To LOVEる -とらぶる-(To LOVEる -とらぶる- ダークネス)のネタバレ解説まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。
また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

ダークネス

ヤミの中にある禁断の変身であり、リミッター解放状態。解放の手順を間違えれば、銀河すら飲み込むほどの危うい力とのこと。
発動条件は、ヤミが「心の平穏」を心から受け入れることであり、平和が鍵。銀河大戦が終結し平和へと向かい始めた宇宙に対して仕掛けられた時限爆弾だった。
惑星を軽く輪切りに出来るプラネットスライサーなど強力な兵器を備えている。

『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』の主題歌

アニメ第一期 OPテーマ:「楽園PROJECT」 Ray

アニメ第一期 EDテーマ:「ファールプレーにくらり」 分島花音

アニメ第二期 OPテーマ:「secret arms」 Ray

アニメ第二期 EDテーマ:「Gardens」 川田まみ

『To LOVEる -とらぶる-』の名言・名セリフ/名シーン・名場面

ラッキースケベ

主人公のリトはいつでも転んでヒロインを脱がしてしまったり、ヒロインに怒られて反省しても再び裸に…といういわゆる『ラッキースケベ』を起こしてしまう。
『ラッキースケベ』はララによる発明品によるものやリト自身の神がかり的な転倒がきかっけでおこるハプニングシーンであり、裸シーンやアイスや小道具をつかったエッチなシーンが多く、深夜枠でしか放送できない展開が多い。特にアイスを使ってモモを攻めるシーンは必見。

興味おありでしたらどうぞお好きに…

出典: yusaani.com

定番のココナッツミルクを使ったワンシーン。本編の天界ではララやモモの父であり宇宙の覇者であるギドとトランス兵器のネメシスが対峙するシリアスなシーンだったが、誤ってリトが両者の間に割って入った時になぜかこうなってしまった。モモはこの後に「相変わらずリトさんはすごい…」と意味深なセリフを残している。なお、リトが満足したためこの後のシーンはギドとネメシスのバトルシーンが続く。

あらゆる場面で活躍するであろうことうけあい!!!

ページを透かすとギリギリの部分が見えるという表現が多々あり、作者である矢吹氏は青年誌ぎりぎりの表現を追求していた。そのためアプリ版で連載されたToLOVEるダークネスは公開中止になり、「『またか』『早すぎる』とお思いの方も多いかと存じますが、我々編集部は今後も長谷見先生・矢吹先生と志同じくし、表現の限界に果敢に挑戦して参りますのでご期待ください」と編集部からの謝罪文が掲載された。

※へそです by編集部

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

《過激注意》どこまでイクのか!?漫画「To loveる ダークネス」の過激表現!!

我らが矢吹健太郎先生の大人気漫画・アニメ「To loveる ダークネス」は、その繊細かつ独特なキャラクターや絵のタッチから、今でもなお色褪せずに高評価されています。しかしながら近年は、世の中の重要やリクエストに応えてなのか、極めて大胆な描写が目立つようになりましたよね。連載当初は、それこそ間接的かつ暗示程度でしたが、2016年の今となっては、もはや成人向け漫画ともいえるぐらい、過激なのです。

Read Article

大人気セクシー&バトル「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲーム各種と面白要素まとめ

我らが矢吹健太朗さんの珠玉の名作「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」!その大人気ぶりはとどまることを知らず、アニメ化やゲーム化はもちろん、イベント、グッズ化などなど、派生先もたくさんあります!そんな中、今回は「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲームに注目し、個々のゲーム性やセクシーポイントなどをまとめてみました。

Read Article

《15禁注意!》「To Loveる」逆ポロりまとめ!?リトのアレを目の当たりにしたヒロインたちの反応

矢吹健太朗氏が繰り広げる伝説のセクシー&バトル漫画「To Loveる」「To Loveる ダークネス」!特徴の一つとして、個性溢れるかわいいヒロインキャラクターたちの下着やらアレやらがチラッと見えてしまうシーンが多くありますよね。しかしながら、そんな中今回注目したのはその真逆!リトのポロりを目の当たりにした、ヒロインたちのリアクションのシーンをまとめてみました。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents