MARIO SPORTS MIX(マリオスポーツミックス)のネタバレ解説まとめ

『MARIO SPORTS MIX』は2010年11月25日に任天堂が発売したWii用の全年齢対象スポーツアクションゲームソフトである。マリオシリーズに登場するキャラクターに加え、共同開発したスクウェア・エニックスの『ファイナルファンタジーシリーズ』や『ドラゴンクエストシリーズ』のキャラクターも登場する。本格スポーツゲームというよりも誰でも気軽に楽しむことができるパーティーゲームである。

トーナメント

このモードでは好きなキャラクターを選んでチームを作ってトーナメントに参加することができる。しかし、戦う相手とコートは選ぶことができない。優勝するととトロフィーを獲得することができる。難易度が低い順にキノコカップ、フラワーカップ、スターカップがある。また、ノーマルモードを全クリアすることができたらハードモードをプレイすることができる。

パーティーゲーム

パーティーゲームは「ハラペコボスパックン」、「リズムレシーブ」、「ドッジ・オア・ダイ」、「スマッシュスケート」の4種類である。それぞれバスケットボール、バレーボール、ドッジボール、ホッケーをアレンジしたようなルールだ。どのゲームにも複数のステージが存在して、その中からプレイしたいものを選ぶことができる。「ハラペコボスパックン」は上空からぶら下がってくるフルーツをジャンプでゲットして、ボスパックンにシュートすると得点が入るゲーム。フルーツの種類によって得点が違う。また、敵が打ったシュートを止めることもできる。「リズムレシーブ」は各プレイヤーに相当する色のボールをレシーブするゲーム。レシーブすると音が鳴り、連続でレシーブをすることができればメロディーが完成する。対戦ゲームではなく協力ゲームである。「ドッジ・オア・ダイ」は周囲に設置された大砲から飛ばされてくるボムヘイを避けるゲーム。最後に残ったライフが多いプレイヤーの勝ちとなる。時々巨大なボムへいが発射されたり、ロックオン機能があるボムヘイが飛んできたりする。敵の近くでスピンすると敵を押し出すことができ、爆弾が落ちてくる方向に誘導することができる。「スマッシュスケート」はホッケーにスティックで相手をステージから叩き落とすゲーム。敵を落とすと得点がもらえて、落とされると得点が減る。終了時に一番得点が高かったプレイヤーが勝利となる。

『MARIO SPORTS MIX』のステージ

マリオスタジアム

出典: www.nintendo.co.jp

最も標準的なステージ。何のギミックも存在しないため初心者にはおすすめ。

ノコノコビーチ

出典: www.nintendo.co.jp

砂浜のステージ。時々ミドリこうらやコインが波に乗って流されてきて、それらは拾って使うことができる。その代わりにアイテムパネルが出現しない。

ピーチキャッスル

出典: www.nintendo.co.jp

ピーチ城の庭。コート上に噴水が設置されている。噴水の水はボールを弾く効果がある。ホッケーではキーパーの代わりに噴水が設置されている。バレーボールではネットとして噴水が設置されている。噴水が出ていない所はボールが通るが、出ている所はボールが通らずブロックされる。ドッジボールではセンターラインに噴水が設置される。噴水が出ている時は自陣と敵陣との行き来ができるようになる。バスケではスリーポイントラインに噴水が使われている。トーナメントで、ピーチキャッスルでの試合に勝つとその競技でのみ使えるようになる。

DKクルーズ

出典: www.nintendo.co.jp

イカダの上のステージ。イカダはゲーム中に動く。ドッジボールではイカダから落ちてしまったキャラクターは即アウトになってしまう。ボールが落ちた場合はジャンプボールで再開する。バレーボールではボールが落ちるとアウト扱いになる。バスケットボールでは選手が落ちた場合は相手側のボールになり、ボールが落ちた場合は相手ボールとなる。ホッケーはできない。トーナメントで、DKクルーズでの試合に勝つとその競技でのみ使えるようになる。

キノピオパーク

出典: www.nintendo.co.jp

サーキットに囲まれたステージ。コート上には赤い三角コーンが置かれていて、ボールの行方を阻む。ホッケーではキーパーの代わりに三角コーンが置かれている。バレーボールとバスケットボールはできない。

ルイージマンション

出典: www.nintendo.co.jp

お化けが出てくるステージ。ゲーム中停電が起こって視界が悪くなる。バスケットボールの場合、停電中はシュートの成功率が下がる。また、お化けにパスをすることもできる。バレーボールの場合、お化けがスパイクを打ってくれたり、逆にスパイクをブロックしたりすることもある。ホッケーとドッジボールはできない。

デイジーガーデン

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

スーパーマリオUSA(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオUSAは、1992年9月14日に任天堂から発売されたファミリーコンピュータ用のゲームソフトである。日本国内ではスーパーマリオブラザーズシリーズで5番目に発売された。本作は元々、1987年に日本でディスクシステム用で発売されたゲーム「夢工場ドキドキパニック」をベースに、キャラクターをマリオ達に差し替えられて海外で制作されたものである。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー』とは、2007年11月1日に発売されたWii専用ソフトである。 さらわれたピーチ姫を救出するため、マリオは宇宙へ旅立ち、ロゼッタやチコといった新キャラと共にパワースターを集める。 宇宙が舞台だがステージ中の景色やBGMの完成度が非常に高く、多彩な仕掛けが施された惑星が数多く存在する。ゲームとしての評価が高く、多くの賞を受賞した作品である。

Read Article

New スーパーマリオブラザーズ Wii(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『New スーパーマリオブラザーズ Wii』とは、任天堂から発売されたWii専用テレビゲームである。2Dアクションゲームのマリオシリーズで、2006年発売の『New スーパーマリオブラザーズ』(DS用ゲームソフト)の続編だ。2Dゲームソフトとしてはスーパーマリオシリーズ『スーパーマリオワールド』発売から約19年後に新作として発売された。 このゲームのストーリーはピーチ姫の誕生日会にクッパJr.やクッパ7人衆たちにピーチ姫が連れ去られ、マリオたちが力を合わせて助け出すアドベンチャーである。

Read Article

スーパーマリオサンシャイン(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオサンシャインとは2002年7月19日に任天堂より発売されたニンテンドーゲームキューブ専用ソフトである。南国のリゾート地である「ドルピック島」を舞台に落書き事件の濡れ衣を着せられたマリオが落書きを掃除し、島中に散らばったシャインを集めつつ、濡れ衣を着せた真犯人を探していく。新システム「ポンプ」を使い水を使ったアクションが使用できるなど自由度が大幅に上がった作品である。

Read Article

スーパーマリオギャラクシー2(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオギャラクシー2』とは、前作『スーパーマリオギャラクシー』の続編となる3Dマリオである。新たにヨッシーが登場し、敵を食べて倒し、敵の攻撃をそのまま吐き出したりするなど多彩なアクションができるようになった。前作と比べると非常に難易度が上がっているが、新たに、中間ポイントを設け復帰しやすくなり、ヒントテレビという冒険中のアクションに行き詰ったらヒントを与えてもらう機能などサポートが充実している。2010年5月27日に発売された。

Read Article

スーパーマリオカート(マリカー)のネタバレ解説まとめ

『スーパーマリオカート』とは、1992年に任天堂から発売されたスーパーファミコン用のアクションレースゲーム。マリオカートシリーズの記念すべき1作目で、シリーズ内で唯一「スーパー」と付く作品。 本作は、おなじみのマリオキャラクター達がカートに乗ってレースやバトルで競い合うというシンプルなものだが、「アイテムを使って競争相手を妨害できる」という要素が斬新で、後のレースゲームに大きな影響を与えた作品とされている。

Read Article

スーパーマリオブラザーズ(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

任天堂が1985年9月13日に発売したファミリーコンピュータ用のゲームソフト。任天堂を象徴するゲームで、当時は日本で社会現象とも言われる大ブームを巻き起こした。そのブームは日本に留まらず世界中で大ヒットした。家庭用ゲーム機の認知度を上げるのにもっとも大きな成果を残した作品の一つであると言われている。略称は「スーパーマリオ」「スーマリ」「マリオ」など。

Read Article

スーパーマリオ64(ゲーム)のネタバレ解説まとめ

スーパーマリオ64とは1996年6月23日に発売されたNINTENDO64専用ソフトである。ピーチ姫からお城への招待状をもらいキノコ城に向かったマリオだが、城はクッパの手に落ちピーチ姫たちが絵の世界へと連れ去られた後であった。ピーチ姫を助けるためマリオは絵の世界へ入りパワースターを取り戻す冒険が始まる。後の3Dアクションゲームに大きな影響を与えた作品である。

Read Article

目次 - Contents