遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

キャラクターに設定されたプレイヤーに対する信頼度のことで、ハートマークで表示される。
初めは空だが、信頼度が高まるとバーがたまっていき、ハートがバーでいっぱいになるとイベントが発生。イベントをクリアするとハートが追加され、再び信頼度を高めていく。
多くの作品で4個のハートマークをバーで埋めると、ゲームクリアになる。

信頼度を上げる方法として最も手っ取り速いのがデュエルをすることである。
パートナーにしたい相手とデュエル、またはパートナーが相手とデュエル、もしくは一緒にタッグデュエルをする。
デュエルに勝てば、パートナー及び対戦相手との信頼度が上がり、機嫌によりさらに上がる。
デュエルに負けたりすると、キャラクターの機嫌によりパートナー及び対戦相手の信頼度が下がることがある。機嫌が良ければ低下は避けられる。
引き分けの場合は、機嫌が悪くない限り下がることはない。

作品によるが信頼度を上げる方法としてこの他、ゲームに登場するアイテムを「プレゼント」したり、ミニゲーム形式の「会話」がある。
プレゼントがキャラクターの好みに合ったり、ミニゲームを成功させると信頼度が上がる。
しかし、プレゼントがキャラクターの好みに合わなかったり、ミニゲームを失敗すると信頼度が下がってしまう。
ちなみに会話はコマンドに存在する、星マークで表示される「興味度」の数に応じた回数が実行可能。一度会話をすると星が減ってしまうが、ゲーム内の時間経過やアイテムをプレゼントすることで回復させることができる。

機嫌の上げ方

『タッグフォース5』の画面。左側のアイコン及び右側のキャラクターからふきだしがでていて、現在の機嫌を表す。両者とも「普通」の状態である。

キャラクターに設定された、現在の機嫌状態である。『タッグフォース4』~『タッグフォース6』で登場する。
低いほうから、「絶不調」、「不調」、「普通」、「好調」、「絶好調」となり、「絶不調」はドクロマーク、「絶好調」はハートマークで表示される。
機嫌が悪いとパートナーになってもらえず、デュエルなどで得られる信頼度も上がりにくい。
逆に機嫌が良いと、パートナーになってもらいやすく、信頼度も上がりやすい。

機嫌は、デュエルに勝利または引き分けるか、またはアイテムをあげることで良くすることができる。
ただし、1日1回以上話しかけないと機嫌が下がってしまうことがあるので注意が必要。

相性

作品により、キャラクター同士に相性が設定されている。相性はパートナーになったキャラクターと話しかけた相手キャラクターとの機嫌補正に影響する。

相性が良ければ機嫌が良くなるが、相性が悪いと機嫌も悪くなる。
機嫌が悪いとデュエルなどで得られる信頼度が上がりにくくなってしまう。

フリーデュエル

自分で組んだデッキでデュエルに挑む、ストーリーモードで一度戦ったキャラクターと対戦することができるモード。
一度戦ったキャラクターであれば、対戦相手やタッグパートナーを自由に選ぶことができる。
キャラクターが使用するデッキは基本的に自由に選択できないが、特定のキャラクターには自分で組んだデッキで戦わせることが可能。
『タッグフォーススペシャル』では、キャラクターの所有デッキ・自分で組んだデッキなどを問わず、自由に戦わせることもできる。
「ノーマルデュエル(1対1)」、「タッグデュエル(2対2)」、「CPUノーマルデュエル(コンピュータによる1対1のデュエル観戦)」を選ぶことができる。
「ノーマルデュエル」や「タッグデュエル」の場合は、シングル(1戦)にするかマッチ(3戦:遊戯王OCGの公式ルール)を選び、また初期ライフポイント(公式ルールでは8000)を設定できる。

シングルの場合は1回で勝負が決まるが、マッチの場合は先に2勝したほうが勝利し、どちらも1勝1敗1分けの場合は引き分けになる。

デュエルポイント(DP)

デュエルポイント(DP)を使ってカードパックなどを買うことができる。

デュエルに勝利などすることで得られるポイントのことで、「DP」と省略されることが多い。

デュエルポイントはカードのパックやアイテム購入などに必要で、基本的に「ストーリーモード」や「フリーデュエル」問わず、デュエルに勝利するともらえるが、「ストーリーモード」のほうが「フリーデュエル」より多くもらえる。
また、デュエルの内容により、デュエルポイントが加算されることがある。

このデュエルポイントがボーナスとして加算されるデュエル内容をいくつか例示する。

・デュエル中に一度も特殊召喚をしなかった
・圧倒的攻撃力のモンスターで相手プレイヤーに大ダメージを与えた
・相手のデッキ切れで勝利をした
・デュエル中コイントスに成功した
・少ないターンでデュエルに勝利した

ちなみに、引き分けや負けでもデュエルポイントはわずかながらもらえる。

カード

『遊☆戯☆王タッグフォース』には数多くのカードが収録されていて、『タッグフォーススペシャル』では収録枚数は7000枚を超える。
基本的に実際発売されたものがほとんどだが、中にはアニメに登場した未遊戯王OCGカードもオリジナルカードとして収録されている。
これらのカードを使ってデッキを組むことになる。

カードの入手方法

信頼度の高いキャラクターからカードパックをもらえることも。

カードの入手方法について作品により違いがあるが、基本的に以下のようなものがある。

①ショップで購入する
ゲーム内に登場するショップでカードパックやデッキを購入する、基本的な入手方法。
デュエルポイントがたくさんあればあるほど、多くのカードパックやデッキを購入することができる。
多くの作品ではゲームオリジナルパックの購入によりカードを入手するが、『タッグフォーススペシャル』では実際に発売されたカードパックやストラクチャーデッキを購入してカードを入手できる。

②キャラクターからもらう
ストーリーモードで特定のキャラクターでゲームクリアすると、クリア特典として特定のカードをもらうことができる。
また、クリアせずとも信頼度の高いキャラクターからカードパックをもらえることもある。

③デュエル地蔵/カード変換機を利用する
デュエル地蔵はゲーム内にある施設。『タッグフォース5』~『タッグフォーススペシャル』で登場。
通常、同じカード(絵柄違いを除く)は9枚までしか所持できない。それ以上のだぶった分はポイントとなり、それを消費して欲しいカードを入手できる。
入手できるカードは既に所持しているカードで、欲しいカードを選択すると、デュエル地蔵が願いを叶えてくれてそのカードをもう1枚入手できる。

カード変換機はゲーム内にある機械。『タッグフォース』~『タッグフォース3』で登場。
だぶるなどしたカードを複数入れることで、別のカードに変換して、そのカードを入手できる。
入手できるカードはある程度決まっていて、投入する枚数が多くなると基本的には強力なカードが手に入りやすい。

デッキ

『タッグフォース2』のデッキ構築画面。

デュエルをするのに必要なカードの束のことを言い、メインデッキとエクストラデッキ、及びサイドデッキに分かれる。
メインデッキはモンスター(通常・効果・儀式・ペンデュラム)カードや魔法カード、罠カードで構成されるもので、40枚~60枚の枚数制限が課されている。
エクストラデッキは融合モンスター・シンクロモンスター・エクシーズモンスターで構成されるもので、15枚までしか入れられない。
サイドデッキはマッチ戦において、デュエルとデュエルの間に入れ替えるカードのことで、これも15枚以下で作る。

ストーリーモードでは1回で勝負がつくシングルデュエルが多いので、サイドデッキの重要性は低い。
しかし、フリーデュエルにおいてマッチ戦を選択した場合、1回のデュエルが終了した時点でサイドデッキを使ってデッキのカード入れ替えが行える。

『遊☆戯☆王タッグフォース』では通常の遊戯王OCGと同じように、所有しているカードを使ってデッキを構築することができる。
ゲームスタート時には「初期デッキ」を所有。
内蔵されている検索機能を使うと、デッキに入れたいカードを探し出すことができて便利である。
基本的に同名カードは3枚まで入れることができる。
しかし、カードによって準制限カード(2枚までしか入れられない)や制限カード(1枚しか入れられない)、禁止カード(デッキに入れられない)が設定されている(リミットレギュレーション)。

デッキ構築の際に、デッキ内のカードを「ディスティニーカード」に設定することが可能。
デュエルでライフポイントが減ってピンチのときに、1度だけ「ディスティニーカード」に設定したカードを引くことができる。

構築したデッキには名前を付けることができ、そのデッキ内容(デッキレシピ)をゲーム内に保存することができる。
保存したものについては、いつでもそのデッキに構築し直すことができる。

パートナーデッキ

『タッグフォーススペシャル』のパートナーデッキ構築画面。お気に入りのカードは禁止マークがついていて、デッキから抜くことができない。

ゲームに登場するキャラクターは決められたデッキを所有し、パートナーになった際にもそのデッキを使用する。
プレイヤーは自分のデッキを構築するだけではなく、パートナーのデッキも編集できる。
基本的にはある程度信頼度が高くないとパトーナーのデッキは編集できないが、『タッグフォーススペシャル』では最初から編集できる。
作品によって違いがあるが、全てのカードを使って、基本的に自由にカードの入れ替えを行うことができる。
しかし注意したいのが、キャラクターごとに特定のカードが「お気に入りカード」に設定されているということである。
この「お気に入りカード」だけはデッキから抜くことができない。

デュエル大会

パートナーがいる状態で参加できる、ストーリーモード内のデュエル大会。
決められたタッグ(タッグデュエル)と勝ち抜きデュエルを行い、基本的に5回勝利すると大量のデュエルポイントがもらえる。
しかし負けたり引き分けたりすると、そこで大会敗北となり何ももらえない。
大会には難易度が設定されており、初級から「チャンピオン」まで存在する。
作品によってはこの他、さらに難易度の高いデュエル大会(裏のデュエル大会・夜の大会)があり、タッグデュエルの他、パートナーと戦うモードがある。
この時パートナーが使うデッキは、遊戯王OCGの公式世界大会で優勝したデュエリストのデッキや、「シャドール」や「影霊衣」といった「ガチデッキ」であり、非常に強敵である。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

遊☆戯☆王(東映版・初代遊戯王)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王』とは高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』の最初のアニメ化作品。1998年にテレビ朝日系列で放送された。原作における「学園編」から「RPG編」までが描かれた。後に2000年から放送されるシリーズと違いカードゲームが中心では無く原作初期で描かれた『闇のゲーム』を軸にしたダークヒーロー要素を持った物語が展開される。

Read Article

遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

目次 - Contents