信長協奏曲(信コン)のネタバレ解説・考察まとめ

『信長協奏曲』は2009年から『ゲッサン』(小学館)で石井あゆみが連載中の歴史漫画であり、第57回小学館漫画賞少年向け部門を受賞した。2014年からはフジテレビ開局55周年プロジェクトとしてアニメ・実写ドラマ・実写映画化を果たしている。勉強が苦手な普通の高校生サブローが、川沿いで足を滑らせて戦国時代にタイムスリップしてしまうところから物語は始まる。そこで出会ったサブローに瓜二つの織田信長に頼まれて、身代わりとして乱世を生きていくことになってしまう。

CV:野島昭生
ドラマ・映画: 村井國夫(第6話 - 第11話)
長政の父であり、当主である長政に対して浅井家の動向をあれこれ指図している。古くからの同盟関係であった朝倉家の討伐に進む織田に我慢できず、将軍の密書を持ち出して裏切りを提案した。

遠藤直常(えんどうなおまさ)

出典: neoapo.com

CV:土師孝也
浅井家家臣で、長政の側近かつ守役。姉川の戦いの際に、織田の兵に紛れてサブローに近づくも後一歩のところで逆に殺されてしまう。

上杉家

上杉謙信(うえすぎけんしん)

「越後の龍」の異名を持つ大名。おゆきの元主人であり、その姿を見たものは病弱な優男と評する。織田との同盟中は、サブローから贈られた南蛮ものの着物を着用することもあった。

うの

おゆきを拾って育てた上杉の女忍。謙信の死後起きた跡目争いをきっかけに、上杉から離れて里を出る。おゆきの幸せを一番大切に思い、掟を破ってもそれを成し遂げようとする。グラマラスな体型で、色仕掛けによって油断させたところを狙うのがうののやり方。

とき丸

上杉の忍。うのとおゆきとは幼い頃からの仲で、おゆきに好意があるがなかなか伝わらない。忍の腕はイマイチで、昔おゆきに助けてもらった際に顔に傷を負わせてしまったことを気にかけている。垂れ目の美男子で、女性をたらし込んで情報収集する。上杉を離れたおゆきを一途な思いからあらゆる面でサポートする。

その他勢力

松永久秀(まつながひさひで)

出典: neoapo.com

CV:黒田崇矢
ドラマ・映画:古田新太(第8話 - 第9・11話)
大和の大名であり、サブローと同じく平成の世からやってきた元ヤクザ。背中に大きな刺青が施されており、その言動は荒々しく下克上から裏切り、殺人もなんでもありの自由人。サブローの元へはタイムスリップのよしみで頻繁に訪れるが、幾度となく謀反を起こしたりその馴れ馴れしい態度から織田家臣団からの印象は最悪。己の力でのし上がる事のできる戦国の世では、むしろ生き生きしていた。

朽木元綱(くつきもとつな)

朽木谷の領主で、浅井軍から逃げていたサブロー一行を足止めしていた。しかし退却の道中で、サブローに妹が助けられたこともあり織田に道を開く。

朝倉義景(あさくらよしかげ)

ドラマ・映画:小市慢太郎(第7話 - 第8・10話 - 第11話)
越前の大名で、浅井家と同盟関係にある。一乗谷の戦いの後に、家臣に裏切られて自刃する。

ドラマ版では登場するが、原作ではシルエットと名前のみの登場となっている。

朝倉影健(あさくらかげたけ)

CV:中博史
姉川の戦いで朝倉軍の総大将をつとめる。徳川軍との戦いは惨敗。

今川義元(いまがわよしもと)

ドラマ: 生瀬勝久
駿河の大名で、藤吉郎と名乗っていた秀吉の雇い主。秀吉の情報から進軍していたが、田楽狭間にて奇襲を受けて戦死することとなる。

『信長協奏曲』の用語

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents