遊☆戯☆王5D's(遊戯王ファイブディーズ)のネタバレ解説まとめ

遊☆戯☆王5D's(ファイブディーズ)とは、2008年4月2日から2011年3月30日までテレビ東京系列で放送されたアニメ作品。
本作は週刊少年ジャンプ40周年、Vジャンプ15周年記念作品でもある。
主人公「不動遊星」を中心とした「絆」を描いている。

『遊☆戯☆王5D's』の概要

世界的カードゲームで有名な「遊☆戯☆王OCG」のアニメ作品、遊☆戯☆王シリーズの3作目。
「遊☆戯☆王DM(デュエルモンスターズ)」の世界観を継承し「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の次回作。

舞台は「遊☆戯☆王DM」から数十年後の童実野町。新たに「ネオ童実野シティ」と名前を変え階層社会となった街を、主人公「不動遊星」を中心に物語が展開する。
今作もカードゲームが主軸の物語ではあるが、新要素としてプレイヤーがD・ホイールと呼ばれるバイク型デュエルディスクに乗りながらデュエルをする「ライディング・デュエル」が目玉である。デュエルはすべてD・ホイールに乗って行うわけではなく、従来通りのデュエルも「スタンディング・デュエル」と称して行われ、不動遊星のデュエルディスクは遊戯王DMのBC編で登場したデュエルディスクに酷似しておりファンを喜ばせた。またメインタイトルからは過去2作につけられていた「デュエルモンスターズ」が外れ、「遊☆戯☆王」のタイトルロゴも新たなデザインに変更された。ただし、作品世界内でのカードゲームの呼称である「デュエルモンスターズ」は本作中でも継続して使用されている。

これらの舞台設定やアイディアの基礎は「遊☆戯☆王」原作者の高橋和希の発案であり、他にも主要人物、主要モンスター、D・ホイールのデザインも手がけている。D・ホイールは「舞台を世界規模に広げるためにその移動手段を用意するのは必然」であるとし、注目のライディング・デュエルは「前2作(DM、GX)にて通常のデュエルはやり尽くしたため、続編を作るのであれば新しいデュエルを見せることに挑戦したい」といった意気込みで作りだされた。高橋自身は前作で「遊☆戯☆王」を締めくくるつもりでいたが、シリーズが高橋一人の範疇を超えたメディアミックスを展開していることや、アニメのスタッフと親しかったことなどを理由に本作が最後という気概で仕事を引き受けた。

カードホビー「遊☆戯☆王OCG(オフィシャルカードゲーム)」とタイアップしており、2008年4月19日から2011年2月11日までの約3年間に渡り、アニメに登場したカードを多数収録して販売された。作中のキーカードである「シンクロモンスター」は強力な効果を持ち汎用性が高いことから登場当初から人気を博し、多くのデッキに採用されることとなった。前作と同様に、視聴者の考案したカードを募集し、劇中で実際に使用されている。また全てOCG化している。

乗り物に乗ってゲームをするという斬新なアイディアでトレーディングカードゲームとモータースポーツを組み合わせた作品である。

『遊☆戯☆王5D's』のあらすじ・ストーリー

ネオ童実野シティは身分の高低を明確にし上層地帯と下層地帯に分けられている階層社会であり、人々は新エネルギーのモーメントによって稼動するD・ホイールと呼ばれるバイク型デュエルディスクを使用したライディング・デュエルが流行していた。

「デュエル・オブ・フォーチュンカップ編」を第1章、「ダークシグナー編完結」までを第2章、「WRGP編」を第3章、「アーク・クレイドル編」を第4章と区別する。

デュエル・オブ・フォーチュンカップ編

ネオ童実野シティの下層地帯「サテライト」で仲間と生活を共にしている不動遊星は、ライディング・デュエルのキングでありライバルの「ジャック・アトラス」にかつて奪われた、自分の大切なカードである「スターダスト・ドラゴン」を取り戻すべく、サテライトから脱出を試みる、セキュリティの「牛尾哲」などの妨害が入るが持ち前のデュエルの腕前で無事サテライトからの脱出に成功する。
ネオ童実野シティの上層「シティ」で再会を果たした遊星とジャックは、スタジアムでライディング・デュエルを行う。白熱した戦いを繰り広げる中、二人の腕に突如赤い痣が浮かび上がり、さらにエースドラゴン同士の攻撃と共に謎の赤い竜が現れた。

デュエルは中断し、その後、遊星はサテライトからシティに不法侵入となり収容所へ送られ、そこで出会った矢薙と言う老人から星の民と赤き竜の痣を持つ戦士「シグナー」の伝説を聞く。収容所では無慈悲な拷問やシゴキが行われていた。署長とデュエルを行なう事に遊星だが、デッキを没収されているためにカードが無かった。しかし、他の囚人たちが遊星に力を貸すためにカードを1枚1枚わたすのだった。囚人たちとの絆でみごと署長に勝利した遊星、そこに治安維持局長官「レクス・ゴドウィン」が現れる。シグナー達の力の覚醒を狙うゴドウィンの権限で出所した遊星は、自身を追う捜査官の牛尾の追跡を振り切り、シティの最上層地帯トップスで「龍亞」・「龍可」という双子と、そしてシティの無法地帯「ダイモンエリア」で黒薔薇の魔女と恐れられる「十六夜アキ」と出会う。

ゴドウィンは、遊星に対し仲間を人質に取って優勝者がキングであるジャックへの挑戦権を獲得できる大会「デュエル・オブ・フォーチュンカップ」への出場を強制する。この大会でゴドウィンにより集められた遊星、アキ、龍可、そしてジャックの4人は、シグナーの力を覚醒させられることとなる。そして大会最終戦である遊星とジャックのデュエルにおいて、再び赤き竜がその姿を現しシグナー4人を別次元の世界に誘った。そこで目にしたのは崩壊する世界のヴィジョン。蜘蛛の地上絵が大地に浮かび上がり、サテライトが崩壊するものだった。

ダークシグナー編

フォーチュンカップでジャックとの死闘の末、みごと勝利し新たなキングとなった遊星の前に「ダークシグナー」と名乗る蜘蛛の痣を持つ者が現れ、デュエルを挑まれる。そのデュエルはデュエルのダメージが現実と化す「闇のデュエル」だった。冥界の力の象徴であるマイナスのレベルを持つ「ダークシンクロモンスター」の力に苦戦しつつも勝利した遊星は、ゴドウィンから彼らとシグナーに関する因縁と世界を破滅させると言う目的を聞き、戦う決意を固める。遊星はかつての親友でありダークシグナーと化した「鬼柳京介」と出会い戦うが、ダークシグナーの切り札であり人々の魂を生贄に捧げ召喚される恐ろしい「地縛神」に圧倒され完敗する。その後も召喚された地縛神により、多くのサテライト住民が魂を吸収され甚大な被害が出た。

一度は地縛神の力に恐怖した遊星も立ち直る。過去に負ったトラウマを克服したアキと旧友の「クロウ・ホーガン」も仲間に加え、ダークシグナーと決着を着けるべく、サテライトの中でも特に荒廃したB.A.D地区で、それぞれの宿星の元に戦いを繰り広げていく。世界を滅ぼす力を持つ冥界の王が封じられた4つの旧モーメント制御装置で因縁深い相手との戦いを次々に制しサテライトを救ったシグナー達だったが、あと一歩でその出現を許してしまう。全てのダークシグナーを倒した遊星達の前に立ちふさがったのは、赤き竜と邪神の力を宿し、世界の破壊と再生を企むゴドウィンだった。遊星達はゴドウィンを冥界の王もろとも打ち倒し、ダークシグナーによる世界滅亡の危機を防いだった。

WRGP編

ダークシグナーとの戦いから半年後、ネオダイダロスブリッジが繋がったことでシティとサテライトは一つになり、街は急速に復旧と発展を遂げた。
アキ、龍亞、龍可はデュエル・アカデミアに通い、遊星、ジャック、クロウの3人は1年後にネオ童実野シティで開かれるワールド・ライディングデュエル・グランプリ(通称「WRGP」)に向けてD・ホイールの開発に励んでいた。
そんな中、相手をクラッシュまで追い込む正体不明のD・ホイーラー「ゴースト」が現れる。遊星もゴーストと出会ってしまいのデュエルする事に、そしてそのデュエルでダークシグナーとの戦い以来となるダメージがその身にかかる戦いを体験する。驚きを隠せない遊星だったが辛勝により幕を閉じる。ゴーストの使う「機皇帝」のシンクロモンスターを吸収する能力に苦しめられた遊星達は新たな戦略を求められることになった。その後、記憶喪失だというメカニック兼D・ホイーラーの「ブルーノ」が仲間になり、突如現れた謎のD・ホイーラーにシンクロを超える「アクセルシンクロ」の存在を教えられた遊星は、ゴーストを影で操っていた「プラシド」との戦いで遂にアクセルシンクロを完成させる。遊星は戦いを経てこの事件の背後で「イリアステル」が糸を引いていることを知る。

1年後、ついにWRGPが開催され、遊星たちはチーム名「5D's」として大会に出場する。大会中にイリアステルへの復讐を誓う女性D・ホイーラー「シェリー・ルブラン」と共にイリアステルへの調査を続ける中で、彼らが過去の歴史を自分達の都合のいいように改ざんしてきた驚愕の事実が明らかになる。

数々の強敵、WRGP予選では、ユニコーン型のシンクロモンスターを使用しチーム・5D'sを敗北寸前にまで追い詰めた「チーム・ユニコーン」、ダーティなデュエルで相手をクラッシュさせる戦いを得意とする。「チーム・カタストロフ」。
本戦で、使用するカードは全て貰い物のノーマルカードだが、熱い心を持った「チーム・太陽」、自らがイリアステルを倒すと公言し、「三極神」のカードを使う「チーム・ラグナロク」等とのデュエルで勝利したチーム・5D's達。
WRGP決勝戦、歴史を改ざんして大会に出場した、プラシド、「ルチアーノ」、「ホセ」達イリアステルの三皇帝の「チーム・ニューワールド」と対決するチーム・5D's、三皇帝の操る機皇帝が全て倒されると、3人は本来の姿である「アポリア」へと合体を果たし、遊星達の前に初めてその姿を現した。デュエルにあたり、それぞれが乗っていたD・ホイールが合体した巨大なD・ホイールと合体を果たし、遊星達チーム5D'sに決戦を挑んでくる。
戦いの中で彼らがモーメントの暴走によって破滅した未来から来たことと未来を救うために現在のネオ童実野シティを滅ぼそうとしていることを知る。だがそれでも現代を守ろうとする遊星達は彼らを否定し真っ向から打ち破るのだった。

アーク・クレイドル編

WRGP優勝を飾ったチーム・5D's。だが戦いで蓄積したモーメントにより完成した「サーキット」の影響により、ネオ童実野シティを崩壊へと誘う巨大都市「アーク・クレイドル」が町の上空に出現し、都心部に向けて降下を始める。チーム・5D'sは、ネオ童実野シティを救うため、準決勝で戦った神のカードを持つチーム・ラグナロクの力を借りて決戦の地アーク・クレイドルへと向かう。そこには未来の世界を救う為に歴史を改ざんする未来人が待ち構えていた。アーク・クレイドルの出現に成功したアポリア、記憶を取り戻したブルーノの本当の姿「アンチノミー」彼はかつて遊星にアクセルシンクロを教えたD・ホイーラーだったのだ。さらに過去を変えるためゾーンに協力する道を選んだシェリーまでもが立ち塞がる。それぞれジャック・龍亞・龍可、遊星、クロウ・アキとデュエルをする。絶望を打ち消す希望を持ったアポリア、改心しの仲間となったシェリー、遊星を生かす為に犠牲なり消滅したブルーノ(アンチノミー)。
遊星は、全ての事件を影で操り、自分達を翻弄し続けてきた黒幕の「Z-ONE(ゾーン)」に会い、世界をかけたデュエルを行なう、仲間との絆とカードを受け取る。遊星が仲間たちから支えられているのを気付くと、遊星の全体が黄金に輝き、シグナーの竜全てを使い、アクセルシンクロを超えた、「リミットオーバーアクセルシンクロ」の力で「シューティング・クェーサー・ドラゴン」をシンクロ召喚した。
激戦の末にZ-ONEを打ち破り、この世界とその先の未来も救ってみせるとZ-ONEに約束し、遂に未来人との戦いを終結させた。

戦いも終わり、チーム・5D'sのメンバーはそれぞれが進みたいと思う道を悩んでいた。そのにジャックが遊星にデュエルを挑む、お互いに全力で戦い、その姿を見てメンバーは歩むべき道を決めるのだった。
遊星がジャックとのデュエルを絆の力で勝利した後、メンバーは夢を果たすためネオ童実野シティを去っていく。遊星は父を継いでモーメントを研究するため、仲間を街で待つ帰れる場所になると決めネオ童実野シティに残り、またいつか会える日を信じて仲間達を見送るのだった。

『遊☆戯☆王5D's』の登場人物・キャラクター

チーム・5D's

不動 遊星(ふどう ゆうせい)

CV:宮下雄也(RUN&GUN)
本作の主人公。初登場時18歳。シグナーの1人で、初めは竜の尾の痣を持っていたが、後にドラゴンヘッド(竜の頭の痣)を受け継いだ。デッキは低レベルの戦士族と機械族を中心とし、多彩なシンクロモンスターを切り札とするジャンクデッキを使用する。エースカードは「スターダスト・ドラゴン」。仲間達の集めたジャンクパーツを組み上げ製作した、二輪の赤いハイブリッドタイプのD・ホイール「遊星号」に搭乗する。頭脳明晰で手先が器用。機械やコンピュータに関する技術はセキュリティの鑑識より優秀と評されるほど優れており、身体能力も高い。
普段は冷静沈着で寡黙な青年だが、その胸の奥には熱い心を秘めている。また、この世に存在する全ての人間やカードには価値があり、不要なものなど一切無いという信念を抱いている。その熱い心は人を惹きつけ、彼の周囲には常に絆で結ばれた仲間が集結している。
サテライトで育ったが生まれはトップス。両親はモーメント技術の基礎を築いた科学者で、17年前の「ゼロリバース」により死亡。まだ赤ん坊だった遊星はマーサハウスに預けられた。彼の名は父親が発見した遊星歯車に似た性質を持つ「遊星粒子」からとっており、他人同士を結び付け、絆を大事にして欲しいという願いが込められている。両親がゼロリバースの発端を作ったことがトラウマとなっており、それにも関わらず慕ってくれる仲間に対して責任を感じている。ジャック、クロウとはマーサハウスで育った幼馴染で共にチーム・サティスファクションの一員だった。
仲間と共にライディング・デュエルのチームトーナメント「WRGP」への出場を目指す。イリアステルの三皇帝が操る相手のシンクロモンスターを吸収(装備)する「機皇帝」に対抗するため、謎のD・ホイーラー(ブルーノ)から示されたシンクロ召喚の新たな可能性である「アクセルシンクロ」を模索するようになる。遊星はプラシドとの戦いで「クリアマインド」の境地に至ることでアクセルシンクロを完成させ、新たな切り札「シューティング・スター・ドラゴン」を手に入れた。
ラスト・ホイーラーとして出場したWRGPを勝ち進んでいくうちに、イリアステルが破滅する未来を救うためネオ童実野シティを消滅させようとしていることを知り、戦いの動機はWRGPから町を守るものへと変化していく。シティを滅ぼすべく出現した巨大都市アーク・クレイドルでの決戦では、アクセルシンクロをさらに進化させた「リミットオーバー・アクセルシンクロ」によりシンクロ召喚した「シューティング・クェーサー・ドラゴン」などにより、現代を崩壊させようとしていた未来人の支柱であるゾーンを倒し、ネオ童実野シティを救った英雄となった。
ゾーンとの戦いの後、モーメントの新たな制御システム「フォーチュン」を完成させ都市機能の正常化に成功する。自分の将来について悩んでいたが、互いに全力を出し切ったジャックとのデュエルの中でその答えを見出し、仲間達の絆を繋ぎ、皆で守ったネオ童実野シティを素晴らしいものにするため、ネオ童実野シティに残るという道を選んだ。

ジャック・アトラス

mugimeshi
mugimeshi
@mugimeshi

Related Articles関連記事

遊☆戯☆王VRAINS(Yu-Gi-Oh! VRAINS)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

Read Article

遊☆戯☆王(初代遊戯王)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王』とは高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』の最初のアニメ化作品。1998年にテレビ朝日系列で放送された。原作における「学園編」から「RPG編」までが描かれた。後に2000年から放送されるシリーズと違いカードゲームが中心では無く原作初期で描かれた『闇のゲーム』を軸にしたダークヒーロー要素を持った物語が展開される。

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

目次 - Contents