遊☆戯☆王タッグフォース(遊戯王TF、Yu-Gi-Oh! Tag Force)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王タッグフォース』とは、アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズ』から『遊☆戯☆王アーク・ファイブ』までを題材にした、「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を用いた対戦型のカードゲームである。コナミデジタルエンタテインメントより発売され、これまでシリーズ化されていた。プレイヤーはデュエリストとなり、他のキャラクターをパートナーとしてタッグを組んでデュエルを行い、ストーリーを進めていく。

加藤 友紀(かとう ゆき)

右側の女性が加藤友紀である。

CV:鮭延未可、水野理紗

『タッグフォース』~『タッグフォーススペシャル』に登場したキャラクター。『タッグフォーススペシャル』以外の作品でパートナーにできる。
『タッグフォース』~『タッグフォース3』ではデュエルアカデミアの学生として登場し、『タッグフォース4』~『タッグフォーススペシャル』では大人女性として登場する。
デュエルスクールの教師で、「異次元の女戦士」など除外系のカードが入った「次元斬」と呼ばれる戦士族デッキなどを使用する。

成田 伸子(なりた のぶこ)

『タッグフォース4』~『タッグフォーススペシャル』に登場したキャラクター。『タッグフォーススペシャル』以外でパートナーにできる。
風変わりな口調が特徴の大人女性キャラクター。
「一撃必殺侍」と「モンスターBOX」を組み合わせて戦う「侍BOX」というギャンブルデッキの他、「霊獣」、そして「大逆転クイズ」の発動を狙う「緑一色(デッキのカードが全て魔法カード)」デッキなどを使用する。

『遊☆戯☆王タッグフォース』に登場するアイテム

『遊☆戯☆王タッグフォース』では、デュエルの他にアイテムをあげること(プレゼント)でキャラクターとの信頼度(好感度)を上げたり、機嫌を良くしたりすることができる。
キャラクターによってアイテムの好みが異なり、大好物であれば信頼度がかなり上がり、機嫌も良くなりやすい。
逆に大嫌いな物であれば信頼度が下がり、機嫌も悪くなりやすい。
アイテムはデュエルポイント(DP)を使って購入できる。

ドローパン

『タッグフォース』~『タッグフォース3』に登場するアイテム。
アニメ『遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX』に登場したパンのことで、デュエルアカデミアの購買で買える紙袋入りのパン。
具材はたくさんあるが、買ってみるまで中身が分からない。
同作ではドローパンを与えることでキャラクターの好感度を上げることができる。
キャラクターによって具材の好みが異なり、好きな具材であれば好感度が上がるが、嫌いな具材であれば好感度が下がる。

ドローパンはDP(デュエルポイント)を消費することで買うことができ、スロットで当てることになる。
ドローパンの中には、全てのキャラクターの好感度を上げる「黄金のタマゴパン」があるが、入手しにくい。
この他、具なしパンを当てた場合、中身でもある3枚のレアカードを入手できる。

プレゼントアイテム

『タッグフォース4』~『タッグフォース6』に登場するアイテムのこと。
アイテムを与えること(プレゼント)でキャラクターの信頼度を上げたり、機嫌を良くしたりできる。
キャラクターによってアイテムの好みが異なり、好きなアイテムであれば信頼度が上がり、機嫌も良くなる。この他、ミニゲーム形式の「会話」に必要な「興味度」を回復させたりもする。
逆に嫌いなアイテムであれば信頼度が下がり、機嫌も悪くなる。また、「興味度」も下がってしまうこともある。

アイテムはドローパンと同じように、DP(デュエルポイント)を消費することで入手することができ、スロットで当てることになる。
また、信頼度の高いキャラクターからもらえることもある。
アイテムのカテゴリーとして、「デュエル」、「趣味」、「日用品」、「食品」、「フィギュア」がある。

デュエル

「カードプロテクター」や「カードホルダー」などといったデュエルに関連するアイテム。
キャラクターの信頼度を上げ、機嫌を良くし、興味度を回復させる効果がある。

趣味

「帽子」や「ぬいぐるみ」、「スポーツ用品」などといった趣味に関するアイテム。
「デュエル」と同じく、キャラクターの信頼度を上げ、機嫌を良くし、興味度を回復させる効果がある。

日用品

「石鹸」や「ワックス」、「ムービー」などといった日用品に関するアイテム。
「デュエル」や「趣味」と同じく、キャラクターの信頼度を上げ、機嫌を良くし、興味度を回復させる効果がある。

食品

「洋食」や「果物」、「飲み物」などといった食品に関するアイテム。
キャラクターの信頼度を上げる効果がある。

フィギュア

遊戯王OCGのモンスターなどをモデルにしたフィギュアアイテム。
キャラクターの機嫌を良くする効果がある。
なお特定のフィギュアを所有した状態でカードショップに行くと、店員がそれらを欲しがってくる。店員にフィギュアを渡すと、カードパックの値段を永久的に割り引いてくれる。
特定のフィギュアはカードショップで使用したデュエルポイントが、ある一定以上に達していなければスロットに出現しない。

『遊☆戯☆王タッグフォース』の用語

デュエリストレベル

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

遊☆戯☆王(東映版・初代遊戯王)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王』とは高橋和希の漫画『遊☆戯☆王』の最初のアニメ化作品。1998年にテレビ朝日系列で放送された。原作における「学園編」から「RPG編」までが描かれた。後に2000年から放送されるシリーズと違いカードゲームが中心では無く原作初期で描かれた『闇のゲーム』を軸にしたダークヒーロー要素を持った物語が展開される。

Read Article

遊☆戯☆王VRAINS(ヴレインズ)のネタバレ解説まとめ

『遊☆戯☆王VRAINS』とは、トレーディングカードゲーム「遊戯王オフィシャルカードゲーム デュエルモンスターズ」を題材にしたテレビアニメである。テレビ東京系で放送されているアニメ『遊☆戯☆王』シリーズの第6作目にあたり、2017年5月から放送されている。VR空間「LINK VRAINS(リンク ヴレインズ)」で繰り広げられる主人公・藤木遊作の戦いが物語の中心となる。

Read Article

《遊戯王》遊戯や海馬、城之内たちが使ってたカードの過去と現在

遊戯王デュエルモンスターズは、1996年から登場した日本を誇る伝説のカードゲームです。当初から何度もブームを起こし、その人気ぶりは20周年を迎えた2016年現在でも色あせていません。それどころか、海外版などが発売されたり、PSPで出た遊戯王TF-SPが約1年間一位をとり続けるなど、その快挙は目覚ましいもの。今回はそんな進化の一つ、昔使われていたカードがどれだけ強くなったかをまとめました。

Read Article

昔と今の「週刊少年ジャンプ」の表紙の変化まとめ

長い歴史を持つ「週刊少年ジャンプ」。ジャンプといえば、1968年に『少年 ジャンプ』として連載が開始され、少年少女たちに夢を与える熱血or白熱漫画の代表格としてとても有名でした。しかしながら、50年ほど経とうとしている今現在、その漫画や内容・ジャンルの扱いは、時代とともに大きく変わりました。そんな中、今回は「ジャンプの表紙」に注目して、その変遷や変わり様をまとめてみました。

Read Article

《遊戯王》海馬瀬人の喜怒哀楽&十二面相!あらゆるシーンで垣間見える海馬の表情まとめ

「遊戯王」の中で魅力的な象徴の一つであるのが、我らが瀬戸様こと海馬瀬人。ブルーアイズと一緒に、遊戯や城之内たちとは正反対の生き方を貫く、伝説のキャラクターですね。そんな大人気の彼ですが、アニメではいろんな場面でその喜怒哀楽が表情となって表れ、しかしそれがまた味があって面白いのです。今回はそんな海馬瀬人の顔をまとめました。

Read Article

「閲覧注意!!」《遊戯王》もはやホラー!グロ&恐怖&気持ち悪いカードイラストまとめ

遊戯王のイラストといえば、カッコいいカードはもちろんのこと、かわいいカードも目が離せませんよね。だがしかし、その中に存在するマイナーなカードの中には、極めて気味が悪いイラストも存在するのです。当然ながらテーマ上仕方が無いものなのですが、それは既に常軌を逸しているレベルなのです!今回はそんな遊戯王のグロカードをまとめてみました。

Read Article

テキストで難癖つけられる!?「遊戯王」の難解ルールまとめ①

伝説のカードゲーム「遊戯王」ですが、その伝説ゆえに細かなルールも健在!しかしながら、その難解さがきっかけでヤメてしまう方もいらっしゃるのが現状なのです。今回はそんな「遊戯王」の細かくも難解なルールを、解説や一例とともにまとめてみました。「ルールを守って楽しくデュエル!!」

Read Article

最新!ハマる家庭用カードゲームまとめ

カードゲームしてますか?カードゲームはシリーズやメーカーによって、様々なタクティクスを必要とするので、非常にやりごたえのあるゲームです。今回は最新の3DSやPSPなどで楽しめる家庭用ゲーム機で遊べるカードゲームをご紹介します。カードゲーム好きの方なら必見、そうでない方でもカード集めるのは面倒だけどソフト化されているものなら、大金払わなくてもガッツリ遊べますよb

Read Article

《遊戯王》最近のストラクチャーデッキが豪華すぎる件

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、遊戯王ですよね。しかし、ここ数年で様々なカードが登場し、またルールもより複雑になっており、集めてプレイするならお金もかかるし面倒くさいですよね。けれども、ここ数年で発売されているストラクチャーデッキには、遊戯王の中でも超絶優秀なカードがたくさん入っていて、しかも定価は1200円程度と安く、これから始める人でもお手頃に強いデッキからスタートできるのです。

Read Article

遊戯王20周年でついに崩壊!?青眼の白龍関連カードがゲームシステムまでも破壊し始めている件

遊戯王が20周年を迎えたということで、我らがKONAMI様もめちゃくちゃOCGに力を入れている年が2016年なのです。映画が公開されたり、待望の「ブラック・マジシャン」や「マジシャン・ガール」が強化されたり、Vジャンプの付録カードが豪華だったりと。そんな中で最も際立っていたのが、「青眼の白龍」ことブルーアイズの強化強化強化!!その全貌をまとめました。

Read Article

《遊戯王》の究極ヒロイン!「ブラック・マジシャン・ガール」の可愛すぎる関連カード・グッズまとめ

《遊戯王》のヒロインといえば、当然ながら「ブラック・マジシャン・ガール」ですよね。そのかわいさは、ゲームやカードだけでなく、様々なグッズなどが制作・販売されるほどなのです。よく見てみると、どれもめちゃくちゃに可愛らしく、しかし極めて高価なものまで、いろいろです。今回はそんなブラマジガール関連のかわいいカードやグッズをまとめてみました。

Read Article

遊戯王カードのかわいい女性キャラクターまとめ

神カードゲームである遊戯王。基本的にはかっこよく、あるいは「おおー!」と唸りたくなるようなキャラクターがたくさんあります。そんな中、今回はカードのイラストから、かわいい女性キャラクターをピックアップしてまとめてみました。遊戯王のカードはデュエルのためだけでなく、しっかりと壁紙やインテリアの一つとしてもなるので、この機会に集めてみるのもいいかもです。

Read Article

爆笑必至!「遊☆戯☆王 王国編」のデュエルが言ったもん勝ちのガバガバルールだった件w

こちらの記事は、「遊☆戯☆王 王国編」のガバガバルールのまとめです。今現在は、きちんとカードに書かれた効果を上手く用いることで、様々なドラマを巻き起こしています。しかしながら、遊戯王がブームと成り始めていた当時のアニメでは、その効果も明確でないため、俺ルールで言ったもん勝ちの「応用」で勝利することさえ珍しくありませんでした(爆笑)。

Read Article

「遊戯王」のテキストが長文and極小で虫眼鏡がいるレベルのカードまとめ

「遊戯王」のテキストは、対戦中に難癖をつけられるほど絶対的なわけです。しかしながら、その一言一句を詳細に書き綴ったせいで、理解する前にまず読むのが苦しくなるほどに、長文化してしまったカードが多く存在します。されに達が悪いのが、その文字の小ささ(笑)。もはや老眼and遠視の人をテキスト殺しするかの如く、とにかく見にくい(醜い)のです。あなたは理解して読めますか?

Read Article

《遊戯王》初期の融合モンスターが、意味不明のカードだった件

《遊戯王》といえば、日本を代表するトレーディングカードゲームですよね。そのルールやカードの使い方、表記などは、何十年の歴史があるにもかかわらず大きく変わっていないということが、まさに伝説的です。最新のカードやタクティクスが登場する一方で、しかし初期の融合モンスターがわけわかんなかったことーーつまり「意味不明のカード」だったことを覚えていますか?今回はそんな意味不明な融合モンスターをまとめました。

Read Article

《遊戯王》見てるだけで欲しくなる!!かわいくて強い!萌えテーマデッキまとめ!!

日本を代表する伝説のカードゲームといえば、間違いなく「遊戯王」ですよね。その、ほとんどのプレイヤーがもちろん男性諸君なわけですが、近年の萌え傾向と比べると、竜とか騎士とかカッコいいカードばかりなのが事実。しかしながら、近年はそんなことがないのです!ここ最近では、日本のアニメ・漫画の萌え傾向に逆らう事無く、たくさんの萌えテーマデッキが解禁されているので、それらをまとめてみました。

Read Article

「遊戯王」通常モンスターに書かれている面白いテキストまとめ

日々、進化する伝説のカードゲーム遊戯王。デッキから特定のカードを引いたりモンスターを特殊召喚したり、墓地のカードを除外する事で強力な効果を発揮するカードがあったり、ますます戦略性が高まってきています。しかしそんな中、みなさんが忘れがちなのが「通常モンスター」カード、それもその全く意味のないテキストの部分です。そこには強力な効果はなくも、秘めたる面白さがあるのです。

Read Article

目次 - Contents