Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Caligula Overdose』とは、フリューから発売されたPSvitaのRPGソフト「Caligula -カリギュラ-」のリメイク版であるPS4作品である。ストーリーはPSvita版と同じ、主人公とその仲間たちが現実に帰還するべく「帰宅部」を結成し、仮想世界からの脱出を図る物語となっているが、本作では帰宅部の宿敵的存在「オスティナートの楽士」のストーリーが追加されているのが大きな特徴となっている。

しかしその後、アリアから「この世界ーーメビウスはアタシとμが作ったんだ」という言葉を聞いた時、鼓太郎が再び「やっぱりお前のせいじゃねえか……!」と、喧嘩腰になる。笙悟が再びアリアは敵じゃないと説明したばかりだと言うが、「このチビのせいでオレらはこんな所に閉じ込められてんだろっ?!」と、鼓太郎は矛を収めない。これについにアリアも我慢できなくなって喧嘩腰になり、「図体ばっかり大きくて、器の小っさい男ねぇ!」と、売り言葉に買い言葉で言い返した所から、主人公が呆れ顔で腕を組み、琴乃が困り顔になり、美笛と鈴奈がハラハラしながら見守る中で、最初の口喧嘩がスタートする。

腕を組んで呆れ顔になる主人公と、「ちょっと、何してるんですか……!」と、言いたげな不安顔になる美笛。

そして鈴奈も不安顔になり、琴乃も困り顔になるが、だんだんエスカレートしていく鼓太郎とアリアの口喧嘩に割って入れそうにもない。

鼓太郎「な、なんだと……!? オレはチビなんかじゃねえぞっ!? このドチビっ! チビッチョ!!」
アリア「うっさいわねっ! ハートが小っさいっつってんのよっ! この肝チビっ! 肝チビッチョ〜!」
鼓太郎「このっ……! 誰がキモイチビだっ!?」
アリア「誰もキモイなんて言ってないでしょ〜? まぁキモイけどぉ? なにそのサングラス? カッコイイとでも思ってんのぉ〜?」
鼓太郎「……テメェ。黙って聞いてりゃあ……いい加減にしとけよ……!」
アリア「ぜーんぜん黙ってなかったしぃ! 受けて立つわよっ!」

このように、子供じみてはいるが一触即発と言ってもおかしくない喧嘩は、最後は笙悟が「だぁ〜〜! うるせえっ!! 黙って聞けぇ!!」と、割り込むまで続いた。この一件を機に、鼓太郎とアリアは文字通りの犬猿の仲となってしまい、顔を合わせるたびに子供の意地の張り合いのような口喧嘩を繰り広げていくことになる。

その2:「デカ頭」と言われたアリア

この場面は鼓太郎の最初のキャラクターエピソードで見ることができ、部長の座を笙悟から譲り受けたことに納得がいかないのか、鼓太郎は「部長になったからってあんまいい気になんなよな」と、憮然とした様子で食ってかかる。そして、この様子を見かけたアリアが「肝チビッチョがえらそうにっ! みんなが納得してんだから、いい加減諦めろってばぁ!」と、割り込んでくる。そこで鼓太郎は、自分の将来の目標は父親と同じレスキュー隊員になることで、その父親は知事にも何度も表彰されるほどの超一流だと豪語する。そんな自分の父親の凄さをかさに着て、虎の威を借る狐の如く威張り散らす鼓太郎に、「お父さんはすごくても、アンタが凄いわけじゃないじゃん……ちゃんちゃらおかしいっての」と、アリアは呆れ顔で一蹴する。

「うるせぇ! 誰がチャラチャラしてるだ!?」と、鼓太郎はムキになるが、アリアは「ちゃんちゃらおかしいって言ってんのっ! 笑止千万! 滑稽千万! 片腹痛いって言ってんのよっ! わかる?」と、再び一蹴する。こうしてボギャブラリーの差でアリアに押し負けられそうになった鼓太郎だが、尊敬する父親の血を引いた自分が強さや優しさでそんじょそこらの奴に負ける訳がない、と背筋を伸ばして抵抗する。これにアリアは再び売り言葉に買い言葉で「口だけなら何とでも言えるってば!」と言い、本当に主人公より上なら行動で証明してみせろと一蹴しようとする。鼓太郎は望むところだと言わんばかりに頷き、「俺がそいつより上だってのがハッキリしたら、そのデカ頭を地べたにすり付けさせてやっからな!?」と、言い放った。

最初は優勢だったアリアだが、「デカ頭」は図星だったらしく、この画像の通りに動揺し出した。

そしてこの場の口喧嘩は土壇場での逆転という形だが、鼓太郎に軍配が上がる。

この言葉は図星だったらしく、アリアは文字通り動揺した。「好きでデフォルメされてんじゃないわよーぅ!! この姿は、みんながμ以外のアイドルを認めてくれないからなんだからぁ〜!!」動揺しながらも反論するアリアに、「口だけなら何とでも言えるぜ!」と、鼓太郎は一蹴し返し、後で吠え面かくなよと付け足してから得意げな表情でその場を後にした。こうしてこの口喧嘩は、土壇場でという形だが鼓太郎に軍配が上がったのだった。

その3:鈴奈の弁当で一触即発

この口喧嘩のシーンは、鈴奈のキャラクターエピソードの1回目と7回目でそれぞれ見ることができる。1回目は鼓太郎が主人公に声をかけようと近づいた時、「因縁つけようっての〜? 代わりにアタシが受けて立ってやんよぉ!」と、鼓太郎が口を開くのを待たずにアリアが喧嘩腰で割って入ってくる。これに鼓太郎は「黙らねえとこの弁当箱に詰めて捨てちまうぞこのクソチビッチョ!!」と、気色ばみながら空の弁当箱を突きつける。鼓太郎によるとこの弁当箱は昨日の昼休み、女子トイレから出てくる鈴奈を見かけて声をかけた時、鈴奈が慌てて走り去った際に彼女が取り落としていったものだという。

そして、この鈴奈の弁当を巡って鼓太郎とアリアはまたも一触即発になりかける。7回目のキャラクターエピソードでは、鼓太郎は鈴奈から昼食に誘われたが、女子トイレ前で声をかけて逆に逃げられたのを気にして思わず断ってしまった。それが理由で鈴奈が泣きべそをかいてひどく落ち込んでしまったのを見て、アリアが再び鼓太郎に食ってかかる。「あんたのおかげでアタシと部長の努力が水の泡の瀬戸際なんよ〜っ!! なんで鈴奈の誘いを断ったのか説明しろってーのよっ!!」と、いきなりアリアに食ってかかられた鼓太郎は、戸惑いながらもトイレ前で鈴奈に逃げられたことを理由に説明する。
しかし、市立図書館の戦いで少年ドールに対する鈴奈の啖呵を褒める際、鼓太郎は「立て板に水」を「焼け石に水」と言い間違えた際、「ハァ?? わっっかんねーよっ!」と、アリアが叫んできた時、「だからなんで一々キレるんだよお前はよっ!?」と、鼓太郎が再び気色ばんだが、鈴奈が慌てふためきながらもふたりを宥めたことで事なきを得ている。

野生に目覚めかける美笛?

キャラクターエピソード2回目での美笛の様子。食べたくないと言い張っているが、この言葉からして本当は食べたくてたまらないという下心が見え見えである。

そして3回目のキャラクターエピソードでの美笛の様子。レストランをじっと覗き込みながら、動物のように鼻をひくつかせていたが、次第に本物の野獣のような豹変ぶりを見せていく。

美笛の3回目のキャラクターエピソードで見られるシーンで、この場面はパピコのフードコートをうろついている美笛の姿を主人公とアリアが見かける所から始まる。実はスイートPとの戦いの後、美笛は帰宅部の活動が終わった後、このパピコを中心に一人でふらつき回っていて、同じ学年の友人である鈴奈が心配して声をかけても「何でもない」の一点張りで話そうとしてくれない。そして以前、主人公とアリアがパピコで美笛を見かけた時、カフェをじっとのぞき込んでいたのを見て、二人して何か食べたいのかと聞いてみたが、ムキになって「別に食べたくありません! お肉も生クリームも…チョココロネだって、背脂こってり超大盛りギトギトラーメンだって、食べたくなんかないもんっ!?」と、言い張って走り去ってしまう。

主人公とアリアがピザで餌付けをしてみようという考えに踏み切った時には、本気でレストランに乱入して食い荒らしをしかねないほど、腹を空かせた野獣になりきりかかっていた。

我に返った瞬間、驚きに目を見開いたが、ピザを見るや否やすぐにまたムキになってどこかへ走り去ってしまった。

これらの見え透いた挙動不審ぶりから、食べ物のことで迷っているか何かだろうと踏んだ主人公とアリアが声をかけようと近づいた時、美笛が突然レストランの中をじっと覗き込み、犬みたいに鼻をひくつかせ、そこらの匂いを嗅ぎ始めた。それにアリアがギョッとなった瞬間、ついには美笛は物凄い形相となり、ライオンなどの野獣を思わせる唸り声を挙げ始める。これにさらに慌てたアリアは、主人公に早く近くの店でピザを買って、美笛に与えてやれと促した。そこで主人公はピザを買ってきてから、アリアが「美笛ー、おいでー? ほーら、ピザだよ〜? 怖くない怖くない、どーどー、どーどー……」と、まるで犬や猫でも呼ぶかのように手招きした時、美笛はそこでハッと我に返った。「せ、先輩っ!? またこんなところで何をしてるんですかっ!?」と、狼狽える美笛だが、すぐにピザを見て「なにも食べたくないって言ってるじゃないですかぁっ!! もう構わないでください……! ほっといてぇっ!!」と、またムキになってその場を走り去ってしまったのだった。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描く。主人公式島律はμの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、μに曲を提供し、なおかつμに協力するオスティナートの楽士と対立し、仮想世界を壊して、現実に帰還するまでの物語。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。 アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。 その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘する。 一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。 容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。 そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。 そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

充実した高校生活を送る式島律の周りは、だんだん歯車がかみ合わないような違和感を感じるようになる。大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。 迎えた入学式。新入生として入学してきたのは卒業したはずの響鍵介で、律の周囲は今までは考えられないような現実を目の当たりにする。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents