ダーリン・イン・ザ・フランキス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

%e3%83%80%e3%83%aa%e3%83%95%e3%83%a9%e3%81%9d%e3%81%ae%e2%85%a1

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』とは、矢吹健太郎による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。遠い未来で産まれたヒトである「コドモ」はここで生きるため叫竜と戦うことを宿命とされた。その一人「Code:016」は、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女「Code:002」に出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』概要

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』とは矢吹健太郎の『Code:000』を原作としたアニメーション作品である。2018年1月よりTOKYO MX他にて放送が開始された。矢吹は過去の代表作に『ToLOVEる-とらぶる-』および『ToLOVEる-とらぶる-ダークネス』、『BLACK CAT』がある。
アニメーション制作は『キルラキル』などの「TRIGGER」と、『アイドルマスター』シリーズなどを手掛けた「A-1 Pictuers」がタッグを組んだ。また総監督は『天元突破グレンラガン』でキャラクターデザインを手掛けた錦織敦史が務める。
尚、英語表記としては『DARLING in the FRANXX』、公式略称は『ダリフラ』である。

現代からは遠い、未来の話。
高出力エネルギーであり、有限資源である「マグマ燃料」の度重なる採掘による環境汚染、それにより大地は荒廃していた。そこで人類は「地上移動型要塞都市」(通称:プランテーション)内での生活を余儀なくされた。いつ何時攻めてくるかもわからない、謎の生命体「叫竜」に追われながら。
この世界に生きる「コドモ」たちは叫竜に乗ることが絶対条件とされていた。それこそが、此処で生き残る唯一の方法なのだ。
パラサイト適性を持たないという理由で「落第」を言い渡された主人公「コードナンバー016(通称:ヒロ)」は、森の中で一人の少女に出会う。
その出会いが、後に彼の人生を大きく変えることとなる。

「ロボットアニメ」と聞いて有名なのは過去に『コードギアス』シリーズ(2004)や『バディ・コンプレックス』を制作した「サンライズ」だが、本作では『キルラキル』をはじめとした、大迫力のバトルシーンに定評のある「TRIGGER」と、数多くのアニメーション作品を世に送り出してきた「A-1 Pictuers」が今までの「ロボットアニメ」の概念を覆すことを目指しタッグが組まれたとも言えよう。

ダーリン・イン・ザ・フランキス』のあらすじ・ストーリー/感想・考察

第1話『独りとヒトリ』

主人公である「Code:016」(通称:ヒロ)は、「落第」を言い渡される。
「自分に存在価値なんかない」と失意の中、一人森へ入る。
その時、紅い角の生えた少女「コードナンバー002(通称:ゼロツー)」に出会う。
それは、ヒロの運命を大きく変えることになる。

renote.jp

第2話『繋がるということ』

「乗れないんじゃ俺は居ないのと同じだ」。ヒロは仲間たちと此処で生き残る為の最後の希望であるゼロツーとフランクスに乗ることを決意する。しかしそれは自ら死を選択しているとも言える。ヒロの死を防ぐにはどうすればいい、と一人思い悩むイチゴ。そんな時彼女は、「ヒロとフランクスに乗る」という、思い切った行動に出るのであった。

renote.jp

第3話『戦う人形』

「ヒロがパラサイトになるのはもう無理でしょう」と決めつけるミツル。
そんな彼にイチゴは「まだ可能性はある」、「彼を信じてる」と反論する。
そんな中、叫竜が現れる。追い詰められる13都市部隊を救ったのは、ストレリチアに乗るミツルだった。

renote.jp

第4話『フラップ・フラップ』

パパの命令により、自分の意思とは裏腹に、前線へと戻されるゼロツー。「バイバイ」と笑って見せたが、その表情はどこか悲しそうだった。そんな彼女を見たヒロは、「ただフランクスに乗りたかっただけじゃない。俺は、キミと乗りたかったんだ。だから、行かないでくれ」と連れ去られる彼女を必死に説得する。

renote.jp

第5話『キミの棘、ボクのしるし』

26都市との共闘戦線を引くことになった13都市。しかし、13部隊を(遠まわしに)「足手まとい」と言うなど、両部隊の関係はとても良好とは言えなかった。
一方、ヒロ(を含め、以前までのパートナー)の死をどこか軽んじている様子のゼロツーに「人でなし」と口を滑らせてしまうイチゴ。そのやり取りを偶然にも見ていたゴロー。降りしきる雨の中、イチゴはゴローに「ヒロに死んでほしくない」という"今まで感じたことのなかった感情"を吐露する。

renote.jp

第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』

ゼロツーと乗ったパートナーの生死が決まる「三度目の搭乗」の時が刻一刻と迫りつつあった。イチゴはヒロに「ストレリチアには乗らないでほしい」と伝えようとするものの、空回りをしてしまう。それどころか彼に「ゴローと仲良く!」と言われてしまう。そして作戦開始の時を迎える。戦闘の最中、ヒロは深手を負ってしまう。仲間の力を借りて、持ち直すヒロ。そして彼は、無事叫竜を撃破し、生還を果たすのであった。

renote.jp

第7話『流星モラトリアム』

13都市部隊は、先の戦闘での功績が称えられ、休暇に来ていた。「泳げる海」での海水浴を楽しむコドモたち。
一方のミツルは、洞窟を見つける。その先には一面の廃墟が広がっていた

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』の登場人物・キャラクター

37531756rfg
37531756rfg
@37531756rfg

Related Articles関連記事

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第5話『キミの棘、ボクのしるし』)のあらすじと感想・考察まとめ

26都市部隊との共闘戦線を引くことになった13都市部隊。しかし急造部隊故に彼らは「26都市部隊の保険」として置かれる。そのことに一同は憤るが、ヒロは「俺たちの力、見せつけてやろう」と皆を鼓舞する。一方、「死んだらその時だよ」と、彼の死を厭わないゼロツーにイチゴは「この人でなし!」と口を滑らせてしまう。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第5話『キミの棘、ボクのしるし』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第2話『繋がるということ』)のあらすじと感想・考察まとめ

昨日の戦闘を受け、ヒロはゼロツーとフランクスに乗ることを決意する。ヒロはコクピットの中では自我を保っていなかったことが判明する。またゼロツーと乗るという事は、自ら死を選択しているとも言える。ヒロの死を防ぐにはどうすればいい、と一人思い悩むイチゴ。そんな時彼女は、「ヒロとフランクスに乗る」という、思い切った行動に出るのであった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第2話『繋がるということ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヒロは「グーテンベルク級」と呼ばれる大型叫竜との闘いの最中、瀕死の重傷を負い、意識を失ってしまう。たとえ独りになっても叫竜を倒そうと、必死の抵抗を試みるゼロツー。その中でヒロは意識を取り戻し、叫竜を撃破する。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第3話『戦う人形』)のあらすじと感想・考察まとめ

"戦う事しか知らない"ヒロは、ゼロツーの協力を仰ぐことでフランクスに乗ろうと決意する。しかし仲間のピンチにヒロは「ミツルと乗ってくれ」と言ってしまう。後にそれは、彼を危険にさらすこととなる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第3話『戦う人形』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第4話『フラップ・フラップ』)のあらすじと感想・考察まとめ

戦う事しか知らないヒロは、ゼロツーと乗る決意をする。例えそれが、彼の身を削ることになろうとも。それを聞いたイチゴは、チームリーダーとしての信念の元、ある一つの決意をする。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第4話『フラップ・フラップ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

NEW

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第1話『独りとヒトリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

フランクスのパイロットであるパラサイトとして不適合とされ、落第を言い渡された少年・ヒロは、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女・ぜロツーと出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話『独りとヒトリ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents