ユージュアル・サスペクツ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ユージュアル・サスペクツ』とは1995年にアメリカで製作されたサスペンス映画。
巧妙に練られた脚本と、思ってもみないどんでん返しのエンディングが大きな話題となり大ヒットとなる。
カルフォルニア州サンペドロで麻薬密輸船の爆破事件が起こる。謎に包まれたこの事件を、生存者である手足が不自由な男、ヴァーバルが捜査官に語って聞かせる。その事件には闇社会では伝説となっている人物、カイザー・ソゼが深く関わっていた。謎の人物カイザー・ソゼの正体を暴くうちに、事件の全貌が徐々に明らかになっていく。

吹き替え:津嘉山正種(ソフト版)/大塚明夫(テレビ東京版)

元々は汚職警官だったが、足を洗いレストラン業界でビジネスをしていた。
公私ともにパートナーである敏腕弁護士イーディを心から愛している。
しかしハイジャック事件の容疑者として逮捕されたことでビジネスマンとしての信用を失い、また闇仕事に戻ることに。
過去には数々の事件で告訴されたが、証拠を一切残さないという知能犯のため、デビッドには「情け知らずのワル」と思われている。
その頭の良さと伝説になる程のカリスマ性で、リーダー的存在となり、仲間を率いてエメラルド強奪事件を起こす。
最後はカイザー・ソゼにすべての罪を着せられ、殺されてしまう。

ヴァーバル・キント (演:ケヴィン・スペイシー)

キートンを見つめるヴァーバル

吹き替え:黒沢良(ソフト版)/田中秀幸(テレビ東京)

左手足が不自由な詐欺師。
過去に詐欺罪で逮捕されたが、免罪措置で前科は消えた。
ヴァーバルとはおしゃべりという意味で、裏社会では作戦屋のヴァーバルと呼ばれている。
しかし実はカイザー・ソゼの正体はヴァーバルであった。
左手足が不自由な弱者であるように見せかけていたが実は健常者であり、キートン達を騙してアルゼンチンの麻薬密輸船を襲撃させる。
そしてキートンがカイザー・ソゼであるかのように見せかけて殺し、すべての罪をなすりつけ、姿を消した。

マイケル・マクマナス(演:スティーヴン・ボールドウィン)

キートンに話しかけるマクナマス(右)

吹き替え:江原正士(ソフト版)/大塚芳忠(テレビ東京版)

忍び込みのプロ。いい奴だがすぐにカッとなりやすい性格。
銃の名手で、揉み合っている敵と味方を見分けて仕留めることができる。
フェンスターと相棒を組み、多くの盗みを行ってきた。
フェンスターがカイザー・ソゼに殺されてしまった際、埋葬してやろうとするなど情に厚い男でもある。

フレッド・フェンスター(演:ベニチオ・デル・トロ)

キートンの話を聞くフェンスター

吹き替え:宮本充(ソフト版)/天田益男(テレビ東京版)

マクナマスの相棒で、英語に訛りがある外国人。
盗みの腕はピカ一で、頭も良い。
カイザー・ソゼに恐れをなして逃げ出すが、すぐに殺され海辺で遺体となって発見される。

トッド・ホックニー(演:ケヴィン・ポラック)

拘置所を出所したトッド

吹き替え:小杉十郎太(ソフト版)/荒川太郎(テレビ東京版)

爆弾のプロ。
開き直りでこの世を生きてる男。
アルゼンチン組織の麻薬密輸船襲撃の際には得意の爆弾を使い、敵に奇襲攻撃を仕掛けた。
その後ハンガリー組織の金を奪おうとした所、カイザー・ソゼに殺されてしまう。

捜査官たち

デビッド・クイヤン(演:チャズ・パルミンテリ)

レイビン刑事を説得するデビット

吹き替え:金尾哲夫(ソフト版)/小川真司(テレビ東京版)

ニューヨークの特別捜査官。
ニューヨークのトラックハイジャック事件を担当した。
この事件の容疑者であり、麻薬密輸船爆破事件の生存者であるヴァーバルを取り調べるためにサンペドロ警察に赴く。
そこでヴァーバルを尋問し、事件の黒幕であるカイザー・ソゼはキートンであると断定する。
しかしヴァーバル保釈後に、すべてがヴァーバルの嘘であったことに気付く。

ジャック・ベア(演:ジャンカルロ・エスポジート)

爆破が起きた港で煙草をふかすジャック

吹き替え:山形ユキオ(ソフト版)石塚運昇(テレビ東京版)

FBI捜査官。
サンペドロ港で起きた麻薬密輸船爆破事件を担当する。
ニューヨークの特別捜査官ジャックとの連携や、船の生存者の供述に立ち会う等、事件解決のために奔走する。

ジェフ・レイビン(演:ダン・ヘダヤ)

アルゼンチン麻薬密輸船爆破事件について話すレイビン刑事

吹き替え:麦人(ソフト版)

サンペドロ警察の刑事。
ニューヨークの特別捜査官デビッドに協力し、自分の仕事部屋を供述場所として提供する。
レイビン刑事の部屋の壁に貼ってあった資料から、ヴァーバルはキーワードを抜き出し、嘘の証言をでっち上げる。

カイザー・ソゼの仲間

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

ボヘミアン・ラプソディ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボヘミアン・ラプソディ』とは、2018年11月9日に日本で公開された、伝説のロックバンド「クイーン」のボーカルで、類まれなる歌声と才能を持ったフレディ・マーキュリーの半生を描いた伝記映画である。「Bohemian Rhapsody」「We Will Rock You」など名曲の誕生秘話、クイーンとフレディ・マーキュリーの栄光とその影を描く。20世紀最大のチャリティーコンサート「ライヴ・エイド」での伝説のステージが蘇る。興行収入53億円を超え、各地で応援上映が開催された。

Read Article

ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ロスト・ワールド/ジュラシック・パーク』とは1997年に製作されたアメリカ映画で、1993年に製作された『ジュラシックパーク』の続編である。イスラ・ヌブラル島で起きた事件から4年、その島とは異なるサイトB呼ばれる場所で恐竜の存在が確認された。新たに社長になったハモンドの甥のルドローはサイトBにいる恐竜を捕獲し、サンディエゴに新たな「ジュラシックパーク」を建設しようとしていた。マルコムたちがその計画を止めようとするも捕獲は成功し、サンディエゴへと運ばれるがそこで悲劇が再び起こってしまう。

Read Article

ベイビー・ドライバー(Baby Driver)のネタバレ解説・考察まとめ

『ベイビー・ドライバー』とは2017年にアメリカ合衆国で公開されたアクション映画である。主人公ベイビーが音楽を聴く事で驚くべきドライビングテクニックを発揮し、逃がし屋として活躍する姿を描いた作品。更にアクションだけではなく、一目惚れした彼女との初々しい恋愛をも描いている。監督はエドガー・ライト、主演はアンセル・エルゴートが務めた。 映像と音楽が完璧にシンクロするという今までになかった爽快アクション映画。

Read Article

ボーダーライン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーダーライン』とは2015年に製作された犯罪・サスペンス・アクション・ドラマを扱ったアメリカ映画である。現場で活躍するFBIの女性捜査官がメキシコの麻薬カルテル撲滅のために組織されたチームにスカウトされ、アメリカとメキシコを股にかけた麻薬戦争の実情を目の当たりにするという話である。監督は『ブレードランナー2049』のドゥニ・ヴィルヌーヴが務め、『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラント、『トラフィック』のベニチオ・デル・トロらが出演した。

Read Article

セブン(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

1995年のアメリカ映画。監督はデヴィッド・フィンチャー。 舞台は犯罪がはびこるアメリカの大都会。キリスト教の「七つの大罪」に沿って人を殺していく猟奇殺人犯を、退職間近の老刑事サマセット(モーガン・フリーマン)と、血気盛んな若手刑事ミルズ(ブラッド・ピット)が追っていく。 独創的な映像センスと、人間の暗部を描いた脚本が魅力のサイコサスペンス。

Read Article

ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ(映画)のネタバレ解説・考察まとめ

『ボーダーライン:ソルジャーズ・デイ』とは2018年のアメリカのアクション映画で、2015年に製作された『ボーダーライン』のスピンオフである。前作同様にメキシコの麻薬カルテルをテーマにしている。メキシコの麻薬カルテル内に混乱を引き起こすことを国防長官から命ぜられたCIAのマットは暗殺者のアレハンドロを雇い作戦を決行するが、敵の攻撃を受けたことから想定外の事態へ陥ってしまう。監督はステファノ・ソッリマが務め、キャストはベニチオ・デル・トロやジョシュ・ブローリンが前作から続投した。

Read Article

目次 - Contents