小日向未来(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

小日向未来(こひなたみく)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公立花響の幼馴染であり、響のことを誰よりも思うよき理解者。戦いに身を投じる響が落ち着くことの出来るひだまりのような存在で、戦いの中で迷ったり自身では扱い切れない力に飲み込まれてしまいそうになった響にいつも言葉をかけて救って来た。シンフォギア奏者ではないものの、精神的な面で奏者達を支える大切な仲間である。

小日向未来の概要

小日向未来(こひなたみく)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。

未来は響の幼馴染であり、昔から仲の良い親友として行動を共にしてきた。人気ボーカルユニット「ツヴァイウィング」のライブに響を誘ったものの、親戚の怪我によって当日になって行くことが出来なくなってしまう。そして、そのライブ中に認定特異災害ノイズが出現し、響はその後にシンフォギアを纏うきっかけとなる傷を負うのだった。傷を回復させた響は、ツヴァイウィングの一人風鳴翼が居る「私立リディアン音楽院」へと未来と共に入学する。
私立リディアン音楽院の地下にはノイズに対抗する為の特殊な組織「特異災害対策機動部二課」が存在しており、響はシンフォギアを纏えるようになってからというもの未来に内緒でノイズとの戦闘を行い続けていた。響の様子のおかしいことに薄々気が付いていた未来は、ある日響の戦っている姿を見てしまい、響を危険な目に合わせたくないという思いを上手く伝えられずに喧嘩をしてしまう。その喧嘩は響にとっても衝撃的なものであり、自身の戦いへの意思を揺るがすほどのものになってしまうのだった。しかし、響達が常連として通っているお好み焼き屋のおばちゃんがノイズに襲われ窮地に陥っている際に、未来はその身を挺して囮となり、ノイズと戦う響の為に未来でも出来る手助けをする。それをきっかけにして、未来は特異災害対策機動部二課の外部協力者として認められ、響の近くで響をサポートしていくことになるのだった。
未来にはシンフォギアを纏うことが出来ないだけでなく戦う力も無いものの、戦いに身を投じる響のことを誰よりも理解し、思っている為に、響の「ひだまり」として心の支えになり続けている。未来の存在は響にとって非常に大きなもので、力に飲み込まれそうになったり、自分の戦いに自信を持てなくなった時には、響は未来から貰った言葉を心に困難を乗り越えていく。

小日向未来の基本プロフィール

誕生日:11月7日 16歳(戦姫絶唱シンフォギアAXZ時)
血液型:A
身長:156cm
BWH:79/54/82
シンフォギア:歪鏡・神獣鏡(シェンショウジン)
CV:井口裕香

未来は自身で纏うことの出来るシンフォギアを持っていなければ、特殊な技能も無い一般人である。それゆえに、常に戦いの世界に身を投じる奏者達にとっては「日常」そのものであり、幼馴染の響以外の奏者達とも交流を深めている。
響の行動パターンや考えていることをよく理解していて、響の度が過ぎた人助けに呆れながらも、自分が辛い思いをしている時ですら人に手を差し伸べる響に惹かれて響の「人助け」を応援し支え続けている。響にとって未来は唯一安らげる「陽だまり」で、未来にとって響は自身を照らしてくれる「おひさま」というお互いにとって欠かせない関係であり、学校の寮では相部屋でベッドが二つあるにも関わらず一緒に寝たり、お揃いのパジャマを着るなど、恋人のような行動も多く見られる。
元陸上部で短距離走に打ち込んでいた経験があり、足は人より早めで体力もあるが、陸上部時代には思うように成績が伸びず高校に入ってからやめてしまった。それからは口に出来ない響への想いを伝えたいが為にピアノを習いたいと思い、それをきっかけに私立リディアン音楽院へと進学した。
優しく温和な性格に見えるが、芯は強く自分のやりたいことや言いたいことははっきりと言うタイプである。なおやりたいことや言いたいことは大抵響の事だ。
響を始めとした奏者達を纏める司令官風鳴弦十郎も、未来の響に対する想いを信頼しており、響が危機に陥る度に未来に協力を依頼する。また、クリスがまだ響達と敵対していた頃に、傷ついたクリスを拾い手当てをしたことから、クリスには命の恩人と思われている。

本来原罪を持つ人類には宿すことが出来ないと言われた神の力を響が宿してしまったという事件があり、その理由としてかつて神獣鏡の光線を浴びたのが原因ではないかと錬金術の知識を持っているエルフナインに予想されている。その時、未来も同じ光線を浴びており第五期に置ける非常な重要な伏線になっていると思われる。

小日向未来のシンフォギア『神獣鏡』

未来は本来適合するシンフォギアを持たない一般人であった。しかし、第二期にて胸に埋まっていたシンフォギア「ガングニール」との融合が促進し死が近づいていた響を助ける為という甘言に惑わされ、敵であったウェル博士の駒として半強制的にシンフォギアを纏わされてしまう。
彼女の纏わされたシンフォギア「神獣鏡」は鏡としての特性を持っており、その機能の中には「ダイレクトフィードバックシステム」というものが存在し、使用者の脳に情報を画として映写することが出来る。この機能によって装備者の人格を歪め洗脳をしたり、戦闘技術をインストールし短期間に戦闘練度を高めることができ、未来はウェル博士によって友人であるクリスや翼とも戦わされてしまうことになる。

他の奏者達が持つシンフォギアと比べると数段格の劣る聖遺物から作られたシンフォギアであり、さらに元からあった隠形や分身などの機能が除外されている為に機能的には最弱のシンフォギアと言える。しかし、聖遺物を分解するというシンフォギア殺しの能力や、他のシンフォギアでは不可能な飛行をすることが出来る為に最凶のシンフォギアとして格上のクリス達を追い詰めた。
最終的には未来を救いたい響の命がけの戦いによって、未来自身が放ったシンフォギアを分解する光線をその体に浴び神獣鏡は分解され失われる。

戦姫絶唱シンフォギアG

テーマカラーは紫になっており、他の奏者と比べるとがっちりとした印象がある。神獣鏡はこの一度の戦いで失われる為に変遷はない。

戦闘中は顔の上下にあるギザギザの装備が目の前で合わさり、奏者へと情報が送られる。

戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED

エクスドライブモード

アニメ作中では登場しないものの、スマートフォン用ゲーム「戦姫絶唱シンフォギアXD UNLIMITED」内では、神獣鏡のエクスドライブモードも見ることが出来る。

小日向未来が越えた過去の壁

戦姫絶唱シンフォギアではシリーズを通して、奏者達が敵との戦いの最中、自分自身の心の闇や悩みを乗り越えて行くという描写が見られる。
未来は奏者として戦うわけではなかったが、奏者である響を支える「陽だまり」として自身もまた様々な悩みに苛まされ、そしてそれを乗り越える度に響との絆を深めていくのだった。

響との喧嘩(戦姫絶唱シンフォギア)

響がシンフォギアを纏えるようになったばかりの頃、響は危険な戦いに巻き込まない為に幼馴染の未来に黙って特異災害対策機動部二課のシンフォギア奏者として戦い続けていた。しかし、未来は黙って戦う響の変化に気づき、なにか隠れて危ない事をしているのではないかと心配し、自分には隠し事をしないで欲しいと言う。そんな未来に響は戦いのことを打ち明けることが出来ずに、隠し事はしていないと嘘を吐く。
そんなある日、未来の前に敵対していた雪音クリスが現れ、響は未来の目の前でシンフォギアを纏わざるを得なくなる。
響の行動にショックを受けた未来は、響と喧嘩をし縁を切ってしまう。それは、響が嘘を吐いていたからではなく、自分の知らないところで響が危険な目に合っていたということと、響の人助けという趣味を応援したいはずなのにも関わらず、危険に身を晒し戦う響を許せないと思ってしまったことによる自分自身の気持ちに対してのショックだった。そして、そんな響を受け入れられなかった自分に自己嫌悪した未来は、響と距離を置くことにしたのだった。
そんな時、街に大量のノイズが現れる。行きつけのお好み焼き屋に来ていた未来は、お好み焼き屋のおばちゃんと共にノイズから逃げるものの、音に反応するノイズに行く手を阻まれてしまう上に、おばちゃんが気を失ってしまった所為でその場から動くことが出来なくなってしまう。そこに響が現れるものの、シンフォギアを纏う為に歌えば音に反応するノイズからの攻撃を受けてしまい、二人を犠牲にしかねないとシンフォギアを使うことを躊躇してしまう。そんな中、未来は響に自分が囮になってノイズを引き付け、響が変身する時間を稼ぐと言い出す。それは響だけを危険な目に合わせたくなかった未来が、自分も一緒に戦いたいという思いからの行動であり、二人で危険を共有し切り抜けることが出来た未来は響と仲直りをする。
それから未来は特異災害対策機動部二課の外部協力者として認められ、響のすぐ近くで響の事を支えられるようになるのだった。

シンフォギアとの融合による響の死(戦姫絶唱シンフォギアG)(戦姫絶唱シンフォギアG)

kawaharu
kawaharu
@kawaharu

Related Articles関連記事

戦姫絶唱シンフォギア(Symphogear)のネタバレ解説まとめ

「――少女の歌には、血が流れている。」 特異災害ノイズとの戦いに巻き込まれていく少女、立花響の覚悟と成長を描く物語。 主人公の少女たちが自らの歌によって変身し、歌によって得た力で戦う。「戦闘中はずっと歌っている」点が大きな特徴。 音楽プロデューサーである上松範康が、初めてテレビアニメの原作を担当した作品である。原作は上松と金子彰史が共同、脚本とシリーズ構成は金子彰史が担当している。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアAXZ(Symphogear AXZ)のネタバレ解説まとめ

戦姫絶唱シンフォギアAXZは、2017年7月より放送されたテレビアニメ作品である。 奏者と呼ばれる少女たちと秘密結社「パヴァリア光明結社」との戦いを描く。 本作はシリーズ4期目となる作品で、5期の制作も決定している人気作品である。 歌が作品の大きなテーマとなっており、本作の楽曲を使用したライブイベントも人気を博している。

Read Article

風鳴翼(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

風鳴翼(かざなりつばさ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。主人公の立花響よりも前にシンフォギア奏者としての力に目覚めており、響を始めとした他の奏者達全員の先輩といった立ち位置である。ノイズと戦う一方で音楽活動もしており、その両方で相棒であった天羽奏を失った経験によって周囲から心を閉ざしてきたが、響の明るい性格にあてられ徐々に心を開いていく。

Read Article

マリア・カデンツァヴナ・イヴ(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

マリア・カデンツァヴナ・イヴとは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場し、第一期で月を落とそうとした黒幕フィーネの魂を継いだものとして世界に対して宣戦布告をする。その実は政府が隠蔽した月の落下を露わにし、力を持たない人を救うという目的を掲げた必要悪の戦いだった。しかし、協力者のウェル博士が暴走し世界を壊そうとした為に主人公立花響達と共闘することを決めた。

Read Article

戦姫絶唱シンフォギアG(Symphogear G)のネタバレ解説まとめ

「喪失――融合症例第一号<さようなら――ガングニール>」 上松範康と金子彰史による人気アニメの第二期作品で前作『戦姫絶唱シンフォギア』の三ヶ月後の世界が舞台。 運命と使命に翻弄されながらも、世界を救うため苦悩する少女たちの様子を描く。 「倒すべき明確な悪が存在しない」と銘打たれたストーリーは、勧善懲悪の色が濃かった前作とは異なり、シリーズでも最もシリアスかつハードな作品である。

Read Article

立花響(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

立花響(たちばなひびき)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の主人公である。認定特異災害「ノイズ」に遭遇したことをきっかけに、歌に共鳴して力を引き出すことの出来るシンフォギアを起動させた響は、趣味である人助けの為にこのシンフォギアの力を使うことを決める。響は敵ですら話を聞き手を差し伸べるという、優しい主人公らしい少女である。

Read Article

暁切歌(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

暁切歌(あかつききりか)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。必ずと言っていい程語尾に「デス」を付けるお調子者である。幼馴染とも言える月読調のことが大好きでいつも調とくっついて行動している。

Read Article

雪音クリス(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

雪音クリス(ゆきねくりす)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第一期シリーズの敵であるフィーネの手下として、主人公立花響達と戦いを繰り広げるものの響を始めとした特異災害対策機動部二課から差し伸べられる温かい手によって月を落とそうとするフィーネに対抗する為に寝返る。口は悪いが面倒見の良い優しい少女である。

Read Article

月読調(戦姫絶唱シンフォギア)の徹底解説まとめ

月読調(つくよみしらべ)とは、サテライト制作による日本のテレビアニメシリーズ『戦姫絶唱シンフォギア』の登場人物である。第二期より敵のシンフォギア奏者として登場したものの、自分達だけで助かろうとしていた黒幕のウェル博士の思惑を知り、主人公立花響達と共闘することを決める。冷静な判断を下せる常識人ではあるものの、内向的な性格やシンフォギア奏者中最も適合率が低いことを気にしている。幼馴染とも言える切歌のことが大好きで常にくっついて行動している。

Read Article

目次 - Contents