転生したらスライムだった件(転スラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬(ふせ)が小説投稿サイト「小説家になろう」で2013年から連載していた作品を書籍化し、アニメや漫画などのメディアにも展開している異世界ファンタジー。シリーズ総発行部数2500万部突破の人気作で、主人公のリムルをはじめとした仲間が悪逆な敵を倒していく爽快感が魅力である。スライムに転生した元サラリーマンが人と魔物が楽しく過ごせる国を作るべく仲間を増やして成り上がっていく姿が描かれている。

『転生したらスライムだった件』の概要

『転スラ』の略称で親しまれる『転生したらスライムだった件』とは伏瀬(ふせ)が小説投稿サイト「小説家になろう」に投稿していたweb小説が原作となっており、これを基にアニメや漫画その他関連メディアが作成されている。『月刊少年シリウス』から漫画版が連載されている。執筆は川上泰樹。また伏瀬監修のもと『コミックライド』よりスピンオフ作品『転生したらスライムだった件 魔物の国の歩き方』が連載されている。「GCノベルズ」より刊行されているノベルズは「このライトノベルがすごい!」では、2017年に8位、2018年に6位、2019年に5位に入っている。これら関連書籍を含めたシリーズ累計発行部数は2021年5月時点で2500万部突破している。また、2018年10月からはTOKYO MXにてアニメ版第一期が放送された。2021年より同放送局にて第二期も放送されている。大手ゼネコンに勤務しているサラリーマン三上悟は、通り魔に刺されて死亡する。だが気付けばスライムとして異世界に転生していた。どこかも分からない異世界の洞窟で目を覚ましたスライムは洞窟に封印されていた竜のヴェルドラと出会い、友達となる。スライムは、ヴェルドラから新たに「リムル」という名を与えられ、お礼と友達の証としてヴェルドラと自分に「テンペスト」の姓を名付ける。こうして元サラリーマン三上悟は、異世界の地にて「スライムのリムル」として新たな生活を送ることになる。その後、洞窟を出たリムルはゴブリン・狼・ドワーフと様々な魔物達と出会い仲間を増やしながら、やがては自分達の国を作っていくことになるのだが、この物語ではスライムになった元人間が、争うことしか知らなかった魔物達と一緒に街作りから始めていく中で、良い事もあり挫折も味わいながら仲間達と成長していく人生ならぬ「スライム生」を描いている。

『転生したらスライムだった件』のあらすじ・ストーリー

異世界転生編

初めて出会ったヴェルドラに緊張するリムル

大手ゼネコンに勤める三上悟が後輩をかばって通り魔の刃(やいば)に倒れるところから、物語は始まる。
薄れゆく意識の中で“世界の声”を聞きながら、三上悟は異世界へと転生してしまうのである。

意識を取りもどすと目も見えず口もきけない状態で、その姿はどうやらスライムらしいと自覚する三上。なれない体で動きまわった結果、どうやら洞窟のようなところにいるらしいと気づく。
ショックを受けつつもその身に宿したスキル“大賢者”に助けられながら、封印されている“暴風竜ヴェルドラ”に出会うのであった。

ヴェルドラの助言によって視覚を得た三上は、洞窟の天井にまで届くような巨大な竜であるヴェルドラの姿に恐れおののく。しかし意外にもヴェルドラが寂しがり屋であると気づいて友となり、ヴェルドラから“リムル=テンペスト”の名を授かるのである。
その後、何年かかってもヴェルドラを封印から開放すると約束したリムルは、彼をとらえている“無限牢獄”ごと胃袋に取り込み、外の世界へと旅立つのであった。

リムルの胃袋に取り込まれたことで、世界中に溢れ出て人々を恐怖させていたヴェルドラの強大な気配が消えうせる。
それは世界の国々が大きく混乱する出来事であった。

洞窟から旅立ったリムルは、しばらくするとひれ伏すゴブリンたちの前に鎮座していた。
リムルの巨大な魔の気配を見抜いたゴブリンたちに村へと招待され、村をねらう凶暴な牙狼族から守って欲しいと懇願されているのである。

見るからにひ弱なゴブリンたちを見捨てられないリムルは、村を襲いくる牙狼族の集団と戦ってみごとに敵の首領を討ちとる。
行き場をなくした牙狼族の生き残りは、リムルの案によってゴブリンたちとの共同生活を始めるのだった。

「名前がないと不便だから」という理由だけですべてのゴブリンと牙狼族に名前を与えたリムルが、その反動で意識を失いしばしの眠りについた。
目覚めたリムルは、名を与えられた者たちの衝撃的に進化した姿に驚愕する。
この出来事で大切な仲間を得たリムルは、この地に定住して街づくりをはじめるのであった。

街づくりに必要な“衣食住”を求めるリムルは、嵐牙狼族(テンペストウルフ)へと進化したランガやホブゴブリンへと進化したゴブタたちとともに、ドワーフ族の治める“武装国家ドワルゴン”を訪問する。
そこで様々なトラブルに巻き込まれながら、鍛冶職人として高名なカイジンと出会うのである。

陰謀に巻き込まれ、国王ガゼル=ドワルゴから国外追放をいい渡されたカイジンを仲間にしたリムルは、カイジンを慕う者たちとともにゴブリン村へと戻るのであった。

村へ戻ったリムルを待っていたのは長い黒髪の仮面の少女と、ブルムンド王国からジュラの森の調査を依頼されていたエレンたち冒険者であった。
冒険者に同行していた仮面の少女がリムルの故郷である日本から召喚されたシズエ=イザワであると知ったリムルは、思い出を語りながら彼女と楽しい時を過ごしたのである。
しかし彼女の中のイフリートが暴走して正気を失ったシズエは、爆炎の支配者としての力を開放してリムルと対峙することに。
強大な炎の力をもつイフリートだったが、リムルの胃袋へ取り込まれて戦いは収束する。しかしこの戦いが原因でシズエは亡くなってしまうのである。

シズエの思いを引き継ぐ約束をしたリムルは彼女を取り込み、その姿へと変身する力を得るのだった。

ジュラの森大同盟結成編

里を滅ぼされて激怒するオーガ達

狩りをしていたゴブタたちからの救援要請を受けたリムルはその場へ急行し、ランガたちと戦う5人の大鬼族(オーガ)を目撃する。
シズさんの形見の仮面をかぶっていたリムルは、オーガたちから仮面の魔人の仲間と誤解されて攻撃を受ける。

このオーガたちは、仮面の魔人率いるオークの軍勢によって滅ぼされたオーガの里の生き残りであった。
リムルは圧倒的な力の差を見せつけて争いを収束させ、誤解をといたオーガたちを村の祭りへと招待するのである。

祭りのあと、リムルからの誘いを受けて5人のオーガはリムルの部下になり、ベニマル、シュナ、シオン、ハクロウ、ソウエイの名を授かる。
名を得たことで鬼人族へと進化した彼らは、リムルに感謝しつつ里を襲ったものたちへの復讐を誓うのであった。

それからしばらくして、オークの軍勢の標的となったリザードマンの里から、使者・ガビルが部下とともにリムルの村へとやってくる。
援軍を求めてやって来たのだが、なんにつけても上から目線のガビルは案の定いざこざを起こし、ゴブタとの一騎打ちでコテンパンにされるのである。

ゴブタに負けて落ち込んでいたガビルだが、部下におだてられて調子に乗った挙げ句、リザードマンの里でクーデターを起こす。そして独断でオークの軍勢へ先制攻撃を仕掛けるのである。
敵の力を見誤ったガビルは危機に陥るが、救援に来たリムルによって間一髪のところで命を救われるのだった。

オークの軍勢は、魔人・ゲルミュッドに名を授けられて伝説のオークロードへと進化した猪人族(ハイ・オーク)ゲルドが率いていた。
この戦いの中で、ゲルドはゲルミュッドを喰らい魔王種に進化する。
そのゲルドの力にリムルは苦戦するが、お互いを喰らいあう戦いの中で勝利を手にするのである。

戦いののち、リムルはジュラの森の管理者・樹妖精(ドライアド)トレイニーにより、森の盟主に指名される。
ゲルドの思いを託されていたリムルは、同盟に集う者たちの前でオークたちの罪を許すことを宣言し、ジュラの森大同盟を発足させるのだった。

オークロード・ゲルドの下で軍勢を率いていたハイ・オークの将軍は、リムルによってゲルドの名を受け継ぎ、リムルの配下となる。
これによりオークロードによるジュラの森への侵攻は、完全に沈黙したのである。

ジュラ・テンペスト連邦国誕生編

オークロードの侵攻をリムルたちが阻止したことを知った武装国家ドワルゴンのガゼル王は、リムルたちの戦力に脅威を感じる。ガゼルはリムルの真意を見極めようとペガサス騎士団を率いてジュラの森へと飛び立つのである。

リムルに出迎えられたガゼルは、おたがいを分かり合うには剣で戦うのが一番だとリムルとの一騎打ちを望む。
はじめは剣聖の異名をもつガゼル王の剣技に押され気味のリムルであったが、ガゼルの剣筋が教えを受けているハクロウのものと同じであると気づき、ガゼルの猛攻を見事にさばき切るのであった。
じつは昔、若かりしガゼル王もハクロウから剣の教えを受けていたのである。

ガゼル王から信頼を得たリムルは、王からの誘いで武装国家ドワルゴンと国交を結ぶ。
これにより、首都を“リムル”とする新たなる国家“ジュラ・テンペスト連邦国(魔国連邦)”が、武装国家ドワルゴンの後ろ盾を受けた国家として成立するのである。

それからまもなくして、魔王の中でも最強クラスの力を持った魔王ミリムがテンペストを目指し、すさまじいスピードで空を飛んでいた。リムルたちとゲルドの軍勢の戦いは、ミリム、クレイマン、カリオン、フレイの4人の魔王たちの関心もひいていたのである。

強大な気配の接近に危機感を覚えたリムルは、ミリムを郊外に誘い出して訪問の理由を聞きだそうとする。
しかし先走ったベニマルたちがミリムへと戦いを仕掛けてしまうのである。

大人と子供ほどの戦闘力の差に手も足も出ないベニマルたち。
しかし冴えわたるリムルの機転で、なんとかミリムの懐柔に成功するのである。
リムルを大いに気に入ったミリムは、集まったテンペストの住民たちの前で「リムルはマブダチである」と宣言し、テンペストに居座ることを決意するのであった。

中庸道化連の暗躍編

魔王ミリムがテンペストでわがままを満喫していたころ、魔王カリオンの配下である黒豹牙フォビオは悔しさに身を焼いていた。
カリオンの命令でテンペストを視察に来た際、彼の粗暴な振る舞いに怒ったミリムによってコテンパンにされたのである。

仮面付けた謎の集団・中庸道化連のティアとフットマンはフォビオの怒りを利用して、封印されていた災厄級(カラミティ)の魔物カリュブディスを復活させる。このたくらみには、魔王クレイマンの意思も潜んでいた。

暴風竜ヴェルドラの魔素溜まりから生まれたカリュブディスの猛威は凄まじく、その上超速の再生能力によりほとんどの攻撃が無効にされてしまう。
ドワルゴンからはペガサス騎士団も応援に駆けつけるが、全く歯が立たない。
有効な攻撃ができずにリムルたちが手をこまねいている間にも、カリュブディスは刻一刻とテンペストに迫っていた。

カリュブディスの目的がテンペストへの攻撃であると思っていたリムルは、自分たちの問題だからとミリムには参戦を控えさせていた。
しかしその後、カリュブディスの攻撃目標がミリムであると判明。
戦いたくてウズウズしていたミリムはその強大な力を一気に開放して、カリュブディスを粉砕したのである。
依代になっていたフォビオはリムルの機転により助け出され、カリオンに恩を売ることとなるのだった。

この出来事はリムルと魔王カリオン、つまりジュラ・テンペスト連邦国と獣王国ユーラザニアの国交締結に大きく貢献している。

不完全召喚の子供たち編

不完全召喚された子どもたちの命を救いたいとのシズさんの心残りをずっと気にかけていたリムル。心配する仲間たちに見送られながら、ランガとともに子どもたちが保護されているイングラシア王国を目指すのだった。

幼くして召喚された子どもの体は、その身に宿した大きすぎる力に耐えきれずに数年の内に崩壊してしまうのである。シズは子供たちを助ける手段を探し出すことのできないまま他界し、その思いはリムルに託されていた。

リムルは、イングラシア王国の自由組合総帥(グランドマスター)であり、同郷の異世界人ユウキ・カグラザカの協力を得て、召喚された5人の子どもたちが通っている学校の教師として赴任する。
そして“リムル先生”と親しまれながら、子どもたちと交流を深めるのである。

子どもたちを助けるには妖精をその身に宿らせて、あり余る力を制御することが必要と判断したリムルは、クロエたち5人の子どもを連れて妖精が棲む迷宮を訪ねる。
迷宮の創造主であり元妖精王・魔王ラミリスの力を借りたリムルは、子どもたちに妖精を宿らせることに成功するのだった。

これにより無事にシズさんの心残りを晴らしたリムルは、別れを惜しむ子どもたちに見送られながらイングラシア王国をあとにする。
この別れ際、クロエはシズさんの仮面をリムルから託されている。

王国を出てすぐに、リムルは神聖法皇国ルベリオスの聖騎士団長ヒナタ・サカグチの待ち伏せにあうのである。
シズエの教え子でもあったヒナタはリムルがシズエの仇であると吹き込まれており、リムルの抹殺を目論んでいた。

西方世界最強といわれるヒナタの実力は本物であり、リムルは消滅の危機を感じるほどに追いつめられる。
しかしリムルはここでも機転を働かせ、ヒナタが放った究極魔法を見事にやり過ごす。
リムルを消滅させたと思い込んだヒナタが去ったあと、リムルは再びテンペストを目指すのであった。

魔王覚醒編

魔王に覚醒したリムルが仲間を蘇生する

リムルがヒナタと死闘をくり広げていたとき、テンペストは予想もしない攻撃を受けていた。
ファルムス王国の王エドマリスは、テンペストのすべての財宝の略奪を考えていたのだ。敵である3人の異世界人の挑発から始まったテンペストでのいざこざは、敵の先遣隊の侵入を許してしまったのである。
そこに魔王クレイマンによる謀略も重なり二重の結界に囲まれたテンペストは、魔素の減少により弱体化された上に外部との通信も遮断されて重大な危機におちいっていた。

リムルがテンペストに駆けつけたときには、すでに大きな被害を被ったあとだったのである。
幹部も大怪我を負い、住民には100名を超す犠牲者が出ていたのだ。
そしてリムルは信じたくない光景を目にする。そこには絶命したシオンが横たえられていたのである。
人間に寄り添いすぎた自分の思いが招いた結果だと激しく自身を責めながら、リムルは静かに怒りをためていくのであった。

テンペストの危機を知って駆けつけたエレンの話から、魔王に覚醒することでシオンを生き返らせる可能性があることを知ったリムルは、いかなる犠牲を払おうとも魔王になる決意をする。
魔王覚醒に必要な人間の魂は1万個。
テンペストを包囲している王国軍と異世界人の始末をベニマルたちに任せ、リムルは進軍して来る2万のファルムス王国軍に向けて飛び立つのである。

テンペストに向けて進軍していた2万のファルムス王国軍は、リムルの攻撃により国王と側近の1人だけを残して文字通り全滅。すべての魂はリムルによって刈り取られる。
魔王への進化による抗えない眠気にさらされたリムルは、隠れ潜んでいる1名の生き残りの始末を召喚した悪魔に任せて、ランガとともにテンペストへと帰還するのであった。

リムルの“真なる魔王”への覚醒にともなって智慧之王(ラファエル)へと進化した大賢者の力により、すべての犠牲者をよみがえらせたリムルは再び進化の眠りに落ちる。
次に目覚めたとき、リムルはしっかりとシオンのあたたかい胸に抱かれていたのである。

リムルはラファエルから、ヴェルドラを封印している無限牢獄の解析がまもなく終了すると知らされる。
ラファエルへの進化により、解析能力が飛躍的に高まった結果であった。
かくてヴェルドラは開放され、リムルが用意した分身体を依代として復活したのである。

その後、テンペストの危機に駆けつけたブルムンド王国のフューズや、武装国家ドワルゴンのガゼル王に魔導王朝サリオンの使者エラルド公爵が参加して、のちの歴史で“人魔会談”と呼ばれる会合が開かれた。
その会合でリムルからさり気なく紹介されたヴェルドラを見て、皆が驚愕した。

魔王たちの宴編

人魔会談に乱入し、「テンペストが滅亡する!」と騒ぎまわる魔王ラミリスを落ち着かせて事情をたずねたリムルは、この世界を支配する10大魔王による会合・ワルプルギスが、魔王クレイマンの訴えによりもうすぐ開かれることを知る。
テンペストを襲った脅威がクレイマンの企みであると知ったリムルは、ワルプルギスへの参加を決意する。
目的は魔王クレイマンとの直接対決であった。

同時にリムルは、クレイマンの策略により魔王カリオンを失ったユーラザニア領土へ、クレイマンの軍勢が侵攻している事実を知る。
リムルはクレイマンを徹底的に叩き潰すため、ワルプルギスでの直接対決とユーラザニア救出の2面作戦を発動するのである。

ワルプルギスに参加したリムルはほかの魔王たちが見守る中で、クレイマンが提示したリムルをおとしめるための訴えをすべて退ける。
そしてクレイマンは、リムルとともにワルプルギスに参加していたシオンによってボッコボコにされるのであった。

怒り狂ったクレイマンは己の術で操っている魔王ミリムにリムルを襲わせる。
ミリムの猛攻に防戦一方となったリムルだが、魂の回廊を使って突然出現したヴェルドラによって危機を脱するのである。
ミリムは最初からクレイマンに操られたふりをしていただけだった。しかも葬り去ったと思っていた魔王カリオンまでが、魔王フレイの配下としてワルプルギスに参加していたのだ。

だまされていた事を知り、屈辱に怒り狂うクレイマンが力を欲した時、“世界の言葉”が響き渡ってクレイマンが覚醒する。しかし強大な力に覚醒したにもかかわらず、リムルに手も足もでないクレイマンはリムルの権能・暴食之王(ベルゼビュート)により、魂も残さずに喰いつくされるのである。

クレイマンに勝利したことでリムルは魔王たちから認められ、新しく発足した魔王の連合・八星魔王(オクタグラム)の一員となる。
それまで魔王であったフレイとカリオンは魔王ミリムの配下となったのである。

八星魔王の面々は、ギィ、ミリム、ラミリス、レオン、ルミナス、ダグリュール、ディーノ、そしてリムルの8名であり、今後ほかの魔物や人間からは畏怖の対象として恐れられることになる。

七曜の老師の最期編

魔王として世界に認知されたリムルは、ヒナタへの誤解を解くための和解のメッセージを封じた水晶球を使者にもたせ、ヒナタのいる神聖法皇国ルベリオスへと送り出す。
しかしそのメッセージは悪意をもった“七曜の老師”という幹部たちによって歪められ、リムルがヒナタとの決闘を望んでいるものとしてヒナタの元へ届けられるのである。

リムルからのメッセージに違和感を覚えながらも、数人の部下とともにテンペストへと向かうヒナタ。今では自分がリムルを誤解をしていたと認識しており、話し合いで解決できないかと考えていた。
そんなヒナタの思いをあざ笑うかのように、七曜の老師の策略によってテンペストとの戦いが始まってしまうのだった。

リムルと一騎打ちになったヒナタは、リムルに向かって自分の真意を込めた一撃を放つ。
かろうじて戦いに勝利したリムルはヒナタの気持ちを正しく読み取り、すべては解決したかに見えた。しかし突如出現した3人の七曜の老師により、ヒナタは瀕死の重傷を負ってしまうのだった。
絶体絶命に陥ったヒナタだが、その場に転移してきた魔王ルミナスによって老師たちは一掃され、ルミナスの権能によってヒナタは一命を取り留めるのである。
この出来事以降、リムルとヒナタのわだかまりは消えて信頼関係を築いていくことになる。

その頃、リムルが魔王に覚醒する際に召喚された大悪魔である原初の黒(ノワール)は、ディアブロの名を授けたリムルの命令でファルムス王国に侵入していた。
リムルの命令とは、ファルムス王国を滅亡させて新たな国家を樹立し、リムルの友でもあるヨウムを王位につけることだった。

名づけられたことで悪魔公へと進化していたディアブロは、ルベリオスから派遣されていた聖騎士たちを本気を出すまでもなく退け、出現した3人の七曜の老師をも葬り去る。
同時刻、ルベリオス国内では法皇庁の枢機卿ニコラウスにより日曜師グランは始末されていた。
これにより、七曜の老師はその野望とともに全員が消滅したのである。

この事件からほどなくしてファルムス王国は滅亡し、ファルメナス王国が樹立する。
リムルの計画通りにヨウムは王となり、人民を率いていくことになる。

テンペスト開国祭編

ヒナタとの関係が落ち着いたあと、魔王になったことをジュラの森に棲む魔物たちやほかの国々へと一気に知らしめるため、リムルはテンペスト開国祭を立案する。
そして開催された開国祭は参加したすべての人々を魅了し、想像していた以上の成果で大成功をおさめるのである。
開国祭の大成功により、人と魔物が仲良くいっしょに暮らせる国“ジュラ・テンペスト連邦国”の名は、多くの国々へと知られていくのである。

Chalikouu6
Chalikouu6
@Chalikouu6

Related Articles関連記事

IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

IS(インフィニット・ストラトス)のネタバレ解説・考察まとめ

弓弦イズルによる日本のライトノベルをアニメ化。 第1期は、2011年1月から全12話が放送。第2期は、2013年10月から全12話放送。 監督は2008年放送の『マクロスF』でも監督を務めた菊地康仁。 女性にしか動かせないという新兵器「IS〈インフィニット・ストラトス〉」を男である一夏が動かしたことから、女性だらけのIS学園に入学。一夏のバトルと恋の日々が始まる。

Read Article

ブルーロック(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ブルーロック(漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ブルーロック』とは2018年より、金城宗幸(原作)とノ村優介(作画)が『週刊少年マガジン』で連載している漫画。「最強のエゴイスト」という名にふさわしいストライカーを1名誕生させるため始まった「ブルーロック(青い監獄)」プロジェクト。そこに集められた300人の高校生が生き残りをかけてサッカーでバトルを繰り広げていく。脱落=選手生命の終わりを意味しており、今までなかったデスゲームの要素が加わった新しいスポーツ漫画となっており、ハラハラした展開から目が離せない。

Read Article

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

ヤマノススメ(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

「コミック・アース・スター」にて2011年9月より連載している、しろ原作の漫画。 女子高生の登山をテーマにした作品で、2013年1月~3月までアニメ第1期、2014年7月~12月までアニメ第2期が放送された。 著者が登山好きなこともあり、作中では実在する山の名前や登山用語・アウトドア用語が沢山登場する。 物語の舞台となった埼玉県飯能市では、アニメ終了後も数々のイベントが開催されている。

Read Article

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

魔法科高校の劣等生の名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは、佐島勤(さとうつとむ)によるライトノベル、及びそれを原作としたアニメ、漫画等のメディアミックス作品。 魔法師が職業として存在する架空の近未来の地球が舞台で、日本の魔法師育成機関の一つである「国立魔法大学付属第一高校」に、入試トップの司波深雪が優秀者の集まりである「一科生」として、兄の司波達也が補欠の集まりとして揶揄される「二科生」として入学する所から物語は始まる。 二つのクラスの間には能力差から生じる絶対的差別が存在し、その中からは数々の名言が生まれている。

Read Article

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法科高校の劣等生(ラノベ・漫画・アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法科高校の劣等生』とは2008年より佐島勤がWebサイト「小説家になろう」で掲載しているライトノベル、およびそれを原作とした漫画やアニメ作品である。魔法科高校を舞台に繰り広げられる異色の青春学園ストーリー。魔法に関する技術と知識、さらに類い稀な格闘センスを持つ主人公が、不当な評価を受けつつも、愛する妹や仲間達とたくましく成長していく姿が描かれている。原作のシリーズ累計発行部数は2000万部を超える人気作である 。

Read Article

転生したらスライムだった件(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

転生したらスライムだった件(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『転生したらスライムだった件』とは、伏瀬による小説作品、およびそれを元にした漫画・アニメなどのメディアミックス作品である。 サラリーマンの三上悟は通り魔に刺殺されてしてしまい、気がつくとスライムとして異世界に転生していた。そこで出会った暴風竜ヴェルドラと友達となり、「リムル」の名前を付けてもらう。その後、ゴブリンの村を牙狼族から救ったことを契機に、さまざまな魔物たちがリムルの元へ集まるようになる。最弱のスライムによる最強の物語。

Read Article

転生したらスライムだった件(第1話『暴風竜ヴェルドラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

転生したらスライムだった件(第1話『暴風竜ヴェルドラ』)のあらすじと感想・考察まとめ

何ということない普通の人生を送っていた三上悟は、後輩とその恋人と共に焼肉店に向かう途中、刃物を持った通り魔に殺害されてしまう。謎の声を聞きながら暗闇から目覚めると、いつの間にかスライムになっていた。探索する中、スキル「無限牢獄」により封印されている暴風竜ヴェルドラと遭遇する。ヴェルドラと言葉を交わしていると、自分はこの世界では非常に珍しい「転生者」であると聞く。 今回は「転生したらスライムだった件」第1話『暴風竜ヴェルドラ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第4話『ドワーフの王国にて』)のあらすじと感想・考察まとめ

転生したらスライムだった件(第4話『ドワーフの王国にて』)のあらすじと感想・考察まとめ

ドワーフの職人を探しにドワルゴンへ訪れたリムルたち。入国前に騒動を起こして連行されてしまうものの、ケガをしたというドワーフに回復薬を提供したことで釈放される。そのお礼に鍛冶職人のカイジンを紹介してもらうが、ベスターの依頼を優先したいと断られてしまう。なんとしてもカイジンを迎え入れたいリムルは、スキルを活用して協力することにした。 今回は「転生したらスライムだった件」第4話『ドワーフの王国にて』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第2話『ゴブリンたちとの出会い』)のあらすじと感想・考察まとめ

転生したらスライムだった件(第2話『ゴブリンたちとの出会い』)のあらすじと感想・考察まとめ

友達となった三上とヴェルドラは互いに名前を付けあい、三上はリムル=テンペストを、ヴェルドラはヴェルドラ=テンペストを名乗ることになった。リムルはヴェルドラの封印を解くため、捕食で胃袋に隔離することにする。洞窟を外へ出たリムルは、ゴブリンたちの群れに遭遇する。ゴブリンたちは牙狼族に襲撃され、危険な状況にあった。見かねたリムルは力を貸すことに決め、ゴブリンたちの主となった。 今回は「転生したらスライムだった件」第2話『ゴブリンたちとの出会い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

転生したらスライムだった件(第3話『ゴブリン村での戦い』)のあらすじと感想・考察まとめ

転生したらスライムだった件(第3話『ゴブリン村での戦い』)のあらすじと感想・考察まとめ

村の主となったリムルは牙狼族との戦いに勝利し、残った牙狼族はリムルに忠誠を誓った。牙狼族を配下に加えたリムルは、村の者全員に名付けをすることにする。その結果、ゴブリンと牙狼族は進化を遂げた。リムルは村を発展させるべく全員に役割を与える。だが、衣服と住居を作れる者がいなかった。リグルドからそういった技術を持つドワーフの存在を知ったリムルは、彼らの住むドワルゴンへ向かうことにした。 今回は「転生したらスライムだった件」第3話『ゴブリン村での戦い』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

【2020年版】主人公最強・異世界・ハーレムアニメおすすめ作品まとめ!【異世界チート魔術師 など】

【2020年版】主人公最強・異世界・ハーレムアニメおすすめ作品まとめ!【異世界チート魔術師 など】

主人公最強・異世界・ハーレムをとことん追及してみました。主人公最強にも色々あるので異世界やハーレムアニメに拘っています。簡単なコメントを入れてありますので参考にしてください。魔王学院の不適合者 〜史上最強の魔王の始祖、転生して子孫たちの学校へ通う〜などをまとめています!

Read Article

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

思わず見とれてしまう「美男美女」の兄妹キャラまとめ!

「人は顔じゃない」と言いますが、何だかんだ言ってみんな美形の人には惹かれてしまうものですヽ(゜´A`゜)ノ。その悲しい現実が顕著に現れるのが、美形ぞろいのキャラクターが溢れる2次元の世界。という事で今回は、アニメにおける美男美女の「兄妹(姉弟)達」に迫っていきたいと思います!若干気色悪く感じる文面もあるかと思いますが、その点ご了承ください(´д`)ww

Read Article

魔法科高校の劣等生のアニメキャプチャー画像まとめ

魔法科高校の劣等生のアニメキャプチャー画像まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。主人公の司波達也は非常に偏った魔法技能から一般的な評価としては劣等生とされており、妹である深雪は多種類の高度な魔法を駆使できることなどから優等生とされている。

Read Article

司波達也・深雪、同級生の解説まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪、同級生の解説まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。主人公の司波達也とヒロインの深雪の同級生には特徴的な魔法技能を持つものが多い。また達也たちと行動を共にすることが多く、学内のみならず学外でも活躍している。

Read Article

司波深雪の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波深雪の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。深雪は非の打ち所がない美貌の持ち主で、兄の達也のことを慕っている少女だ。それを隠すこともしないため、周囲からは重度のブラコンという認識をされている。

Read Article

七草真由美の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

七草真由美の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。七草真由美は達也たちの2学年上の先輩で、十師族「七草家」の長女だ。小柄ではあるが、バストとヒップは平均的な身長の同世代の平均的な数値と変わらないトランジスターグラマーである。

Read Article

司波達也・深雪の先輩たち最強世代の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪の先輩たち最強世代の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。その時の3年生、達也・深雪の二年先輩には十師族の七草真由美、十文字克人や百家の支流・渡辺摩利などの実力者が数多く、作中では「最強世代」と呼ばれていた。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校風紀委員まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校風紀委員まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。魔法科高校である第一高校の風紀委員会は生徒会と同じく学内で魔法をアシストするCADの携帯が認められている組織だ。主人公の達也も風紀委員会に所属することになる。

Read Article

司波深雪のかわいいイラスト・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

司波深雪のかわいいイラスト・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。深雪は同級生から上級生まで、男女問わずに認める「校内一の美少女」であり、作中でも人気が高い。当の深雪は兄の達也に心酔している。

Read Article

光井ほのかの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

光井ほのかの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。ほのかは深雪のクラスメイトであり、魔法に関して深雪に次ぐ学年総合2位の実力を持つ。「光井」というのは光波振動系に特化した適性を持つ、「光のエレメンツ」のことである。

Read Article

魔法科高校の劣等生のイラスト画像・壁紙・動画集

魔法科高校の劣等生のイラスト画像・壁紙・動画集

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也は現代の魔法力の評価ではぎりぎり赤点を免れるといった程度の力しかないが、自由に扱える「分解」と「再成」という魔法、知識や体術を駆使しして学校という枠組みを越えた場所で活躍を見せていく。

Read Article

魔法科高校の劣等生のかわいい登場人物・キャラクターまとめ

魔法科高校の劣等生のかわいい登場人物・キャラクターまとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。作中ではヒロインの深雪を筆頭に多くのかわいいキャラクターが登場する。それは、魔法資質が高い人間ほど骨格が左右対称となる傾向にあるとされることも無関係ではないだろう。

Read Article

千葉エリカの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

千葉エリカの壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。エリカは達也・深雪の友達で、1年時のクラスメイトである。「剣の魔法師」の二つ名を持つ百家本流の一つ「千葉家」の次女であるが、父親が愛人に産ませた娘であるため、父親をはじめ家族仲はあまり良くない。

Read Article

渡辺摩利の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

渡辺摩利の壁紙・画像まとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。摩利は達也や深雪の二年先輩にあたる人物で、達也を風紀委員に推した張本人である。また渡辺綱の末裔ともされる「渡辺家」の出身で、同家の中でも一人だけ飛び抜けた魔法の才能を持つ。

Read Article

柴田美月のかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

柴田美月のかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也の同級生である美月は魔法師の家庭の生まれではないが、隔世遺伝で魔法の素質が発現した少女である。「霊子放射光過敏症」という症状を緩和するために常に眼鏡をかけている。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校生徒会役員まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校生徒会役員まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。成績優秀者の中から選ばれる生徒会役員は魔法を補助するCADの携帯が認められており、第一高校に首席で入学した深雪も入ることとなる。

Read Article

魔法科高校の劣等生の主題歌・挿入歌まとめ【OP・ED】

魔法科高校の劣等生の主題歌・挿入歌まとめ【OP・ED】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。アニメの第1期は2014年4月から放送され、その主題歌にはLiSAやGARNiDELiA、ELISA、安田レイといった人気アーティストが起用された。

Read Article

千葉エリカのかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

千葉エリカのかわいいイラスト・画像を集めてみた【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。エリカはドイツ人の祖父を母方に持つクォーターで、「剣の魔法師」の二つ名を持つ千葉家の次女である。純粋な剣術の技量は千葉家の中でも上位にあり、門下生である渡辺摩利をも上回る。

Read Article

魔法科高校の劣等生の声優まとめ

魔法科高校の劣等生の声優まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生の兄、司波達也と優等生の妹、司波深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が開始する。アニメにもなっており、中村悠一、早見沙織といった人気声優が起用されている。

Read Article

司波達也・深雪の一年先輩の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

司波達也・深雪の一年先輩の登場人物・キャラクターまとめ【魔法科高校の劣等生】

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。達也・深雪の一学年上の先輩には生徒会の中条あずさや服部刑部少丞範蔵、風紀委員会の沢木碧などがいる。

Read Article

魔法科高校の劣等生の第一高校関係者まとめ

魔法科高校の劣等生の第一高校関係者まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。第一高校は関東地方の東京都八王子市に位置する学校で、一科・二科制度を採る。魔法教育だけでなく、それ以外の教育のレベルも全国上位クラスと評価されており、教職員のレベルも高い。

Read Article

魔法科高校の劣等生のかっこいい画像まとめ

魔法科高校の劣等生のかっこいい画像まとめ

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。劣等生とされる兄の司波達也と、優等生とされる妹の深雪が国立魔法大学付属第一高校に入学したところから物語が始まる。アニメでは魔法を使った戦闘が大迫力で描かれ、好評を博した。また登場人物・キャラクターの造形も丁寧であり、2021年2月には3期にあたる『魔法科高校の劣等生 追憶編』の制作決定が告知されることとなった。

Read Article

魔法科高校の劣等生の壁紙に使えるイラスト・画像集

魔法科高校の劣等生の壁紙に使えるイラスト・画像集

『魔法科高校の劣等生』は体系化された魔法を扱う職業「魔法師」を養成する架空の教育機関「魔法科高校」を舞台とした学園バトルアクション小説である。第一高校に入学した時は劣等生とされていた司波達也が、校内外で活躍を見せ、劣等生の枠組みから飛び出していく様子が描かれる。そしてその傍には常に妹の深雪がおり、2人の関係性も変化していく。

Read Article

目次 - Contents