北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

北斗断骨筋(ほくとだんこつきん)

ケンシロウがジャッカルの部下のスコルピオに使用した。
相手の攻撃を躱しつつ、撃ち出された相手の腕に秘孔を突く。相手は腕の骨がねじ曲がった挙句、顔が陥没して死に至る。

転龍呼吸法(てんりゅうこきゅうほう)

ケンシロウが懲役200年の大男・デビルリバースなどに使用した。
人間に隠された潜在能力、その凄まじい身体能力を得るための呼吸法。常人では30%わずかな力しか引き出せない潜在能力を100%引き出すことができる。急激に身体の筋肉が膨張し、着ている衣服ははじけ飛ぶ。

北斗七死星点(ほくとしちしせいてん)

ケンシロウがデビルリバースに使用した技。
特殊な呼吸法により限界まで力を溜め相手の身体の秘孔を深く突き、肋骨を全て内側にへし折る。相手の体に北斗七星の形に秘孔を突くのがこの技の見どころだ。

北斗千手壊拳(ほくとせんじゅかいけん)

ケンシロウが牙一族の若頭であるケマダに対して使用した。
一斉に無数の拳を相手へと叩き込む。北斗百裂拳とやや似ているがこちらは確実に殴っている。

北斗龍撃虎(ほくとりゅうげきこ)

ケンシロウが南斗聖拳の使い手であるレイに対して使用。
レイの仮死状態にする技、南斗虎破龍の構えに対してケンシロウがとった構え。作中では互いに仮死状態となる秘孔を突き、マミヤを人質にしていた牙大王を欺いた。

北斗千手殺(ほくとせんじゅさつ)

回想にてジャギがケンシロウに対して仕様。
上空から無数の手刀突きを繰り出す奥義。修行時代の組手の中で、秘孔を狙った攻撃ではなかったため、多少のダメージを与える程度だった。

北斗剛掌波(ほくとごうしょうは)

使用者の掌から極限まで圧縮された闘気を撃ち出し、相手の身体を打ちつける技。ラオウがケンシロウの恋人であるヒロイン「ユリア」を巡る闘いの中でケンシロウに使用したが、多くの強敵(とも)との闘いにより深い哀しみを背負ったケンシロウの無想転生によって空を切った。
ゲームやパチンコやパチスロでプレイヤーにインパクトのある技の一つとして君臨している。

北斗八悶九断(ほくとはちもんくだん)

回想シーンにて、伝承者を辞退するよう迫ってきたジャギに対し、怒ったケンシロウが使用した。
相手の体を跨ぐように立ち、頭部に向けて拳を振り下ろす技なのだが、拳を振り下ろす寸前で止めたため、どのような効果があるのかわからない。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

北斗の拳の名言・名セリフまとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents