北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

『ユリア外伝—慈母の星—』でシンが使用した南斗孤鷲拳の技。
無数の手刀を繰り出す。その姿は羽を広げた鷹のように見える。

南斗虎破龍(なんとこはりゅう)

牙大王に人質を取られ、ケンシロウと相対することとなったレイ。ケンシロウが「敵を欺く」という意味を持つ「聖極輪」の構えをとったのを見て、レイが繰り出した技。
ケンシロウを仮死状態にして牙大王を欺いた。
レイは、内部から破壊する「北斗神拳」とは正反対の、外部からの破壊が特徴的な南斗聖拳の使い手である。なぜレイが秘孔をつけるのかが疑問視されたが、解説書の『北斗の拳 SPECIAL』では「北斗神拳と南斗聖拳は共通する基礎を持っている」とされ、レイが秘孔をつくのは不可能ではないらしい。

断己相殺拳(だんこそうさいけん)

南斗究極奥義。レイがラオウを倒すために決死の覚悟で繰り出した。しかし、ラオウに技を見切られ、技が炸裂する前に秘孔を突かれてレイは死亡した。
アニメではラオウがこの技とまともに対峙したシーンを思い浮かべている。その空想では、レイは秘孔を突かれて敗れるが、ラオウの手刀は切断されていた。

飛燕流舞(ひえんりゅうぶ)

南斗水鳥拳の奥義。レイが使用した。
空中を舞い、中にいる敵を切り刻む。作中では小鳥を襲う鷹を切り刻んだ。この技を放ったレイのあまりの美しさに、ナルシストのユダは嫉妬した。

飛翔白麗(ひしょうはくれい)

南斗水鳥拳の奥義。『蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-』では、南斗水鳥拳究極奥義とされていた。
宙に舞いあがり、敵の両肩めがけて手刀を振り下ろす。ユダは美しいこの技に見惚れて、避けることができずに敗北した。

朱雀展翔(すざくてんしょう)

アニメでレイが使用した技。原作では使われていない。
宙へ飛び上がって敵を切り裂く。その美しさにユダの手下が「美しい」と見とれた。

湖面遊(こめんゆ)

『蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-』でレイが使った南斗水鳥拳の奥義。
水面を漂う白鳥のような優雅な足さばきで敵陣に入り、複数の敵を倒す。

残鳥斬(ざんちょうざん)

『蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-』にでレイが使用した南斗水鳥拳の技。
一瞬の間に敵を切りつける。鋭すぎる切れ味に、動かなければ傷が癒着するが、動いてしまうと細切れになってしまう。ほとんどの場合は何が起こったのか理解できずに動いてしまい、死亡してしまう。

『蒼黒の餓狼 -北斗の拳 レイ外伝-』にてレイが使用した南斗水鳥拳の技。

無外絶影掌(むがいぜっえいしょう)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

北斗の拳の名言・名セリフまとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

目次 - Contents