To LOVEる -とらぶる-(To LOVEる -とらぶる- ダークネス)のネタバレ解説まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。
また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

春菜の姉であり、ファッション雑誌の編集者。都会的で洗練された雰囲気を持つ美人で妹の春菜より精神的にも大人。外向的で付き合いも広く、かなりモテる。しかし彼氏より遊び友達の相手が多いようで、春菜から「本気で恋する気がない」と呆れられている。

猿山ケンイチ(さるやまケンイチ/CV:吉野裕行)

中学生からのリトの親友。猿のような外見以外はどこにでもいるような平凡な男子高校生。しかし、見せ場では異様な発言力と実行力を発揮する侮れない男であり、察しも良くリトの本命が西連寺春菜であることもお見通しだった。

レン・エルシ・ジュエリア(CV:大浦冬華)

ルンの双子の兄の美少年。元々ルンとレンはメモルゼ星人で「男女変換能力」を持ち、レンとルンは一つの体のうちに存在していた。ララを溺愛しララに想いを寄せられるリトをライバル視している。ちなみに妹のルンは逆にララをライバル視している。リトとキスをしてしまった経験もある

ペケ(CV:新井里美(アニメ第1期・OVA・ダークネス)・豊崎愛生(アニメ第2期))

ララが開発した意思を持つ万能コスチュームロボット。日常の衣服に変化することでララのサポートをしている。見た服をすばやく再現する能力や、服のサイズ修正なども可能。また服から元の形態に戻ることもできる。ただしエネルギーが切れると服の形態を維持できず、エネルギー補充のために眠る必要がある。

セリーヌ(CV:柚木涼香)

プランタス星だけに自生する宇宙植物であり、巨大なひまわりのような植物だったが後に幼女化した。ちなみに「セリーヌ」と命名したのは美柑。
元々は「ギーギー」「ゲゲー」という独特の声で鳴く植物だった。カレカレ病にかかったよう症状となり一度枯れてしまう。しかしその後、頭上に花が咲いた幼女「セリーヌ」となっているリト達の言葉を理解し「まうー」という言葉を喋るようになる。

『To LOVEる -とらぶる-』の用語

彩南町(さいなんちょう)

物語の舞台となる架空の町。リトや春菜をはじめ、主要人物の多くが住んでいる。
実は宇宙人も多く住んでおり、人間の生活にとけこんでいる。

デビルーク

宇宙を統一する巨大星間連合国家。ギド・ルシオン・デビルークが治める王制国家でありララはこの星の王女。

デビルーク星人は尾てい骨付近から悪魔のような尻尾が生えており、この尻尾を触られると敏感に反応する。
身体能力は地球人を凌駕しており、限界以上に力を消耗すると身体が小さくなる。

変身能力(トランスのうりょく)

体内のナノマシンによって、自分の身体のあらゆる器官を自在に変身させることができる能力。
身体だけでなく、身につけている服なども変化させることができる。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

《15禁注意!》「To Loveる」逆ポロりまとめ!?リトのアレを目の当たりにしたヒロインたちの反応

矢吹健太朗氏が繰り広げる伝説のセクシー&バトル漫画「To Loveる」「To Loveる ダークネス」!特徴の一つとして、個性溢れるかわいいヒロインキャラクターたちの下着やらアレやらがチラッと見えてしまうシーンが多くありますよね。しかしながら、そんな中今回注目したのはその真逆!リトのポロりを目の当たりにした、ヒロインたちのリアクションのシーンをまとめてみました。

Read Article

《過激注意》どこまでイクのか!?漫画「To loveる ダークネス」の過激表現!!

我らが矢吹健太郎先生の大人気漫画・アニメ「To loveる ダークネス」は、その繊細かつ独特なキャラクターや絵のタッチから、今でもなお色褪せずに高評価されています。しかしながら近年は、世の中の重要やリクエストに応えてなのか、極めて大胆な描写が目立つようになりましたよね。連載当初は、それこそ間接的かつ暗示程度でしたが、2016年の今となっては、もはや成人向け漫画ともいえるぐらい、過激なのです。

Read Article

大人気セクシー&バトル「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲーム各種と面白要素まとめ

我らが矢吹健太朗さんの珠玉の名作「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」!その大人気ぶりはとどまることを知らず、アニメ化やゲーム化はもちろん、イベント、グッズ化などなど、派生先もたくさんあります!そんな中、今回は「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲームに注目し、個々のゲーム性やセクシーポイントなどをまとめてみました。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents