Caligula -カリギュラ-(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

Dc17q8gu8aaotac

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描く。主人公式島律はμの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、μに曲を提供し、なおかつμに協力するオスティナートの楽士と対立し、仮想世界を壊して、現実に帰還するまでの物語。

『Caligula -カリギュラ-』の概要

『Caligula -カリギュラ-』とは、ジュブナイルRPGとしてフリューから発売されたゲームのアニメ化作品である。
監督の和田純一は、絵コンテ、演出として多くの作品を手掛ける中、ここ最近は監督としての活動も多くなる。
監督としての作品は、『長門有希ちゃんの消失』『終末なにしてますか?忙しいですか?救ってもらっていいですか?』 などがある。
シリーズ構成の持田堂子は、今までに脚本、シリーズ構成などの数多くの作品に携わっていた。主に『アルスラーン戦記』『マクロスΔ』『からかい上手の高木さん』などがある。
ゲーム版では、サウンドコンポーザーを名乗る一部登場人物たちの作品をVOCALOIDの楽曲提供者として著名な人物が書き下ろしで制作している。
ゲーム版のシナリオでは、里見直が手掛け、主にペルソナのシナリオなどを手掛けていたことがある。

充実した高校生活を送る、主人公の式島律。
大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づくことから物語が動きだす。
μは、人間を救う目的で自分の歌を作る人間や、聞く人間を仮想世界「メビウス」へ閉じ込める。どのように願いを叶えるかはある程度彼女の判断によって決定するが、元々人間ではないためか細かい機微などは把握できず、「大体の人はこう願っている」という叶え方をする。そのため、決して本人が望んだ結果になるとは限らない。μの作り出した仮想世界から現実に帰還すべく、現実に帰還したいと願う人々と一緒に律は、μに対抗する帰宅部に所属することになる。本作は、心に闇を抱えた者たちが、理想的な仮想世界からの脱出を図る様子を描いた作品であり、ある偶像(アイドル)を通じて登場人物たちの心の闇が映し出される様子が描かれている物語である。

『Caligula -カリギュラ-』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』

充実した高校生活を送る、式島律。
ある日、大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。
友人たちに確認する律だったが、誰もその問いに答えようとしないばかりか、律の話さえも答えてくれなくなる。
得体の知れない違和感が積み重なる中、迎えた入学式。新入生として入学してきたのは、卒業したはずの響鍵介だった。
物語はここから大きく動きだす。

renote.jp

第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。
容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。

renote.jp

第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。しかし皆お菓子に夢中で、誰も話を聞いてくれない。
美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘するのだが…
一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。

renote.jp

第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。
そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。
そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。

renote.jp

第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。
アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。
その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。

renote.jp

『Caligula -カリギュラ-』の登場人物・キャラクター

式島律

3

CV:沢城千春

メビウスにある吉志舞高校の2年生。本作の主人公。心理学など、本で勉強することを好む。
メビウスが仮想現実であることに気付き、現実へ「帰宅」することを目的とする。主人公らが所属する帰宅部を結成。その部長を任命される。

佐竹笙悟

1
rin1003
rin1003
@rin1003

Related Articles関連記事

Caligula -カリギュラ-(第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

水口茉莉絵に誘われるがまま、メビウス内にあるマリンリゾート「シーパライソ」にやって来た律達。 アトラクションを楽しむ一行だったが、突然「目が合ったかも」と、普通の人には見えないはずのアリアが言い出した。 その人物は男子に取り巻かれるほどの美少女で、律も話しかけに行くことにした。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第5話『誰でも傷つくことはある。だが、傷ついていることに気付かない者は癒やされない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』)のあらすじと感想・考察まとめ

異形化した生徒たちに襲われた律は、巨大な拳銃を持った佐竹笙悟に助けられる。 容赦なく生徒を撃つ彼に困惑する律だったが、他の人間には巨大な拳銃も異形化した生徒も見えていないことがわかる。訳が分からないまま家に帰った律の目の前には、ノイズがかかり、同じ台詞を繰り返す母親の姿があった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第2話『不安、焦燥などといった負の感情は他人を巻き込んでいく。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』)のあらすじと感想・考察まとめ

別人と入れ替わってしまった母親を探すため、篠原美笛はどんな情報でも集まるというスイートPのお茶会に参加することに。美笛はなんとか話を聞いてもらおうと「ゆめかわいく」奮闘する。 一方、世界の果てを見てしまった律は、笙悟に会うため旧校舎の音楽準備室へ向かうのだった。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第3話『何故、生きているのか?人生について突き詰めて行けば行くほど、混乱してしまう。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

笙悟とアリアからこの世界の真実を聞かされ、なんとか力を貸して欲しいと頼まれる律。 そんな律同様に世界の異変に気づいた篠原美笛と守田鳴子が音楽準備室にやって来た。 そして「ゴシッパー」上で神隠しが話題になっている中、図書館に行った神楽鈴奈と連絡が付かないと、巴鼓太郎が駆け込んでくる。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第4話『自分の存在を認めない人間は、他人からも尊敬されない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

Caligula -カリギュラ-(第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』)のあらすじと感想・考察まとめ

充実した高校生活を送る式島律の周りは、だんだん歯車がかみ合わないような違和感を感じるようになる。大人気アイドル『μ』の新曲を聴いた律は、曲の中に助けを求めるような声が入っていることに気づく。 迎えた入学式。新入生として入学してきたのは卒業したはずの響鍵介で、律の周囲は今までは考えられないような現実を目の当たりにする。 今回は「Caligula -カリギュラ-」第1話『冷静さを見失うと、真実と真理にたどり着くことはできない。』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents