遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

Yugioh tagforce special site psp ds1 670x377 constrain

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

『遊☆戯☆王タッグフォース』の概要

06895 yugioh

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にした対戦型カードゲームである。
アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを舞台にして、デュエリストであるプレイヤーはアニメに登場するキャラクター(デュエリスト)とタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。キャラクターの信頼度が最高に上がった状態でデュエルに勝利しストーリーを進めるとゲームクリアになる。
これまでシリーズ化されており、コナミデジタルエンタテインメントから発売された。

全ての作品で数多くのキャラクターが登場するが、アニメに登場するキャラクターの他に、アニメに登場しないゲームオリジナルのキャラクターも登場する。
デュエルシーンは基本的にフルボイスである。

デュエル方式は基本的に2対2のタッグデュエル。敵もタッグを組んで勝負を挑んでくる。
ストーリーによってはプレイヤーとタッグを組んだキャラクターどうしが1対1で戦うこともある。

『遊☆戯☆王タッグフォース』の流れ

Hqdefault

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』のバトルシティ編を題材にしたストーリーの一幕。画面は『遊☆戯☆王アーク・ファイブ タッグフォーススペシャル』。

プレイヤーはデュエリストとなり、アニメに登場するキャラクターなどとタッグを組んで、デュエルに勝利するなどして信頼度を上げていく。
この一連の流れは、ゲームのメインとなる「ストーリーモード」で繰り広げられる。
ストーリーはアニメの内容を元にしたものが多いが、中にはゲームオリジナルのストーリーもある。

作品によってプレイヤー(赤い帽子をかぶった男性)の立ち位置が異なる。
・『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース(タッグフォース)』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース2(タッグフォース2)』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース3(タッグフォース3)』、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォースエヴォリューション』
プレイヤーは『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の舞台となる、デュエリストを養成する学校「デュエルアカデミア」の生徒として登場する。

・『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース4(タッグフォース4)』、『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース5(タッグフォース5)』、『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース6(タッグフォース6)』
プレイヤーは『遊☆戯☆王ファイブディーズ』の舞台となる、「ネオ童実野シティ」の住人として登場する。

・『遊☆戯☆王アーク・ファイブ タッグフォーススペシャル(タッグフォーススペシャル)』
『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』まで5つの作品が舞台になっている。
プレイヤーはその作品に登場するデュエリストで、『GX』では「デュエルアカデミア」の生徒、『ファイブディーズ』では「ネオ童実野シティ」の住人と思われる。

『遊☆戯☆王タッグフォース』のゲームシステム

ゲーム開始時に、プレイヤーの名前を設定する。作品によっては難易度の設定をすることがあり(難易度はゲーム中に再設定可)、難易度によって相手の使用デッキが異なってくる。
あらかじめ組まれたデッキ「初期デッキ」を持ってゲームスタートとなる。

タッグデュエル

51owodmifvl

『タッグフォース2』のダッグデュエル画面。
左側の正方形の中にいる帽子をかぶった男性がプレイヤーで、その隣の小さな正方形の中にいるのがパートナー。右側の正方形内にいる2人が対戦相手。

通常、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ(遊戯王OCG)」では1対1でデュエル(試合)が行われるが、このシリーズでは「タッグフォース」の名前の通り、2対2の「タッグデュエル」がメインに行われる。
後述する「ストーリーモード」では基本的に「タッグデュエル」だが、ストーリーによってはタッグパートナーとの1対1のデュエルもある。
パートナーとタッグデュエルする場合、対戦相手もタッグを組んで勝負に臨んでくる。
また、同じく後述する「フリーデュエル」では「タッグデュエル」か「シングルデュエル(1対1のデュエル)」を選択することができる。

タッグパートナー

Snap072

赤い帽子の男性(プレイヤー)の後ろにいるのがタッグパートナー、プレイヤーの右側の人物及び画面中央に出ている人物がプレイヤーが話しかけた相手。
アイコン表示では右側がタッグパートナーで、左側が話しかけた相手。画面は『タッグフォース6』。

タッグデュエルを行う上で一緒にデュエルを行うパートナー。パートナーがいないとタッグデュエルを行えない。

多くの作品で、「ストーリーモード」でマップ上に多くのキャラクター(デュエリスト)が登場する。このキャラクターに話しかけて、タッグパートナーになるよう誘う。
作品によるが、後述するキャラクターの「機嫌」が良ければ良いほど、パートナーになりやすい。
または該当するキャラクターとの規定されたデュエル勝利数などに達していれば、パートナーになる。
キャラクターには「信頼度」が設定されていて、ストーリーモードでは信頼度が一定の数値ごとに上がるとイベントが発生する。
信頼度が最高の状態でイベントをクリアすると、エンディングとなりゲームクリアとなる。

信頼度が高いとキャラクター側から誘ってくることもあり、パートナーにするかどうか決めることができる。

作品によっては、ストーリーモードの開始時にあらかじめタッグパートナーを選択して、ゲームを進めることもある。

タッグデュエルのルール

51m21kjmpzl

タッグデュエルは2対2で行われる変則デュエル。通常のデュエルとは異なる戦略性が求められる場合がある。

ゲームで行われるタッグデュエルは2対2で行われるため、ルールが通常のデュエルとは異なるところがある。

①ターンは交互に回ってくる
通常のデュエルではジャンケンなどで先攻・後攻を決めて、スタート時は自分→相手、または相手→自分となり、以後勝敗が決するまでターンが回ってくる。
タッグデュエル時も同じようにジャンケンなどにより先攻・後攻を決める。
味方のタッグをそれぞれA1、A2、敵のタッグをそれぞれB1、B2とすると、ターンはA1→B1→A2→B2、またはB1→A1→B2→A2の2通りになり、勝敗が決するまで敵味方交互に回ってくる。

②ライフポイント、フィールド、墓地、除外ゾーンが共有
タッグデュエルでは、ライフポイントやフィールド、墓地、除外ゾーン(除外されたカードを置く場所)が共有されている。
そのため、パートナーが出したモンスターで攻撃したり、セットした魔法・罠を発動することができたりするなど、味方のカードを自分のターンで使うことができる。
一方、パートナーが自分のカードを使うこともある。
ライフポイントが共有されていてターンが敵味方交互に回ってくるので、通常のデュエルより高度な戦略性が求められる場合がある。
ちなみにデッキ、エクストラデッキ、手札は共有しない。

③デッキ、エクストラデッキ、手札に効果が及ぶのはターンプレイヤーとその前のターンプレイヤー
タッグデュエルでは、ゲーム画面上初め「A1」対「B2」または「B1」対「A2」という構図になる。
「A1」対「B2」の場合、「A1」がターン終了すると、「B1」のターンになり、「A1」対「B1」という構図になる。
「B1」が ターン終了すると、「A2」のターンになり、「A2」対「B1」というふうになる。「A2」がターン終了すると、「B2」のターンになり、「A2」対「B2」という構図になる。
つまり、ターンプレイヤーとその前のターンプレイヤーが常に対峙するという状況である。これは初め「B1」対「A2」で始まった場合でも同じである。
そのため、デッキ、エクストラデッキ、手札に効果が及ぶのはターンプレイヤーとその前のターンプレイヤーである。
相手カードの効果により、自分が出したモンスターがパートナーのデッキに戻ってしまうこともあるというわけである。

ストーリーモード

51kruaxykll

『タッグフォース3』のパートナーイベント。

アニメの世界が再現された「ストーリーモード」。
基本的にこのモードでキャラクターとタッグを組んで他のキャラクターとデュエルを行っていき、キャラクターの信頼度を高めていく。
デュエルはキャラクターに話しかけることでできる。
信頼度が高まるとパートナーイベントが発生、そのイベントでデュエルに勝利するとさらに信頼度が上がる。
最終的に信頼度が最高の状態でイベントデュエルに勝利すると、エンディングを見ることができ、ゲームクリアとなる。
キャラクターによってはゲームクリア時に、カードがもらえる場合もある。
エンディングではキャラクターの1枚絵やプレイヤーとキャラクター2人のイラストを見ることができる。

ほとんどの作品で、アニメのメインキャラクターや敵キャラクター、そしてゲームオリジナルのキャラクターといった、数多くのキャラクターと組むことができる。
メインキャラクターの場合は、基本的にアニメのストーリーに沿う形になるが、敵キャラクターの場合は、逆にメインキャラクターを追い詰めるというストーリーになっていることがある。
ゲームオリジナルキャラクターの場合は、共通したオリジナルイベントを進める形になる。

キャラクターは、エリアごとに分かれているマップ上に登場することが多い。

時間

作品によりマップ移動やデュエルを行うことで、ゲーム内の時間が経過していくことがある。
朝昼、夕方、夜と分かれていて、時間帯によってマップ上に登場するキャラクターの数に違いがある。
例えば、夜に登場しないキャラクターもいれば、中には夜しか登場しないキャラクターもいる。

1日が経過するとパートナーにしたキャラクターがプレイヤーから離れていくが、次の日にまた同じキャラクターをパートナーにできる。

なお、信頼度が高まることで発生するイベントは1日の終わりに発生する。イベントをクリアすると次の日になる。
失敗してしまった場合、次の日以降の終わりに再び挑戦できる。

信頼度の上げ方

201110122128111be

右側にあるパートナーキャラクターのアイコンの下にあるのが、信頼度を表すハートマークである。3つのハートがバーで埋まっている。
画面は『タッグフォース6』。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

遊☆戯☆王VRAINS(Yu-Gi-Oh! VRAINS)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents