Caligula Overdose(カリギュラ オーバードーズ)のネタバレ解説・考察まとめ

『Caligula Overdose』とは、フリューから発売されたPSvitaのRPGソフト「Caligula -カリギュラ-」のリメイク版であるPS4作品である。ストーリーはPSvita版と同じ、主人公とその仲間たちが現実に帰還するべく「帰宅部」を結成し、仮想世界からの脱出を図る物語となっているが、本作では帰宅部の宿敵的存在「オスティナートの楽士」のストーリーが追加されているのが大きな特徴となっている。

そんなウィキッドに対し、維弦が「僕たちを絶望させるのは無理だな」と静かに返し、琴乃や鍵介も自分たちはただの家に帰るための緩い共同体に過ぎないが、ウィキッドに弄ばれたおかげで意地でも見捨ててやらないという気分になれたとも言い返す。この毅然とした帰宅部の態度に気分を壊されたウィキッドは、一人ずつ磔にして死ぬまでいたぶってやると宣告しようとしたが、その隙をついてアリアが鳴子の縄を解いた。驚きに目を剥くウィキッドを尻目に、鳴子は自分のせいで仲間たちに迷惑をかけた、だからもう一度だけ一緒に戦わせて欲しいと頭を下げて懇願する。そして笙悟が「じゃあ、さっさとコイツをぶっ倒して反省会と行こうぜ!」と言って、主人公たちも鳴子の願いを受け入れた。
それを目の当たりにしたウィキッドは完全に気分をぶち壊しにされ、そして烈火のごとく激怒しだした。「ウッザぁ……イライラさせんなぁぁぁぁぁぁ!! 一々キモいんだよっ! 学級会なら火星でやってろおおおおおおっ!!!」気のふれたその怒号と共に、ウィキッドは帰宅部へと襲いかかった。
そして大激闘の末、帰宅部はついにウィキッドの撃破に成功する。「戻るもんか……戻ってたまるもんか!! 殺してやる、絶対に殺してやるぅっ!!!」激しい捨て台詞を残して、ウィキッドは逃げ去った。

楽士ルート・下

テーマパーク編

Lucidと初対面するイケP。透明人間という奇抜な出で立ちに、イケPも驚きを隠せないようだ。

最初はライブをやったばかりだとごねたイケPだったが、鳴子の挑発的な書き込みに対して怒りと闘志を再燃させる。しかしその矛先は鳴子ではなく、維弦に向けられていた。

そしてLucidとイケPたちが太陽神殿に着いたと同時に流れる楽士の曲に、その場に居合わせていた田所とその仲間ふたりも反応し、動き出した。

その後、帰宅部はランドマークタワーへ向かう前にシーパライソで待ち伏せ作戦をすることになった。そこで主人公にはソーンからの呼び出し連絡が来て、帰宅部とアリアが出払ったのを見計らってから、早速主人公はLucidとなって楽士の間へと向かった。楽士の間にはイケPの姿もあり、イケPも初めて見るLucidの姿に思わずたじろいだ。そしてソーンがシーパライソでのデジヘッド狩りの予告があったと伝えると、ソーンの言葉を待つまでもなく、根城であるシーパライソで好き勝手されることに我慢ならないミレイ、ラガード狩りのついでに永至との再々戦を望む梔子が進み出る。そこでソーンは、彼女ら二人の他にLucid、そしてイケPにも行けと指令を出すが、イケPは自分はライブに行ったばっかだとごねようとする。するとスイートPが携帯を見て「連中、イケPちゃんの現実の写真晒してるわよぉ〜」と、言った。それにイケPと、つられて他の楽士たちも各々の携帯でSNSを見ると、鳴子が待ち伏せ作戦へ向かう前、予告のついでに流したイケPの現実の写真と、「残酷なまでに顔がビッグ、それが俺のデスティニー」と、煽り立てる書き込みがあった。そんな鳴子の書き込みにStorkが「うまいこと言うねぇ〜!」と爆笑し、ミレイが「ぶっさ、全然違うじゃない」と失笑する。そしてイケPは、挑発と見て取れるこの鳴子の書き込みに堪忍袋の緒を切らした。「調子のいいこと言って……! あいつらやっぱり俺のことを笑いものにしてやがったのかぁ……!? 許さねえぞ、峯沢ぁっ! 覚えてやがれええええええええええ!!!」という言葉から、同時に維弦への敵愾心も復活してしまったらしく、やったのは鳴子だと少年ドールがさり気無く言うが、イケPはその少年ドールの言葉は耳に入っていないほど頭に血が上っており、ひとり維弦への報復を高らかに叫ぶのだった。

梔子をかばい、田所を払いのけるLucid。

田所の横暴な振る舞いに我慢できなくなったイケPとミレイも臨戦態勢に入る。しかし楽士3人がかりに立ち塞がられても、田所は怯むどころか逆上して、彼らに襲いかかる。

出会い頭、書き込みが理由でイケPにまた食ってかかられる維弦。アリアから教えられたその鳴子の書き込みに、笙悟と維弦は呆れ果てながらもイケPを宥めようとする。

だが、維弦への敵愾心を完全に復活させてしまったイケPにその宥めの言葉は届かず、イケPは問答無用と言わんばかりに維弦に挑みかかった。

それからLucidは、ミレイ、梔子、イケPと共にシーパライソの太陽神殿へと向かってラガード狩りを行うが、その道中、田所と、彼と同じく「エゴヘッド」と呼ばれるμの狂信者であるの男子生徒2人と出会う。田所はLucidたちを見つけるや否や、「お前ら楽士だな……? ここでμのイベントやってんだろぉ? どうすりゃ会場に行けんだよ、教えろぉ」と、太々しい笑いを浮かべてそう声をかけてくる。それに梔子が「イベントはもう終わった」と、にべもなく一蹴しようとするが、「じゃあ、俺たちのためにライブをやれェ!! 俺たちはμのファンだぞぉ〜? ファンと言や神様も同じだろうがァ!!!」と、口汚く喚きながら梔子に殴りかかろうとする。だが、そこへLucidが割って入り、田所を逆に殴り飛ばした。そしてついに黙っていられなくなったらしいイケPが「……男の癖に女に手出すんじゃねえよ、クズが」、ミレイが「下賤の分際で私に命令する気? 口のきき方を教えてあげるわ!」と、それぞれ威嚇する言葉を投げつけながら前へ進み出る。それに逆ギレした田所は、エゴヘッドたちと共に襲いかかってきたが、呆気なく撃退され、悪態をつきながら逃げ去っていった。
そして、ラガード狩りを続けながら太陽神殿の頂上にあるライブ会場に辿り着くと、そこには笙悟、維弦、アリアの姿があった。「峯沢ぁ! よくも恥をかかやがったなぁ!?」出会い頭に早速維弦に噛み付くイケP。何のことだと首を傾げる維弦に、イケPはSNSの写真と書き込みのことを突きつける。それを聞いて、鳴子のことだとすぐに気づいた笙悟がアリアに尋ねると、アリアは鳴子の書き込みを読み上げて、「こりゃ怒るよ、鳴子……」と、苦虫を噛み潰した顔になる。維弦は至極冷静にイケPを諭そうとするが、完全に維弦への敵愾心も復活させたイケPは聞く耳も持たない。「一瞬でも同情しちまった俺が間抜けだったぜ……何度打ちのめされても立ち上がるっ! そう、俺のソウルはフェニックス! 炎の裁きを、受けやがれぇぇぇっ!!!」と、問答無用で臨戦態勢に入るイケPを見て、説得は不可能だと判断した笙悟がアリアにオーバードーズの発動を頼んだ。アリアもやむを得ないとばかりにオーバードーズを発動して笙悟と維弦を強化する。こうして、Lucidたちと笙悟の戦いと並び、イケPと維弦の再びの一騎討ちが始まった。

勝利とラガード狩りは果たせたが、帰宅部は捕らえられなかった。楽士の間に戻るや否やその結果を聞かされ、ソーンは深く溜め息をつく。

これまでのラガード狩りの中で一向に進展する気配のない帰宅部との戦いに、シャドウナイフがついに動き出す。

そして帰宅部に戻ってきた主人公にも諭され、鳴子は嫌われることを恐れてかこれ以上の挑発的な書き込みをしないと誓った。

戦いの結果は、イケPとLucidたちに軍配が上がった。勝ち誇って叫ぶイケPに、維弦は落ち着いて聞けとさらに諭そうとするが、形勢不利と判断した笙悟はアリアと共に維弦を引っ張ってその場から撤退する。そしてLucidとイケPたちが楽士の間に戻ると、勝利はしたが帰宅部を捕らえられなかったという結果にソーンが呆れ顔になり、シャドウナイフが「帰宅部は俺が仕留める。奴ら、次はどこへ現れるつもりだ?」と、進み出た。そこでイケPが帰宅部にランドマークタワーのことを教えたと言うと、シャドウナイフはこれをかえって好都合だと言い、ソーンからの指示でμを連れてランドマークタワーで帰宅部を待ち受けることになったのだった。
そして主人公が帰宅部の部長の姿に戻って仲間たちの所に戻ると、鳴子が維弦や笙悟から書き込みのことで問責されていた。「なんで? 面白かったし、効果あったでしょ?」と、首を傾げる鳴子に、笙悟がそこで、ああいう書き込みで必要以上に楽士を刺激するのは得策ではないと言った。そして主人公がさり気無く鳴子の書き込みを窘めると、鳴子は納得はいかない様子だったが、大人しく引き下がったのだった。

アクアリウム編

例にならって主人公に送られてくるソーンからのメッセージ。仲間たちと一緒にいる以上、怪しまれることを避けたい主人公だが、ソーンはにべもなく来いとメッセージをさらに送ってくる。

床にへたり込むシャドウナイフ。転落した際彼も重傷を負って病院に担ぎ込まれたが、μの回復によって一命を取り留めていた。

永至の死によって明らかにされた「メビウスで死ぬと現実でも死ぬ」という事実に他の楽士たちも動揺する中、ウィキッドだけは動じた様子を見せていない。

そしてソーンから下される帰宅部の抹殺指令も、帰宅部に本格的な復讐ができるとウィキッドは気の触れた笑顔を浮かべて受け入れた。

学校でのウィキッドとの戦いの後、もう学校も拠点にはできないと判断した帰宅部とアリアは、より安全な拠点になりそうだと判断したランドマークタワーへと向かった。そこで腹ごしらえを済ませた後、笙悟はソーンの話をしようとした。だがそこに主人公の携帯にソーンからの呼び出しの連絡が入る。「仲間たちと一緒なんだ」とメッセージを送る主人公だが、「いいから来なさい」と、ソーンはにべもない返信を送ってくる。主人公は仕方がなく、仲間たちに適当に口実をつけて別行動を取り、すぐさま楽士たちの元へ向かった。
Lucidとなって楽士の間に向かうと、そこにはウィキッドと、腰を抜かしたように床に座り込むシャドウナイフの姿があった。「お……俺が悪いんじゃない……」と、シャドウナイフはひどく怯えた様子だった。スイートPたちの話によると、実はシャドウナイフは病院に担ぎ込まれたが、駆けつけたμによってあっという間に回復させられたらしい。しかしその代わりに永至が死んだという事実にシャドウナイフだけでなく、帰宅部と同じように他の楽士たちにも動揺が走る。ただひとり、相変わらず気のふれた笑いを浮かべているウィキッドをのぞいて。するとそこへ、ソーンとμが現れた。だが、μは表情にほとんど生気が感じられず、ソーンもいつになく険しそうな表情をしている。そんないつもとは違う二人の様子に楽士たちが不審に思うと、ソーンは帰宅部がシーパライソのアクアリウムでまたデジヘッド狩りに乗り出したと言った。そして例にならってラガード狩りをLucid、イケP、シャドウナイフ、ウィキッドに命じるが、驚いたことに帰宅部の抹殺までもを言い渡したのだった。
抹殺という単語が初めて出てきたことに楽士たちはさらなる驚きと動揺を隠せないが、もはやそんなことを言ってる場合じゃない、と、ソーンは表情をさらに険しくして強調する。「冗談じゃない!! 人殺しなんてできるかっ……! 現実へ帰る!!」と、シャドウナイフが激しく反発すると、ソーンはμに現実への扉を塞がせてしまう。「メビウスがあなたたちの現実よ……メビウスで生きるか、ローグとなって帰宅部と共に死ぬか、好きな方を選びなさい」と、ソーンはにべもなく言い放つ。ますます驚きと動揺を隠せなくなるシャドウナイフと他の楽士たちだったが、ウィキッドは動じた様子はなく、むしろ帰宅部へ本気で復讐ができる機会に嬉々としていた。「あんたのことは気に入らないけど、帰宅部の連中はもっと気に入らない。……私が殺してやる」と、殺意と狂気に満ちたドス黒い笑顔を浮かべて答えるウィキッドに、イケPは戸惑いながらも、自分たちが本気になれば帰宅部も観念してメビウスに残る、と宥めるように言った。そして他の楽士たちに、自分たちが話をつけてくるから心配するな、と言って不安を抑えようとするのだった。

シャドウナイフと再会を果たす鼓太郎。だが、殺気立ったウィキッドとLucidによって、無事を喜ぶ間もなく戦いに突入する。

帰宅部を仕留めきれなかったことの腹癒せに、ウィキッドはシャドウナイフに対して躊躇なく牙を剥く。

b236in80n7
b236in80n7
@b236in80n7

Related Articles関連記事

LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア)のネタバレ解説・考察まとめ

LITTLE NIGHTMARES(リトルナイトメア)のネタバレ解説・考察まとめ

『LITTLE NIGHTMARES-リトルナイトメア-』とは、バンダイナムコエンターテインメントから発売したサスペンスアドベンチャーゲーム。開発はTarsier Studiosとなっている。胃袋と呼ばれる巨大な船舶、モウの奥深くで目を覚ました、黄色いレインコートの少女シックスが主人公。プレイヤーはシックスを操作し、モウに存在する様々な仕掛けを解き、時には襲ってくる敵から逃げながらモウを脱出するために進んでいく。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描く。主人公式島律はμの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、μに曲を提供し、なおかつμに協力するオスティナートの楽士と対立し、仮想世界を壊して、現実に帰還するまでの物語。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。 アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。 その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘する。 一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。 容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。 そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。 そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

充実した高校生活を送る式島律の周りは、だんだん歯車がかみ合わないような違和感を感じるようになる。大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。 迎えた入学式。新入生として入学してきたのは卒業したはずの響鍵介で、律の周囲は今までは考えられないような現実を目の当たりにする。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents