《過激注意》どこまでイクのか!?漫画「To loveる ダークネス」の過激表現!!

我らが矢吹健太郎先生の大人気漫画・アニメ「To loveる ダークネス」は、その繊細かつ独特なキャラクターや絵のタッチから、今でもなお色褪せずに高評価されています。しかしながら近年は、世の中の重要やリクエストに応えてなのか、極めて大胆な描写が目立つようになりましたよね。連載当初は、それこそ間接的かつ暗示程度でしたが、2016年の今となっては、もはや成人向け漫画ともいえるぐらい、過激なのです。

《元ネタ》「とらぶる 」1巻では…

初期の初期、「とらぶる」1巻では、このように出せないところは出せないものでした。
まあ、あのジャンプですからね。
(自撮り)

ーーというより、どちらかというとギャグの要素の方がよっぽど強かったんですよね。
まあ、ジャンプですからb

それがダークネス1巻になると…

「to loveる ダークネス」の変態キャラ=校長先生、だったはずです。
それが今となっては校長なぞ、弱すぎです…

初っ端から、これなんです。
そりゃあ、連載会社変わっても仕方の無いことですね。

1巻からこれです。
1巻からこれなんです。
大切なことなので、2回言いました。

ーー現在

このシーンが当初は、非常にインターネット上で物議を醸し出しました。
もっとも、これが※通った、という事実が、今現在の連載までに至っているということですね。

モモのハーレム計画も、巻数を増すごとに、ますます過激になってきましたね。

まあ、近年の深夜アニメではこういった液体系の描写はよくありますが、「to loveる ダークネス」でもこれが頻繁に出てくるようになりました…。

だいだい過激化する漫画のステップアップとしては「下着▶︎胸▶︎その他▶︎???」の傾向がもっとも多いですが、もはや最終ステップまでイってしまっていますよね。

ーーとても、元ジャンプ漫画とは思えませんww

これはもはや、アウトなのではないかと思いますが、いかがでしょうか???

主人公:リトも過激出演可に…

毎回の巻でこのシーンがあるので、もうみんな一度はしっかりと拝見してますよね。
慣れすぎたのか、もう目を閉じるor隠すことさえ、忘れていますww

このアングルは、正直すげーーなって思います。

もっとも、規制の対象にならなければ表現の自由もあるので、いいとは思いますb
これからどこまで過激になってイクのかにも、注目していきたいですね。

fallen
fallen
@fallen

Related Articles関連記事

To LOVEる -とらぶる-(To LOVEる -とらぶる- ダークネス)のネタバレ解説まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。 また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

Read Article

大人気セクシー&バトル「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲーム各種と面白要素まとめ

我らが矢吹健太朗さんの珠玉の名作「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」!その大人気ぶりはとどまることを知らず、アニメ化やゲーム化はもちろん、イベント、グッズ化などなど、派生先もたくさんあります!そんな中、今回は「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲームに注目し、個々のゲーム性やセクシーポイントなどをまとめてみました。

Read Article

《15禁注意!》「To Loveる」逆ポロりまとめ!?リトのアレを目の当たりにしたヒロインたちの反応

矢吹健太朗氏が繰り広げる伝説のセクシー&バトル漫画「To Loveる」「To Loveる ダークネス」!特徴の一つとして、個性溢れるかわいいヒロインキャラクターたちの下着やらアレやらがチラッと見えてしまうシーンが多くありますよね。しかしながら、そんな中今回注目したのはその真逆!リトのポロりを目の当たりにした、ヒロインたちのリアクションのシーンをまとめてみました。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents