BioShock 2(バイオショック2)のネタバレ解説・考察まとめ

『BioShock 2』とは、2K Marinと2K Australia、2K MarinとIrrational Gamesが開発したPC、PlayStation3、Xbox 360専用ソフトで、「BioShock」の直接的な続編となる。ジャンルはFPSで、シングルプレイのほかマルチプレイモードもある。後にHD版も発売された。本作の主人公は、前作における敵キャラクターであったビッグダディ。海底都市「ラプチャー」を舞台に、リトルシスター「エレノア・ラム」を救うべく戦いに身を投じる。

主にレンチや鉄パイプなどの鈍器で武装したスプライサー。体力は低く単体では脅威とはならないが、大量に出現すると厄介。醜く変貌した顔を仮面で隠している。

レドヘッド・スプライサー

主にピストルやマシンガンなどの銃器で武装したスプライサー。サーギッシュに比べて体力が高いほか、爆発物を投げてくることもある。

スパイダー・スプライサー

その名の通り、壁や天井にクモのように張り付いて移動するスプライサー。移動速度・耐久力ともに高く、特に入り組んだ場所では姿が見つけにくく苦戦する。鉤爪を投げて攻撃してくる。

フーディーニ・スプライサー

姿を消して空間を移動できる、奇襲攻撃が得意なスプライサー。火炎弾による遠距離攻撃を仕掛けてくる。

ブルート・スプライサー

新型スプライサー。特殊能力ではなく肉体の強化にADAMを費やしたタイプのスプライサー。極めて高い耐久力と攻撃力を持つ強敵。突進からの体当たりや瓦礫を投げるといったパワーを活かした戦いを得意とする。終盤には能力が向上したエリート版も登場。

ファイア・ブルート・スプライサー

DLC『Minerva's Den』に登場する、ブルート・スプライサーの強化版。赤熱化したように輝く両手が特徴。高い耐久力と攻撃力はそのままに、さらに火炎による攻撃能力を獲得した強敵。

ウィンター・フーディーニ・スプライサー

DLC『Minerva's Den』に登場する、フーディーニ・スプライサーの強化版。全身に冷気をまとっており、氷の弾丸による攻撃に加え、凍死体に擬態しての奇襲能力を有する。

ビッグダディ

本シリーズの顔ともなっている敵キャラ。本作ではビッグダディVSビッグダディの戦いが繰り広げられる。前作に登場したタイプのビッグダディに加え、本作からは新型のビッグダディが登場する。

バウンサー

keeper
keeper
@keeper

目次 - Contents