我妻善逸(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

我妻善逸(あがつま ぜんいつ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。
主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。
『雷の呼吸』の使い手であり、聴力が優れている。
とてつもない臆病者で、鬼と戦うことをひどく恐れている。鬼と戦う時は、気絶しながら戦う。普段のコミカルなキャラと、戦闘時のキャラが大きく違い、そのギャップによりファンから人気がある。

我妻善逸のプロフィール

階級:癸 → 庚 → 丙
誕生日:9月3日
年齢:16歳
身長:164.5cm
体重:58kg
出身地:東京府 牛込區(現:新宿 牛込)
趣味:花札、双六
好きなもの:甘いもの、高いもの(うなぎなど)

炭治郎と同期の鬼殺隊の剣士。炭治郎と行動を共にする主要キャラクターの一人である。
グラデーションになっている金髪と、二股に分かれた眉毛が特徴で、三角柄の黄色い羽織を着用している。もともと善逸は黒髪だったが、鬼殺隊に入るための訓練の途中で雷に打たれたことで髪の色が変わった。

自己評価が低い上に、とてつもない臆病者であり、鬼と戦う事をひどく恐れている。恥も外聞もなく、泣き喚き、他者にすがりつく。そして自らは戦おうとせず、他者に守ってもらおうとする。鬼と対面すると恐怖のあまりに失神してしまう。しかし、善逸の本領が発揮されるのはここからである。
善逸は眠ったまま戦闘を行う。善逸はどういうわけか眠ったままでも周囲の状況を把握している上に、他者とコミュニケーションをとる事ができる。しかし、眠っている間の記憶はない。

『雷の呼吸』を使用して戦闘を行う。善逸は六つある型のうち、一つの型しか使う事ができない。 しかし、潜在能力は高く、育手(鬼殺隊員の育成者)の桑島は善逸を『雷の呼吸』の正当後継者とした。
人並み外れた聴力を持つ。人間から聴こえる音によって、その人の感情を読み取る事ができる。しかし、善逸は自分が信じたいものを信じる為、これまで多くの人間に騙されてきた。

大の女好きである。その為、炭治郎や伊之助が女の子と行動を共にしていると、ひどく嫉妬し、暴力行為を働くこともある。事実、炭治郎が背負っている箱の中から禰󠄀豆子が出てきた時には、ひどく嫉妬し、炭治郎を日輪刀で斬りつけようとした。
女の子と触れ合う為ならば、どんな苦悶が待ち構えていようとも物ともしない。

我妻善逸の来歴

借金難に陥っているところを桑島慈悟郎から助けられる

落雷に打たれる善逸

善逸は、女好きと、「信じたいものを信じる」という考えを持っていた為に、多くの人間に騙され借金苦に陥っていた。そこを育手である桑島慈悟郎に助けられ、鬼殺隊の剣士となるべく特訓を受ける。しかし、善逸はいくら特訓を摘もうとも、一つの型しか習得できなかった。その為、善逸は稽古を嫌がり、逃げ出してしまう。善逸は木の上に登って連れ戻しに来た桑島を避けていた。その時、善逸が登っている木に雷が落ち、善逸は感電してしまう。その時のショックにより善逸は黒髪から金髪に変わった。

その後、善逸は鬼殺隊の最終選別試験を生き残り、鬼殺隊の剣士となった。しかし善逸は「死ぬわ。死ぬ死ぬ死ぬ死ぬ。ここで生き残っても結局死ぬわ俺。」と弱音を吐いていた。その後、鬼殺隊員に連絡事項を伝える『鎹鴉(人語を話す鴉)』が与えられるが、善逸だけはなぜか鴉ではなく雀だった。

炭治郎、伊之助との再会

炭治郎との再会

善逸は、自身に声をかけてくれた女性に泣きながら縋り付いて「いつ死ぬかわからないんだ俺は!だから結婚してほしいというわけで!頼むよォーッ!」と求婚していた。その時、炭治郎が通りがかり、善逸を止めた。善逸は炭治郎を見て、最終選別試験にいた人物だと思い出したが、炭治郎は全く善逸のことを覚えておらず「お前みたいな奴は知人に存在しない!知らん!」と吐き捨てた。炭治郎が女の子を帰そうとすると、善逸が「その子は俺と結婚するんだ!俺のこと好きなんだから!」と口を挟んだ。すると女の子は何度も善逸を殴打し始め、善逸は泣き出した。女の子は蹲っている善逸のみを案じて声を掛けただけであった。善逸が「なんで邪魔するんだ!」と炭治郎に食ってかかると、炭治郎は善逸のことを苦い顔で見ていた。「お前責任とれよ!お前のせいで結婚できなかったんだから!」と善逸が言うと、炭治郎は善逸を軽蔑するかのような顔で見ていた。善逸は「俺はもう直ぐ死ぬ!次の仕事でだ!俺はな、もの凄く弱いんだぜ!舐めるなよ!俺が結婚できるまでお前は俺を守れよな!」と告げた。その後、善逸は炭治郎と一緒に任務に向かうことになった。

鬼を前に気絶した

行き着いた先は、一軒の屋敷があった。そこには元十二鬼月である響凱が住んでおり、人間を攫って喰っていた。そして人間を狙って響凱以外の鬼も屋敷に入り込んでいた。屋敷から男性が血塗れで出てきた事もあり、善逸は中に入りたがらなかった。しかし、それを見た炭治郎が怒りの形相で一人で屋敷に入ろうとしたため、善逸は泣きながら炭治郎についていった。
炭治郎たちが屋敷に入ったところで、響凱に兄を攫われた兄妹が屋敷に入ってきた。炭治郎たちが兄妹たちに外に出るように促している時に、屋敷の部屋を入れ替える響凱の血鬼術が発動し、それにより炭治郎と善逸は離れ離れになってしまう。

善逸は屋敷に入ってきた少年・正一と一緒に屋敷を彷徨っていた。その途中で猪の被り物を身につけた人間に出会い、善逸は絶叫する。さらに鬼と遭遇し、正一と逃げ回った。しかし、鬼に追い詰められてしまい、「お前の脳髄を耳からぢゅるりと啜ってやるぞォ。」という言葉を聞いた善逸は気絶してしまう。正一は自分の死を悟ったが、気絶したはずの善逸が起き上がり、『雷の呼吸 壱ノ型 霹靂一閃』で鬼を瞬殺した。そんな善逸にあっけにとられていた正一だったが、目を覚ました善逸は正一が自分を守ってくれたと思い込んで正一に縋り付いた。
響凱は炭治郎が倒し、任務は終了した。

伊之助から禰󠄀豆子を守った善逸

善逸は炭治郎が鬼を連れている事は優れた聴覚により知っていた。だが、善逸は誰よりも優しい音がする炭治郎の事を信じていた。
屋敷の外に出た善逸は、猪の被り物を被った男と再会する。その男は、同期の鬼殺隊の剣士である嘴平伊之助だった。伊之助は箱の中に鬼がいる事を感じ取り、禰󠄀豆子を殺そうとする。善逸は炭治郎が大事だと言っていた箱の中身を守るために、箱を庇って伊之助から殴られた。その後、炭治郎が屋敷から戻り、伊之助を頭突きにより昏倒させた。
傷を癒す中で、善逸は箱の中の禰󠄀豆子を見る。二人が兄妹だと聞いていなかった善逸は、炭治郎が可愛い女の子を連れて旅をしている事に激怒した。善逸は「お前が毎日アハハのウフフで女の子とイチャつくために頑張ったわけじゃない!そんなことのために俺は変な猪に殴られ、けられたのか!?鬼殺隊はなぁ!お遊び気分で入る所じゃねえ!お前のような奴は粛清だよ!即粛清!鬼殺隊を!舐めるんじゃねぇぇぇ」と叫び、炭治郎に日輪刀を向けた。
その後、善逸は炭治郎・伊之助と行動を共にするようになる。

那田蜘蛛山での戦い

蜘蛛になってしまう事に号泣する善逸

善逸は任務により炭治郎たちと那田蜘蛛山へ向かった。善逸は山に入る事を嫌がり、炭治郎と伊之助は善逸を置いて山に入ってしまった。善逸はしばらく蹲って震えていたが、炭治郎が禰󠄀豆子を連れて行ったことに気付いて慌てて山の中に入っていった。

那田蜘蛛山には下弦の伍である累がいた。累は家族の絆を求めている鬼であり、他の鬼を集めて擬似的な家族関係を気付いていた。善逸が山を彷徨っていると、背後で物音がした。善逸が音がした方向を振り向くと、そこには人間の頭が付いた蜘蛛がいた。それを見た善逸は「こんなことある!?」と言って走って逃げた。その先で善逸は『兄』の鬼と遭遇する。善逸は「俺、お前みたいな奴とは口聞かないからな!」と言って即座に逃走を開始する。その時、善逸は手を見るように話しかけられる。善逸が手を見ると噛まれた後があり変色していた。『兄』の鬼は、善逸が毒によりもうすぐ蜘蛛になると告げた。善逸はそれが受け入れられずに木に登って泣き始める。しかし、早くも善逸の髪が抜け始め、身体が鬼へと変わり始めていた。自分の髪がバッサリと抜けたことにショックを受けた善逸は気絶した。

鬼を倒した善逸

善逸は木から落ちながら『霹靂一閃』を繰り出す。反撃する『兄』の鬼に善逸はなんども『霹靂一閃』を繰り出す。それを見た『兄』の鬼は、善逸が『霹靂一閃』しか使えないことを悟った。
その時、善逸は鬼殺隊に入る前のことを思い出していた。桑島は一つの方しか使えない善逸に「いいんだ善逸。お前はそれでいい。一つできれば万々歳だ。一つのことしかできないならばそれを極め抜け。極限の極限まで磨け。」と話した。しかし、善逸は兄弟子に「先生がお前に稽古をつけてる時間は完全に無駄だ!目障りなんだよ消えろ!なぜお前はここにいるんだ!なぜお前はここにしがみつく!」と非難されていた。
善逸は、毒が回り、吐血する中で「親のいない俺は誰からも期待されない。誰も俺が何かを掴んだり、何かを成し遂げる未来を夢見てはくれない。誰かの役に立ったり、一生に一人でいいから誰かを守り抜いて幸せにするささやかな未来ですら誰も望んではくれない。一度失敗して泣いたり、逃げたりすると、あぁもうコイツは駄目だって離れてく。でもじいちゃんは何度だって根気強く俺を叱ってくれた。なんどもなんども逃げた俺を、何度も何度も引きずり戻して。明らかにちょっとアレ殴りすぎだったけど、俺を見限ったりしなかった。」と考えていた。そして善逸は『霹靂一閃』を連続ではなつ『霹靂一閃 六連』を使用して『兄』の鬼の頸を落とした。
毒が回って善逸は諦めようとしたが、桑島や炭治郎に怒られると思い直し、呼吸を使って毒の巡りを遅らせた。その後、駆けつけた応援に助けられた。

機能回復訓練

炭治郎と伊之助を怒る善逸

那田蜘蛛山の戦いで負傷した善逸や炭治郎は『蝶屋敷(蟲柱の胡蝶しのぶが所有する医療施設)』へと送られる。善逸は身体が蜘蛛になりかけており、炭治郎、伊之助の中で一番重症だった。炭治郎と伊之助はリハビリである『機能回復訓練』を一足先に始める。機能回復訓練を終えた2人はいつも話す余力が無いほどにぐったりしていた。傷が癒えた善逸は恐れつつも機能回復訓練へと挑む。その内容は、蝶屋敷にいる女の子による無理な柔軟や、鬼殺隊の栗花落カナヲや神崎アオイとの追いかけっこだった。それを知った善逸は、炭治郎たちが女の子たちと触れ合っていたことに激怒し、伊之助を殴りつけた。そしてこれから機能回復訓練をすることが楽しみすぎて、跳ね回った。
炭治郎や伊之助は、泣くほどの柔軟や、アオイやカナヲに全く敵わない不甲斐なさで落ち込んでいた。しかし、善逸は笑顔で柔軟をこなし、アオイをいとも簡単に捕まえた。そんな善逸を見て伊之助は「あいつやる奴だぜ。」と見直しており、炭治郎は呆れた顔をしていた。
しかし、カナヲには敵わず、善逸は徐々に機能回復訓練を休むようになる。そんな時、しのぶから「頑張ってください善逸君。一番応援してますよ。」と言われて手を握られた事でやる気を取り戻し、『全集中の呼吸・常中(全集中の呼吸を常に行う)』を体得し、機能回復訓練を終えた。

無限列車

善逸が見ていた夢

鶴の恩返し
鶴の恩返し
@tsuru-no-ongaeshi

Related Articles関連記事

竈門禰󠄀豆子(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門禰󠄀豆子(かまど ねずこ)とは、『鬼滅の刃』に登場するヒロインである。 主人公・竈門炭治郎の妹である禰󠄀豆子は、ある雪の日に鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって鬼にされてしまう。通常、鬼になってしまった者は人間を襲ってしまうが、禰󠄀豆子は兄である炭治郎を守ろうとし、生かされた。それから禰󠄀豆子は炭治郎と一緒に鬼を討ち、人間に戻る方法を探す旅に出る。 非常に愛らしいキャラクターで、国内外問わずに人気のあるキャラクターである。

Read Article

NEW

竈門炭治郎(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

竈門炭治郎(かまど たんじろう)とは、『鬼滅の刃』の主人公で、鬼を滅する組織『鬼殺隊』に所属する剣士である。『水の呼吸』と『ヒノカミ神楽(日の呼吸)』の使い手で、嗅覚に優れている。 炭治郎はある日、鬼の首魁である鬼舞辻無惨によって家族を惨殺される。唯一、生き残っていた妹の禰󠄀豆子は鬼にされていた。炭治郎は『鬼殺隊』へと入隊し、無惨の打倒と、禰󠄀豆子を人間に戻すべく戦いを繰り広げる。

Read Article

NEW

珠世(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

珠世(たまよ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼の一人である。 鬼でありながら、鬼の首魁である鬼舞辻無惨の抹殺を目的としている。通常、人の血肉を喰わなければ飢餓で苦しむことになるが、珠世は体を弄り人間を喰わなくていいようにしている。 医者でもあり、鬼となった禰󠄀豆子を人間にするための研究を進める。

Read Article

鬼滅の刃(アニメ・漫画)のネタバレ解説まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 舞台は大正時代の日本。竈門炭治郎は町へ炭を売って帰って来た。家に着いた炭治郎が目にしたのは惨殺された家族の姿だった。そして一人生き残っていた妹の禰豆子は鬼になっていた。炭治郎は鬼にされた妹を人間に戻す為、そして惨殺家族の仇討ちの為に鬼狩りの道へと進む。 炭治郎は鬼になった妹を抱えながら鬼を倒して行く。愛憎入り交じるダークファンタジー。

Read Article

NEW

鬼舞辻無惨(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

鬼舞辻無惨(きぶつじ むざん)とは、『鬼滅の刃』における最大の敵である。 人間を鬼に変えることができる唯一の鬼であり、鬼たちの首魁である無惨を倒す事こそが『鬼殺隊』の宿願となっている。禰󠄀豆子を鬼にし、炭治郎の家族を殺害したのも無惨である。 残虐非道で自己中心的な考えを持ち、自身の願いの為に人間を鬼にして回っている。自分の意に背く者であれば、鬼であっても容赦なく殺害する。 自身が鬼となった原因である『青い彼岸花』と、太陽を克服する方法を探している。

Read Article

NEW

産屋敷耀哉(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

産屋敷耀哉(うぶやしき かがや)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの組織『鬼殺隊』の長である。 カリスマ性があり、個性的な人物が多い鬼殺隊の隊員たちを取り纏めている。 『1/fゆらぎ』という特殊な声と、予知ともいえるような先見の明を持っている。 鬼の首魁である鬼舞辻無惨の打倒を宿願としている。

Read Article

NEW

継国縁壱(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

継国縁壱(つぎくに よりいち)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 凄まじい才能の持ち主で、生まれつき痣を発現させ、鬼の首魁である鬼舞辻無惨を追い詰めた。全ての呼吸の源流である『日の呼吸』の使い手であり、その『日の呼吸』から派生した呼吸は、縁壱が他の剣士に自身の技を教える過程で作り出された。 炭治郎の祖先に『日の呼吸』を教えており、それが『ヒノカミ神楽』として伝えられていた。

Read Article

NEW

嘴平伊之助(鬼滅の刃)の徹底解説まとめ

嘴平伊之助(はしびら いのすけ)とは、『鬼滅の刃』に登場する鬼狩りの剣士である。 主人公である炭治郎の同期の剣士の一人で、炭治郎と行動を共にする主要人物の一人である。 『獣の呼吸』の使い手で、触覚が異常に発達している。 赤子の頃に山に捨てられ、その後、猪に育てられた。その為、常識を知らず、非常に粗暴な性格をしている。

Read Article

NEW

鬼滅の刃の十二鬼月と血鬼術まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎は鬼舞辻無惨により家族を惨殺され、唯一生き残った妹・禰豆子を鬼へと変えられた。炭治郎は鬼を退治する組織『鬼殺隊』に入り、禰豆子を人間に戻し、無惨を討つ旅に出る。 『十二鬼月』とは、無惨直属の配下であり、圧倒的な力を持つ鬼である。それぞれが持つ力と複雑な過去は、敵でありながらも魅力的であり、ファンからも人気が高い。

Read Article

鬼滅の刃の呼吸法と技まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。 竈門炭治郎が炭を売って家へ戻ると家族は惨殺され、生き残った妹は鬼となっていた。炭治郎は鬼を滅する『鬼殺隊』へと入隊し、妹を人間に戻すため、そして諸悪の根源である『鬼舞辻無惨』を倒すための戦いを始める。 鬼殺隊士が、人間とはかけ離れた身体能力と『血鬼術』と呼ばれる特殊能力を持つ鬼と戦うために使用する操身術が『呼吸』である。鬼殺隊士それぞれに適した呼吸があり、作中では様々な呼吸法と技が登場する。

Read Article

鬼滅の刃の柱まとめ

『鬼滅の刃』とは、吾峠呼世晴による漫画作品である。2019年にはアニメ化された。 町に炭を売りに行った炭治郎が家に戻ると、家族が惨殺されていた。唯一息があった妹の禰󠄀豆子を連れて炭治郎が山を下っていると、禰󠄀豆子が突然暴れ出す。禰󠄀豆子は人を喰う鬼になっていた。炭治郎は禰󠄀豆子を鬼にした鬼舞辻無惨を倒すべく刀を取る。 鬼殺隊の中で最高位の剣士が『柱』である。変人が多いが、過酷な過去を背負いつつも他人を守ろうとする柱は非常に人気が高い。

Read Article

Fate/stay night [Unlimited Blade Works](Fate/stay night [UBW])のネタバレ解説まとめ

『Fate/stay night[Unlimited Blade Works]』とは、ビジュアルノベルゲーム「Fate/stay night」のアニメ作品で、「聖杯」と呼ばれる万能の力を持った杯を巡り7人の魔術師(マスター)と7騎の英霊(サーヴァント)が戦う物語を描いている。本作はその原作のストーリーのひとつである遠坂凛がヒロインにしたルートを脚本としている。 2014年10月から12月にかけて第1期、2015年4月から6月にかけて第2期がそれぞれ13話ずつで放映された。

Read Article

Fateシリーズ(Fate/stay night)のネタバレ解説まとめ

2004年にTYPE-MOONから発売されたテレビゲームおよびそれらを原作としたアニメ、小説、漫画作品。あらゆる願いを叶える万能の杯「聖杯」に選ばれた7人の魔術師と対になる7人の英霊たちが、己の願いを叶えるべく、最後の1組となるまで殺し合う「聖杯戦争」。聖杯戦争に巻き込まれた少年・衛宮士郎は、偶然にも召喚した英霊の少女・セイバーと共に、苦難の道を歩み始める。

Read Article

活撃 刀剣乱舞(Katsugeki/Touken Ranbu)のネタバレ解説まとめ

「活撃 刀剣乱舞」とは、DMMゲームスの「刀剣乱舞」を原作に、ufotableが製作したアニメーション作品。西暦2205年、歴史を変えようとする歴史修正主義者を倒すために、物に眠る想いや心を目覚めさせる力を持った「審神者」が、刀剣の擬人化した姿である「刀剣男士」を呼び出し、歴史を守るために戦う。活撃では、かつて土方歳三の愛刀であった「和泉守兼定」を中心に、歴史修正主義者との戦いが描かれた。

Read Article

目次 - Contents