信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

長篠の戦い

信玄を失った武田は、体制を整えて再び家康の治める三河に進軍をしていた。サブローは教科書にあった「鉄砲」と「長篠の戦い」を思い出して戦の準備を始めるが、その最中光秀の素顔が小姓の森蘭丸に見られてしまう。光秀が信長の暗殺を企てていないか疑心暗鬼になる蘭丸だが、すぐに戦へ二人とも出発する。
長い鉄砲柵と三段方式の銃撃は武田の騎馬隊に効果的面で、当主の武田勝頼(たけだかつより)は逃したものの織田・徳川の圧勝に終わった。

上杉から織田の忍へ

武田が衰退の一途を辿る中、信長と同盟を結んでいた上杉から忍のおゆきに信長暗殺の命令が下る。サブローのカリスマ性と人柄に惹かれつつあったおゆきだが、仕方なく寝所に潜り込み暗殺を図る。
しかし、刃を向けられたサブローはおゆきに「織田に仕えればいい」と淡々と話す。本物の信長ではないことまで話出すサブローに、拍子抜けしたおゆきは暗殺を諦め、姿を眩ましてしまう。
越後の育ての親であるうのの元に帰還したおゆきは、信長暗殺の命令が嘘だと知るが上杉にはいられない。その後うのの計らいで死んだことになり、自由の身になったおゆきは再び織田に仕えることを選ぶ。

松永久秀の謀反

武田を退けた織田に対して、同盟を結んでいた上杉が動き出す。北陸支配に乗り出すために七尾城を手に入れたいが、城内は織田派と上杉派で二分していた。これを機に上杉と戦おうとしていた織田であったが、手取川の戦いで大敗する。時を同じくして、松永久秀(まつながひさひで)謀反の知らせも届く。久秀はサブローと同じ未来から来たヤクザで、背中には刺青が彫られていた。同胞を死なせたくないサブローは久秀に使者を送る。戦国の世に骨を埋める覚悟の久秀の元に来たのは、森長可であった。「死に様は自分で決める」と言った久秀の言葉について会話した後、長可は城を後にする。その直後、松永久秀は自爆した。

上杉謙信の死と秀吉への疑念

上杉との戦が所々で続いていたある日、突然謙信の死が知らされる。織田城内では喜びと安堵の声が上がり、信長の天下人としての道が開かれる吉報となった。しかし、謙信に惚れ込んだ上杉の忍であったおゆきは動揺し、涙を流す。悲しんでも良いと諭す帰蝶を前に、より一層織田家への忠誠を強くした。
一方、去る手取川の戦いで、勝手に戦線離脱して軍律違反を犯した秀吉に竹中半兵衛は疑念を強くしていた。実際、秀吉には京都を追放された足利義昭から密書が何通も届いていたが、この時はまだ相手にはしていなかった。

サブローが摂津での謀反に備えていた頃、敵対組織の石山本願寺へ兵糧を届ける毛利水軍と水上戦が起こった。この戦の敗北を瀬戸内の鞆で聞いた足利義昭は、協力者である毛利の恵瓊(えけい)に詰め寄る。その時、突如曲者と自ら名乗る忍姿の羽柴秀長(はしばひでなが)が現れた。羽柴秀吉がただの武士ではないことを悟った恵瓊は、秀吉と密会すべく織田の陣中へ入り込む。
その頃、秀吉と同じ中国攻めを任されていた竹中半兵衛は、重い老害に苦しみながらもその情報を小姓であった佐吉(後の石田三成)から入手する。しかし、サブローへ伝える道中に秀長に追いつかれ、自害によって果てる。

毛利との内通を半兵衛の死によって揉み消すことができたと思っていた秀吉だが、半兵衛は道中おゆきの忍仲間であるとき丸に偶然出会っていた。とき丸は半兵衛からの文を、光秀とおゆきにたくす。
信長から安土に呼び出された秀吉は、サブローへ必死に身の潔白を訴える。古くからの家臣ということもあり、以後気をつけるようにといった措置がサブローから言い渡される。拍子抜けする秀吉だが、「もしかして秀吉が天下を取るのかな?」と鋭い指摘をするサブローに最後は言葉を詰まらせた。
半兵衛の後釜は弟の重矩が任され、時を同じくして京都滞在用の宿舎として本能寺の名前が挙がっていた。

光秀の思いと突然の刺客

着々と各地を平定し、天下統一へと進むサブローだが、家臣たちを労って尾張まで馬駆けすることにした。留守中に安土を訪れた光秀は、誰もいない部屋でいつも被っている頭巾を外していた。そこへ偶然通りかかった帰蝶に素顔を見られてしまう。「かつての殿に明智殿は似ている」と言われ動揺する光秀だが、本当の信長については「何も存じませぬ」と帰蝶へ告げる。真剣な眼差しに何かを悟った帰蝶は小さく笑い、それ以上の詮索はしなかった。

秀吉と毛利、武田征伐

中国攻めのために毛利と敵対中の秀吉だが、弟秀長は今も毛利と繋がっていた。新年早々、瀬戸内の鞆にいる足利義昭と毛利家重臣の小早川隆景(こばやかわたかかげ)の元を訪れた秀長は、兄秀吉の指図でいつでも寝返る可能性があることを仄めかす。一方、安土のサブローたちは徳川軍とともに武田征伐へと出陣した。信玄亡き後の武田は崩壊状態で、織田軍の侵攻する先々で逃亡・降伏が相次いだ。そしてついに天正十年三月十一日、武田家は滅亡する。

光秀から徳川への頼み事

武田が滅びてすぐ、中国攻めを任されている秀吉は備中高松城の攻略法を探っていた。そんな陣中に芋商人として、おゆきの代わりにとき丸が潜入する。
図らずも秀長と接触したとき丸は、以前上杉の忍だった頃に織田との手取川戦で見た怪しい男と同一人物であることに気づく。
その際秀吉の軍だけ戦闘放棄した話から、織田軍の危機になる情報を秀吉は他の将に伝えていなかったことを悟る。このことをおゆきと共に聞いた光秀はますます秀吉への疑念を強め、徳川家康に接触を図る。
そして、着実に近づいているであろう「本能寺の変」と秀吉の裏切りに備えて、家康に「何が起ころうと今の信長を見捨てないでほしい」と頼む。

『信長協奏曲』の登場人物・キャラクター

織田家の人々

織田信長/サブロー(おだのぶなが/サブロー)

出典: neoapo.com

CV:宮野真守
ドラマ・映画:小栗旬
勉強嫌いで、戦国時代の知識はほとんどないままタイムスリップした高校生。だらしなく着物を着崩し、木に登ってやりたい放題の自由奔放な性格。じきに「うつけ者」と言われるようになるが、つかみどころがなく飄々としており、型破りな発想が周りの人たちを惹きつける。「デート」や「リーダー」などの平成の世の言葉を度々使用するため、家臣たちは混乱している。タイムスリップ時は高校生だったが、原作の20巻で既に30歳はこえている。

明智光秀(あけちみつひで)

出典: neoapo.com

CV:梶裕貴
ドラマ・映画:小栗旬
タイムスリップしてきたサブローと入れ替わった本物の織田信長。元来肺が悪く病弱で、織田家の嫡男としての重圧に耐えかねていた。サブローと変わってからは明智家の養子となり生活していたが、織田家の成長を目の当たりにしてサブローの役に立ちたいと家臣になる。普段は顔を見られないように頭巾をかぶっており、事情を知る者の前だけで素顔を晒す。品行方正で所作も美しく、朝廷とのやりとりなどきちんとした場面ではサブローにかわり対応をする事もある。サブローからは「ミッチー」と呼ばれ、お互いの秘密を共有しているためか主従以上の信頼関係で結ばれている。

帰蝶(きちょう)

出典: neoapo.com

maki_lattem5
maki_lattem5
@maki_lattem5

目次 - Contents