我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。
『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。
とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

その後、善逸たちは炎柱である煉獄杏寿郎に会いに、煉獄が乗車している『無限列車』へと乗り込んだ。その列車は鬼が出ると言われており、それを聞いた善逸は絶叫する。無限列車には下弦の壱である魘夢が乗り込んでいた。魘夢は『眠り鬼』と称される鬼で、自在に夢を見せることができた。魘夢は人間たちに幸せな夢を見せることを条件に、炭治郎たちを襲わせた。魘夢は炭治郎たちを眠らせ、人間たちをその精神世界へと送り、『精神の核』を破壊させようとしてた。『精神の核』を破壊された者は廃人となってしまうのだった。

炭治郎たちはそれぞれに違う夢を見ていた。善逸は人間に戻った禰󠄀豆子と手を繋いでデートをしている夢を見ていた。『精神の核』は夢の外側にある『無意識の領域』に存在していた。通常、『無意識の領域』には誰も存在しないはずだった。しかし、並外れて我が強い者の中には『無意識の領域』に人が存在するケースがあった。善逸の『無意識の領域』は真っ暗で何も見えなかった。その中へ入った人間が、手探りで『精神の核』を探していると、ハサミを持った善逸が「何で男なんかが入り込んでやがるクッソ害虫が。ここに入ってきていいのは禰󠄀豆子ちゃんだけなんだよ殺すぞ。」と言いながら背後から現れた。こうして善逸の『精神の核』は破壊されることがなかった。

禰󠄀豆子と一緒に戦う善逸

その後、ただ一人眠りについていなかった禰󠄀豆子により、一同は眠りから覚めた。
魘夢は無限列車そのものと融合しており、乗客全てを喰らうつもりだった。炭治郎と伊之助が魘夢を倒しに行き、煉獄、善逸、禰󠄀豆子は乗客を守った。

炭治郎たちが魘夢を倒すが、その直後に上弦の参である猗窩座が襲来した。善逸は猗窩座の襲来に気付いておらず、炭治郎たちの元へやって来た時には煉獄が猗窩座によって殺害されていた。善逸は炭治郎たちと煉獄の死と、自分たちの不甲斐なさに涙を流した。

上弦の陸・妓夫太郎/堕姫との戦い

堕姫と戦う善逸と伊之助

その後、善逸たちは傷を治しつつ鍛錬を積み、それぞれが任務に出かけた。善逸は駄々をこねずに一人で任務に行くようになった(「禰󠄀豆子ちゃんの髪を一房くれ頑張るから。」とは言っていた)。そんな時、音柱である宇髄天元が蝶屋敷のアオイを任務に無理やり連れて行こうとしていた。その場面を目にした炭治郎たちはアオイの代わりに任務に行く事になった。

宇髄が向かったのは吉原で、そこには上弦の陸が潜んでいた。
鬼を探すために、善逸たちは宇髄に女装させられ、遊郭へと潜入させられた(顔立ちが整った伊之助や、素直で頑張り屋な炭治郎はすぐに引き取られたが、善逸だけは売れ残り、二束三文で売られた)。善逸が潜入した遊郭には『蕨姫花魁』という花魁がいた。善逸は蕨姫花魁から聞こえる音により、蕨姫花魁が鬼だと見抜いた。蕨姫花魁は『堕姫』という鬼で上弦の陸だった。
堕姫はひどく傲慢な性格で、自身に歯向かう者に容赦なく暴力を振るっていた。善逸は堕姫から暴力を振るわれる女の子を庇ったことにより、堕姫の怒りを買い、失神させられた。その時に、咄嗟に受け身を取った為に鬼殺隊の剣士である事を知られた。堕姫は帯を操る鬼で、善逸は帯の中に吸収される。

その後、伊之助により帯に閉じ込められていた善逸は解放される。そして善逸は伊之助、宇髄と共に堕姫と戦っている炭治郎の元へ向かう。善逸立ち寄り先に炭治郎の元に着いた宇髄は、容易く堕姫の頸を斬り落とした。すると堕姫の身体の中から『妓夫太郎』という鬼が出てきた。上弦の陸は妓夫太郎と堕姫の兄妹の鬼であり、2体の頸を同時に斬り落とさなければならなかった。善逸と伊之助は堕姫を相手にする事になった。

善逸と伊之助は堕姫と戦っていたが、堕姫の攻撃に加え、妓夫太郎が飛ばす血の斬撃に苦戦していた。そこで炭治郎を加えて、3人で堕姫の頸を落とす事になる。善逸は炭治郎と一緒に堕姫の攻撃を捌き、伊之助がその隙に堕姫の頸を落とした。伊之助はそのまま堕姫の頸を持って逃げようとしたが、背後から現れた妓夫太郎により胸を刺された。妓夫太郎の相手をしていた字髄は倒れていた。そして善逸は家屋の倒壊に押し潰され、炭治郎もその衝撃で意識を失ってしまう。
意識を取り戻した炭治郎は絶体絶命の状況だったが、それでも諦めず鬼に有効な『藤の花の毒』の付いたクナイを妓夫太郎に刺し、頸を狙う。そして死んでいなかった字髄も復活し、炭治郎に助力する。堕姫はそれを阻止しようとするが、善逸がそれを食い止めた。善逸は、強力な技のために2回しか使えない『霹靂一閃 神速』を使い堕姫の頸に迫った。そして伊之助も復活し、同時に堕姫の頸を狙う。そして堕姫と妓夫太郎は同時に頸を落とされた。

柱稽古

人が変わったような善逸

その後、炭治郎は禰󠄀豆子と刀鍛冶の里へ向かう。そこで上弦の肆である半天狗と、上弦の伍である玉壺が倒される。その戦いで禰󠄀豆子が太陽を克服する。鬼の首魁である鬼舞辻無惨は、太陽の克服を目的としているため、禰󠄀豆子を総力をかけて狙うことが予測された。それにより柱による鬼殺隊士の稽古『柱稽古』が行われる。

善逸は太陽の下に出れるようになり、簡単な言葉を話すようになった禰󠄀豆子を見て、悲鳴をあげた。そして「可愛すぎて死にそう!どうしたの禰󠄀豆子ちゃん喋ってるじゃない!俺のため?俺のためかな?俺のために頑張ったんだね!とても嬉しいよ!俺たちついに結婚かな!?」と一人で盛り上がった。しかしそれに禰󠄀豆子は「おかえりいのすけ。」と返した。伊之助は善逸が禰󠄀豆子に会う前に、自身の名前を覚えさせていたのだった。それを聞いた善逸は「あいつどこにいる?ちょっと殺してくるわ…。」と言って出て行った。

善逸はあまりにも厳しい稽古を弱音を吐きながらこなしていた。そんな時、善逸に一通の手紙が届く。それを見た善逸は表情を変えた。その後、善逸は人が変わったように訓練に打ち込んだ。その様子を不審に思った炭治郎が声をかけると、善逸は「やるべきこと、やらなくちゃいけないことがはっきりしただけだ。」と話した。炭治郎が「何か手伝えることはないか」と言うと、善逸は「これは絶対に俺がやらなきゃ駄目なんだ。」と話した。

兄弟子・獪岳との戦い

師が死ぬ原因となった獪岳

無惨が鬼殺隊の長である産屋敷耀哉の元へ現れる。耀哉は家族を犠牲にして自爆し、無惨にダメージを与えた。そこに炭治郎や柱が駆け付けるが、一同は『無限城』という異空間に落とされてしまう。

善逸は一人で無限城の中を進んでいた。そして善逸は鬼と出会う。それは善逸の兄弟子である獪岳だった。獪岳は上弦の壱である黒死牟と出会い、戦うことなく降参した。そして無惨の血を受け入れ鬼となっていた。獪岳は妓夫太郎・堕姫に変わって上弦の陸になっていた。
獪岳は「変わってねえなあ。チビで、みすぼらしい、軟弱なまんまでよ。」と善逸をなじった。それに対し善逸は「適当な穴埋めで上弦の下っ端に入れたのが随分嬉しいようだな。」と返した。そして善逸は「アンタが鬼になったせいで爺ちゃんは腹切って死んだ!」と叫んだ。善逸の師匠である桑島は、獪岳が鬼になった責任を取り、介錯もつけずに切腹し、苦しみながら死んでいた。それを聞いた獪岳は「爺が苦しんで死んだなら清々するぜ!あれだけ俺が尽くしてやったのに俺を後継にせず、テメエみたいなカスと共同で後継だと抜かしやがったクソ爺だ!」と言い放った。善逸は「俺がカスならアンタはクズだ!壱の型しか使えない俺と、壱の型だけ使えないアンタ!後継に恵まれなかった爺ちゃんが気の毒でならねぇよ!」と言った。
獪岳は刀を抜き、雷の呼吸で攻撃してくるが、善逸は目にも留まらぬ速さで獪岳を斬りつけて背後を取っていた。

獪岳を倒した善逸

獪岳は鬼の力で強化された雷の呼吸の技を次々と繰り出し、善逸に深手を与えた。その中で善逸は獪岳が人間だった頃のことを思い出していた。獪岳は「雷の呼吸って壱ノ型が全ての型の基本だろ?壱ノ型だけ使えないってことは結局…なぁ?」「他の型ができた所で大した事ねえよ。」と周りの隊士から言われていた。
善逸は「どんな時もアンタからは不満の音がしてた。心の中の幸せを入れる箱に穴が空いてるんだ。どんどん幸せが溢れていく。その穴に早く気づいて塞がなきゃ満たされることはない。」「爺ちゃんごめん。俺たちの道は分かたれた。」と心の中で呟いた。そして善逸は『雷の呼吸 漆ノ型 火雷神』を放って獪岳の頸を落とした。獪岳は「畜生!畜生!やっぱりあの爺、贔屓しやがったな!お前にだけ教えて、俺に教えなかった!」と口にした。それに対し、善逸は「違う。爺ちゃんはそんな人じゃない。これは俺の型だよ。俺が考えた俺だけの型。この技でいつかアンタと肩を並べて戦いたかった…。」と胸の内を述べた。

善逸と桑島

善逸は意識が朦朧とする中で桑島と再会した。
善逸は「俺がいなかったら獪岳もあんな風にならなかったかもしれない!ほんとごめん!許して!何も恩返しできなくってごめん!爺ちゃんが生きている内に柱にもさぁ…なりたかったんだけど!ごめん!爺ちゃんごめん!」と詫びた。そんな善逸に桑島は涙ながらに「お前は儂の誇りじゃ。」と語りかけた。
獪岳の鬼の力で強化された『雷の呼吸』は、一度攻撃を受けた後でもヒビ割れ続ける技となっていた。その為、善逸は戦闘が終わった後でもダメージを受け続けていた。その時、他の鬼殺隊員や、無惨の敵である鬼の愈史郎が現れ、善逸の手当てをした。

無惨との死闘

参戦する善逸たち

その後、善逸は伊之助・カナヲと合流を果たす。そして愈史郎の札を貼って姿を消し、無惨と柱たちの戦いに加わった。無惨は善逸たちの姿は見えていなかったが、伊黒が不自然な軌道で攻撃を避けた事や、誰もいない場所から土埃が立つ事で姿が見えない敵がいることに気付いた。無惨はすぐさま攻撃を繰り出して、善逸たちがつけている札を斬り裂いた。善逸たちが来た事により無惨の攻撃が分散されて、柱たちは多少楽になっていた。柱たちはその隙に赫刀を顕現させ、無惨を攻撃する。しかし、無惨は轟音と大きな振動を発生させて攻撃を繰り出した。一瞬の内に柱や善逸たちは行動不能となってしまう。

炭治郎を元気づける善逸

善逸たちが倒れた後、炭治郎・伊黒と無惨が死闘を繰り広げる。無惨は珠世の薬により体力の限界が訪れ、追い詰められていた。無惨は大きな衝撃を放って炭治郎たちを負傷させて逃亡しようとする。それを止めたのは伊之助だった。善逸が意識を取り戻した時、伊之助が無惨の腕に喰い付かれていた。善逸は無惨の腕を攻撃し、伊之助を救う。炭治郎はその時、無惨の攻撃を受けて倒れていたが、善逸は心音により炭治郎が生存している事が分かった。善逸は「炭治郎、生きることだけ考えろ!聞こえるか!お前は死なない!絶対死なない!禰󠄀豆子ちゃんと帰るんだ!人間に戻った禰󠄀豆子ちゃんと!生まれ育った家に帰るんだ!家族みんな待ってる!二人が帰ってくるのを!」と炭治郎を元気づけた。

自分を奮いたたせる善逸

善逸は『神速 霹靂一閃』『雷の呼吸 漆ノ型 火雷神』を繰り出して無惨にダメージを与えるが、それにより片方の足を潰してしまう。赫刀での攻撃ではない為、無惨の損傷は浅かった。倒れた善逸に無惨が攻撃しようとしたところで伊之助が割って入る。無惨は炭治郎と伊黒に使った衝撃波を再び放ち、伊之助を負傷させた。さらに無惨が攻撃を加えようとした時、今度は炭治郎が割って入るが、連続して攻撃を繰り出している途中で血を吐いて足が止まってしまう。伊之助と炭治郎が互いに攻撃を止めないように無惨を攻め立てる中、善逸は「立て!立て早く!攻撃が途切れたら無惨は逃げる!どんな一撃でもいいから放て!無惨を削れ!頼む、動いてくれ俺の体!じいちゃん頼む!じいちゃん、じいちゃん、じいちゃん!俺の背中を蹴っ飛ばしてくれ!」と念じ、『霹靂一閃』を放った。
炭治郎は『日の呼吸 陽華突』を繰り出し、無惨に日輪刀を突き立てて壁に押し当てる。そこに復活した甘露寺、伊黒、実弥も加勢し、無惨の動きを封じた。その時、遂に夜が明けた。

太陽に顔を灼かれた無惨は自身の肉体を守るために肉の鎧によって瞬時に膨れ上がり、巨大な赤ん坊の姿になった。炭治郎は近くにいた義勇を突き飛ばし、赤ん坊の肉の中に呑まれてしまう。赤ん坊が太陽に灼かれながら逃走しようとすると、生き残っていた鬼殺隊の隊士や柱たちは赤ん坊を止めるべく攻撃を仕掛けた。しかし、赤ん坊は止まらず、地中に潜って逃げ出そうとする。その時、赤ん坊の中にいた炭治郎が日輪刀を握った。すると赤ん坊は血を流して絶叫し、日に灼かれて消滅した。

治療を受ける善逸

shuichi
shuichi
@shuichi

Related Articles関連記事

NEW

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品。2016年11号から2020年24号まで週刊少年ジャンプにて連載され、2019年にはufotable制作でアニメ化された。 舞台は大正時代。炭焼きの家の長男・竈門炭治郎は町へ炭を売りに行ったが、家に帰ると家族が何者かに惨殺されていた。そして一人生き残った妹の禰豆子は鬼になってしまう。炭治郎は妹を人間に戻す為、そして惨殺された家族の仇討ちの為、厳しい訓練の末に鬼狩り組織「鬼殺隊」に入隊する。炭治郎や仲間の、鬼との過酷な死闘を描く和風ダークファンタジー。

Read Article

NEW

鬼滅の刃 煉󠄁獄零巻のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃 煉獄零巻』とは、『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』の入場者特典として作られた小冊子。450万部が発行され、全国の映画館で配布された。 内容は初任務に臨む煉獄杏寿郎の姿を描いた原作者吾峠呼世晴による特別読切、鬼殺隊報、アニメ版ストーリー紹介、出演声優へのインタビューなどで構成されている。原作でもファンブックでも明かされなかったとあるキャラクターの秘密も紹介され、初心者でもファンでも楽しめる内容になっている。非売品であり、公式サイトには転売を控えるよう希望する文章が書き添えられている。

Read Article

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

蟲柱・胡蝶しのぶ(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

胡蝶しのぶ(こちょう しのぶ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『蟲の呼吸』を使う蟲柱。 薬学に精通しており、鬼殺隊の隊士たちの治療も行っている。炭治郎の同期の剣士である栗花落カナヲはしのぶの継子(弟子のようなもの)である。炭治郎たちにも大きく影響を与えた人物である。

Read Article

恋柱・甘露寺蜜璃(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

甘露寺蜜璃とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『恋の呼吸』を使う恋柱。 非常に惚れやすく、誰にでも胸をときめかせる。生まれつき力が強く、その力を生かす為に鬼殺隊へと入った。鬼に刃を振るうものの、憎しみを持っていない為に炭治郎や禰󠄀豆子と良好な関係を築いている。

Read Article

NEW

下弦の弐・佩狼(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

佩狼とは、『鬼滅の刃 煉獄杏寿郎外伝』に登場するキャラクターである。 人食いの怪物・鬼であり、その中でも別格で強力な集団“十二鬼月”の一員。下から五番目の位である“下弦の弐”の称号を持つ。超常の術を操り、常軌を逸した身体能力を誇る鬼でありながら、大量に隠し持った銃や爆弾を主な得物とし、さらに剣術も心得ている。 “炎のような色の髪”を持つ鬼狩りの剣士に殺されかけた過去を持ち、その雪辱と報復のため帝都に潜伏。討伐に来た煉獄をかつて自分を追い詰めた剣士だと認識し、激闘を繰り広げた。

Read Article

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。 医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

Read Article

岩柱・悲鳴嶼行冥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

悲鳴嶼行冥(ひめじま ぎょうめい)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『岩の呼吸』を使う岩柱。 御経を唱え、いつも涙を流している男。強靭な肉体を持つ、鬼殺隊最強の剣士である。鬼殺隊の長である産屋敷耀哉に心から忠誠を誓っている。

Read Article

音柱・宇髄天元(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

宇髄天元(うずい てんげん)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『音の呼吸』を使う音柱。 元忍であるが、派手好きで、多くの装飾品を身につけている。クレイジーな発言が多いが、人命を第一とする心優しい性格をしている。炭治郎たちと共に死闘を繰り広げた。

Read Article

NEW

上弦の陸・妓夫太郎と堕姫(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

妓夫太郎・堕姫とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼である。 鬼舞辻無惨直属の十二人の鬼『十二鬼月』の一体であり、上弦の陸に位している。 兄の妓夫太郎、妹の堕姫の二人で一体の鬼であり、妓夫太郎と堕姫の頸を同時に落とさなければ倒すことができない。遊郭に巣喰い、多数の人間を喰らっていた。

Read Article

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

NEW

劇場版「鬼滅の刃」無限列車編のネタバレ解説まとめ

『劇場版「鬼滅の刃」無限列車編』とは、吾峠呼世晴原作によるアニメ映画作品。同氏の描いた『鬼滅の刃』54話から66話までの内容を映画化したものである。 大正時代。人食いの怪物・鬼に家族を殺された少年竈門炭治郎は、唯一の生き残りであり自身も鬼にされてしまった妹の禰豆子を人間に戻す術を探すため、鬼を狩る組織「鬼殺隊」の一員となる。幾多の戦いを経て成長した炭治郎は、新たな任務を与えられ、同期の戦友我妻善逸、嘴平伊之助、さらに鬼殺隊最強の剣士の一人煉獄杏寿郎と共に、鬼が潜むと噂される列車へと乗り込む。

Read Article

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

水柱・冨岡義勇(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

冨岡義勇(とみおか ぎゆう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『水の呼吸』を使う水柱。 炭治郎が初めて出会った鬼殺隊の剣士である。禰󠄀豆子を生かし、炭治郎を鬼殺隊へと導いた人物である。炭治郎と一緒に無惨を倒すために刃を振るう。

Read Article

風柱・不死川実弥(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

不死川実弥(しなずがわ さねみ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『風の呼吸』を使う風柱。 身体中に傷を負った凶悪な人相をした剣士。炭治郎の同期である不死川玄弥の実の兄である。鬼を憎んでおり、炭治郎と禰󠄀豆子を粛清しようとした事もある。だが、弟思いな一面もある。

Read Article

霧柱・時透無一郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

時透無一郎(ときとう むいちろう)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 鬼殺隊の中で最高位の剣士である『柱』の一人。『霞の呼吸』を使う霞柱。 柱たちの中で最年少である。鬼殺隊に入って僅か二ヶ月で柱になった天才剣士。無表情で、他者との関わりが薄かったが、炭治郎と出会ったことにより徐々に変わっていく。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と必殺技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と必殺技が登場する。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

『鬼滅の刃』の胸を打つ名言・名セリフ/名シーン・名場面まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化され、その高いクオリティから世界的に人気となり、一大ブームを巻き起こした。 炭治郎は鬼舞辻無惨という鬼によって、家族を惨殺された上に妹の禰󠄀豆子を鬼にされた。禰󠄀豆子は強靭な精神力で人間を襲おうとしなかった。炭治郎は『鬼殺隊』という鬼を滅する組織へ入り、禰󠄀豆子を人間にする方法を探す。 この作品の特徴は、人間だけではなく敵である鬼も悲しみを抱えている所である。愛憎渦巻く名言が多数存在している。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](UBW)のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night [Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

目次 - Contents