To LOVEる -とらぶる-(To LOVEる -とらぶる- ダークネス)のネタバレ解説まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。
また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

過激なお色気

少年誌の限界ともいえる過激なお色気シーンが多く、特にコミックスになるとジャンプ連載時よりも修正され、ますます過激になっている。(そのため、海外版では出版社において修正されて発行されている場合もある)
余談だが、あまりにも過激な描写が多いために香港では購入に年齢制限が設けられ、台湾では大幅な修正されている。

多彩なヒロインが織り成すちょっとえっちなラブコメディー

天真爛漫のララ、おしとやかな春菜、表情の少ないヤミといった多彩なヒロインが主人公のリトを主軸として様々なトラブルに見舞われてゆき、少しずつ成長してゆく。
リトとララ・春菜との三角関係がメインの物語だがドロドロの関係にはならず、物語はあっさりしていて安心して見ていられる。
また、続編スピンオフではお色気シーンがさらにパワーアップし、リトとヒロインとの関係も進展が見られるようになる。

『To LOVEる -とらぶる-』の主題歌

アニメ第一期 OPテーマ:「 Forever We Can Make It 」 THYME

作詞 - thyme / 作曲・編曲 - 清水哲平 / 歌 - THYME

アニメ第一期 EDテーマ:「ラッキーチューン」 ANNA(from Bon-Bon Blanco)

作詞 - 伊藤正恵 / 作曲・編曲 - 佐々倉有吾

アニメ第一期 EDテーマ(第14話~第25話):「kissの行方」 ANNA(from Bon-Bon Blanco)

作詞 - 坂本麗衣 / 作曲・編曲 - - 中野雄太

アニメ第二期 OPテーマ:「 Loop-the-Loop 」 KOTOKO

作詞 KOTOKO / 作曲 - KOTOKO、中沢伴行 / 編曲 - 中沢伴行、尾崎武士

アニメ第二期 EDテーマ:「Baby Baby Love」 戸松遥

作詞・作曲 - 鈴木健太朗 / 編曲 - 古川貴浩

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』の概要

『ToLOVEるダークネス』とは前作『ToLOVEる』のスピンオフ作品であり、作者も前作同様に矢吹健太朗(漫画担当)、長谷見沙貴(脚本担当)による日本の漫画、およびそれを原作とするアニメであり『週刊少年ジャンプスクエア』(集英社)において2010年から2017年まで連載された。「スピンオフ」と銘打っているものの、実質的には『ToLOVEる』の正当な続編となっており、今作の主人公はリトとモモの2人。三角関係を主軸に据えた前作とはやや路線が異なり、バトル描写多めのシーンと過激な描写が多めのハーレムの2つを軸に据えた話が展開される。また、青年層も対象読者に含めているジャンプスクエアに移籍したために、女性キャラクターのお色気の描写は前作よりも過激になっている。そのため2014年、福島県で9巻のみ青少年保護育成条例に基づく有害図書に指定された。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

大人気セクシー&バトル「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲーム各種と面白要素まとめ

我らが矢吹健太朗さんの珠玉の名作「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」!その大人気ぶりはとどまることを知らず、アニメ化やゲーム化はもちろん、イベント、グッズ化などなど、派生先もたくさんあります!そんな中、今回は「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲームに注目し、個々のゲーム性やセクシーポイントなどをまとめてみました。

Read Article

《15禁注意!》「To Loveる」逆ポロりまとめ!?リトのアレを目の当たりにしたヒロインたちの反応

矢吹健太朗氏が繰り広げる伝説のセクシー&バトル漫画「To Loveる」「To Loveる ダークネス」!特徴の一つとして、個性溢れるかわいいヒロインキャラクターたちの下着やらアレやらがチラッと見えてしまうシーンが多くありますよね。しかしながら、そんな中今回注目したのはその真逆!リトのポロりを目の当たりにした、ヒロインたちのリアクションのシーンをまとめてみました。

Read Article

《過激注意》どこまでイクのか!?漫画「To loveる ダークネス」の過激表現!!

我らが矢吹健太郎先生の大人気漫画・アニメ「To loveる ダークネス」は、その繊細かつ独特なキャラクターや絵のタッチから、今でもなお色褪せずに高評価されています。しかしながら近年は、世の中の重要やリクエストに応えてなのか、極めて大胆な描写が目立つようになりましたよね。連載当初は、それこそ間接的かつ暗示程度でしたが、2016年の今となっては、もはや成人向け漫画ともいえるぐらい、過激なのです。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents