To LOVEる -とらぶる-(To LOVEる -とらぶる- ダークネス)のネタバレ解説まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。
また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

春菜の親友であり、同じテニス部に所属している。明るく社交的なタイプで男女問わず友達が多い。いわゆるイマドキの高校生で色恋沙汰や猥談を好み、恋愛に関しては過激な傾向がある。そのため純情なリトや春菜をいつも赤面させている。多くの場面で女子生徒の胸を揉むシーンがあり、スカートを捲ってお尻をさわるなどスキンシップも性的で過剰。家はかなり裕福であるが共働きで1人でいることが多い。そのことで劇中では少し寂しそうな描写もあった。

ルン・エルシ・ジュエリア(CV:緒乃冬華)

男女両方の人格を持つメモルゼ星人という宇宙人の王族でララの幼馴染。くしゃみをするとレン(男)の人格に入れ替わってしまう。またレンとルンは記憶を共有しており、レンと脳内で会話することも可能である。男のレンとキスしたことがきっかけでリトを好きになり、恋敵の1人であるララに対しては幼少の頃にからかわれた経験もありライバル視している。ララのみならず基本的にリト、親友である恭子以外にはあまり心を開いているキャラはおらず、オキワナ星でしばらくララ達と漂流生活を送った際も一人だけやや非協力的だったりとヒロインの中でも取っ付きにくい性格である。「今までいないから」という理由で腹黒いキャラにされてしまった経緯がある。

天条院沙姫(てんじょういんさき/CV:川澄綾子)

リトより1年先輩。お嬢様口癖が特徴的であり、いつも勝ち気である。登下校にはリムジンを使っている程のお嬢様であり、「〇〇クイーン」と自称するのがお決まりとなってる。男女問わず人気があるララに一方的なライバル意識を燃やしており、どちらが上か思い知らせようとしていた。原作者の矢吹曰く「『To LOVEる』の中で一番優しい子」であり、過去にはイジメられていた綾を助けたり、困っている人を放っておけない性格でもある。

九条凛(くじょうりん/CV:橋本まい)

彩南高校の3年で天条院沙姫の従者の一人。ポニーテールの髪型をしていて長身でクールビューティー系の美少女で男じみた口調が特徴である。代々天条院家に仕える家の出身であり、沙姫の言動には時折呆れた表情を見せるが、沙姫に対する忠誠心は高く、常にサポートすることが自分の役目と心得ている。沙姫や綾と共にリトによるラッキースケベの被害者の一人でありケダモノと誤解して毛嫌いしている。剣術の心得があり、高校では常に竹刀や木刀を携行している。また、剣道だけでなく空手やドラムも特技である。『ToLOVEるダークネス』からはサブキャラクターではなくヒロインの一人に昇格した。胸は地球人の女性キャラの中では古手川唯に次ぐ巨乳である。

藤崎綾(ふじさきあや/CV:水橋かおり)

沙姫や凛と同じクラスの女の子。眼鏡を外すことはほとんどないが、外した時の素顔はかなりの美人。 以前イジメられていたところを沙姫と凛に助けられた時以来、沙姫の付き人として仕えている。沙姫を盲目的に心酔しており、彼女の言動には全肯定。しかし凛と違って天条院家に関わりのある家柄ではないので実際には従者ではない。口数は少なく感情表現にが乏しいが沙姫が関係する話題に関しては感情を発露する。

御門涼子(みかどりょうこ/CV:城雅子(ダークネス以前まで)・櫻井浩美(ダークネス以降))

彩南高校の養護教諭を勤める美女。生徒たちからは「御門先生」と呼ばれ、大人の色香で男子生徒の人気を集めている。発言も少年をからかうようなものが多く、それが人気を高い理由でもある。実は地球人ではなく宇宙人であり、地球に住む宇宙人の病気を治す闇医者でもある。金色の闇をはじめ、彼女の正体を知る宇宙人からは「ドクター・ミカド」と呼ばれている。コーヒーと医療研究が好きで、子供をあやすのも得意。

沢田未央(さわだみお/CV:千葉千恵巳)

里沙と春菜の親友でありツインテールと眼鏡がトレードマークの少女。臨海学校や旧校舎の幽霊に詳しいなど、クラスの中でも情報通。引っ込み思案になりがちな春菜を里紗と一緒に元気付けてあげるなどの友達思いも一面もある。しかし春菜がリトを好きというのは気づいていない。里沙と同じくララを「ララちぃ」と呼ぶ。妹喫茶でアルバイト中。

村雨静(むらさめしず/CV:能登麻美子)

彩南高校の旧校舎に住み着いていた幽霊。同じく旧校舎に住んでいた故郷でリストラされた宇宙人の騒動解決後、御門が制作したバイオロイドに憑依することで体を得て「村雨静」としてリトのクラスに編入している。現在は肉体のメンテナンスもあるので御門の診療所で住み込みの看護師をしている。好奇心旺盛で積極的な性格だが、天然でおっちょこちょい。幽霊として旧校舎に篭っていた年月が長いため、現代社会の風俗習慣には疎いが好奇心が強いので適応も早かった。

西連寺秋穂(さいれんじあきほ/CV:高橋美佳子)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

《15禁注意!》「To Loveる」逆ポロりまとめ!?リトのアレを目の当たりにしたヒロインたちの反応

矢吹健太朗氏が繰り広げる伝説のセクシー&バトル漫画「To Loveる」「To Loveる ダークネス」!特徴の一つとして、個性溢れるかわいいヒロインキャラクターたちの下着やらアレやらがチラッと見えてしまうシーンが多くありますよね。しかしながら、そんな中今回注目したのはその真逆!リトのポロりを目の当たりにした、ヒロインたちのリアクションのシーンをまとめてみました。

Read Article

《過激注意》どこまでイクのか!?漫画「To loveる ダークネス」の過激表現!!

我らが矢吹健太郎先生の大人気漫画・アニメ「To loveる ダークネス」は、その繊細かつ独特なキャラクターや絵のタッチから、今でもなお色褪せずに高評価されています。しかしながら近年は、世の中の重要やリクエストに応えてなのか、極めて大胆な描写が目立つようになりましたよね。連載当初は、それこそ間接的かつ暗示程度でしたが、2016年の今となっては、もはや成人向け漫画ともいえるぐらい、過激なのです。

Read Article

大人気セクシー&バトル「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲーム各種と面白要素まとめ

我らが矢吹健太朗さんの珠玉の名作「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」!その大人気ぶりはとどまることを知らず、アニメ化やゲーム化はもちろん、イベント、グッズ化などなど、派生先もたくさんあります!そんな中、今回は「To LOVEる+To LOVEる ダークネス」のゲームに注目し、個々のゲーム性やセクシーポイントなどをまとめてみました。

Read Article

ジャンプで連載された「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズまとめ

ジャンプといえば「遊戯王」や「ドラゴンボール」、「ワンピース」、「NARUTO」など、熱血バトル漫画が多いですよね。しかしながら、そんな表舞台の外側では、密かに爆発的な人気を誇っていたのが「ちょっとエッチな美少女漫画」シリーズです。「いちご100%」や「to loveる」など、世代によって既知か否かはまちまちなので、今回まとめてみました。

Read Article

目次 - Contents