BLACK CAT(ブラック・キャット)のネタバレ解説・考察まとめ

『BLACK CAT(ブラック・キャット)』とは、矢吹健太郎による漫画。集英社。週刊少年ジャンプにて、2000年から2004年まで連載。全20巻。通称「ブラック・キャット」と呼ばれ、秘密結社(クロノス)で暗殺者として生きてきたトレインは、ある人物との出会いを経て、現在は掃除屋として相棒スヴェンと活動していた。だが、そんな彼の前にクロノス時代の因縁のある相手、クリードが姿を現す。自分に執着するクリードと過去の因縁を払拭する為に、トレインは掃除屋として闘いに挑む。

『BLACK CAT(ブラック・キャット)』の概要

『BLACK CAT(ブラック・キャット)』とは、矢吹健太郎による漫画作品、及びそれを原作とするテレビアニメなどの関連作品。週刊少年ジャンプ(集英社)において、2000年32号から2004年29号まで連載。コミックス全20巻、文庫版全12巻。文庫版最終巻には、この漫画の読切版が掲載されている。累計発行部数1200万部を記録している。作者は、この漫画は第一部完扱いであり、いずれ続きを描きたいとしている。本作品で登場しているキャラクターの一部は、作者の次回作『To LOVEる -とらぶる-』『To LOVEる -とらぶる- ダークネス』にも設定を変えて出演している。

秘密結社(クロノス)に暗殺者としての優れた才能を認められ、時の番人(クロノ・ナンバーズ)の13番目に特例として入ることを許されたトレイン=ハートネット。トレインは、その実力から裏社会で抹殺者(イレイザー)として暗躍し、通称「ブラック・キャット」と言われ恐れられるようになる。しかし、とある事情から、現在は掃除屋(スイーパー)として相棒スヴェンと共に活動していた。そして、掃除屋として毎日を送っているトレインの前に、クロノス時代に因縁のある相手クリード=ディスケンスが再び姿を現す。クリードは、世界に対し革命を起こすべく、星の使徒(ほしのしと)を組織し行動を始めた。さらに、かつてトレインが所属していたクロノスも星の使徒壊滅に向けて動き始め、トレインは過去の因縁を巡る戦いに身を投じていくのだった。

『BLACK CAT(ブラック・キャット)』のあらすじ・ストーリー

かつて「ブラックキャット」と呼ばれた男

時の番人(クロノ・ナンバーズ)として任務を遂行するトレイン

かつて秘密結社(クロノス)の精鋭部隊、時の番人(クロノナンバーズ)の抹殺者(イレイザー)だったトレイン=ハートネットは、裏社会では「ブラックキャット(黒猫)」と呼ばれ恐れられていた。現在、トレインは相棒スヴェン=ボルフィードとともに、掃除屋(スイーパー)として野良猫のように自由気ままな生活を送っていた。そんなトレインとスヴェンに、泥棒請負人のリンスレット=ウォーカーが仕事を持ちかけてきた。自分たちの力量を試すような物言いをするリンスに、トレインは「黒猫の名に傷がつく」と言ってその話を受ける。リンスがターゲットにしたのは「闇の商人」トルネオ=ルドマン。トルネオはとある研究をしており、リンスはそのデータを盗もうとしていた。トルネオの屋敷に侵入したトレインたちは、そこである少女と出会う。イヴという名の彼女こそ、トルネオの研究であるナノマシンで全身を構成された生体兵器(バイオウェポン)だった。ただ殺戮の道具として生きてきたイヴだったが、スヴェンとの邂逅によって今までの生き方よりも楽しいものがあるということを知る。そして、スヴェンについていこうとするイヴだったが、トルネオはそれを許すはずもなく、イヴを暴走させる薬品をイヴに打ち込もうとする。だが、トレインの銃撃によって防がれる。トレインが持つ装飾銃ハーディスを見たトルネオは、「クリード」の名を口にする。クリードとは、トレインと同様かつてはクロノスに所属していた抹殺者であり、トレインの生き方を変えたサヤを殺した、トレインにとって因縁のある相手の名だった。クリードの名を聞き豹変したトレインは、トルネオに詰め寄ってクリードの居場所を聞き出すが、ナノマシンを提供していたこと以外の情報を得られなかった。トレインたちは、結局トルネオを放置しイヴを連れてその場を後にするのだった。

トレインの因縁の相手 クリード=ディスケンス

待ち受けるクリードの元へ行くトレイン

トレインたちは、リンスと別れた後エルシダシティにいた。カーニバルを見物していたトレインたちだったが、そこには彼らを監視する不穏な気配があった。トレインは1人、自分たちを監視している相手の場所を突き止めて相対するが、その人物は顔を布で覆い隠した奇妙な姿をしていた。相手が道士(タオシー。異大陸からやってきた者たち)であることを看破したトレイン。しかし、道士シキの、「クリードが君に是非会いたいと言っているがどうする?」という言葉に激しく動揺してしまう。
その夜、トレインは指定されたビルにやってきた。そこで待っていたのは、シキとクリード、そしてなぜか捕らえられていたリンスだった。クリードは、トレインと面識のあるリンスを捕らえることでこれからの交渉を優位に進めようとした。クリードの目的は、無慈悲に敵を殲滅していたクロノス時代のようにトレインを戻し、さらにクリードが組織した革命集団「星の使徒」へ招き入れることだった。トレインはそれを拒否し、クリードとの戦いを望むのだった。クリードは、戦いに勝つことでトレインが手に入るならと考えそれを承諾した。愛銃ハーディスを構えるトレインに対し、クリードが持ち出したのは刃の無い柄だけの愛刀、虎徹(こてつ)。クリードは道(タオ)の力、SWORD(剣)を手に入れており、虎徹に見えない刀、幻想虎徹(イマジンブレード)を生み出した。苦戦するトレインだったが、自分の右腕を犠牲にすることでクリードに一撃を食らわせることに成功したが、激しい戦いで建物が崩れ、トレインは外に投げ出されてしまった。それまで成り行きを見守っていたリンスに助けられ、なんとか生還したトレイン。そこへ見知らぬ男が近づいてくる。その男はドクターと名乗り、クリードの頼みで来たと言う。ドクターも道を得ており、その力でトレインの右手を完全に再生してみせた。トレインは去っていくドクターに、「クリードに腕を治したことをいつか後悔させてやる」と伝言を渡すのだった。

そして、その数日後、クリード率いる星の使徒は表舞台に現れて行動を開始する。クリードが革命の狼煙を上げるのに選んだのは、サンゼルスシティで開かれる首脳会議。クロノスの幹部も数人参加するこの会議が襲撃されたニュースは全世界を震撼させたのだった。その出来事に対し、クロノスは星の使徒壊滅の為動き出す。クロノスは、抹殺者部隊である時の番人(クロノ・ナンバーズ)を向かわせた。そして、星の使徒とナンバーズ、さらにはトレインたちを巻き込んだ戦いが勃発。その戦いで、ナンバーズは1人が死亡し1人が重傷を負ってしまう。星の使徒は戦いの混乱の最中メンバーの2人が脱退してしまう。そして、トレインはクリードから受けた弾丸に入っていたナノマシンによって体が縮んでしまった。

子供トレインの冒険

ナノマシンの影響で体が縮んだトレイン

体が縮み子供のようになってしまったトレインだったが、スヴェンたちの心配をよそに本人は子供の姿を楽しんでいた。しかし、子供の身体能力ではハーディスを完全に使いこなすことができず、元に戻る方法を見つける為に動き出すのだった。トレインたちは、リンスに依頼してかつてナノマシン研究をしていたティアーユ博士の居場所を突き止めてもらい、博士の元を訪れようとしていた。そして、ティアーユ博士の住む家に辿り着いたトレインたちは博士を見て驚く。顔立ちはイヴとあまりに似通っており、イヴをそのまま大人にしたようだった。それもそのはずで、博士はかつてトルネオの元でナノマシン研究の責任者をしており、イヴは、博士の遺伝子を元に創られたクローン体だったのだ。
トレインは、博士から元に戻る為の方法を聞く。それは、トレインの体が縮んだのはイヴのトランスと似ており、体内のナノマシンに元の姿をイメージしてトランスを解除するというものだった。早速トレインは、1人で屋外に出て自分の元の姿を思い浮かべるが、なかなか思うように行かなかった。

トレインが元の体に戻る為に四苦八苦している中、博士の家に星の使徒のエキドナが現れる。エキドナは、使徒の兵士である流星隊と、なぜか猿を連れていた。その猿はエーテスと言い、COPY(複写)という道の力に目覚めていた。エーテスの力は、対象の人物の容姿、知識、力を自分のものにできる。エキドナはエーテスに博士をコピーさせることで、博士の持っているナノマシンの知識を手に入れた。そして、用済みとなった博士と、一緒にいたスヴェン、イヴを始末しようとしたその時、元の姿に戻ったトレインが現れる。トレインは、力を取り戻したばかりか、ナノマシンの力で電気を発生させる能力を得ていた。そして、その電気を利用してハーディスから超高速で銃弾を撃ち出すことができるようになった。スヴェンより電磁銃(レールガン)と名付けられた力は、エキドナに警戒心を抱かせるのに十分な威力を持っており、エキドナは撤退せざるをえなかった。

掃除屋同盟

掃除屋同盟参加の為にゲームをプレイするトレインたち

博士と別れたトレインとイヴは、星の使徒の拠点を探す為同業者が集まるスイーパーズ・カフェにやってきた。2人が星の使徒について聞こうとするが、カフェにいた掃除屋は誰も怖気付いて話をしようとしなかった。そんな中、トレインに話しかけてくる1人の男がいた。リバーと名乗ったその男は、トレインがブラック・キャットであると見抜き、サシで勝負をすることを持ちかける。さらに、リバーの仲間の男から、「勝てばとっておきの情報を渡す」と言われたトレインは、リバーの申し出を受けることにした。
拳打を主とするガーベル・コマンドーの使い手であるリバーは、トレインの銃弾をも簡単に弾き返すほどだった。しかし、トレインは跳弾させることでリバーの死角から虚をついて一撃を与えることに成功した。リバーが負けを認め、仲間の男である情報屋グリンからディスクを受け取ったトレイン。グリンは、星の使徒を壊滅させるべく掃除屋同盟を作ることを目的にしていた。そして、そのディスクから情報を引き出すことができた者たちだけを同盟に迎え入れ、星の使徒の場所を教えると言うのだった。
グリンから渡されたディスクはゲームソフトだった。しかし、今までゲームをしたことがないトレインは苦戦しなかなかゲームをクリアすることができなかった。そこで、トレインに代わりイヴがやってみることにした。イヴもゲームは初めてだったが、ナノマシンの力でゲームの筐体に直接アクセスするという離れ技で、ゲームをクリアすることに成功した。トレインとイヴが、ゲームをクリアしたことで手に入れた情報によって指定の場所へ行くと、そこには数名の掃除屋とリバー、そしてスヴェンの姿もあった。グリンの手に入れた情報により、アドニア海の別荘地に星の使徒の拠点があることを聞く掃除屋たち。そして、トレインたちはグリンの用意した船に乗って本拠地への潜入を開始するのだった。

トレインたちは、本拠地で星の使徒の面々と戦っていた。敵を倒しながら進んでいくトレインたちだったが、本拠地には掃除屋同盟だけでなくナンバーズたちもいた。セフィリアは、ナンバーズの10(テン)のリン=シャオリーに掃除屋同盟を組織させて本拠地に侵入させることで、生じた混乱に乗じてナンバーズを率いて潜入。セフィリア自身がクリードを1対1で仕留めるという作戦を立てた。言わば、同盟は囮としての役割しかなかった。まんまとダシに使われていたことを知り驚愕するトレインたちだったが、そんな中、セフィリアはついにクリードの元へ辿り着く。

最終決戦 トレインVSクリード

必殺の一撃を放つトレイン

セフィリアはクリードと対峙していた。セフィリアは、超スピードで相手を翻弄しながら戦うアークス流剣術によりクリードに攻撃を仕掛けていく。しかし、クリードはセフィリアの剣と互角以上だった。また、ドクターの開発したナノマシン、ゴッドブレス(神の吐息)によって、傷を負っても短時間で再生するという不死身の肉体を得ており、セフィリアから受けた傷もすぐに回復してしまうのだった。さらに、セフィリアの奥義「滅界」を、イマジンブレードをLEVEL3に進化させたことで凌ぎ切り、逆にセフィリアに深傷を負わせてしまった。そして、セフィリアに止めを刺そうとしている中、トレインが姿を現す。

クリードへとついに辿り着いたトレイン。クリードの前に現れたトレインは、あくまでも掃除屋としてのトレインだった。トレインへ数々の困難を与えることで、クロノス時代のトレインへと戻ることを期待していたクリードだったが、その思いは結局トレインへ届くことはなかった。クリードは、ならば自分が戦ってかつてのトレインを取り戻すしかないと思い、トレインと戦うことにした。クリードは、トレインを相手にするのはこれで十分と、イマジンブレードLEVEL1見えない刀身でトレインへ攻撃を仕掛ける。しかし、あの頃とは違って冷静なトレインは、クリードの持っている柄の角度から刀身の軌道を読むことができ、見えない刀を何なく対応して見せるのだった。クリードは、イマジンブレードをLEVEL2人食いサーベルにして、さらに苛烈にトレインを攻め立てる。しかし、トレインはあくまでもクリードを殺さず戦闘不能にすることを目的としていた。そのトレインの甘さが、ついにクリードにトレインへの怒りを覚えさせた。そして、クリードはもうトレインが戻ることはないと悟り、ならばいっそのこと自分の手でトレインを殺そうと決断した。イマジンブレードをLEVEL3にしたクリード。LEVEL3とは、虎徹とクリードとの一体化であり、クリードにセフィリアの奥義を捌き切る程のパワーとスピードを与えた。また、強度も格段に増しており、オリハルコンでできたナンバーズの武器でさえ、傷をつけることはほぼ不可能になっていた。互角の戦いから一気に劣勢になったトレイン。しかし、その目は死んでおらず、クリードに対し不敵な笑みを浮かべるのだった。そんなトレインに対し、クリードは怒りしか湧かなかった。そして、その怒りが頂点に達した時、イマジンブレードはLEVEL.MAXとなり、巨大な光の剣になった。圧倒的な力を目の当たりにし、トレインも自分の全てを賭けることにした。すると、体から電気が溢れ、もうすべて使い切ったはずの電磁銃が使えるようになった。トレインは、全てを1発の銃弾に込め発射させた。銃弾と剣は衝突し、クリードの剣が押し負け破壊されたのだった。
自分と繋がっていた虎徹が破壊されたことで、クリードはついにトレインに敗北した。さらに、イヴによって体内のナノマシンを破壊され、ただの人間へと戻ってしまった。その事で心が壊れてしまい放心状態となったクリード。そんなクリードは、戦いを見守っていたエキドナに連れられ、この地を去っていくのだった。トレインは、クリードが再び事を起こすことはないとし、エキドナたちを行かせるのだった。また、傷をある程度回復させトレインの元へやってきたセフィリアもまた、負けた者が口出しできないとし、トレインの判断を認めるのだった。

星の使徒との決戦から8ヶ月後。トレインたちは変わらず掃除屋として活動していた。トレインの手には、ハーディスがあったが、もう電磁銃はあれから使えなくなっていた。トレインは、「役目を終えたんだ」と何事もなさげに言うのだった。

『BLACK CAT(ブラック・キャット)』の登場人物・キャラクター

主要人物

トレイン=ハートネット

CV:近藤隆(スモール時:高山みなみ)
本作の主人公。掃除屋。相棒はスヴェン。一本気な性格で、自分を曲げず自分の信念にのみ従って行動する。トレインのしている首輪は、「自分を飼い馴らせるのは自分だけ」という理由で彼の信念そのものを表す。食べることが好きで、大食漢。食べ物に釣られることも多々ある。掃除屋としての力量もずば抜けており、愛銃ハーディスでの早撃ちが得意技。さらに身体能力も高く、銃なしの接近戦でも十分に強い。
その正体は、元クロノスの精鋭部隊である時の番人(クロノ・ナンバーズ)の13。通り名は「黒猫(ブラック・キャット)」。本来12番目しかないが、抹殺者としての高い実力を評価され特例として13番目に選ばれた。ナンバーズとして活動していく中、トレインはその後の自分の人生に大きな影響を与えることになる人物、掃除屋サヤと出会う。感情を表に出さず冷徹に任務を遂行していたトレインだったが、サヤとの交流を経る中で、自分の中に眠る感情や、自分の知らない世界や生き方があることを知る。しかし、トレインが変わっていくことを良しとしないクリードの凶刃にサヤが倒れてしまう。サヤの死後、トレインは秘密結社(クロノス)を抜け、サヤと同じ掃除屋となる。しばらく1人で活動していたトレインだったが、ある事件でスヴェンと知り合い、意気投合してコンビを組むことになる。その後、イヴとも出会い3人で行動するようになる。物語後半、スヴェンをクリードから庇った時にナノマシンの入った銃弾を打ち込まれて子供の姿になってしまう。紆余曲折あって大人の姿に戻ったが、体内のナノマシンの影響で電気エネルギーを発生させることができるようになる。そして、電気エネルギーをハーディスに蓄積させ発射する「電磁銃(レールガン)」が撃てるようになる。

nadal3790
nadal3790
@nadal3790

Related Articles関連記事

かくりよの宿飯(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

かくりよの宿飯(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

『かくりよの宿飯』とは、友麻碧のキャラクター小説をアニメ化したものである。 製作はGONZO、監督は奥田佳子が務めている。 妖(あやかし)を見ることの出来る女子大生の津場木葵(つばきあおい)が隠世(かくりよ)にある老舗宿「天神屋(てんじんや)」の大旦那を名乗る鬼神(きじん)に連れ去られ、祖父が残した借金のかたとして嫁入りを強要されるがこれを拒み、返済のため天神屋近くにあった閉店状態の小料理屋を料理の腕を活かして切り盛りしていく物語である。

Read Article

バジリスク〜甲賀忍法帖〜(Basilisk)のネタバレ解説・考察まとめ

バジリスク〜甲賀忍法帖〜(Basilisk)のネタバレ解説・考察まとめ

『バジリスク〜甲賀忍法帖〜』とは、山田風太郎の小説「甲賀忍法帖」をせがわまさきが漫画化した作品。2005年にTVアニメ化もされている。この物語は徳川将軍家の世継ぎ問題に巻き込まれた伊賀と甲賀、その両家の跡取りが愛し合いながら殺し合いをする運命をどのように受け止めるかを描く時代劇漫画。

Read Article

ホリミヤ(堀さんと宮村くん)のネタバレ解説・考察まとめ

ホリミヤ(堀さんと宮村くん)のネタバレ解説・考察まとめ

『ホリミヤ』とは、漫画家・イラストレーターのHEROによる漫画『堀さんと宮村くん』を基に、漫画家の萩原ダイスケが描いた青春漫画、およびそれを原作としたアニメ作品である。とある「秘密」を抱えた堀さんと宮村くんを中心に、その周囲の人々の変化や交流を描く。キャラクター達によるユニークな掛け合いや爽やかなテイストの中に混ざった切ない展開などが多くの反響を呼び、2021年にアニメ化に加え、ドラマ・映画化までもが行われることとなった。

Read Article

トリニティ・ブラッド(トリブラ)のネタバレ解説・考察まとめ

トリニティ・ブラッド(トリブラ)のネタバレ解説・考察まとめ

『トリニティ・ブラッド』とは、著者・吉田直/キャラクター原案・THORES柴本による長編ダークファンタジー小説、及びそれを原作としたドラマCD、コミックス、アニメ作品である。 舞台は、中世のヨーロッパの啓蒙時代を彷彿とさせる世界観の遠未来。突如現れたヴァンパイアと人間は、互いの生存権をかけて戦いを続けていた。そんな中、ある神父がイシュトバーンと呼ばれる地に訪れ、レジスタンスとして活動するシスター見習いに出会う事から物語は大きく動き始める。

Read Article

LAST EXILE(ラストエグザイル)のネタバレ解説・考察まとめ

LAST EXILE(ラストエグザイル)のネタバレ解説・考察まとめ

2003年にGONZOが制作した、10周年記念の作品。 主人公のクラウスはヴァンシップと呼ばれる小型飛行艇に乗り、ヒロインのラヴィと共に「空の運び屋」の仕事をしていた。ある日一人の少女に出会う事で戦争と、グランドストリームという空の彼方にある秘密へと挑んでいく。主人公は作中の個性的なキャラクター達と成長し、やがてエグザイルというグランドストリームの真実を知る偉業を成し遂げるのだった。

Read Article

GAD GUARD(ガドガード)のネタバレ解説・考察まとめ

GAD GUARD(ガドガード)のネタバレ解説・考察まとめ

「GAD GUARD(ガドガード)」とは、「GONZO」製作のアニメーション作品。2003年にフジテレビで放送された。数百年後の未来の街で、主人公「ハジキ」はGAD(ガド)と呼ばれる不思議な物質に出会い、GADから鉄鋼人と呼ばれる人型の機械「ライトニング」を手に入れる。ハジキはGADに纏わる事件や戦いに巻き込まれ、成長して行く。

Read Article

巌窟王(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

巌窟王(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『巌窟王(がんくつおう)』とは、MEDIA FACTORY、GDHにより作成された『モンテ・クリスト伯』を原作とする日本のSFアニメである。全24話のこの物語は原作の復讐劇をベースとしつつ、舞台を19世紀ヨーロッパの舞台から仮想未来のパリへと変え、月旅行や宇宙船、有人操縦式兵器などを登場させることにより、近未来的な映像作品へと昇華させた。また、物語は復讐する者から復讐される者、彼らの子供達へと視線を交えていき、けして一方的にならない復讐の在り方を描いている。

Read Article

To LOVEる -とらぶる-(ダークネス)のネタバレ解説・考察まとめ

To LOVEる -とらぶる-(ダークネス)のネタバレ解説・考察まとめ

『To LOVEる -とらぶる-』とは、矢吹健太朗(作画)、長谷見沙貴(脚本)による日本の漫画およびそれを原作とするアニメ。男子高校生・結城リトを主人公とし、ララ・サタリン・デビルークと西連寺春菜の三角関係を軸に展開されたラブコメディ作品。 また、続編のスピンオフ作品「To LOVEる -とらぶる- ダークネス」では主人公はララの妹であるモモ・ベリア・デビルークやナナ・アスタ・デビルークがヒロインとして加わりお色気描写が過激になった。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

ダーリン・イン・ザ・フランキス(アニメ全話)のネタバレ解説まとめ

『ダーリン・イン・ザ・フランキス』とは、矢吹健太郎による漫画作品、及びそれを原作としたテレビアニメ作品。遠い未来で産まれたヒトである「コドモ」はここで生きるため叫竜と戦うことを宿命とされた。その一人「Code:016」は、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女「Code:002」に出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。

Read Article

かくりよの宿飯(第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵が御簾の中に見たものは、涙を浮かべた小さな子供のような海坊主だった。御簾を上げ、海坊主の姿を皆に見えるようにした葵は、海坊主の寂しさを癒してあげることこそが、自分の使命だと感じる。葵たちと一緒に海宝の肴を楽しみ、夜神楽を葵の膝下で観賞した海坊主は、「ありがとう」と感謝の言葉を残して、暗い海の彼方に帰って行った。葵も南の地での役目を終えて、銀次と共に天神屋に帰ることになった。 今回は「かくりよの宿飯」第26話『あやかしお宿に美味い肴あります』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第9話『妖老夫婦の結婚記念日』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第9話『妖老夫婦の結婚記念日』)のあらすじと感想・考察まとめ

東の地で連れ去られた葵は大旦那によって救いだされた。だが、一日を無駄にして、妖王家夫妻の結婚記念日の洋食メニューが間に合いそうになかった。そこで銀次は普段通りの料理を提案する。特別ではないが、いつもの心のこもった葵の料理に、夫妻は喜び結婚記念日の料理は満足のいくものとなった。 今回は「かくりよの宿飯」第9話『妖老夫婦の結婚記念日』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第10話『あやかしお宿に好敵手きました』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第10話『あやかしお宿に好敵手きました』)のあらすじと感想・考察まとめ

七夕を迎えた夕がおは、客で賑わっていた。店を無事に終えた葵は、夕がおで出していた七夕そうめん膳を大旦那と一緒に食べた。また、かねてから板前長に招待を受けていた天神屋での会食は、楽しいひと時となり、会食後にうつしよへ仕事で旅立つ大旦那を葵は従業員と共に見送った。そんな時、下足番の千秋が「大変です」と慌てて葵と銀次のもとへ駆けて来た。 今回は「かくりよの宿飯」第10話『あやかしお宿に好敵手きました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第14話『南の地から黒船来ます』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第14話『南の地から黒船来ます』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋にやって来た折尾屋の船には、旦那頭の乱丸達だけではなく、黄金童子も一緒に乗っていた。黄金童子に頭を下げる大旦那を見た葵は、夕がおに来た座敷童子の少女である黄金童子が、折尾屋の大女将であり、天神屋の創設者でもあると聞き驚く。銀次が折尾屋に戻るのを納得出来ない葵は、折尾屋に逆らい、黄金童子の神隠しの術によって、折尾屋へと連れ去られることとなる。 今回は「かくりよの宿飯」第14話『南の地から黒船来ます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第25話『あやかしたちと花火大会』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第25話『あやかしたちと花火大会』)のあらすじと感想・考察まとめ

乱丸に海宝の肴作りを申し出た葵は、乱丸から正式に任され、鶴童子たちと協力して作ることになった。雷獣の最後の嫌がらせによって、客で溢れかえった折尾屋は人手が足りず、儀式の執り行ないが危ぶまれた。しかし天神屋の大旦那の案により、天神屋の従業員たちが折尾屋を手伝うことになり、儀式は無事行われることになった。滞りのない儀式だったが、チビの悪気のない行動が葵に大きな驚きと不安を与えてしまった。 今回は「かくりよの宿飯」第25話『あやかしたちと花火大会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第1話『独りとヒトリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第1話『独りとヒトリ』)のあらすじと感想・考察まとめ

フランクスのパイロットであるパラサイトとして不適合とされ、落第を言い渡された少年・ヒロは、森の中で「パートナー殺し」と噂されている少女・ぜロツーと出会う。自分の存在価値を証明する為、少年の闘いが始まる。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第1話『独りとヒトリ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第12話『天神屋の地下に秘密あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第12話『天神屋の地下に秘密あります』)のあらすじと感想・考察まとめ

葉鳥が夕がおを訪ねて来たので、葵は料理を出した。だが暁は「敵に料理を振舞ってどうするんだ」と面白くない。銀次も折尾屋の葉鳥と時彦が来てから、どこか様子がおかしく、ぎこちない。そんな折、天神屋で一つ目の子供たちが行方不明になる騒ぎがあった。暁と一緒に子供たちを探すことになった葵は、初めて天神屋に地下施設があることを知った。 今回は「かくりよの宿飯」第12話『天神屋の地下に秘密あります』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第22話『雷獣の警告』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第22話『雷獣の警告』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋の廊下を歩いていた葵は雷獣と初めて対面する。雷獣の物言いに気持ち悪さを感じた葵は、表に逃げ出す。執拗に追いかけて来る雷獣に、お前の料理は私には通用しないと言われ、葵は戸惑う。その時口に飴玉のようなものを入れられた。再び折尾屋に逃げ戻った葵は、乱丸に助けられ雷獣から逃れた。旧館で海宝の肴の試食会を開いた葵は、酒をひと口含んだとたん異変を感じ、そのまま倒れてしまった。 今回は「かくりよの宿飯」第22話『雷獣の警告』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第13話『あやかしお宿の大宴会』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第13話『あやかしお宿の大宴会』)のあらすじと感想・考察まとめ

夕がおの前で倒れていた銀次は、葵の料理で元気を取り戻した。葵と銀次は、お互いが必要な存在であることを認め、夕がおでこれからも一緒に頑張ることを確かめ合った。翌日、葵は白夜と一緒に管子猫たちを見に行き、パンの耳をあげた。その後、葵は裏山で足湯に浸かる大旦那と葉鳥たちに会った。大旦那から宴の食事を頼まれた葵は、天神屋の従業員達や葉鳥、時彦と共に料理を作り、宴を楽しんだ。 今回は「かくりよの宿飯」第13話『あやかしお宿の大宴会』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第23話『封じられた力と開かれる心』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第23話『封じられた力と開かれる心』)のあらすじと感想・考察まとめ

雷獣のひねくれた策略によって、声と味覚を奪われた葵。海宝の肴作りは鶴童子たちが引き受けてくれることになった。雷獣に再び襲われた葵は、あやうく食われそうになる。その時、雷獣の苦手とする白夜が突然現れ、葵は雷獣から逃れることが出来た。白夜が招待した縫ノ陰様と律子様の持つ掛け軸の中に、蓬莱の玉の枝があると教えられた乱丸と葵。2人は蓬莱の玉の枝探索のために、掛け軸の中に旅立つこととなった。今回は「かくりよの宿飯」第23話『封じられた力と開かれる心』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第8話『九尾の若旦那とお買い物』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第8話『九尾の若旦那とお買い物』)のあらすじと感想・考察まとめ

妖王家の結婚記念日のメニューを考えていた葵は、ラムネを仕入れに行った帰り道、子猫のあやかしと戯れる白夜の姿をみた。厳格な白夜の別の一面を見た葵は、白夜に夕がおで朝食を振る舞う。そして妖王家夫妻のことを尋ね、メニュー作りの参考にする。食材を探して東の地を銀次と訪れた葵だったが、何者かに連れ去られてしまう。 今回は「かくりよの宿飯」第8話『九尾の若旦那とお買い物』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第20話『竜宮城の夢の跡』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第20話『竜宮城の夢の跡』)のあらすじと感想・考察まとめ

果物は魔除けになるということを大旦那に聞いた葵は、果物を使った甘味を作り、大旦那と一緒に竜宮城跡地へと向かった。銀次と乱丸を育てたという磯姫に出会った葵は、南の地の守護獣としての銀次と乱丸の役割と、過去のいきさつを知らされる。目的だった人魚の鱗を無事手に入れた葵は、海宝の肴を手掛けるよう磯姫に託される。折尾屋に人魚の鱗を届けた葵は、乱丸に海宝の肴を作ることを申し出る。 今回は「かくりよの宿飯」第20話『竜宮城の夢の跡』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第17話『南の地の儀式の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第17話『南の地の儀式の秘密』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵はもんじゃ焼きを、淀子様自身に焼いてもらおうと考えた。淀子様は面倒だと渋っていたが、葵が試しに焼いたものを食べ、あまりのおいしさに自分でもんじゃ焼きを焼き始めた。葉鳥から花火の裏で行われる儀式の詳細を聞いた葵は、銀次たちが儀式のために奔走していることを知る。大旦那に南の地の漁港に連れて行ってもらった葵は、好きな買い物に夢中になり、慌ただしく過ごした南の地で、ひと時の安らぎを得た。 今回は「かくりよの宿飯」第17話『南の地の儀式の秘密』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋から番頭の葉鳥と湯守の時彦が天神屋にやって来た。時彦は天神屋で湯守をしている静奈を折尾屋に連れ戻そうと詰め寄るが、静奈は拒絶する。葵は、拒絶しながらも時彦を思いやる静奈を見るに忍びなく、静奈と時彦の好きなトマトの料理を2人で作る機会を作り、やがて二人の心を和解させてゆく。 今回は「かくりよの宿飯」第11話『湯守の濡れ女と師匠の不知火』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵の手当てによって傷の癒えた暁は、葵に一緒に料理を作ろうと提案された。史郎との思い出の水餃子を作り、鈴蘭にも食べてもらった。それは、うつしよへ向かうという鈴蘭への餞別にもなった。鈴蘭のうつしよへの旅立ちを阻止しようと、天神屋に乗り込んできた八幡屋の若旦那を暁が退け、鈴蘭と葵は無事にうつしよへと旅立って行った。 今回は「かくりよの宿飯」第5話『あやかしとの約束を忘れてはならぬ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第7話『大旦那様と雨散歩』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第7話『大旦那様と雨散歩』)のあらすじと感想・考察まとめ

お帳場長の白夜に「このまま客が来ないと夕がおにはもう後がない」と告げられた葵と銀次は、今月中になんとかしましょうと話し合う。そんな中お涼が、天神屋に泊まっている作家の客のために弁当を作って欲しいと葵に頼みに来た。葵は弁当を作り、作家に気に入られる。作家は夕がおの紹介記事を新聞に書き、夕がおは急に繁盛し始める。 今回は「かくりよの宿飯」第7話『大旦那様と雨散歩』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第24話『玉の枝サバイバル』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第24話『玉の枝サバイバル』)のあらすじと感想・考察まとめ

葵の味覚が戻らないことを心配した銀次が、葵と乱丸に付き添い、3人で掛け軸の中への旅が始まった。旅の途中、雨に祟られたり、崖から転落して危うく命を落とす危険な目にも遭った。また、白夜が注意した通り、磯姫様の幻想が現れ、銀次と乱丸が一時錯乱状態になった。しかし3人が力を合わせてこれを乗り越え、遂に蓬莱の玉の枝を手にすることが出来た。 今回は「かくりよの宿飯」第24話『玉の枝サバイバル』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』)のあらすじと感想・考察まとめ

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』)のあらすじと感想・考察まとめ

ヒロは「グーテンベルク級」と呼ばれる大型叫竜との闘いの最中、瀕死の重傷を負い、意識を失ってしまう。たとえ独りになっても叫竜を倒そうと、必死の抵抗を試みるゼロツー。その中でヒロは意識を取り戻し、叫竜を撃破する。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第6話『ダーリン・イン・ザ・フランクス』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』)のあらすじと感想・考察まとめ

天神屋の離れにある、今はもう閉鎖された小料理屋の一部屋で日々の暮らしを始めていた葵。 若旦那の銀次に食事処を開くよう勧められていたが、まだ決心がついていなかった。 その頃、天神屋では、客が食事を気に入らないと騒ぎを起こしていた。 今回は「かくりよの宿飯」第2話『あやかしお宿で仕事見つけました』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第1話『あやかしお宿に嫁入りします』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第1話『あやかしお宿に嫁入りします』)のあらすじと感想・考察まとめ

亡くなってしまった祖父、津場木史郎(つばきしろう)から受け継いだあやかしを見る能力を活かして、あやかし達とふれあいながら楽しい大学生活を謳歌していた津場木 葵(つばき あおい)はある朝、通学途中の神社前で今まで会ったことのない鬼の面を被ったあやかしと遭遇する。そして祖父が行き来していたという「かくりよ」の世界に連れ去られてしまう。 今回は「かくりよの宿飯」第1話『あやかしお宿に嫁入りします』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』)のあらすじと感想・考察まとめ

松葉様の食事を毎日一回作ることになった葵は、食材のことや、癒えぬ足の痛みに悩んでいた。そんな折葵は、魚屋に変装して折尾屋にやって来た大旦那と再開する。大旦那に食材の調達や、足の手当てをしてもらった葵は、松葉様の食事を無事作ることが出来た。そして、折尾屋の板前の鶴童子たちとの出会いを通じて、新しく雨女の淀子の食事を依頼されることとなる。 今回は「かくりよの宿飯」第16話『双子の板前と雨女のお嬢様』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第18話『天狗の親子の大喧嘩』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第18話『天狗の親子の大喧嘩』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋から上がった煙は、松葉と葉鳥のけんかが原因だった。2人の間の確執は深く、葵は何とか仲直りしてもらいたいと願っていた。松葉が、妻の笹良が作ったがめ煮を食べ、味が違うと激怒したことを葵は葉鳥から聞いた。葵はがめ煮のあることに気づき、がめ煮を通じて松葉と葉鳥を仲直りさせることを思いつく。 今回は「かくりよの宿飯」第18話『天狗の親子の大喧嘩』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第19話『月の夜の銀の獣』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第19話『月の夜の銀の獣』)のあらすじと感想・考察まとめ

折尾屋に天狗の秘酒を届けた葵と葉鳥は、帰り道で笛の音を聞く。葉鳥から笛を吹くのは雷獣だと教えられ、関わらぬように忠告を受ける。旧館に戻り、炙りしめさば寿司と梅肉チーズのサラダ巻を作った葵は、ノブナガの導きで、傷ついた銀次をやしろで発見する。葵の手弁当で霊力を回復した銀次だが、乱丸も同じやしろで傷ついた姿で倒れていた。葵の料理で回復した乱丸に、人魚の鱗を取って来るという約束をしてしまう葵だった。 今回は「かくりよの宿飯」第19話『月の夜の銀の獣』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第2話『繋がるということ』)のあらすじと感想・考察まとめ

ダーリン・イン・ザ・フランキス(第2話『繋がるということ』)のあらすじと感想・考察まとめ

昨日の戦闘を受け、ヒロはゼロツーとフランクスに乗ることを決意する。ヒロはコクピットの中では自我を保っていなかったことが判明する。またゼロツーと乗るという事は、自ら死を選択しているとも言える。ヒロの死を防ぐにはどうすればいい、と一人思い悩むイチゴ。そんな時彼女は、「ヒロとフランクスに乗る」という、思い切った行動に出るのであった。 今回は「ダーリン・イン・ザ・フランキス」第2話『繋がるということ』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

かくりよの宿飯(第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』)のあらすじと感想・考察まとめ

かくりよの宿飯(第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』)のあらすじと感想・考察まとめ

開店の日を翌日に控えた葵の小料理屋「夕がお」。天神屋の従業員達も手伝って、店の準備は順調に進んでいた。その夜、葵は何者かに斬りつけられる。葵を襲ったのは、濃い紫の頭巾を被った黄色く目の光る大男。そしてその葵を助けたのは、小柄なカマイタチのサスケ。サスケは史郎の昔馴染みだった。翌朝、大旦那や銀次と一緒に街へ繰り出して葵は騒動を起こすことになる。 今回は「かくりよの宿飯」第6話『あやかしお宿で食事処はじめます』の内容(あらすじ・ストーリー)と感想・考察を紹介。

Read Article

目次 - Contents