信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

平手政秀(ひらてまさひで)

出典: neoapo.com

CV: 清川元夢
信長のお目付役で、家臣の中でも昔からの重臣である。サブローに変わってからのうつけぶりに頭を抱えていたが、城内に紛れ込もうとした忍の秀吉を追い返すことで秀吉に暗殺される。「天下をお取り下さい」と瀕死のところに駆けつけたサブローへ遺言を残す。平手のこの言葉が、サブローに天下統一を目指させるきっかけの一つとなる。

池田恒興(いけだつねおき)

出典: neoapo.com

CV:興津和幸
ドラマ・映画:向井理
信長の乳兄弟で、世話役も務めている。サブローのうつけぶりに困惑し、当初は殺害を試みる場面もあった。突飛な行動をとるサブローに次第に慣れてくるが、慎重に動くように毎度説教をしている。真面目で常識人であるため、サブローの教育係としていつもそばにいる。サブローからは「恒ちゃん」と呼ばれている。

柴田勝家(しばたかついえ)

出典: neoapo.com

CV:小山力也
ドラマ・映画:髙嶋政宏
織田家の筆頭家臣の一人。当初は信長の弟である信行についていたが、将の器の違いを感じて信長に忠誠を誓う。作中では恒興同様、サブローの近くにいることが多い。武勇の面でも家中では一目置かれており、四人の軍団長のうちの一人に選ばれている。家臣団の中では髭をたたえた渋い強面であるため、作者自身も「一番武将っぽい」とコメントしている。サブローからの信頼も厚く、「シバカツさん」と呼ばれている。

丹羽長秀(にわながひで)

出典: neoapo.com

CV:高橋伸也
ドラマ・映画:阪田マサノブ
織田家家臣で、四人の軍団長の内の一人。寡黙で表情が読めないが、冷静で視野が広く柔軟に物事にあたる。サブローからは重要な居城である安土城の築城を任された普請奉行でもあり、武勇よりは隊を率いて着実に計画を遂行していく行政力が買われている。

前田利家(まえだとしいえ)

出典: neoapo.com

CV:浅沼晋太郎
ドラマ・映画:藤ヶ谷太輔(Kis-My-Ft2)
織田家家臣で幼名は犬千代。若い頃から血気盛んで喧嘩っ早い性格。好敵手となる同じく織田家家臣の佐々成政との喧嘩中に、その元気の良さをデート中のサブローに買われて家臣となった。家臣団随一の長身で、力自慢。武勇に秀でており、戦場では自慢の長槍でサブローを守る。出会った頃の幼名である犬千代を気に入ったサブローに、元服してからもそう呼ばれるが本人は満更でもない様子である。呼ばれると「わん」と叫ぶことが多い。

ドラマでは、勝家の前に突然平伏して仕官する。

佐々成政(さっさなりまさ)

出典: neoapo.com

CV:三宅健太
ドラマ・映画:阿部進之介
織田家家臣の一人で、信条を曲げない男気ある真っ直ぐな性格。真面目で実直だがそのおかげで堅物な面もあり、やんちゃな利家とはよく喧嘩をしている。負けず嫌いな性格から、利家と張り合いながら織田家の中で頭角を表していく。

ドラマでは利家同様に勝家の前に平伏して仕官する。

竹中重治(たけなかしげはる)

出典: neoapo.com

CV: 櫻井孝宏
ドラマ・映画:藤木直人
織田家家臣の一人。通称は半兵衛。元は斉藤道三の孫、斉藤竜興に仕えていたが稲葉山城を乗っ取る。その後サブローに織田家へ来るよう言われるが、一度は断る。サブローの上洛後に弟の重矩とともに仕官して家臣となる。涼やかで儚げな美形であり、冷静沈着で物静かな性格。しかし時に大胆な発想と行動力でサブローを初め、あらゆる武将に一目置かれる軍師でもある。秀吉の裏切りやサブローと光秀の秘密にもいち早く勘付き、探りを入れていた。サブローには「半兵衛ちゃん」と呼ばれている。

ドラマでは斉藤家の間諜として織田家に潜り込む。しかしサブローの天下泰平の志を聞き、自身のかつての目標を思い出したことで自ら織田家へと加入する。秀吉の正体を光秀に告げるが、秀吉と繋がっていた光秀によって斬殺されてしまう。

竹中重矩(たけなかしげのり)

ドラマ・映画:上山竜治
織田家家臣の一人で、半兵衛の弟。姉川の戦いでは、浅井家筆頭の遠藤直経を討ち取ることでサブローの命を守る軍功をあげる。半兵衛とは違い、おしゃべりで明るい正直者。寡黙で背負うものの多い兄を心配し、気にかけていた優しい一面が作中には表れていた。兄の亡き後は秀吉の近くでその代わりをつとめ、光秀に秀吉の動向を伝えたりしている。

堀秀政(ほりひでまさ)

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents