Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Caligula Overdose』とは、フリューから発売されたPSvitaのRPGソフト「Caligula -カリギュラ-」のリメイク版であるPS4作品である。ストーリーはPSvita版と同じ、主人公とその仲間たちが現実に帰還するべく「帰宅部」を結成し、仮想世界からの脱出を図る物語となっているが、本作では帰宅部の宿敵的存在「オスティナートの楽士」のストーリーが追加されているのが大きな特徴となっている。

その1:百合カップルでお茶会へ

スイートP編の終盤において、いよいよスイートPの根城であるレディースエリアのお茶会の会場に潜入する際、ひとりでは不安だということで美笛が主人公に同行をお願いするシーンがある。そこで男主人公では美笛の恋人のフリをすることになるが、女主人公でも同じく美笛の恋人のフリをするという流れになる。

しかしここで注目するべきなのは、恋人を装う女主人公と美笛のふたりを見て、ローズが「禁断の花園に足を踏み入れていたのね……!」と、勘違いして盛り上がり、さらにローズからの報告を受けてスイートPも女同士のカップルもいいとウケたらしく、女主人公の同席を認めている。こうしてローズやスイートPにウケる以前に、この画像からして女主人公と美笛のカップルはなかなか画になっている。

その2:女湯へ潜入

アリアを胸元に忍ばせ、女湯へと真っ先に入っていく琴乃。現実世界では23歳の大人だからか、その行動力は確かなようだ。

その後に続かされる鈴奈、美笛、鳴子。鈴奈はともかく、美笛と鳴子もさすがに気恥ずかしい様子である。

女湯前で無言の鬩ぎ合いをする鼓太郎と鍵介。笙悟は「お前らなぁ……」と、言いたげに頭を抱え、永至は「男の子だねぇ」と、言いたげに面白そうな笑みを浮かべている。

Stork編の中盤において、スイートPがいる女湯へと向かうため、琴乃、美笛、鳴子、鈴奈(ついでにアリア)がバスタオル一枚で女湯へと入っていくシーンがある。当然、男主人公、笙悟、鼓太郎、鍵介、永至は女湯には入れないため、スイートPが出てくるのを入口で待ち構えることになるが、女主人公の場合だと、琴乃たちと一緒になってバスタオル姿になるシーンが入る。

入り口の壁に座り込んで待機している男主人公。鼓太郎と鍵介の無言の鬩ぎ合いが気になっているのか、「何をやってるんだ、あいつらは……」と、言いたげな呆れ顔である。

琴乃たちと同じくバスタオル姿で女湯に入っていく女主人公。鈴奈、鳴子、美笛と同じようにさすがに乗り気ではないらしい。

ちなみに入口では女湯を覗きたい一心の鍵介が鼓太郎と無言の鬩ぎ合いをしていて、笙悟は呆れ顔で、永至は面白そうに腕を組んでこの様子を見ている。男主人公を選択している場合、男主人公はおそらく鼓太郎と鍵介が理由となっているのか、笙悟と同じく呆れ顔で、さらに女主人公も乗り気ではないらしく、「なんで私まで……」と、言いたげな顔をしている。

その3:彩声が百合に目覚める

異性恐怖症である彩声は、笙悟、鼓太郎、鍵介、維弦、永至ら男性陣はもちろん、男主人公に対しても素っ気なくキツめな振る舞いをするが、女主人公の場合だと、雲泥の差と言っていいほど態度を軟化させることがある。初対面では「部長が女の人でよかったぁ〜」と、眩しいまでの笑顔を見せてくれるほどで、その後のキャラクターエピソードも、男への恨み言や不平不満をぼやきながらも女主人公を頼ってくれる様子がある。

また、女主人公で彩声のキャラクターエピソードを最後まで進めると、アリアから現実で父と仲直りできたらボーイフレンドも探しちゃって、と言われたことに狼狽するが、その後にはにかみながらも女主人公に彩声はこう言うのだ。「今は同性でも結婚できる時代でしょ……? 別に男にこだわる必要ないよね……部長?」これにはアリアだけでなく、女主人公で彩声のキャラクターエピソードを最後まで進めたプレイヤーの多くも驚かされたことだろう。

アリアと鼓太郎は本作でも犬猿の仲

Vita版でもそうだったが、本作でもアリアと鼓太郎は顔を合わせるたびにしょっちゅうケンカするほど、その関係の最悪ぶりは健在である。引き続き、その具体例を3つほどここで紹介する。

その1:出会った当初から盛大な口喧嘩

主人公が笙悟に帰宅部に案内され、そこで笙悟から状況の説明を受けようとした時、「ちょっとYOUー! 大事な人のこと、忘れてくれちゃってない〜!?」と、アリアが飛び込んでくるところからこの場面は始まる。鈴奈がアリアがバーチャドールだと言いかけた瞬間、鼓太郎が「じゃあこいつ、μの仲間じゃねぇかよ……!? どけ新入り! ぶっ潰してやる!」と、早速喧嘩腰で食ってかかった。これにはアリアも思わず驚いて主人公の後ろに隠れ、さらに笙悟も鼓太郎を押し止めながら理由を説明することで事なきを得た。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描く。主人公式島律はμの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、μに曲を提供し、なおかつμに協力するオスティナートの楽士と対立し、仮想世界を壊して、現実に帰還するまでの物語。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。 アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。 その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘する。 一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。 容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。 そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。 そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

充実した高校生活を送る式島律の周りは、だんだん歯車がかみ合わないような違和感を感じるようになる。大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。 迎えた入学式。新入生として入学してきたのは卒業したはずの響鍵介で、律の周囲は今までは考えられないような現実を目の当たりにする。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents