Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Caligula Overdose』とは、フリューから発売されたPSvitaのRPGソフト「Caligula -カリギュラ-」のリメイク版であるPS4作品である。ストーリーはPSvita版と同じ、主人公とその仲間たちが現実に帰還するべく「帰宅部」を結成し、仮想世界からの脱出を図る物語となっているが、本作では帰宅部の宿敵的存在「オスティナートの楽士」のストーリーが追加されているのが大きな特徴となっている。

さらにイケPの策によって、フラワープリンセスも帰宅部の前に強敵として立ち塞がってくる。

市立図書館での再戦の後、帰宅部は鳴子から駅前で「イケP」と名乗るオスティナートの楽士がゲリラライブをやるという情報を聞きつける。そこでは文字通りのイケメンでバンドマン風の青年の姿をした楽士・イケPと共に、μが駅前広場のあの特設ステージでライブをやっていた。しかしそこにはファンである大量のデジヘッドが集まっており、μに接触するチャンスではあるが、ここで動くのは明らかに自殺行為だった。そんな中、維弦はイケPの顔を見て、僅かながらだが驚きに表情を変えた。イケPは維弦のクラスメイトだったのだ。
ライブが終わり、イケPと共に会場を去っていくμを追って帰宅部がパピコへ向かう。そしてパピコに着くと共にイケPが逆に姿を見せた。「お前がどんだけ顔に自信があるか知らねぇが、俺はお前より性根も腐ってなければ、お前より遥かに持ってるからな!」と、イケPは不敵な笑みで挑発を投げかけた後、μに会いたければまずは自分の場所に自力で辿り着いてみせろ、とさらに挑発をかけて姿を消した。そして鍵介の、イケPがパピコの屋上のカフェで女子生徒たちを連れ込んでだべっていると聞いたことがあるという証言から、帰宅部はイケPを追って屋上へと向かうことを決める。しかしその矢先、「ぶひいっ!! いたわよっ!」と、フラワープリンセスたちが鼻息を荒くして目の前に立ち塞がった。どうやらフラワープリンセスたちはイケPに再洗脳され、さらに維弦のファンとして彼を追いかけるように仕向けられていたのだった。しかも念入りに洗脳させられているらしく、カタルシスエフェクトで倒しても洗脳は解けそうにない。こうして帰宅部は、ありとあらゆる手を尽くしてフラワープリンセスたちをやり過ごしながらイケPの待つ屋上を目指すのだった。

パピコの最奥にて、イケPはファンである二人の女の子と一緒に楽しそうに会話をしていた。

しかし、鳴子に現実でのイケPの顔を教えられたと共に、ファンは掌を返して維弦に擦り寄る。

イケPに自分の容姿を口実にして睨めつけられる維弦。しかし、維弦も自分の容姿のことをあまりよく思っていないらしい。

どこまでも落ち着き払った態度で返し続ける維弦に業を煮やしたイケPは、ついに戦闘態勢に入った。

そして、帰宅部がイケPの元に辿り着くと、ファンである女子生徒ふたりやμと共にイケPは楽しそうに会話をしていた。そんな中、洗脳したはずのフラワープリンセスたちから逃れてきた帰宅部の姿を見て、「お、お前ら!? あの肉の嵐をかいくぐって来やがったのか!?」と、イケPは驚きを隠せない。そこで逃げる最中に見つけてきた、現実世界でのイケPのものと思しき履歴書を鳴子が突きつける。そのイケPの現実での顔は、お世辞にもイケメンとは呼べないお粗末なものだった。それに今度は女子生徒たちが驚きを隠せなくなり、鼓太郎がイケPの姿は偽物で騙されてるだけだと追い打ちをかける。これに女子生徒ふたりが「なにそれ詐欺じゃん!? うわ〜、サイテ〜!」と、あっさりと掌を返したのを見て、イケPは八つ当たりでもするかのように維弦に怒り矛先を向ける。するとさらなる追い打ちをかけるように、「なにあのイケメン!? あ〜ん、わたしたち騙されてました〜! 助けてくださぁ〜い!!」と、女子生徒ふたりが維弦に擦り寄ってきた。これにさらにイケPが怒りに表情を歪めるのを見て、μはオロオロしながらもアリアに「どうしてこんなことをするのっ? イケPの夢を壊さないでっ!」と訴える。アリアも戸惑いながらも、現実で解決しないと何にもならない、と返す。そしてイケPはμを逃がした後、ついに維弦と真っ向から対峙する。戦いの前、「チヤホヤされてばっかで、ブサメンだの底辺だの指さされたり、女にフラれまくったことなんてねぇだろうが! 俺だってせめて顔さえよきゃ、もっとマシな人生歩けたんだ!!」と、恨み言をぶつけてくるイケPに、維弦は「お前は勘違いしてる。お前には悪いが……僕はこんなものなければと常に祈っていたよ」と、返す。しかし怒り心頭のイケPは「そういうことをしれっと言うのが無神経なんだよ……。メビウスからは絶対に出さねえ! ここで大人しく潰されろぉ!!」と、叫んで、ダブルマシンガンを召喚。そして、イケPとの戦いが始まった。

激闘の末、帰宅部に下されてしまうイケP。現実世界での苦しみを思い出した彼のその表情は、とても悲しげなものだ。

自分が自分であるための証である顔の傷を見せて、維弦はイケPに現実へ戻りたいという自分の思いを伝える。

そんな維弦の揺るぎない思いに触れたイケPも、最後はこのように穏やかな表情を見せたのだった。

戦いの後、敗北したイケPは、戦意を喪失しながらも維弦を睨めつけ、「せっかくメビウスで手に入れたのに……なんでお前みたいなのが近くに……俺がなんか、悪い事したってのかよ……」と恨み言をこぼした。イケPは現実世界では冴えないファッションショップの店員をやっており、モテたい、格好良くなりたいと思っていても女の子たちにバカにされ続けることに苦しんでいた。そしてこのメビウスでイケメンとしての姿を手に入れて、やっとその「格好良くなってモテたい」という願いを叶えることができたが、学校で自分と同じクラスで女の子が振り向くほどの美男子である維弦が現れたことに危機感と焦燥感を抱いていたのだ。するとここで、維弦はアリアに頼み、自分の本当の顔を見せた。そして、大きな傷がついた維弦のその素顔を見てイケPは動転しながらも、「現実がその顔だっていうなら、お前こそメビウスにいる方が幸せなんじゃねえのかよ!?」と叫ぶ。だが維弦は静かに首を横に振り、「これがないと、僕は僕じゃなくなってしまう……だから僕は、現実に帰るんだ」と、言った。維弦にとってこの顔の傷は自分にとっては象徴のようなものであり、メビウスにいるとこの傷が消え、自分が自分でなくなってしまう。だから維弦は、メビウスを抜け出て現実に帰りたいというのだった。そんな維弦の潔さを前にしてか、イケPはμが向かったとされる次の居場所を教えた。その居場所は工事中のランドマークタワーで、μも町が一望できることから結構気に入っているということだった。それに維弦は微笑みを浮かべ、「ありがとう」と静かに礼を述べた。

田所と対峙する主人公とアリア。最初はふてぶてしい態度を見せつけていたが、主人公の脅しにあっさりと口を割った。

全てを話し終えた後、自分の行いを棚に上げて被害者面をする田所。その厚顔無恥な振る舞いに、アリアも怒りを禁じ得なかった。

永至の恐るべき真実を知ったアリアは、困惑しながらも「YOUの判断なら信じられる」として、主人公に最終的な決断を託すのだった。

それからしばらくした後、シーパライソの太陽神殿で主人公とアリアは田所と会っていた。以前、田所は永至に殺されかけたところを、通り掛かった主人公とアリアが見て止めに入ったことで難を逃れた。その時主人公とアリアは、永至がIT企業の社長であること、田所に誘拐されたこともすべてが嘘であり、永至の本当の職業は弁護士だったことを聞かされる。かつて永至は、現実世界で地下アイドル・南出日向への傷害事件を起こした田所を弁護して無罪を勝ち取ったが、その結果として被害者である日向は自殺してしまった。「今さら虫がいい話なのはわかってる……でも、僕にできる償いはそれくらいしかないんだ……」と、その頃の永至は田所の弁護をしたことを後悔しており、自らの手で田所を裁きたいと主人公とアリアにしおらしく訴えていた。だが、あの不穏で凶暴な一面から永至を信頼しきれない主人公とアリアは、田所ならば永至について何らかの秘密を知っていると思い、その秘密を教えろと迫る。太々しくシラを切ろうとする田所だが、主人公が拳銃を召喚したのを見て、慌てて口を開いた。田所は永至の弁護で無罪になった。だがその直後、永至に「無罪をなかったことにしていつでも刑務所にぶち込める」と脅されて、それが嫌ならある税理士を一人始末してこいと田所に命令してきた。しかも永至は、その税理士の祖母の家の金を横領しており、それが税理士にバレたから自分に始末させようとしたのだという。そして、田所が家に火をつけて税理士とその家族を焼き殺してやったが、結局横領がバレて永至は逮捕されたから無駄に終わった、と太々しい笑いを浮かべながら田所は語った。
あまりにも酷すぎる事実に主人公共々言葉を失うアリアだが、すぐにあることに気がついた。「アンタが言ってることがほんとだとしたら、現実の永至は、いま刑務所の中なんでしょ!? なんで今さらアンタを殺そうとするんだってば!?」と、アリアは叫びながら問う。それにさらに太々しく笑いながら、田所は「そろそろ刑期が終わるからだろうよ」と、答えた。永至が刑務所に入れられたのは横領の罪で、税理士一家の殺人教唆の件での逮捕ではない。そして、出所したところでまだ逃げている田所が逮捕されて殺人教唆を白状したら、刑務所に逆戻りになる可能性は否定できない。だからこそ永至は、証拠隠滅のために田所を殺そうとしているのだった。そこで、μと同じバーチャドールであるアリアと一緒にいて、メビウスにとってお尋ね者である帰宅部なら、現実へ戻って警察に保護してもらうまでの間、自分の身を守ることができると考えた田所は、仲間に入れてくれとさらに太々しく懇願した。だが主人公はその永至がいるのも帰宅部だと明かしてその身勝手な頼みを一蹴し、さらにアリアも「自業自得でしょうが!! 少しは自分のしたこと反省しろってば!!」と、大声で詰った。その後、田所と別れた主人公とアリアは、永至に確かめるまではこの一件は仲間たちに黙っておくことにしたのだった。

早速、永至を問い詰める主人公とアリア。最初のうちは永至はおどけようとしたが、田所から全てを聞いた主人公とアリアの強硬な姿勢に、ついに痺れを切らす。

そして、この顔に見合うほどの凶悪極まりない本性にたじろぎながらも、アリアは主人公に「絶対に負けないで」と後押しする。

戦いの後、最後の悪足搔きに自らの歪んだ本心をぶちまける永至。どこまでも醜いとしか言いようがない彼の姿に、アリアは戦慄し続けた。

主人公とアリアが部室に戻ると、他のメンバーも鳴子から現実世界での永至の悪逆非道の数々を知らされていた所だった。鼓太郎と彩声は、怒りを表情に滾らせて永至の打倒を誓う。

その後、主人公とアリアは人気のない場所に永至を連れ出し、シーパライソで田所に会い、永至のことを全部聞いたと話した。驚きを隠せない永至にアリアが、自分たちに何か隠してることはないのか、と尋ねるが、「やめてくれよ……まさかあんな凶悪犯の言うことを信じるのか?」と、永至は呆れ顔になる。だがそれでも主人公とアリアが問い詰めようとすると、ついに痺れを切らした永至が態度を豹変させた。「……バカが。大人しく騙されてりゃよかったんだよぉ!!!」そう吠えた瞬間、永至は鞭を振るって炎をばらまいた。ついに目の当たりにする永至の凶悪な本性に、主人公とアリアは驚きを隠せない。「ヒャハハハハハ!! 安心して死ねぇ!! お前の亡き後はこの俺が、あのくだらねぇ部活動ごっこの部長をやってやるよぉ!!!」耳障りな高笑いをあげ、永至は鞭を振るって襲いかかり、そこから主人公と永至との壮絶な一騎討ちが始まった。
一騎討ちの末、主人公は永至を下すことに成功する。負けたことが信じられずさらに逆上する永至は、自分の醜い胸中をこうぶちあげる。自分はメビウスにいつまでもいるつもりはなく、帰宅部に入らなくても現実に帰るつもりだった。
しかし、メビウスに閉じ込めている元凶であるμや楽士達を手っ取り早く殺そうとしないことを主な理由にし、帰るのを邪魔しているのはお前らだと帰宅部を一方的に糾弾する。そして、現実で凶悪犯である田所を弁護して無罪を勝ち取ったり、梔子やμと言った女子供も何の躊躇いもなく殺そうとするなど自分の行いを永至は棚に上げ、後に「俺はなあ、お前らとは違うんだよぉ!! お前らみたいな無知で無能で無価値なド底辺どもが逆らっていい存在じゃねえんだぁ!! ゴミ溜めにたかったハエの分際で、俺の人生の邪魔をするなぁぁぁぁぁぁ!!!」と、盛大な捨て台詞を残した後、どこかへと逃走していった。
その後、帰宅部に戻った主人公は仲間たちに事の顛末を話した。永至の本性と正体に驚きを隠せない仲間たちだが、ここで鳴子が、あのシーパライソでの一件から不審に思って調査をしていた所、永至が南出日向や税理士一家の事件の他にもこんな恐ろしいことをやっていたのを突き止めたと話した。その税理士一家の横領が法律事務所の経営者である父親にバレたことでトラブルになり、それがきっかけとなって永至は転落死を装って父親まで殺害してのけたのだ。今までに言っていたことは全部ウソで、帰宅部も自分の目的や欲望を満たすための道具だとしか思っていなかった。そんな、永至という男の醜さと凶悪さに仲間たちは愕然となり、怒りに身を震わせる。そして最後に笙悟が、おそらく永至は逆恨みして、必ず自分たちに報復しにやってくるだろうと主人公に警告するが、主人公はいずれ永至は報いを受けることになる、と言って動じることはなかった。

シャドウナイフ編

ついに姿を現わす強敵・シャドウナイフ。μの護衛役という、オスティナートの楽士の中でも重要なポジションを任されるだけあって、その実力はかなりのものである。

シャドウナイフを追ってランドマークタワーを進む帰宅部は、デジヘッドたちに袋叩きにされる生徒たちの姿を目撃する。

しかしその生徒たちは、現実世界でのシャドウナイフを袋叩きにしていたいじめっ子たちだった。似たようなやり口でシャドウナイフを袋叩きにしておきながら被害者面をするこのいじめっ子に、鼓太郎は強い怒りを露わにする。

b236in80n7
b236in80n7
@b236in80n7

Related Articles関連記事

LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア)のネタバレ解説・考察まとめ

LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア)のネタバレ解説・考察まとめ

『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』とは、バンダイナムコエンターテインメントから発売したサスペンスアドベンチャーゲーム。開発はTarsier Studiosとなっている。胃袋と呼ばれる巨大な船舶、モウの奥深くで目を覚ました、黄色いレインコートの少女シックスが主人公。プレイヤーはシックスを操作し、モウに存在する様々な仕掛けを解き、時には襲ってくる敵から逃げながらモウを脱出するために進んでいく。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描く。主人公式島律はμの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、μに曲を提供し、なおかつμに協力するオスティナートの楽士と対立し、仮想世界を壊して、現実に帰還するまでの物語。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。 アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。 その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘する。 一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。 容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。 そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。 そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

充実した高校生活を送る式島律の周りは、だんだん歯車がかみ合わないような違和感を感じるようになる。大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。 迎えた入学式。新入生として入学してきたのは卒業したはずの響鍵介で、律の周囲は今までは考えられないような現実を目の当たりにする。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents