信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

CV:宮野真守
ドラマ・映画:小栗旬
勉強嫌いで、戦国時代の知識はほとんどないままタイムスリップした高校生。だらしなく着物を着崩し、木に登ってやりたい放題の自由奔放な性格。じきに「うつけ者」と言われるようになるが、つかみどころがなく飄々としており、型破りな発想が周りの人たちを惹きつける。「デート」や「リーダー」などの平成の世の言葉を度々使用するため、家臣たちは混乱している。タイムスリップ時は高校生だったが、原作の20巻で既に30歳はこえている。

明智光秀(あけちみつひで)

出典: neoapo.com

CV:梶裕貴
ドラマ・映画:小栗旬
タイムスリップしてきたサブローと入れ替わった本物の織田信長。元来肺が悪く病弱で、織田家の嫡男としての重圧に耐えかねていた。サブローと変わってからは明智家の養子となり生活していたが、織田家の成長を目の当たりにしてサブローの役に立ちたいと家臣になる。普段は顔を見られないように頭巾をかぶっており、事情を知る者の前だけで素顔を晒す。品行方正で所作も美しく、朝廷とのやりとりなどきちんとした場面ではサブローにかわり対応をする事もある。サブローからは「ミッチー」と呼ばれ、お互いの秘密を共有しているためか主従以上の信頼関係で結ばれている。

帰蝶(きちょう)

出典: neoapo.com

CV:水樹奈々
ドラマ・映画:柴咲コウ
信長の正妻。美濃から尾張に嫁いだばかりの頃は信長に相手にされず、寂しい思いをしていた。サブローが信長になってからは、「デート」に行くことを楽しみにしていたり木に登ってみたりと好奇心旺盛な少女の部分が垣間見える。美しいと評判で、おしとやかで心優しい性格の持ち主。何度も戦に行く信長の帰りを心配しながら待ち続ける姿は健気である。

ドラマ・映画ではしとやかで物静かなのは他所行きの姿とされ、実際は気が強く、信長とも口論を度々している。

お市(おいち)

出典: neoapo.com

CV:悠木碧
映画:水原希子
信長の妹。織田の領内を超えてその名前が知られるほどの美しい姫君。しかし、顔に似合わず天真爛漫でおてんばな性格な上、蛙や蛇などの生き物を愛でる独特な感性を持っている。自他共に認める「ブラコン」で、嫁いだ夫よりも兄・信長のことを慕っている。そんなお市もいざ夫が死ぬとなると涙を見せる場面もあった。乱世の女子の凛とした強さを三人の子供たちにも教えている。サブローからは「おいっちゃん」と呼ばれている。

茶々(ちゃちゃ)

ドラマ・映画:渋谷そら(第11話)
信長の姪。浅井長政とお市の間に生まれた。三姉妹の中では長女で、眉毛が長政似である。性格は、サブローが「ミニチュア版お市」というくらい母親のお市に似たおてんば娘。姉妹の中で唯一、父親の面影が記憶に残っている。

初(はつ)

ドラマ・映画: 横溝菜帆(第11話)
信長の姪。浅井長政とお市の間に生まれた。三姉妹の中では次女に当たり、目が長政似である。臆病で大人しく、いつも眠そうにしている。

江(ごう)

ドラマ・映画: 佐々木六花(第11話)
信長の姪。浅井長政とお市の間に生まれた。三姉妹の三女に当たる。広いおでこが長政似である。

織田信秀(おだのぶひで)

信長の父親。尾張の守護代の家臣だったが、下克上で戦国大名に成り上がった男。「うつけ者」の信長を後継者に指名する。

織田信行(おだのぶゆき)

出典: neoapo.com

CV:内山昂輝
ドラマ:柳楽優弥
信長の弟。品行方正な性格で、うつけ者の信長よりも信行を後継者にあげる声も城内には少なくなかった。有力家臣の柴田勝家も後ろ盾になっていたが、何度も謀反を繰り返す信行とカリスマ性の感じられる信長との差を目の前にして信行の元をさる。信長との協力を拒んだ信行は、武士の意地を通してサブローの前で切腹して果てる。

織田長益(おだながます)

信長の弟。お市とは同い年だが、兄とされている。サブローに会うたびに甘えており、「ブラコン」のお市とはライバルである。茶器に凝ったり、景色を楽しんだりする様子から武人というよりは茶人のような印象の男。

織田家家臣団

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents