マリア・カデンツァヴナ・イヴ(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

マリア・カデンツァヴナ・イヴとは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場し、第一期で月を落とそうとした黒幕フィーネの魂を継いだものとして世界に対して宣戦布告をする。その実は政府が隠蔽した月の落下を露わにし、力を持たない人を救うという目的を掲げた必要悪の戦いだった。しかし、協力者のウェル博士が暴走し世界を壊そうとした為に主人公立花響達と共闘することを決めた。

かつて立花響が起こしてしまった暴走状態を、精神力で制御することで純粋な戦闘力へと変換錬成された姿。
心の闇を増幅させる殺戮の魔剣ダインスレイフの呪いをわざと受けることで暴走状態を自発的に発動させ、その後、人の心と英知によって破壊衝動を制御しようという発想により作られた。失敗すれば敵味方関わらず攻撃を仕掛ける暴走状態に陥ってしまうという危険な賭けであったが、錬金術師キャロルに対抗する為に強力な力を欲した響達はその賭けに乗る。
致命的なバックファイアを受けてしまう「絶唱」、奇跡が起きない限り発動させることの出来ない「エクスドライブモード」に続く、第三の決戦機能となった。

暴走

格上の敵であるオートスコアラーのガリィの出現に際して、マリアは搭載されたばかりの新機能「イグナイトモジュール」の使用を試みる。しかし、自分の心に弱さを抱えていたマリアは、イグナイトモジュールの核である「魔剣ダインスレイフ」の呪いに精神力が負けてしまい暴走状態を引き起こしてしまう。力こそ上がったものの、理性を失ったマリアはただ闇雲に付近を攻撃してしまう獣になってしまうのだった。

エクスドライブモード

第三期におけるエクスドライブモード。第二期よりも派手さが増し、神々しくなっている。
七十億の絶唱にも等しいフォニックゲインを記憶の燃焼によって引き出す錬金術師キャロルに対抗すべく、キャロルが放った攻撃を響がフォニックゲインとして束ね、力の制御に長けたマリアが再配置することによって得た力。敵からの攻撃をも自身の力に変える新しい奇跡の力であり、発動時に響とマリアによって「ジェネレーターエクスドライブ」と叫ばれた。タイトルの「GX」の由来はこの「Generator X-drive」から。

戦姫絶唱シンフォギアAXZ

ラストイグニッション

十分なフォニックゲインが望めない状況で強力な敵であるアダムに対抗する為、錬金術由来のエネルギーを無理矢理にシンフォギアで使用しようとした奏者達はその負荷を一身に受けることになる。奏者達を支える司令部のバックアップチームは、その錬金術由来のエネルギーによる負荷を、イグナイトモードを発動するのに必要な魔剣ダインスレイフに肩代わりさせ消却することで奏者達自身への負荷を減らすことに成功する。
これは、ダインスレイフを失っていく間だけ使うことの出来た最後のイグナイトモードである。

マリアが越えた過去の壁

戦姫絶唱シンフォギアではシリーズを通して、奏者達が敵との戦いの最中、自分自身の心の闇や悩みを乗り越えて行くという描写が見られる。
彼女達はそれらの闇や悩みを乗り越えることで、戦う為の強い意思と新たなる力を得て行く。

ナスターシャ教授の死(戦姫絶唱シンフォギアG)

マリアがレセプターチルドレンと過ごしてきた間、マリアはナスターシャ教授に面倒を見て貰っていた。ナスターシャ教授は非常に厳しかったものの、マリア達のことを常に考えてくれていた為にマリアだけでなく、同じレセプターチルドレンの切歌や調達からも慕われていた。
ナスターシャ教授は月の落下から世界の人々を救う為に、マリア達と共に「武装集団フィーネ」として世界に宣戦布告をしたものの、マリアが人を殺めることを躊躇っていることを察し計画の中止を申し出る。しかし、計画の中止を良しとしなかったウェル博士の暴走によってマリアは生身の人間と敵対することになり、自分の手を汚してしまったマリアは自棄になってウェル博士の暴走した計画に自ら乗ってしまう。
そんな中、計画は順調に進み、地球から脱出することの出来る巨大な聖遺物の船「フロンティア」の起動に成功する。ナスターシャ教授はフロンティアの機能の中から月の落下自体を止める手立てを発見するものの、月の落下を望んでいたウェル博士はフロンティアの一部の施設ごとナスターシャ教授を宇宙空間へと放ってしまう。病気を患っていたナスターシャ教授の死はほぼ確実なものであったものの、ナスターシャ教授は宇宙空間で月の落下を止めたいという思いを持つ世界中の人々から集められた歌の力「フォニックゲイン」を使って月の落下を止めようとする。
マリアはそんなナスターシャ教授の説得により、自分も世界を救う為に戦うことを決める。そして、かつて妹のセレナが纏っていたシンフォギア「アガートラーム」を使うのだった。

眩しすぎる銀の輝き(戦姫絶唱シンフォギアGX)

マリアは自分達を救う為に亡くなった妹のセレナに対して、暗い思いを持っていた。それは、セレナのことを大切に想う姉なのにもかかわず、彼女の力になれずただ助けられてしまったという後悔とやるせない気持ちによるものだった。
そんな中、錬金術師キャロルが作り出した世界を分解する装置「チフォージュ・シャトー」を止める為に、マリアは切歌と調と共にその中へと侵入する。しかし、チフォージュ・シャトーには侵入者に対する防衛システムが備わっており、それによってマリア達の前には、ナスターシャ教授や黒いガングニールを纏うマリアが現れ攻撃を仕掛けてくる。マリア達はチフォージュシャトーの防衛システムと戦う内に、敵はマリア達の心の中に潜む闇が表出したものであることに気が付く。
そして、マリア達は自分自身の心の闇と向き合うことを決める。
三人の連携によってチフォージュシャトーの防衛システムは追い詰められ、最後にはマリアのもっとも深い所にある闇の大切な妹、セレナの姿に変化をしてしまう。
しかし、自分の心の闇を乗り越える決意をしたマリアは、そんなセレナの姿をした心の闇を自分自身の手で切り裂くのだった。

シンフォギアを纏うのに必要なもの(戦姫絶唱シンフォギアAXZ)

レセプターチルドレン出身の奏者であるマリア、切歌、調はLiNKERと呼ばれる薬を使わなければまともにシンフォギアを纏うことが出来なかった。しかし、薬を作っていたウェル博士の死によってLiNKERを作る為の技術は失われてしまう。
ウェル博士から渡されたデータを解析した錬金術の知識を持つエルフナインによって、新たなLiNKERは完成間際まで漕ぎつけていたものの、ストックのLiNKERが底を突いたことでマリア達はシンフォギアを纏うことが出来なくなってしまう。そんな中、エルフナインはLiNKERの完成に最も重要でありながらも不明のままだった、シンフォギアを纏う時にLiNKERが脳のどの部分に作用するかということを知る為に、マリアの脳に入って深層意識を探るという方法を提案する。それは、一歩間違えればマリアとエルフナインの両方の精神を破壊してしまう危険な賭けであったものの、マリアは躊躇なくその方法を使うことを決める。
マリアとエルフナインはマリアの深層意識の中で、ナスターシャ教授の行動やウェル博士の意味不明な言葉からLiNKERに必要な感情を解き明かしていく。
それは「誰かを思いやる、熱くて深い感情」や「自分を殺してでも誰かを守りたい無償の想い」であり、それを一言で言うのであれば「愛」なのであった。
エルフナインによってLiNKERはついに完成し、いままで戦闘に参加することが出来ずふがいない思いをしてきたマリア達は、再び戦場に立つことが出来るようになるのだった。

マリア・カデンツァヴナ・イヴの必殺技

『アガートラーム』

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

戦姫絶唱シンフォギアG(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

「喪失――融合症例第一号<さようなら――ガングニール>」 上松範康と金子彰史による人気アニメの第二期作品で前作『戦姫絶唱シンフォギア』の三ヶ月後の世界が舞台。 運命と使命に翻弄されながらも、世界を救うため苦悩する少女たちの様子を描く。 「倒すべき明確な悪が存在しない」と銘打たれたストーリーは、勧善懲悪の色が濃かった前作とは異なり、シリーズでも最もシリアスかつハードな作品である。

Read Article

立花響(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

立花響(たちばなひびき)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の主人公である。認定特異災害「ノイズ」に遭遇したことをきっかけに、歌に共鳴して力を引き出すことの出来るシンフォギアを起動させた響は、趣味である人助けの為にこのシンフォギアの力を使うことを決める。響は敵ですら話を聞き手を差し伸べるという、優しい主人公らしい少女である。

Read Article

暁切歌(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

暁切歌(あかつききりか)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。必ずと言っていい程語尾に「デス」を付けるお調子者である。幼馴染とも言える月読調のことが大好きでいつも調とくっついて行動している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアXV(第5期)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦姫絶唱シンフォギアXV』とは、サテライト制作により2019年7月に放送された日本のSFアニメである。 2012年から長きに渡って続いた戦姫絶唱シンフォギアシリーズがついに今回の5期を持って完結となっている。 クライマックスにしてさらに過酷な運命の到来を予感させた、前作の4期に直接的に繋がる本作。これまでのキャラクターに加え新たなキャラクター、楽曲を迎えることで、最大スケールのドラマとバトルを描いている。歌曲と物語の融合を目指した、戦姫絶唱シンフォギアシリーズの集大成にして最新作である。

Read Article

雪音クリス(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

雪音クリス(ゆきねくりす)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第一期シリーズの敵であるフィーネの手下として、主人公立花響達と戦いを繰り広げるものの響を始めとした特異災害対策機動部二課から差し伸べられる温かい手によって月を落とそうとするフィーネに対抗する為に寝返る。口は悪いが面倒見の良い優しい少女である。

Read Article

月読調(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

月読調(つくよみしらべ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。冷静な判断を下せる常識人ではあるものの、内向的な性格やシンフォギア奏者中最も適合率が低いことを気にしている。幼馴染とも言える切歌のことが大好きで常にくっついて行動している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギア(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「――少女の歌には、血が流れている。」 特異災害ノイズとの戦いに巻き込まれていく少女、立花響の覚悟と成長を描く物語。 主人公の少女たちが自らの歌によって変身し、歌によって得た力で戦う。「戦闘中はずっと歌っている」点が大きな特徴。 音楽プロデューサーである上松範康が、初めてテレビアニメの原作を担当した作品である。原作は上松と金子彰史が共同、脚本とシリーズ構成は金子彰史が担当している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアAXZ(第4期)のネタバレ解説・考察まとめ

戦姫絶唱シンフォギアAXZは、2017年7月より放送されたテレビアニメ作品である。 奏者と呼ばれる少女たちと秘密結社「パヴァリア光明結社」との戦いを描く。 本作はシリーズ4期目となる作品で、5期の制作も決定している人気作品である。 歌が作品の大きなテーマとなっており、本作の楽曲を使用したライブイベントも人気を博している。

Read Article

風鳴翼(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

風鳴翼(かざなりつばさ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公の立花響よりも前にシンフォギア奏者としての力に目覚めており、響を始めとした他の奏者達全員の先輩といった立ち位置である。ノイズと戦う一方で音楽活動もしており、その両方で相棒であった天羽奏を失った経験によって周囲から心を閉ざしてきたが、響の明るい性格にあてられ徐々に心を開いていく。

Read Article

小日向未来(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

小日向未来(こひなたみく)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公立花響の幼馴染であり、響のことを誰よりも思うよき理解者。戦いに身を投じる響が落ち着くことの出来るひだまりのような存在で、戦いの中で迷ったり自身では扱い切れない力に飲み込まれてしまいそうになった響にいつも言葉をかけて救って来た。シンフォギア奏者ではないものの、精神的な面で奏者達を支える大切な仲間である。

Read Article

目次 - Contents