北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

点穴縛(てんけつばく)

南斗紅鶴拳の奥義。原作には登場せず、アニメ版『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』で登場した。
ユダがラオウに対して放とうとしたが、ラオウ軍の副官・リュウガと軍師・ソウガに阻止し、ソウガがユダを倒してしまう。そのため、どのような技なのかは謎となっている。

誘幻掌(ゆうげんしょう)

シュウがケンシロウに対して使用した南斗白鷺拳の奥義。
手をゆっくりと回し、敵の背後に回って攻撃する。敵の背後に回るためには気配を読ませないことが重要で、目が見えないために敵から恐怖を感じないシュウだからこそできる技である。

烈脚空舞(れっきゃくくうぶ)

シュウがケンシロウに対して使用した。「南斗白鷺拳の真髄」とされている。
逆立ちをしたまま脚技を繰り出し、敵を切りつける。

南斗烈脚斬陣(なんとれっきゃくざんじん)

シュウが放った南斗白鷺拳の足技。
回転しながら技を放ち、周囲にいる者を両断する。

極星十字拳(きょくせいじゅうじけん)

南斗鳳凰拳の基本となる技。サウザーが使用する。
一瞬のうちに敵の間合いに入り込み、斬撃を加える。ほとんどの場合は十字形に切り裂かれる。
『天の覇王 北斗の拳ラオウ外伝』ではラオウに対して使用し、手傷を与えた。

天翔十字鳳(てんしょうじゅうじほう)

南斗鳳凰拳の奥義。サウザーの誇りをかけた技。
攻撃より防御に特化した技。自身の体を宙を舞う羽と化し、いかなる攻撃をも受け流す。それ故、戦局は圧倒的に天翔十字鳳の使い手が有利となる。
「帝王の拳」と称される鳳凰拳は攻撃に重きを置き、防御の構えを取ることは少ない。しかし、敵を認めた際には天翔十字鳳の構えをとって立ち向かう。

悠翔嶽(ゆうしょうがく)

原作では使用されない。アニメ版『北斗の拳 ラオウ外伝 天の覇王』でサウザーが使用した。
凄まじい連続の突きを繰り出す。ラオウが繰り出す連撃『北斗輯連打』と張り合った。

双羽落爪破(そううらくそうは)

ハーン兄弟の使う南斗双鷹拳の技。
二身一体となって宙を舞って斬撃を繰り出す。

南斗邪狼撃(なんとじゃろうげき)

ジャギがケンシロウに対して使用した南斗聖拳の技。
手刀による突きを繰り出し、築かれることなく敵の心臓をえぐり取ることができる。しかし、シンの南斗聖拳を知っているケンシロウは「シンの足元にも及ばない」と評している。ジャギがなぜこの技を習得しているのかは謎とされている。

鷹爪三角脚(ようそうさんかくきゃく)

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

北斗の拳の名言・名セリフまとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents