戦姫絶唱シンフォギアXV(第5期)のネタバレ解説・考察まとめ

『戦姫絶唱シンフォギアXV』とは、サテライト制作により2019年7月に放送された日本のSFアニメである。
2012年から長きに渡って続いた戦姫絶唱シンフォギアシリーズがついに今回の5期を持って完結となっている。
クライマックスにしてさらに過酷な運命の到来を予感させた、前作の4期に直接的に繋がる本作。これまでのキャラクターに加え新たなキャラクター、楽曲を迎えることで、最大スケールのドラマとバトルを描いている。歌曲と物語の融合を目指した、戦姫絶唱シンフォギアシリーズの集大成にして最新作である。

『戦姫絶唱シンフォギアXV』の概要

『戦姫絶唱シンフォギアXV』とは、サテライト制作により、2019年7月に放送された日本のSFテレビアニメである。
7年にわたってシーズンを重ね、本作は2016年2月28日の「シンフォギアライブ2016」にて4期と共に制作決定が発表されていた。その後、2018年3月3日開催した「シンフォギアライブ2018」初日に放送時期、翌4日開催の2日目にタイトルが発表された。1期の頃から考えられていたというラストに向け、物語は最後の激闘へと突入する。前シーズンより直接的に繋がる本作は、新たなキャラクター、新たな楽曲を迎えることで、シンフォギアシリーズ最大スケールのドラマとバトルを描いている。
本作は4期で戦った、暗躍してきた秘密結社「パヴァリア光明結社」の残党が現れる。結社を退けたはずのS.O.N.G.は、南極に出現した棺とその中の「シェム・ハの腕輪」を巡り結社の残党と激しい死闘を繰り広げることになるのだ。
これまでの戦いも壮大なスケールを誇っていたが、彼女達の歌や戦闘は更にパワーアップされている。
シンフォギアシリーズは歌いながら戦闘を繰り広げるが、CDに収録されたものではなく、各話ごとに都度、声優が歌をアフレコしており、物語の進捗やキャラクターの成長に応じて歌い方が変わっていたり、戦闘シーンにおいても臨場感が増す一因となっている。劇中歌も物語を盛り上げる大きな要素であり、2018年3月にはライブイベント「シンフォギアライブ2018」が開催され、更に「シンフォギアライブ2020」が開催予定であり、その楽曲もシリーズの魅力のひとつである。

『戦姫絶唱シンフォギアXV』のあらすじ・ストーリー

EPISODE 01「人類史の彼方から」

南極で湖を覆う氷の下から出てきた棺と戦闘する装者たち。

施設の暗がりを這いずる血みどろの雄は、自身の権限を以って装置を起動させる。それがいかなるものであるのか、詳らかにされないまま、全ては闇黒に没する。ただ一言、情を交わしたヒトの名を遺して。
時は過ぎて現代。南氷洋に日本政府の特務機関S.O.N.G.本部は浮上し、作戦行動を展開していた。目的は、「棺」と呼ばれる遺跡の観測と対策の検討。だが、打ち立てた想定のほとんどは覆り、ロシアの南極観測隊を守るべく、想定範囲外の事態となる。棺そのものとの直接決戦にもつれ込んでいくのであった。
装者の技量、そのバトルスタイルに応じて系統的、段階的に限定解除される構造となって新生したシンフォギアは十全に機能して不足はない。だが、棺の攻撃は、かつての難敵と並ぶほどに強烈苛烈。埒外の物理法則は、たちまちに装者たちを蹂躙するのであった。昏倒する6人、薄れゆく意識の中で第3号聖遺物ガングニールのシンフォギア装者の響が思い起こすのは、事の始まり。それは、己が手に何を信じて何を握るのかを問われる、まだ見ぬ残酷の幕開けでもあった。

EPISODE 02「天空が墜ちる日」

翼の凱旋ライブにて、一緒に歌う翼(右)とマリア(左)。

南極に浮上した棺には、アヌンナキと推定される謎の遺骸が収められていた。
最高レベルの警戒態勢の中、遺骸を狙って強襲しに来た、パヴァリア光明結社が保有していた実験体のエルザ。そこへシンフォギアの適正を訓練と投薬によって引き上げ装者となった切歌と調が向かい戦闘。エルザは閉所にして見通しの利かない状況を作り出し、長物と機動力を封じるが、調のシュルシャガナと切歌のイガリマをユニゾンさせたザババの刃は、これまでのユニゾンの積み重ねがもたらす対応力にてエルザの撃退に成功する。
一連の事態に無遠慮な介入を見せつける米国に対し、苛立ちを隠せないS.O.N.G.の初代司令にして、風鳴機関総帥の風鳴訃堂。
第1号聖遺物天羽々斬のシンフォギア装者であり、トップアーティストでもある翼は、新たな脅威に心を乱され、稽古に熱が入らない。そんな翼にガングニールとアガートラームの二つのギアを纏うマリアは、ステージの上も翼にとっての戦場だと言う。思うところはあるが指摘を受け入れた翼は、マリアも一緒にステージに立ち歌って欲しいと頼むのであった。
凱旋公演当日。10万の人々に埋め尽くされ、オープニングサプライズとして翼と共に登場したマリアの姿に誰もが驚愕する。以前の公演では特異災害であるノイズの襲撃に遭い、果たすことが出来なかったセットリスト。その続きは、聴く者の胸を沸騰させるのであった。音と光が融け合う空間に想起されるあの日の奇跡。だが、またしても会場にノイズと、パヴァリア光明結社の元構成員ミラアルクが現れる。ミラアルクは翼を狙い、会場にいた女の子を捕まえ翼の目の前で躊躇もなく殺してしまう。

EPISODE 03「Penny Dreadful」

撤退しようと逃げるエルザを、響(右)とクリス(クリス)のコンビプレイで強力な一撃を与える。

恐怖の一夜より脱出を果たす翼、マリア、S.O.N.G.のエージェント緒川であったが、また大切なものを守れなかった翼のダメージは激しく、一人回復が遅れていた。
翼の公演で7万を超えてなお増え続ける死者。結社残党にしては規模が大きすぎて、犠牲者が多すぎることから、裏に支援する組織があるのではと予感する一同。ちょうどその裏でミラアルクとエルザは、黒ずくめの男たちと接触を果たしていた。危険運転常習集団により、容赦なく牙を剥くミラアルクとエルザ。最後の目撃者が解体されようとしたその時、空から響と第2号聖遺物イチイバルのシンフォギア装者である第一種適合者、クリスが舞い降り装者二人の活躍に加え、コンディションの不調から圧倒されるミラアルクとエルザ。手にしたアタッシュケースを持ち帰るべく速やかなる撤退を選択するものの、狙い澄ましたクリスの銃口が追いすがる。しかし、ミラアルクとエルザを取り逃がしてしまう。だが、アタッシュケースより押収された稀血によって結社残党の目的の一端へとたどり着く。
状況と過去の経緯から導き出されるのは、これまで幾度となく干渉してきた米国政府の影。そして、ヴァネッサがシェム・ハの腕輪を取りに行った訳は、黒幕の指示だった。その黒幕の正体は訃堂であったのだ。

EPISODE 04「花の名は、アマルガム」

サンジェルマン(左)の力を借り、アマルガムでノーブルレッドに向かう響。

この地、この刻の天地に描かれるレイラインによって鼓動するシェム・ハの腕輪。全ては、神の力を手に入れようとする訃堂の思惑であった。
不協和に奏でられる音の羅列に続いて大噴火する人体が、蜘蛛の結界を突き破る。駆けつけた装者たちと相対する、パヴァリア光明結社の残党を率いるヴァネッサは、戦う理由を語る事で響を翻弄する。ペースを乱されながらも理解を深めようとする響を拒む。その言葉は、異質と隔たれた存在が覚える諦観からくるものであった。
起動儀式の祭壇より、逃走を果たす結社内に存在しない部隊のノーブルレッドと訃堂。だが、装者を「強き相手」と括った高に、弱さを知るマリアの機知が付け入られると、ここに盤面は覆り、シンフォギア装者たちの反撃が総力をもって開始される。圧倒的な彼我の戦力差だが、それでも背を向けずに迎え撃つノーブルレッドの不敵な笑み。ピラミッドの迷宮に囚われてしまい、閉鎖空間で圧縮した衝撃波で攻撃され昏倒してしまう。朦朧とした意識の中、パヴァリア光明結社に幹部として名を連ねる錬金術師サンジェルマンと会い、投げ掛けられた言葉に響は、花咲く勇気を思い出すのであった。

EPISODE 05「かばんの隠し事」

ヴァネッサの指示で査察官を殺そうとするミラアルク。

握られた拳はヴァネッサの猛襲をぶち抜き、ついに彼女の眼前にて開かれた。怪物が背負う罪は「悪」そのものなれど、心の奥底に悲しさを感じ取る響。再度対話を試みるものの、その勇気は日本政府からの命令によって踏み躙られてしまう。
日本政府より突如にして不自然、かつ強引に執行される本部への査察。結果、一時的にではあるがS.O.N.G.の全機能は不全となり、無力化するのであった。
特別警戒待機を、休息という名目にて強制される装者たち。特に困惑するのは、遊びを知らぬ者たちであったが、その解消と気晴らしに響は、先日に断られたばかりのレクリエーションを決行し、市街へ響と響の幼馴染である小日向未来、そして翼とキャロルと瓜二つの容姿を持つエルフナインは向かう。だが、弱き人を守れなかったと自分を責める翼の表情は暗くらいまま。さらに、誰もが耳を逸らしていた間に交わされた響の気安さが未来を傷つけてしまう。しかし、会話の最中に通信機にあるノイズが出現と連絡が入り、一番近い位置にいる響と翼に討伐命令が下る。戦闘一時終了後、響は未来に電話をかけるが、エルフナインと避難している最中で電話に出れずにいた。そんな二人をミラアルクが追跡し、そこに査察官も現れる。チフォージュ・シャトー跡地で研究施設を使うために必要であるエルフナインを狙う。未来はエルフナインを守ろうとするがミラアルクの爪が一閃。大量の血が吹き出す。

EPISODE 06「ゼノグラシア」

ヴァネッサ(右下)を追い詰めるマリアとクリス。

ミラアルクに未来とエルフナインが襲われ、血が吹き出した後現場には血痕だけが残されていた。響と翼は愕然とする。どうやら先程の戦闘は、未来とエルフナインを襲うことだったようだ。攫われたエルフナインが目を覚まし、ミラアルクが爪を振るった相手は査察官だと言うことが分かった。
解体途中のチフォージュ・シャトーに、物質化顕現マテリアライズを果たす神の力。それはシェム・ハの腕輪から抽出された、余りにも不気味で巨大なエネルギー塊。設置されたジェネレイターを稼働させたのは魔眼に弄られたエルフナインであり、数多に廃棄されたオートスコアラーの躯体に残存する想い出であった。未来はシェム・ハの腕輪のところに連れて行かれ、原罪を解かれた未来を使って神の力の具現化をしようとするつもりのようだ。
証拠物品を手に入れたことがヴァネッサに気付かれてしまい、ヴァネッサが襲撃に来る。クリスとマリアが駆けつけヴァネッサを追い詰める。その時、チフォージュ・シャトーが光を放ち、謎の物体が浮かび上がってくる。

EPISODE 07「もつれた糸を断ち切って」

エルフナインを守ろうとノーブルレッドと戦うレイア(左)とファラ(右)。

フォージュ・シャトーへ向かう装者達。
エルフナインは、廃棄されたオートスコアラーたちを再起動させる。解放されたエネルギーが想定よりも大きく、チフォージュ・シャトーから光が放たれ、神の幼体が出て来てしまい、強烈なエネルギーで攻撃される響。気合で振りほどくが、力を使い切って変身が解けてしまう。神殺しの響の力無くして敵を倒すことは出来ない。翼は、撤退を判断する。
その頃、用済みとなったエルフナインを始末しようとするヴァネッサ。助けを求めるエルフナインの前に、オートスコアラーのファラが現れて手刀を防ぐ。新調したばかりの右手を破壊されてしまうヴァネッサ。目覚めたのはファラだけではなく、レイア、ミカ、ガリィも目覚め、ノーブルレッドに一撃を与える。元々は廃棄躯体だったが、エネルギーとして利用しようと棺の中に入れていたが、チフォージュ・シャトー再起動とエルフナインの叫び声に反応し動き出した。そして、未来を助けに行くので応援を寄越して欲しいと頼む。だが、守ってくれるオートスコアラーたちは全滅してしまう。追い詰められたエルフナインは、錬金術を発動してヴァネッサの攻撃を防ぐ。更に、魔法陣から聖遺物ダウルダブラの破片から錬成されたプロテクター、ダウルダブラを呼び出し纏う。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

戦姫絶唱シンフォギアAXZ(第4期)のネタバレ解説・考察まとめ

戦姫絶唱シンフォギアAXZは、2017年7月より放送されたテレビアニメ作品である。 奏者と呼ばれる少女たちと秘密結社「パヴァリア光明結社」との戦いを描く。 本作はシリーズ4期目となる作品で、5期の制作も決定している人気作品である。 歌が作品の大きなテーマとなっており、本作の楽曲を使用したライブイベントも人気を博している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアG(第2期)のネタバレ解説・考察まとめ

「喪失――融合症例第一号<さようなら――ガングニール>」 上松範康と金子彰史による人気アニメの第二期作品で前作『戦姫絶唱シンフォギア』の三ヶ月後の世界が舞台。 運命と使命に翻弄されながらも、世界を救うため苦悩する少女たちの様子を描く。 「倒すべき明確な悪が存在しない」と銘打たれたストーリーは、勧善懲悪の色が濃かった前作とは異なり、シリーズでも最もシリアスかつハードな作品である。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギア(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「――少女の歌には、血が流れている。」 特異災害ノイズとの戦いに巻き込まれていく少女、立花響の覚悟と成長を描く物語。 主人公の少女たちが自らの歌によって変身し、歌によって得た力で戦う。「戦闘中はずっと歌っている」点が大きな特徴。 音楽プロデューサーである上松範康が、初めてテレビアニメの原作を担当した作品である。原作は上松と金子彰史が共同、脚本とシリーズ構成は金子彰史が担当している。

Read Article

月読調(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

月読調(つくよみしらべ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。冷静な判断を下せる常識人ではあるものの、内向的な性格やシンフォギア奏者中最も適合率が低いことを気にしている。幼馴染とも言える切歌のことが大好きで常にくっついて行動している。

Read Article

異国迷路のクロワーゼ(Ikoku Meiro no Croisée)のネタバレ解説・考察まとめ

「異国迷路のクロワーゼ」とは、武田日向の漫画、及び2010年にサテライトで製作されたアニメーション作品。物語の舞台は19世紀のパリ。日本人の少女「湯音」は、アーケード商店街「ロアの歩廊(ギャルリ・ド・ロア)」の中にある「ロアの看板店(アンセーニュ・ド・ロア)」で働き、店主クロードと文化の違いを感じながらも絆を深めていく物語。19世紀のフランスの世界観や、湯音の着物などの装飾品が細かく描かれている。

Read Article

魔法少女リリカルなのはA's(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法少女リリカルなのはA's』とは、2005年10月1日から12月25日にかけて全13話が放送されたテレビアニメ作品であり、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第2期作品。 なのはとフェイトの出会いから約半年が経った冬の日、「所属不明の魔導師が急速接近中」との警告が響く。それは、後に「闇の書事件」と呼ばれる、悲しくも優しい出来事の始まりだった。

Read Article

風鳴翼(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

風鳴翼(かざなりつばさ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公の立花響よりも前にシンフォギア奏者としての力に目覚めており、響を始めとした他の奏者達全員の先輩といった立ち位置である。ノイズと戦う一方で音楽活動もしており、その両方で相棒であった天羽奏を失った経験によって周囲から心を閉ざしてきたが、響の明るい性格にあてられ徐々に心を開いていく。

Read Article

マリア・カデンツァヴナ・イヴ(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

マリア・カデンツァヴナ・イヴとは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場し、第一期で月を落とそうとした黒幕フィーネの魂を継いだものとして世界に対して宣戦布告をする。その実は政府が隠蔽した月の落下を露わにし、力を持たない人を救うという目的を掲げた必要悪の戦いだった。しかし、協力者のウェル博士が暴走し世界を壊そうとした為に主人公立花響達と共闘することを決めた。

Read Article

魔法少女リリカルなのは(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法少女リリカルなのは』とは、2004年に全13話が放送されたテレビアニメ作品であり、『魔法少女リリカルなのはシリーズ』の第1期作品。 平凡な小学3年生の高町なのははある日、異世界からやってきた少年ユーノを保護しジュエルシードの封印を手伝う事になる。やがて、同じ目的の少女・フェイトと出会い、自分の運命を大きく変えていく。

Read Article

立花響(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

立花響(たちばなひびき)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の主人公である。認定特異災害「ノイズ」に遭遇したことをきっかけに、歌に共鳴して力を引き出すことの出来るシンフォギアを起動させた響は、趣味である人助けの為にこのシンフォギアの力を使うことを決める。響は敵ですら話を聞き手を差し伸べるという、優しい主人公らしい少女である。

Read Article

暁切歌(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

暁切歌(あかつききりか)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。必ずと言っていい程語尾に「デス」を付けるお調子者である。幼馴染とも言える月読調のことが大好きでいつも調とくっついて行動している。

Read Article

小日向未来(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

小日向未来(こひなたみく)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公立花響の幼馴染であり、響のことを誰よりも思うよき理解者。戦いに身を投じる響が落ち着くことの出来るひだまりのような存在で、戦いの中で迷ったり自身では扱い切れない力に飲み込まれてしまいそうになった響にいつも言葉をかけて救って来た。シンフォギア奏者ではないものの、精神的な面で奏者達を支える大切な仲間である。

Read Article

水樹奈々の徹底解説まとめ

水樹奈々とは、歌手としての実力も高い声優。本業はもちろんの事、歌手としてコンスタントにCDを発売し、ライブも行っている。日本人女性ソロ歌手として東京ドームコンサートを開催した8人目の人物でもあり「声優として初の〇〇」という快挙を度々成し遂げている。また、地元である愛媛県の「新居浜ふるさと観光大使」、「伊予観光大使(いよかん大使)」に任命されており、故郷の活性化にも取り組んでいる。

Read Article

雪音クリス(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説・考察まとめ

雪音クリス(ゆきねくりす)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第一期シリーズの敵であるフィーネの手下として、主人公立花響達と戦いを繰り広げるものの響を始めとした特異災害対策機動部二課から差し伸べられる温かい手によって月を落とそうとするフィーネに対抗する為に寝返る。口は悪いが面倒見の良い優しい少女である。

Read Article

今で言う大人気女性声優といちゃいちゃできる恋愛ゲームまとめ

恋愛ADVやってますか?今でもいろいろなメーカーから、たくさんの作品がでていますが…最近ではなかなか有名声優との疑似恋愛を体験できるソフトも少ないものです。しかしながら、彼女達のデビュー初期の作品あたりでは、それこそ今で言う新人さんのような感じで出演していました!そんな大人気女性声優とイチャラブできる恋愛ゲームをまとめてみました(有名どころ一択!)。

Read Article

《声優ファン向け》各メモリーズオフの魅力まとめ

メモリーズオフシリーズ(制作・販売KID、5pb.)はプレイしたことありますか?ゲーム機離れ、スマホ世代、そして今の十代の方には馴染みがないかもしれませんが、恋愛ADVを語るならまずメモリーズオフと言ってもおかしくないくらいなのです!今だからこそどっぷりつかって、どっぷりプレイしてほしい!そんな想いをもとにまとめました。「メモリーズオフよ!永遠に!」

Read Article

目次 - Contents