北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

北斗有情断迅拳(ほくとうじょうだんじんけん)

トキが立ちはだかる聖帝サウザーの部下である聖帝軍に対して、ケンシロウのために道を開くため使用した。
襲い掛かってくる多数の敵の間を次々と駆け抜けつつ、全員の秘孔を突き、有情拳で天国を感じさせながら爆死させる。
北斗有情破顔拳と並び、北斗の拳の格闘ゲームでトキの技としてかなり有名な技となっている。

天破活殺(てんはかっさつ)

ケンシロウが非情の帝王サウザーに対して使用。
触れずして闘気をもって秘孔を突くという北斗神拳の秘奥義。ケンシロウの前に立ちはだかる強敵サウザーの南斗鳳凰拳奥義『天翔十字鳳』を見事攻略した奥義である。

北斗有情猛翔破(ほくとうじょうもうしょうは)

南斗鳳凰拳奥義『天翔十字鳳』を破られてなお、「退かぬ、媚びぬ、省みぬ」と有名なセリフを叫んだあと、捨て身で立ち向かってきたサウザーにケンシロウが放った技。
トキが得意とし、技を受けた相手に苦痛を生まぬ「北斗有情拳」に分類される奥義のひとつ。北斗有情破顔拳の気を放出する技とは違い、相手の体に無数に拳を叩き込んだ後、強烈な一撃を胸の中央に叩き、秘孔を突く。技を受けたものは痛みを感じることなく、安らかな眠りに突くように死亡する。ケンシロウはこの奥義によってサウザーにとどめを刺さしつつ、死ぬ間際に愛と情けを思い出させ、闘いに終止符を打った。

七星抹殺(しちせいまっさつ)

かつてリュウケンと北斗神拳を学んだコウリュウがラオウの拳を封じるため使おうとした技。
リュウケンを上回る拳を持っていたが、ラオウか繰り出す剛拳の前に吹き飛ばされてしまったため、結局は不発に終わった。

北斗天帰掌(ほくとてんきしょう)

トキとケンシロウが一瞬の真剣勝負を行う際に互いにこの構えをとった。
北斗の者同士が真剣勝負を行う際にとる誓いの儀礼の構えである。この真剣勝負でもし誤って相手の拳に倒れようとも相手を怨まず、悔いを残さず天に帰るという意味が込められている。

聖極輪(北斗神拳秘伝)

牙大王に人質を取られ、ケンシロウとレイは戦いを強いられる。その時にケンシロウが使用した。
これは技ではなく、構えの一種。「敵を欺く」という意味が秘められており、ケンシロウとレイは互いを仮死状態にして牙大王を欺いた。

無想陰殺(むそういんさつ)

ラオウがトキとの死闘の際に放った。
気配を読みつつ、相手から放たれる殺気との間合いを見切ることで、無意識無想の状態で繰り出す必殺の拳。

天翔百裂拳(てんしょうひゃくれつけん)

トキがラオウとの死闘の中で繰り出した、最も真髄を発揮する空中戦の奥義。
宙へと逃げた相手を追って自らも高く跳躍し、無防備なその身体に連続の秘孔突きを叩き込む空中版の北斗百裂拳である。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

北斗の拳の名言・名セリフまとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents