なぜ遊戯王のゲームは「カードのおまけ」と言われるようになったか

遊戯王のゲームには「カードのおまけ」という呼び名があります。 これはかつて発売された遊戯王のゲームがとんでもない出来だったのが原因です。

○全ての元凶『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ4 最強決闘者戦記』

シリーズ最高の250万本の売上を記録。 遊戯王のみならず、キャラゲーという括りで見てもこれほど売れたゲームはありません。
しかし大きく売れた分、被害者も多かったのです。

強引な3バージョン分割発売

まず『使えるカードが各バージョンで違う』というシステムで、それらしい理由も無く強引に3つに分けた形になっています。 これ以前の作品では全てのカードが使用できました。 これが後述のバランス崩壊に繋がっています。

さらにゲームの特典として同梱されていたカード(実物)も3バージョンで違います。 各バージョンに1種類という訳ではなく、数種類の中からランダムに入っていました。

それぞれのバージョンを1本ずつ買っても全ては揃わず、同梱カードをコンプしたければ各バージョンを最低2本ずつ、計6本以上買わなければいけません。

なんともあこぎな商法です。

ゲームバランスの崩壊

バランス調整不足で、特に対戦バランスが悪い。
ゲームとしてほとんど意味の無い3バージョンに分けた事で、使えるカードに制限が生まれました。

バージョンによって強さに差が付きすぎ、ゲームバランスが致命的に崩壊しています。

版権もののキャラゲーとしては驚異的な売上を記録。 国内に限定すればKONAMIの最も売れたゲームです。

しかし売り方もゲーム内容も酷いの一言。 特に売り方があまりに酷すぎたのか、これ以降の作品の売上はダダ下がりでした。

この後に登場した『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ5 エキスパート1』では
OCGルールを完全再現。 システム面の作りこみは甘いものの、続編ではそれも解消。
ようやく白熱したデュエルが楽しめるようになった……誰もがそう思っていました。

○悪夢の再来『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ7 決闘都市伝説』

なぜかルールがOCGでなく『4』のものに戻りました。
売上が低迷した理由を『ゲーム独自のルールを撤廃したから』と判断したからかもしれませんが、OCGルールが再現された以上、いまさら独自ルールに戻られても面白いはずがありません。
KONAMIはいったい何を考えていたのか。

「融合」システムを完全削除!

信じられない事に、融合システムが削除されました。
ご存知の通り、「融合」は原作でも度々登場しては物語を盛り上げた重要な要素です。 ゲーム第1作から搭載されていたシステムが、ここに来てまさかの完全削除。

これにより弱いモンスターは使い道が全く無くなり、ローレベルのような低コストデッキは悲惨なまでに弱体化しました。

通信プレイ不可!

カードゲームとしてはデフォルト搭載されていても良いはずの通信が出来ません。

ゲームバランスも非常に甘い上、独自ルールに戻したのがそもそもの間違いでした。
前作はおろか、『4』にすら劣る。 そんな作品でした。

○破滅的な高難易度『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ8 破滅の大邪神』

プレイステーション版デュエルモンスターズ。
対戦・カード交換が復活した他、イベントシーンの演出が強化され、3Dによる迫力のモンスターバトルが楽しめる。

異常なまでの鬼畜難易度

連戦にも関わらずLPが回復しない。
減った分のLPは次のデュエルに持ち越される。仮にMAXである8000よりも多くLPを得ても、次のデュエルでは8000から開始。さらにLPを回復するにはデュエル中に回復用カードを使うか、セーブポイント(自宅)まで戻るしかない。

神のカードが万能過ぎて戦略もクソも無し

敵は前作とは比べ物にならないほど強くなっている。これでLP回復なしではキツいと分かりそうなものだが……。
簡単すぎた前作とは間逆に、CPUが異常に強い上、すべての要素がプレイヤーにとって不利に働く。

なのに、神のカードを出せばほとんどのデュエルで勝てる。 バランスがおかしい。

カードショップがランダムな上、ぼったくり価格

カードは買う事で入手出来るが、その全てが高い。 なのに金が手に入りにくい上、売られるカードもランダムなので欲しいカードが手に入るチャンスが極めて少ない。
もちろんデッキ強化が困難となる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

Read Article

遊☆戯☆王VRAINS(Yu-Gi-Oh! VRAINS)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

目次 - Contents