信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

夏目吉信(なつめよしのぶ)

徳川家家臣。家康の古くからの家臣であったが、三方ヶ原の戦いで敗走中の家康に代わりとなって馬で敵陣に突っ込み戦死する。

井伊万千代(いいまんちよ)

徳川家家臣であり、徳川四天王の一人。後の井伊直政。家康の小姓だが、家康のお市への好意とお市の忠勝への興味の三角関係に鈍感で康政に注意されることもある。若いからか、サブローの軽いノリにも柔軟で波長が似ている。

斉藤家

斉藤道三(さいとうどうざん)

出典: neoapo.com

CV:秋元羊介
ドラマ・映画:西田敏行(第2話)
信長の正室である帰蝶の父親で、「マムシ」の異名で恐れられる美濃の大名。サブローと同じく未来からタイムスリップしてきた。帰蝶の手紙にうつけ者の信長のことが書かれており、興味を持ったため会見を決意。サブローの制服姿を見た後は自身もタイムスリップの際に着ていた警官姿で登場し、家臣とサブローを驚かせた。もともと不仲であった息子の義竜との戦いに敗れ、未来に帰る願いを果たせないまま自害した。サブローには警官帽とピストル、未来に置いてきたもうひとりの娘への手紙を形見として渡している。

斉藤義竜(さいとうよしたつ)

CV: 浜田賢二
ドラマ・映画:新井浩文(第2話)
斉藤道三の息子。父親との戦いに勝利して領地を手にするが、数年後に病死する。

斉藤竜興(さいとうたつおき)

ドラマ・映画:間宮祥太朗
義竜の息子で道三の孫。父の病死後家督を継いだが、酒と女に溺れる日々を過ごしていた。家臣の半兵衛に裏切られて、サブローに美濃を奪われる。

足利将軍家

足利義輝(あしかがよしてる)

CV:緑川光
室町幕府の13代将軍であり、わずかな手勢で上洛したサブローの型破りで素直な態度に感動し、太刀を与える。サブローとの出会いののち、松永久秀によって暗殺される。

足利義昭(あしかがよしあき)

出典: neoapo.com

CV:杉田智和
ドラマ・映画:堀部圭亮(第7・9話 - 第10話)
全将軍の亡き後、京都に居座る六角氏を退けた織田によって擁立された室町幕府第15代将軍。上洛後すぐは機嫌よくサブローに接していたが、「天下統一」にこだわるサブローへ不信感を抱くようになる。次第に京都の支配にも幅を利かせ始めた織田に対して、各地の大名に「信長討伐」の密書を送るようになる。しかし、最後には家臣の細川藤孝に裏切られて強大な織田軍に敗北し、室町幕府を滅亡させてしまう。度量も視野も狭く、喜怒哀楽の激しい将軍としては相応しくない性格。

浅井家

浅井長政(あざいながまさ)

出典: neoapo.com

CV:木村良平
ドラマ・映画:高橋一生(第6話 - 第11話)
北近江の大名であり、信長の妹であるお市の夫。整った顔立ちに大きな二重の目は、いつもどこか寂しげな表情である。織田家を裏切ったがお市とは仲睦まじく、三人の娘を儲けている。父である久政の圧もあって、武士としての意地を見せるが強大な織田には敵わず小谷城で最期を迎える。

浅井久政(あざいひさまさ)

出典: neoapo.com

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents