遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

プレイヤーのデュエリストとしてのレベルを表したもの。
デュエルに勝利すると経験値がもらえ、経験値が一定値を超えるとレベルが上がる。レベルが上がっていくと、レベルを上げるのに必要な経験値が多くなる。
レベルが高くなるとショップに出現するパックの種類が増えたり、デュエルに勝利した時のデュエルポイントが多くもらえるようになったりするなど、メリットに働く。

ディスティニードロー

ディスティニードロー時の3Dアニメーション。

『タッグフォース4』~『タッグフォーススペシャル』に登場した、特定のカードを引くことができるシステムのこと。
ライフポイントが大きく削られて不利な状況のデュエリストが、デュエル中1度だけ使える。
ターン開始のドローフェイズ時にデッキが光って、特定のカードを引くことができる。
この特定のカードを「ディスティニーカード」と言い、プレイヤーの場合はデッキ構築時に設定できる。
また、ディスティニードローはパートナーや相手も使用してくる。キャラクターごとにディスティニーカードが何枚か指定されている。
ディスティニードローは味方・敵それぞれ1回ずつなので、例えば味方パートナーがディスティニードローをすると、自分(プレイヤー)はそのドローができなくなり、通常のドローになる。

ディスティニードローの際は、キャラクターのカットインなどが入る。

なお、ゲーム内の設定でディスティニードローを不可能にすることもできる。

リミットレギュレーション

「封印されしエクゾディア」などのエクゾディアパーツは制限カードで、強欲な壺は禁止カードになる。

通常、デッキ構築の際はメインデッキやエクストラデッキ、サイドデッキを含め、同名カードを3枚まで入れることができる。
しかし、特定のカードについてはデッキ投入が制限されているものがある。
このルールをリミットレギュレーションと言い、デッキに入れられない「禁止カード」、デッキに1枚しか入れられない「制限カード」、デッキに2枚までしか入れられない「準制限カード」がある。
遊戯王OCGの公式大会ではこのルールを守らねばならず、定期的(現在は年に4回)に更新される。

リミットレギュレーションはゲームバランスや現行のデュエル環境などを考慮して行われている。

『遊☆戯☆王タッグフォース』でもリミットレギュレーションが課され、デッキ構築の際にも基本的に守らなくてはならない。
各作品で適用されるリミットレギュレーションは、だいたい発売日の3ヶ月~1年前のものである。
禁止カードには「禁止マーク」、制限カードには「1」、準制限カードには「2」と左上にマークされている。
各作品でのリミットレギュレーションについては発売時以前で、最も近いものが適用されることが多い。
ただしゲーム内の条件を満たせば、禁止カードをデッキに1枚だけ入れることができたり、リミットレギュレーションを撤廃することができる。
リミットレギュレーションを撤廃すると、禁止カードもデッキに3枚入れられるようになる。

なお、ゲームオリジナルのカードにもリミットレギュレーションが課されているものがある。

ちなみに相手も禁止カードが入ったデッキを使用してくることもあり、作品によってはこちらが禁止カードをデッキに入れているとそのデッキを使用してくることもある。

『遊☆戯☆王タッグフォース』のシリーズ一覧

発売された『遊☆戯☆王タッグフォース』シリーズ作品について紹介する。シリーズ作品は、PlayStation Portable(PSP)版とPlayStation 2版に分けられ、PSP版がメインである。
ほとんどの作品で『タッグフォース(数字)』と何作目かナンバリングされている。

シリーズ作品間の連動機能があり、過去作品の「UMD」を連動させることでデュエルポイントやカードが特典として手に入る。また、カードパックも出現する。
キャラクターによっては連動させることでバージョン違いの姿が登場し、ゲーム内で姿を変更できる。
通常、バージョン違いの姿はクリア人数や勝利数など条件があるのだが、ここではバージョン違いのキャラクターを先行してパートナーにできるということである。
その他、連動しなければパートナーにできないバージョン違いのキャラクターも作品によってはいる。

また、『タッグフォース5』から『タッグフォース6』、及び『タッグフォース6』から『タッグフォーススペシャル』へのデータ引き継ぎが可能である。
プレイヤーの名前や所有カードなどが引き継がれる。

PlayStation Portable(PSP)版

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース』

2006年9月14日に発売された、『遊☆戯☆王タッグフォース』シリーズの第1作目である。
アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の1期目の内容を題材にしており、パートナーになるキャラクターに関係なく三部構成からなる。
プレイヤーはデュエルアカデミアに転校してきた学生で、学内で開かれる大会に出場する。その後、「セブンスターズ」と呼ばれるデュエリスト達と戦うことになる。
デュエルシーンでキャラクターは3Dアニメーションで登場、そしてフルボイスである。アニメと同じオープニングやBGMが使用される。
ゲームに収録されているカードは2448枚。

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース2』

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース2』のイベント画面。

2007年9月27日に発売された、『遊☆戯☆王タッグフォース』シリーズの第2作目である。
本作では『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の2期目から3期目前半の内容を元にしている。
前作とは異なり三部構成ではなく、パートナーになるキャラクターによってストーリーが異なる(オリジナルキャラクター以外)。この方式は以後の作品でも踏襲していく。
デュエルシーンの3Dアニメーションとボイスはそのままだが、OPやBGMがゲームオリジナルのものに変わった。
ゲームに収録されているカードは2889枚。ミニゲームがあり、高得点だとカードパックがもらえる。

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース3』

『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX タッグフォース3』のデュエル画面。

2008年11月27日に発売された、『遊☆戯☆王タッグフォース』シリーズの第3作目である。
本作では『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の4期目の内容を元にしており、『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』の最終作品にあたる。
キャラクターのプレイヤーに対する信頼度(好感度)を表すハートの数が8個から4個に変更になった。
ゲーム内で適用されるルールがエキスパートルールからマスタールールに変更となり、シンクロモンスターが初登場。
ゲームに収録されているカードは3501枚。

『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース4』

『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース4』のデュエル画面。

2009年9月17日に発売された、『遊☆戯☆王タッグフォース』シリーズの第4作目である。
本作ではアニメ『遊☆戯☆王ファイブディーズ』に舞台が移り、プレイヤーはネオ童実野シティの住人として登場する。
ストーリーは「ダークシグナー編」にあたり、ルドガー・ゴドウィンとの戦いまでになる。
キャラクターの信頼度の他に、機嫌が初登場する。アイテムやミニゲーム形式の「会話」で上げることができる。
ゲームに収録されているカードは4603枚以上。シンクロモンスターが本格的に登場する。この他、ゲームオリジナルの「ダークシンクロモンスター」が初登場。

『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース5』

『遊☆戯☆王ファイブディーズ タッグフォース5』のイベント画面。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

遊☆戯☆王(東映版・初代遊戯王)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王』とは高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』の最初のアニメ化作品。1998年にテレビ朝日系列で放送された。原作における「学園編」から「RPG編」までが描かれた。後に2000年から放送されるシリーズと違いカードゲームが中心では無く原作初期で描かれた『闇のゲーム』を軸にしたダークヒーロー要素を持った物語が展開される。

Read Article

遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

目次 - Contents