信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

羽柴秀長(はしばひでなが)

CV:鈴村健一
秀吉の前に突然表れた忍。幼い頃に別れた弟であると名乗り、秀吉の臣下として動く。秀吉が唯一本性を曝け出している人物で、織田家を乗っ取る野望を知る。兄である秀吉をわざと怒らせてその反応を楽しむ。織田家の武将として動きにくい秀吉に代わって、敵陣に潜り込んだりと忍まがいなことをよくやっている。

蜂須賀小六(はちすかしょうろく)

CV:松山鷹志
ドラマ:勝矢
美濃の土豪で、美濃攻めの際に秀吉の一夜城づくりに協力した。そのことにより、サブローから秀吉の下に着くように言われる。

石田佐吉(いしださきち)

秀吉の小姓。後の石田三成。美しいものに目がなく、秀吉の陣にいた美男子の半兵衛の世話を率先して行っていた。同様に美形のサブロー、堀秀政にも目を輝かせていた。サル顔の秀吉に魅力を感じていなかったが、半兵衛に情報を流して秀吉に裏切りを咎められた際の鋭い雰囲気によって考えが少し変わった。

その他の配下たち

簗田政綱(やなだまさつな)

CV:勝杏里
織田の領内にある村の男の子。名前は当初「まさ」であったが、サブローによって「リーダー」にされて桶狭間での今川軍の動向を探っていた。その功績により、サブローから「やなだ まさつな」という名前をもらい、領地も与えられた。

弥助(やすけ)

出典: neoapo.com

CV:山寺宏一
平成の世からタイムスリップした外国人プロ野球選手。尾張の浜辺に「鬼」が出ると言う噂から、サブローが森兄弟を向かわせたところ連れて帰ってきた。その後用心棒としてサブローに仕えるが、見かけによらず小心者で女性に甘い。森坊丸・力丸と遊んでいることが多く、「ヤング」という本名が呼びにくいため「弥助」となった。

おゆき

ドラマ・映画:夏帆
帰蝶のそばに仕える侍女であり、元は上杉の忍。情報を得るために織田に潜り込んでいたが、いざ信長暗殺の命が下るとサブローや帰蝶の人柄にすっかり惹かれていたため実行に移すことができなかった。育ての親であるうのにも「優しすぎる」と言われており、武術は織田の武将にも引けを取らないが情に流されやすいところがある。上杉の忍びを抜ける際に髪が短くなったが、サブローに「似合っている」と言われてずっと短いままにしている。

徳川家

徳川家康(とくがわいえやす)

出典: neoapo.com

CV:福山潤、升望(竹千代時代)
ドラマ・映画:濱田岳
三河大名で今川と織田の戦ののちに織田と同盟を結んでいる。幼少時代に人質として織田家にいたときに、サブローから「エロ本」を渡された。それ以来女性の魅力にハマってしまい、常に何人かの女中を侍らせている。このエロ本「えろす」は徳川家の家宝にするとサブローに告げている。美しいお市に好意を寄せているが、家臣の本多忠勝にお市が興味を示すため悔しい思いをしている。他の武将に比べてぽっちゃり体型であり、人の良さそうな顔をしている。作中では涙目になることが多い。

本多忠勝(ほんだただかつ)

徳川家家臣で徳川四天王の一人。戦いの中で一度も傷を負った事がないほどの猛将。撤退戦では殿軍、突撃では先鋒を任される徳川の戦にはなくてはならない存在である。主君である家康への高い忠誠心を持っており、家康に馴れ馴れしいサブローには常に敵意をむき出しにしている。眼光鋭く威圧感のある顔つきだが、サブローとお市だけには好評で気に入られてしまっている。

榊原康政(やなぎはらやすまさ)

徳川家家臣で、徳川四天王の一人。忠勝とは対照的な冷静沈着で理論派の武将。忠勝とは同時期に家臣となっていることから仲が良く、人付き合いの不器用な忠勝のクールなツッコミ役。戦場であっても皮肉を言い合っている。

本多忠真(ほんだただざね)

徳川家家臣。忠勝の叔父であり育ての親でもあるが、三方ヶ原の戦いで殿軍を引き受けた忠勝を逃すために役目を変わって戦死する。顔は忠勝によく似ており、鋭い目つきと太いつり眉である。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents