信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

出典: neoapo.com

CV:石田彰
織田家家臣の一人。通称は久太郎。家臣随一の美形で、女性の扱いに慣れており度々「営業スマイル」で女中たちを虜にしている。信長の小姓として世話係や伝言を伝えたりなどなんでもそつなくこなす。森蘭丸をはじめとする小姓たちのお目付役でもあり、指導役として目を光らせている。物腰は柔らかいが隙がなく、サブローへの忠誠心も高い。サブローからは「キューちゃん」と呼ばれている。

細川藤孝(ほそかわふじたか)

ドラマ・映画:市川知宏(第7・9話 - 第10話)
足利義昭を信長上洛と繋げて将軍に就かせた人物。しかし義昭に将軍の器がないことを感じ、裏切って織田家に仕える。細川家の安泰のために動き、情に流されることのない冷静な男。自身にとって得な方につく強かさがあるため、サブローにも完全に心を許してはいない。光秀とは織田家に仕える前から親交があり、その素顔を知る唯一の人物であるがそれ以上は知らないため二人の秘密に興味を持っている。

森家

森可成(もりよしなり)

出典: neoapo.com

CV:杉崎亮
ドラマ・映画:森下能幸
織田家家臣であり、三人の息子を持つ父親。武勇に優れており、十文字槍で自身や子供たちにまでよくしてくれるサブローのために戦う。任地に赴くため子供らと離れても、手紙のやりとりを頻繁にしている子煩悩な一面も持つ。サブローに任されていた宇佐山城での戦いでも、子供たちにとって誇りでありたいという思いからわずかな手勢で応戦し最期を迎えた。

ドラマではアニメとは異なり初めから織田家家臣の一人として登場する。また、弱々しい上に泣き虫として描かれており、サブローからは「もりりん」「戦国ビックダディ」と呼ばれている。

森長可(もりながよし)

出典: neoapo.com

CV:吉野裕行
ドラマ:込江海翔(第4話)、北村匠海(第8話 - 第11話)
森家の次男で、父親の可成の死後森家を継ぐために元服し、一人の武将として織田家に仕えることになった。長兄は早くに亡くなっている。父親に似て武勇に秀でており、血気盛んな激しい気性の若武者。線の細い弟の蘭丸に逞しくなるよう説教を度々している。強い者を見ると勝負を迫ることも多く、織田家中では前田利家や忍のおゆき、他にも徳川家臣の本多忠勝に力試しを挑んでいる。

森蘭丸(もりらんまる)

出典: neoapo.com

CV:村瀬歩
ドラマ・映画:田中悠太(第4話)、田中奏生(第8話 - 第9話)
森家の三男で、信長の小姓をつとめる。肉体派の兄とは違って理屈で動く性分であり、真面目で心配性のため兄弟の中では割りを食っている。素直で顔に出やすく、表情が豊かな男の子。

映画ではサブローの家臣であり、本能寺の変で死亡した。

森坊丸(もりぼうまる)

出典: neoapo.com

CV:三宅麻理恵
ドラマ・映画:遠藤幸馳(第4話)、髙月雪乃介(第8話 - 第9話)
森家の四男。父親と兄に似て力自慢であり、蘭丸に迫る勢いで身長も急上昇中の信長の小姓。顔にそばかすがあり、あまり表情に変化はない。

森力丸(もりりきまる)

出典: neoapo.com

CV:大森日雅
ドラマ・映画:込江大牙(第4・8話 - 第9話)
森家の五男。他の兄弟同様に信長の小姓である。身体はあまり大きくないが、口が上手く兄の蘭丸とは違い世渡り上手な性格。

秀吉の一派

羽柴秀吉(はしばひでよし)

出典: denshiking.com

CV:中村悠一
ドラマ・映画:山田孝之
織田家家臣の一人で、四人の軍団長にも選ばれ中国の毛利攻めを任されている。元は今川義元に仕える忍であったため、織田家に潜り込んでから訪ずれた桶狭間の戦い前夜に織田の籠城を今川へと伝える。しかし、サブローの奇襲がその後行われ、騙された秀吉は織田家で名を挙げて信長へ復讐することを胸に誓う。墨俣の一夜城や金ヶ崎での死闘により織田家での地位を確立してきた秀吉であったが、随所で裏切りの機会を伺う様子が見られ、勘づいていた半兵衛と光秀に監視されていた。信長や周囲の者の前では、ペコペコ頭を下げ調子のいいことをよく言うが気心知れた者の前では忍らしい影のある凄みを感じさせる。

ドラマでは伝次郎と言う名前が本名であるとされ、信長の父である信秀を暗殺したり斉藤家の内紛の原因を作ったりしている。また、幼少期に自身の村を信長が滅ぼしたことに恨みを持っているとされており、サブローには「サルくん」と呼ばれている。

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents