルサイネージのブイシンク等の複数の企業で構成されているプロジェクト『CeVIO』が開発したソフト『CeVIO AI』をもとに制作された。『CeVIO AI』はAI技術を用いて、声質、癖、喋り方をリアルに再現した新世代の音声創作ソフトウェアとなっている。これによりそれまでの結月ゆかりの発話用ソフト達よりも、より人間の声に近しいボイスの制作が行なえるようになった。また操作性も簡単なパラメーターの設定のみと、非常に扱いやすいものになっている。
またこれまでとは完全に異なる技術を用いての制作からか、結月ゆかり自身のデザインにも大きな変化が与えられている。薄紫色のおさげが特徴的だった髪は、左サイドだけを伸ばしたショートヘアというスタイルに変えられ、服もパーカーや膝丈ワンピースのような「私服」に近しいものから、パーティー会場で身につけるようなドレス姿に一新された。腰につけられていた重厚なスピーカーはなくなり、左耳につけられていたマイクは、金色と黒を基調としたシックで華やかなヘッドマイクに変更。これまでの結月ゆかりよりも「大人」な雰囲気を持った外見に仕上げられている。

結月ゆかりの活動経歴

ボカロには、様々なライブ・フェスイベントが存在する。この項目に記載されているもの以外にも、企業が関わる大きなイベントからボカロP等の結月ゆかりユーザーやファンによる個人主催でのイベント・ライブ等が多く開催されている。

THE VOC@LOiD M@STER

「THE VOC@LOiD M@STER(略称:ボーマス)」は、同人イベント情報サイトのケットコムにより都内を中心に開催されているボカロ専門の同人即売会である。
名前の由来は、人気アイドル育成ゲーム『THE IDOLM@STER』をもじってつけられた。元は2007年11月に複数のジャンルの同人オンリーイベント「スキマフェスティバル」内で開催されていたイベントの1つであった。その後、単独開催を定期的に行うようになり、2012年からは株式会社ドワンゴ主催の「ニコニコ超会議」内でも行われるようになった。
ボカロPや歌い手、弾いてみた等のボカロ関連の動画をあげているユーザー達による同人音楽CDの販売に加え、ボカロファンによる同人誌やグッズの販売、コスプレといったものも行われている。関連企業の出店も行われており、2010年2月に行われたボーマスでは会場内にステージを設け、参加者によるライブを行うイベント「Live Special」も行われた。

この声届け、月までも

結月ゆかりの同人即売会。結月ゆかり関連の同人即売会はいくつか存在しているが、本即売会が一番最初に開催された結月ゆかり関連の同人即売会となっている。略称は「声月◯」。◯のところには開催回数が入る。2013年に横浜にて1回目を開催。その後、2020年まで定期的に開催が行なわれ、2020年2月11日の「声月六」を最後に開催が終了した。
結月ゆかりを使用した楽曲を扱ったCDやイラスト集などの同人誌、さらにはグッズ、コスプレ等の企画・展示・頒布を行うイベントとなっている。また結月ゆかり以外にも、結月ゆかりの企画元であるVOCALOMAKETSによる2つ目のボカロ・紲星あかりや 『VOICEROID2 結月ゆかり』に使用された合成音声システム『VOICEROID』を用いた他のボカロや、文章読み上げソフト『Text to speech』が使用されたソフトウェア及びキャラクター達を用いた作品でも参加が可能となっている。
作品の発売以外にも、イベント会場内にてステージイベントの設置が行なわれ、結月ゆかりを使っているボカロP等のクリエイター、VOCALOMAKETSや開発・発売元であるAHS、結月ゆかりお声のベースとなった声優の石黒千尋によるトークショーも開催された。ポリッドスクリーン(透過型スクリーン)を使用する形での結月ゆかり本人の出演も果たされている。

結月ゆかり女満別応援ソング

2014年3月19日~2014年4月20日の間に開催された、結月ゆかりの楽曲コンテスト。楽曲コンテスト開催の1ヶ月前に結月ゆかりは北海道網走郡大空町の空港「女満別空港ビル」の応援キャラクターに就任されており、本コンテストはその就任を記念したイベントとなっている。
「女満別空港」「女満別」、または「オホーツク」「知床」のどれかをイメージした楽曲制作を条件に、結月ゆかりを用いた「女満別(大空町)」を応援する楽曲の募集が行なわれた。選ばれた楽曲達は同年5月11日に開催された『女満別空港春フェスタ』において上演された。演奏は、結月ゆかりと地元のバンドによる生演奏で行なわれた。

ゆかりあかりフェス!奏 2018

1215chika
1215chika
@1215chika

Related Articles関連記事

可不/KAFU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

可不(カフ、KAFU)とは、クリエイティブレーベル「KAMITSUBAKI STUDIO」が企画を行い、名古屋の複数の企業からなる会社「CeVIO」が自社の音声合成ソフト『CeVIO AI』を用いて制作した音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。正式名称は「音楽的同位体 可不(KAFU)」。KAMITSUBAKI STUDIO所属の人気バーチャルYouTuber「花譜」の声をもとに制作された事で話題となった。

Read Article

初音ミク(VOCALOID)の徹底解説まとめ

初音ミク(はつねミク)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・藤田咲(ふじた さき)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームを日本に生み出したきっかけのソフトであり、ボカロを代表するキャラクターでもある。

Read Article

KAITO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

KAITO(かいと)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。スタジオ・ミュージシャンの風雅なおと(ふうが なおと)の声をもとに制作された男性ボイスのボカロであり、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

鏡音リン・レン(VOCALOID)の徹底解説まとめ

鏡音リン・レン(かがみね リン・レン)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている「クリプトン・フューチャー・メディア」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・下田麻美(しもだ あさみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。ボカロブームのきっかけとなった初音ミクの次に制作され、約7ヶ月で2万本という売上数を出した。

Read Article

GUMI(VOCALOID)の徹底解説まとめ

GUMI(ぐみ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『Megpoid』であり、GUMIは愛称。声優兼歌手の中島愛(なかじま めぐみ)の声をもとに、「人間らしいボイス」を目指して制作されたボカロとなっている。

Read Article

音街ウナ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

音街ウナ(おとまち うな)とは、CGやキャラクターデザイン等の制作を行っている会社「エム・ティー・ケー」企画による、株式会社「インターネット」社発の音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。声優・田中あいみ(たなか あいみ)の声をベースにボイスが作られ、後に株式会社「エーアイ」が開発した「AITalk」を用いた発話用ソフトも開発された。

Read Article

MEIKO(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MEIKO(めいこ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として、最初に生み出された。シンガーソングライター・拝郷メイコ(はいごう めいこ)の声をもとに制作されており、様々な音楽ジャンルに適応したソフトとなっている。

Read Article

IA(VOCALOID)の徹底解説まとめ

IA(いあ)とは、音楽や映像、ソフトウェア等の企画・開発・販売を行っている会社「1st PLACE」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。1st PLACE所属のアーティスト・Lia(りあ)の声をもとに制作された。音声合成ソフトである他、1st PLACE所属の「バーチャルアーティスト」としてバーチャル空間プロジェクト「仮想惑星HABINA」に携わるなど、様々な活動を展開している。

Read Article

巡音ルカ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

巡音ルカ(めぐりね ルカ)とは、音楽制作ソフトの開発・販売等を行っている会社「クリプトン・フューチャー・メディア(通称:クリプトン)」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。声優・浅川悠(あさかわ ゆう)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。VOCALOID(通称:ボカロ)初の日本語と英語、2つの言語に対応したソフトとして作られた。

Read Article

重音テト(VOCALOID・UTAU・バーチャルアイドル)の徹底解説まとめ

重音テト(かさね てと)とは、日本最大級の電子掲示板「2ちゃんねる」発祥のバーチャルアイドルキャラクターであり、それをモデルとして制作された音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。音声合成ソフトの『VOCALOID(通称:ボカロ)』から派生して生まれた存在であり、フリーの歌唱用音声合成ソフト『UTAU』として制作された。声のベースはマルチクリエーターの小山乃舞世(おやまの まよ)。

Read Article

v flower(VOCALOID)の徹底解説まとめ

v flower(ぶい ふらわ)とは、ボカロを中心とした次世代のアーティストの発掘育成を行っているレーベル「ガイノイド」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。キャラクター名は「flower」。愛称は「花ちゃん」。ロックに特化したパワーのある中性的な女性ボイスのボカロとして制作された。音声提供者は非公開にされている。

Read Article

神威がくぽ(VOCALOID)の徹底解説まとめ

神威がくぽ(かむい がくぽ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源として生まれた。正式名称は『がくっぽいど』。神威がくぽはキャラクター名である。歌手のGACKT(がくと)の声をもとに制作された。インターネット社初のボカロソフトおよびキャラクターでもある。

Read Article

MAYU(VOCALOID)の徹底解説まとめ

MAYU(まゆ)とは、株式会社「ポニーキャニオン」が運営する音楽レーベル「EXIT TUNES」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用のボーカル音源の1種およびキャラクターである。歌手・森永真由美(もりなが まゆみ)の声をもとに制作され、ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源となっている。EXIT TUNESから発売された唯一のボカロソフトおよびキャラクターである。

Read Article

小春六花(VOCALOID)の徹底解説まとめ

小春六花(こはる りっか)とは、キャラクター付き音声合成ソフトの企画やプロデュース、グッズ制作・販売などの音楽に関わる制作を行う合同会社「TOKYO6 ENTERTAINMENT」が行った「キャラクタープロジェクト」の第1弾として制作された音声合成ソフトおよびキャラクターである。クラウドファンデイングを通して資金が集められ、発話用音声創作ソフト『CeVIO AI』と歌声合成ソフトウェア『SynthesizerV』の2つに対応したソフトとして発売された。声のもととなったのは声優の青山吉能。

Read Article

Lily(VOCALOID)の徹底解説まとめ

Lily(リリィ)とは、DTMなどのソフトウェアの開発・販売等を行っている会社「インターネット」から発売されている音声合成ソフト・デスクトップミュージック(DTM)用ボーカル音源の1種およびキャラクターである。ヤマハが開発した音声合成システム『VOCALOID(通称:ボカロ)』に対応したボーカル音源であり、元はアニソンカバーアルバム『anim.o.v.e』のイメージキャラクターとして制作された。声のベースは、音楽グループ・m.o.v.eのボーカルであるyuri。

Read Article

音楽業界のSEKAI NO OWARIに到達したか?VOCALOID「Fukase」の本気

初音ミク、鏡音リン・リン、KAITO、巡音ルカ……もはや日本の「アーティスト」としての地位を確立し、人気を伸ばしているボーカロイドは、紅白出場をはじめアーティストとしての活動で音楽業界へさらに進出するのではないかと語られています。そんな最中、あのアーティストがボーカロイドになってしまいました。「どういうこと?」と思うかもしれませんが、とにかく参考動画を見たら驚くはず。

Read Article

目次 - Contents