マリア・カデンツァヴナ・イヴ(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

Ss05

マリア・カデンツァヴナ・イヴとは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場し、第一期で月を落とそうとした黒幕フィーネの魂を継いだものとして世界に対して宣戦布告をする。その実は政府が隠蔽した月の落下を露わにし、力を持たない人を救うという目的を掲げた必要悪の戦いだった。しかし、協力者のウェル博士が暴走し世界を壊そうとした為に主人公立花響達と共闘することを決めた。

マリア・カデンツァヴナ・イヴの概要

%ef%bc%92

マリア・カデンツァヴナ・イヴとは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。

第一期にて月の破壊を目論んだ黒幕フィーネは、自身の遺伝子に記憶や魂を刻む事であらゆる時代にて自我を覚醒させる「リインカーネーション」を行い、長い期間を通して自身の野望の為に活動を続けてきた。しかし、リインカーネーションをするにはシンフォギア等の聖遺物が発する「アウフヴァッヘン波形」に接するという条件が要る。その為にフィーネは自分の月の破壊の野望を確実なものとする為に、もし自分の肉体が滅んだとしても次のフィーネがすぐに覚醒出来るようフィーネの遺伝子を持っていそうな身よりの無い子供達を集め「レセプターチルドレン」として施設に収容し聖遺物に接触させてきた。
マリアはそのレセプターチルドレンの一人であり、かつて「天羽奏」が認定特異災害ノイズと戦闘を行う為に使っていた聖遺物「ガングニール」との適正を見せる。ただし、ガングニールとの適合係数は低く、まともに戦闘を行う為には「LiNKER」と呼ばれる薬を使う必要がある。また、リインカーネーションが行われフィーネの魂が宿った器として「武装集団フィーネ」を名乗り、月の落下を隠蔽し続けている政府や世界に対して宣戦布告をする。それは月の落下で見殺しでされてしまうであろう、力を持たない人々を救う為の戦いであった。
しかし、実際にはリインカーネーションは起こっておらず、優秀な研究者であったウェル博士に協力してもらう為にマリアと計画の発案者だったナスターシャ教授が吐いた嘘なのだった。さらにマリアは生来の優しい性格から悪になり切ることも出来ず、人の死が関わるような計画には躊躇してしまう。そんなマリアを見ていたナスターシャ教授は計画の中止を決め、マリアを開放しようとするものの、マリアがフィーネの器ではなかったと知ったウェル博士は計画の内容を捻じ曲げてしまう。その結果、マリアはずっと避けてきたのにも関わらず自分自身の手で人を殺めてしまうことになるのだった。手を汚してしまったマリアは、もう引き返すことが出来なくなったと自棄になり計画の続行を決意、暴走し始めたウェル博士の計画を成功させる為に利用されることを選んでしまうのだった。
ウェル博士の計画が進む内に月の落下を止める方法をナスターシャ教授が発見したものの、月を落下させたいウェル博士はそんなナスターシャ教授を宇宙へと放逐してしまう。マリアは恩人だったナスターシャ教授を殺されてしまったことに怒り、月の落下を阻止する手立てが発見されたにも関わらずウェル博士ごとその計画を潰してしまおうとしてしまう。そんなマリアの元に、主人公立花響は現れ彼女を説得する。そして、マリアは響の説得によって月の落下を止め世界を救おうと響達との共闘を選ぶのだった。
共闘後、マリア達が居た極秘の機関「F.I.S」の存在を知られたくない米国はF.I.Sについて突かれない為に、マリアを世界を救った歌姫として印象操作をして大きな罪を問わないことにする。それによってマリアは死刑こそ免れたものの、常に政府の監視に曝され自由を奪われてしまう。
そんな中、新たな敵錬金術師キャロルが現れたのをきっかけにして響達の所属していた「特異災害対策機動部二課」のメンバー中心に再編成された国連直轄組織「S.O.N.G」へと移籍、仲間として戦った暁切歌や月読調、そして命がけの戦いをしたのにも関わらず自分達を受け入れてくれた元特異災害対策機動部二課のメンバー達と共に世界の脅威に対抗する為に戦うのだった。

マリア・カデンツァヴナ・イヴの基本プロフィール

誕生日:8月7日 22歳
血液型:AB
身長:170cm
BWH:96/62/90
シンフォギア:烈槍・ガングニール、銀腕・アガートラーム
CV:日笠陽子

マリアは妹であるセレナと共に、レセプターチルドレンとして施設に収容されてしまっていた。その最中、セレナは聖遺物「アガートラーム」との適正を見せ幼いながらもシンフォギアを纏えるようになる。しかし、聖遺物を喰らうことで力を増す怪物「ネフィリム」の暴走を止める為にセレナは自身の肉体に致命的なダメージを与えるかわりに強い力を引き出す「絶唱」を口にし、そして崩れ行く施設の中で亡くなってしまう。
マリアは施設に居る間に世話をしてもらっていたナスターシャ教授に救われ、そして月の落下から弱者を救おうとするナスターシャ教授の計画を遂行する為にフィーネの魂が宿った器としての演技をすることになる。
人を思うことの出来る優しい人物。命がけで人々を救った妹セレナの想いを継ごうと思っており、それゆえに世界に宣戦布告をするほどの大掛かりな計画を始めてしまったものの、生来の優しさから人を殺すことが出来ずにいた。しかし、ウェル博士の暴走によって生身の人間と戦う必要が出来てしまった為に、初めて自分の手で人を殺めてしまう。人を殺すという最後の一線を越えてしまったマリアは自棄になり、ウェル博士の計画に協力してしまうのだった。
妹のことを非常に大切に想っていただけに、守ってあげることが出来なかったという後悔を抱えて続けていた。
同じ施設出身の切歌や調とは歳の離れた姉妹のような関係であり、また同じように薬頼りでシンフォギアを纏う仲間である為に、第一線で戦うことの出来ないやるせなさを共有している。フィーネとして戦線布告をする前は世界的に有名になりつつあった歌姫であり、同じく歌手である翼と共に行動する機会も多い。
真面目で仰々しい言葉遣いをする為に硬そうな印象にも思えるが、夏には海に行きたがったり、兎だらけの神社にテンションが上がるなど乙女らしい一面もある。

マリア・カデンツァヴナ・イヴのシンフォギア『ガングニール』

マリアの持つガングニールは、かつて翼の相棒としてノイズと戦闘を行って来た天羽奏の物である。
聖遺物について研究をする米国の極秘機関「F.I.S」は第一期にて黒幕だったフィーネがきっかけを作り発足した機関であった。フィーネは「櫻井了子」という表の顔で「特異災害対策機動部二課」へも出入りをしていた為に、ガングニールは奏亡き後に彼女の手によってF.I.Sへと横流しされたものと思われる。
マリアは「LiNKER」という薬を必要とするものの、ガングニールを十二分に使いこなすことが出来る。シンフォギアは装着者の心象を反映する為か、奏が纏っていたものや、響が纏っているものとカラーリングが大きく違い、黒が多用されている。その為「黒いガングニール」とも呼ばれていた。
二つ名は響の物が激槍、奏の物は激奏だったがマリアの場合は烈槍となっている。

特徴的なのはそのマントであり、この部分を自由に動かすことで攻撃や防御に使うことが出来る。さらにはガングニール本来の武器「アームドギア」の槍を出現させることも出来る為、戦い慣れをしている翼でさえも苦しめた。

戦姫絶唱シンフォギアG

M2gun

黒を主に使ったカラーリングの黒いガングニール。
同じガングニールでも、奏はオレンジ、響は黄色のカラーリングであった。

戦姫絶唱シンフォギアGX

M3gung

第三期にて、響が精神的な問題によってシンフォギアを纏えなくなった際に一度だけ纏われる。
LiNKERを使って適合係数を上げなければ、シンフォギアをまともに纏うことの出来ないマリアがLiNKER無しで纏った姿である。適合係数が低いためか、武器として使っていたマントは無く槍のアームドギアのみでの戦闘となった。

マリア・カデンツァヴナ・イヴのシンフォギア『アガートラーム』

かつてマリアの妹セレナが纏っていたシンフォギア「アガートラーム」は、セレナ亡き後再利用が出来ないほどに破損していた為にセレナの形見としてマリアが所持していた。
ガングニールを使用して戦闘を行っていたマリアだったが、そのガングニールは胸に埋まっていたガングニールの破片を消した響に適合してしまった為にマリアの手からは失われてしまう。そんな中、ウェル博士が聖遺物を喰らうことで成長する怪物「ネフィリム」を出現させた為に、マリアは他のシンフォギア奏者達と共闘する為に、セレナの形見であり破損していたはずのアガートラームを使用するのだった。

アガートラームについての知識のあったナスターシャ教授が亡くなってしまった為に、それがどのような聖遺物であったのかは不明となっている。
銀腕と呼ばれ、左腕に装着された小手のような装備から短剣を取り出し戦う。
また、マリアの特性として力のベクトルを変更する能力が備わっており、強烈な攻撃を防いだり、響がシンフォギアの力を束ねた際には力の再配置や絶唱の負荷を分配するなどここぞという時に光る能力である。

%ef%bc%92

シンフォギアGでは装着時、すぐにエクスドライブモードに変移したために通常モードでの外見は弾三期以降から公開された。第四期ではモデルチェンジが行われていない為、変移はしていない。

戦姫絶唱シンフォギアG

エクスドライブモード

M2ex

自身の肉体へ致命的なダメージを与える代わりに強力な力を引き出す「絶唱」と、月の落下に伴い心を一つにした世界中の人達の歌がフォニックゲインとなった為に起きた奇跡。「七十億の絶唱」。

戦姫絶唱シンフォギアGX

イグナイトモード

Migunait
kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

風鳴翼(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

風鳴翼(かざなりつばさ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公の立花響よりも前にシンフォギア奏者としての力に目覚めており、響を始めとした他の奏者達全員の先輩といった立ち位置である。ノイズと戦う一方で音楽活動もしており、その両方で相棒であった天羽奏を失った経験によって周囲から心を閉ざしてきたが、響の明るい性格にあてられ徐々に心を開いていく。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアAXZ(Symphogear AXZ)のネタバレ解説まとめ

戦姫絶唱シンフォギアAXZは、2017年7月より放送されたテレビアニメ作品である。 奏者と呼ばれる少女たちと秘密結社「パヴァリア光明結社」との戦いを描く。 本作はシリーズ4期目となる作品で、5期の制作も決定している人気作品である。 歌が作品の大きなテーマとなっており、本作の楽曲を使用したライブイベントも人気を博している。

Read Article

暁切歌(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

暁切歌(あかつききりか)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。必ずと言っていい程語尾に「デス」を付けるお調子者である。幼馴染とも言える月読調のことが大好きでいつも調とくっついて行動している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギア(Symphogear)のネタバレ解説まとめ

「――少女の歌には、血が流れている。」 特異災害ノイズとの戦いに巻き込まれていく少女、立花響の覚悟と成長を描く物語。 主人公の少女たちが自らの歌によって変身し、歌によって得た力で戦う。「戦闘中はずっと歌っている」点が大きな特徴。 音楽プロデューサーである上松範康が、初めてテレビアニメの原作を担当した作品である。原作は上松と金子彰史が共同、脚本とシリーズ構成は金子彰史が担当している。

Read Article

立花響(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

立花響(たちばなひびき)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の主人公である。認定特異災害「ノイズ」に遭遇したことをきっかけに、歌に共鳴して力を引き出すことの出来るシンフォギアを起動させた響は、趣味である人助けの為にこのシンフォギアの力を使うことを決める。響は敵ですら話を聞き手を差し伸べるという、優しい主人公らしい少女である。

Read Article

月読調(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

月読調(つくよみしらべ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。冷静な判断を下せる常識人ではあるものの、内向的な性格やシンフォギア奏者中最も適合率が低いことを気にしている。幼馴染とも言える切歌のことが大好きで常にくっついて行動している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアG(Symphogear G)のネタバレ解説まとめ

「喪失――融合症例第一号<さようなら――ガングニール>」 上松範康と金子彰史による人気アニメの第二期作品で前作『戦姫絶唱シンフォギア』の三ヶ月後の世界が舞台。 運命と使命に翻弄されながらも、世界を救うため苦悩する少女たちの様子を描く。 「倒すべき明確な悪が存在しない」と銘打たれたストーリーは、勧善懲悪の色が濃かった前作とは異なり、シリーズでも最もシリアスかつハードな作品である。

Read Article

雪音クリス(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

雪音クリス(ゆきねくりす)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第一期シリーズの敵であるフィーネの手下として、主人公立花響達と戦いを繰り広げるものの響を始めとした特異災害対策機動部二課から差し伸べられる温かい手によって月を落とそうとするフィーネに対抗する為に寝返る。口は悪いが面倒見の良い優しい少女である。

Read Article

小日向未来(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

小日向未来(こひなたみく)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公立花響の幼馴染であり、響のことを誰よりも思うよき理解者。戦いに身を投じる響が落ち着くことの出来るひだまりのような存在で、戦いの中で迷ったり自身では扱い切れない力に飲み込まれてしまいそうになった響にいつも言葉をかけて救って来た。シンフォギア奏者ではないものの、精神的な面で奏者達を支える大切な仲間である。

Read Article

目次 - Contents