北斗の拳の必殺技まとめ

『北斗の拳』とは原作・武論尊、作画・原哲夫による日本の漫画である。アニメや映画など、様々なメディアミックスがなされた。199X年に起きた核戦争によって文明と人々の秩序が失われ、資源をめぐって争いが繰り返される世紀末が舞台。そんな世界で救世主として現れた伝説の暗殺拳"北斗神拳"の伝承者・ケンシロウの生き様を描くハードボイルドアクションである。今回、誰もが憧れ一度はマネをしたであろう北斗神拳の技の数々を紹介する。

残悔積歩拳(ざんかいせきほけん)

ケンシロウの義兄であるトキを偽り、村人を実験台にしていたアミバへケンシロウが使用した技。
無数の拳を叩き込み、自分の意志とは無関係に足を後ろへと進ませるという奥義。アミバを村にあった居城から遥か下の地面へと落下させた。

北斗破顔拳(ほくとはがんけん)

ケンシロウが牙一族のマダラに使用した技。
裏拳で相手の顔面にある飛行を突く。数秒後に相手は体が崩壊し、死に至る。
アニメで名前が明らかになった。

北斗仙気雷弾(ほくとせんきらいだん)

北斗神拳の分派「北斗琉拳」の伝承者・ジュウケイにリュウケンが放った技。
多数の分身を出現させ、上空から襲いかかる。

北斗鋼裂把(ほくとこうれつは)

ケンシロウがカサンドラの獄長ウイグルに使用した。
鋼鉄を引き裂くほどのすさまじい指の力を使い、相手の肉体を握り潰す奥義。

北斗有情拳(ほくとうじょうけん)

北斗の次兄・トキが得意とするのがこの「北斗有情拳」である。
通常、北斗神拳を食らったものは苦痛に悶えながら爆死するのであるが、トキの有情の拳を受けたものは痛みを感じず、寧ろ快楽と共に安らかに死んでいくことが多い。トキという人物がどういった人間なのかを印象付けた技である。
敵キャラには有情拳で情けをかけ、さらにはその暗殺拳を子供や女、老人たち弱きものを救うために尽力するトキの姿には心を打たれる。

北斗有情破顔拳(ほくとうじょうはがんけん)

核戦争がなく死の灰を浴びてさえなければ最強との呼び声が高く、他の兄弟3人もその実力を認めるほど強く美しい拳を使う北斗の次兄トキ。そのトキが作中で初めて使用した奥義がこの「北斗有情破顔拳」である。

カサンドラに囚われていたトキが脱獄の際に拳王親衛隊(ラオウの手下)の2人に使用した。トキの光線のような闘気を浴びた拳王親衛隊は、なんともない様子で技を馬鹿にしていた。しかし、体の関節が通常ではあらぬ方向に捻じ曲がっているのをお互いの身体をみて気づく。しかし有情拳により痛みを感じるどころか、遥かに大きな快楽に顔や身体をいびつな方向へ歪めながら死んでいった。

北斗七死騎兵斬(ほくとしちしきへいざん)

ケンシロウが黒王号に乗っていたラオウに対して使用した。
馬上のラオウの兜に傷をつけた。どのような効果があるのかは不明だが、ケンシロウのセリフから馬上の相手に対して有効な奥義であると思われる。

七星点心(しちせいてんしん)

北斗四兄弟の師匠であるリュウケンがラオウに対して使用した。
人間の動きの中にある北斗七星の形の七つの死角を辿る事で、敵を死へと導くという奥義。作中ではラオウを後一歩にまで追い詰めるほどの威力をみせた。

keeper
keeper
@keeper

Related Articles関連記事

北斗の拳の名言・名セリフまとめ

「北斗の拳(Fist of the North Star)」は、週刊少年ジャンプで連載されていた原作:武論尊、作画:原哲夫によるハードボイルドアクション。描かれる男達の激戦や、熱い友情は連載が終了した今でも尚、高い人気を誇りアニメやゲームなど様々なメディア展開を広げている。 主人公・ケンシロウをはじめとした個性溢れるキャラクター達は名言・迷言ともいえるユニークなセリフを残している。

Read Article

②《vol.16〜30》「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめ

「アメトーーク」DVD別《アニメ・漫画》ネタ芸人まとめですが、今回はvol.16〜vol.30までをまとめてみました。15巻までで、とりあえずガンダムネタは一段落ですが、まだまだたくさんネタは存在しますよ。ちなみにDVDは全て2枚組、さらにテレビでは放送されていない完全限定特典映像などもついてきますb

Read Article

2015年現在のメダルゲームも意外と面白いまとめ

日本は趣味・娯楽の多様化もあって、最近じゃなかなかゲームセンターに行かない人も多いと思います。しかしながら、時代とともに進化・パワーアップしているのは、なにも周辺の技術だけではないのです。昔楽しかったアーケード、メダルゲームも日に日にグレードアップして面白くなっているのです。今回はそんな見直されるべきメダルゲームを、面白ポイントとともにまとめてみました。

Read Article

目次 - Contents