Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Caligula Overdose』とは、フリューから発売されたPSvitaのRPGソフト「Caligula -カリギュラ-」のリメイク版であるPS4作品である。ストーリーはPSvita版と同じ、主人公とその仲間たちが現実に帰還するべく「帰宅部」を結成し、仮想世界からの脱出を図る物語となっているが、本作では帰宅部の宿敵的存在「オスティナートの楽士」のストーリーが追加されているのが大きな特徴となっている。

そんな狂気と絶望と憎悪に囚われ、溺れていく帰宅部を嘲笑いながら、ソーンはLucidに殲滅命令を下し、Lucidも無言で命令に従い、武器を手に取る。

そして、Lucidによって作られた、見るも無残で哀れな光景に、アリアはさらに怒りと悲しみに声と心を震わせる。

アリアがメタバーセスへ向かい、Lucidとソーンもそれを追った後、その場に鈴奈の泣き声が悲しく響く。最後まで主人公を信じようとした彼女のその痛々しい姿に、胸が痛んだプレイヤーも多い。

そしてメタバーセスへ向かったアリアも、最後まで諦めまいとμに必死に呼びかけたが、もうμに自分の声と思いは届かないと思い知らされてしまう。

繰り広げられる最悪の激闘の末、Lucidは帰宅部を容赦も慈悲もなく叩き伏せる。瞬く間に虫の息に追いやられ、その場に倒れていく帰宅部のメンバーたち。先ほどまでは激しい憎悪と怒りに満ちていたその顔に、失意と悲しみが広がっていくのを見て、アリアは怒りと絶望に震える声で「こんな……最低な人間がいるなんて知らなかった。人間は、なんて自分勝手で恐ろしい生き物なんだっ!!!」と、怨嗟を叫ぶ。その後、メタバーセスに場所を移して、帰宅部から最後の力を託され、元の姿に戻ったアリアはμと対峙し、今を生きる現実の人間たちを守るためにμを壊すという最も辛く悲しい決断を下す。だが、そんなアリアの悲痛な決意と覚悟を嘲笑うかのように、ソーンに連れられる形で再びLucidが現れる。

ソーンに連れられて再び現れるLucid。涙で濡れた顔でその姿を目の当たりにした時、アリアは弱々しい声で「YOU……」と、一言だけ呼んだ。

その直後、一気に湧き上がる怒りと悲しみに完全に心を焼き尽くされたアリアは「アタシはアンタを許さない……っ! μより先に、壊れて散ってぇぇぇっ!!!」と、血を吐くような叫びを挙げて、Lucidへ襲いかかる。

だがアリアも、Lucidに無慈悲なとどめを刺され、無念と怨嗟を叫びながら闇の中へと沈んでいった。

その姿を目の当たりにしたアリアは、血の涙で濡れた顔を絶望と憎悪に歪め、Lucidへと襲いかかる。そしてさらに繰り広げられる、最後にして最悪の戦いの中、Lucidはアリアにも無慈悲な一撃を与えてとどめを刺した。アリアは血の涙でさらに顔を濡らしながら、帰宅部への詫びとLucidへの怨嗟を壮絶に叫びながら闇の中へと沈んでいき、ソーンは自らの歪んだ願いがついに成し遂げられることに狂喜する。仲間と現実へ無慈悲な引導を渡す主人公のこれらの描写と、アリアとの最終戦をクリアすると得られるトロフィー「全てを無に還す者」から、やはり主人公こそが本作の真のラスボスと言っても過言ではないだろう。

『Caligula Overdose』の主題歌・挿入歌

主題歌:Cradle

歌・作詞・作曲:RePLiCA(中村繪里子・新田恵海・大坪由佳・茜屋日海夏)

本作のエンディングテーマとして使用され、ミレイ役の中村繪里子、スイートP役の新田恵海、ソーン役の大坪由佳、梔子役の茜屋日海夏が歌を担当している。

挿入歌

Suicide Prototype

歌:上田麗奈
作詞・作曲:鬱P

本作で追加された新たな挿入歌のひとつ。Lucidのテーマソングであり、楽士ルートの吉志舞高校のBGMとして使用される。

ピーターパンシンドローム

歌:上田麗奈
作詞・作曲:40mP

Vita版から引き続き使用されているカギP(響鍵介)のテーマソングで、カギP編の吉志舞高校のBGMとして使用される。

トキメキ☆リベリエ

歌:上田麗奈
作詞・作曲:OSTER project

Vita版から引き続き使用されているスイートPのテーマソングで、スイートP編のパピコのBGMとして使用されている。

Love Scope

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描く。主人公式島律はμの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、μに曲を提供し、なおかつμに協力するオスティナートの楽士と対立し、仮想世界を壊して、現実に帰還するまでの物語。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。 アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。 その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘する。 一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。 容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。 そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。 そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

充実した高校生活を送る式島律の周りは、だんだん歯車がかみ合わないような違和感を感じるようになる。大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。 迎えた入学式。新入生として入学してきたのは卒業したはずの響鍵介で、律の周囲は今までは考えられないような現実を目の当たりにする。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents