コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説・考察まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、及びそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

悪魔の「ブヒブヒ」と謎怪人「スージー」は、このところ良い儲け話がなくイライラしていた。
二人はメルヘンの国の中の人たちを困らせて楽しんだり、詐欺や恐喝でお金を得ている不良である。
ある日、ブヒブヒとスージーは友達思いで有名なクラスメイトの「テル子」に目を付け、テル子を誘拐した。
友達の多いテル子ならば身代金を皆が払ってくれると思ったからである。
ブヒブヒとスージーは、クラスメイトたちにテル子を返して欲しければ300万円用意するように言う。
五作とルルが先生を呼びに行き、教室にやってきた先生は身代金の事をうさ子から聞いて驚く。
こういう時、普通は警察を呼ぶが、メルヘンの国では悪い事をする人がいないため警察がいないのである。
そのため誘拐されたテル子を誰かに助けてもらう事はできなかった。
ブヒブヒたちを捕まえる事よりテル子の安全を優先し、クラスメイトでお金を用意する事になった。
まずはじめに先生は「30万出す」と言う。
続いて問答鉛筆で稼いでいるおかめちゃんも「30万出す」と言う。
ゲランはハレハレ君にサインを買うためのお金を身代金に回すように言われ、先生にもいくら出せるか問い詰められ困ってしまう。
するとコジコジが「100万円出せる」と勝手に言ったため、ゲランは100万円出す事になった。
さらにドーデスが「50万出す」というと、次郎はドーデスを立派だと褒めた。
正月君はひな子と夏のバカンスへ行くために貯めていたお金を使い「20万出す」と言う。
五作・ルルがお小遣いを合わせて5万、うめばち姫、うさ子、テル子はそれぞれ3万、次郎とコロ助が1万、頭花君とやかん君は2万出すという。
他のクラスメイトたちも自分の出せる金額を言い始めて、合計で300万円集まった。
コジコジとジョニーはお金を全く持っておらず、何も出せなかった。
ジョニーは自分は役立たずだと感じていたが、カツブー、うめばち姫、ペロちゃんがジョニーに「気持ちが大事だ」と言って慰めた。

次に誰が身代金を持って行くのか決める事になり、テル子と特に仲良しであるペロちゃんとうさ子が立候補するも、先生に危険であるため女の子はダメだと却下される。
ペロちゃんが立候補したのなら自分もとやかん君が立候補するが、おかめちゃんに「いざという時、飛べる人の方がいいと思います。やかんじゃダメよ」と言われ、しょんぼりしてしまう。
次に男で且つ空を飛ぶ事が出来る正月君が立候補し、正月君に決まる。
コジコジもついていくようであった。

身代金は夜に地蔵峠の頂上で渡す事になっていた。
正月君とコジコジは夜になってから身代金を持って出発する。
コジコジは身代金を持ちたいと言い出し、正月君は少し考えた後コジコジに身代金の入った袋を持たせた。
コジコジは風呂敷を持つとサンタさんの真似をし、正月君はコジコジは度胸があるなと感じていた。
二人は空を飛んで移動していたが、コジコジがお地蔵さんの前に着地し、そこで昼間にカメ吉に貰ったお饅頭をお地蔵さんにお供えした。
そんなコジコジを見ていたお正月君も、お地蔵さんに手を合わせた。

待ち合わせの地蔵峠の頂上にはブヒブヒとスージーが待っており、テル子は小さい檻に入れられていた。
正月君とコジコジが到着すると、ブヒブヒはコジコジから身代金の入った風呂敷を奪い取る。
そして300万円ちゃんと入っているか数えたあと、テル子の入った檻を蹴っ飛ばして二人に渡した。
テル子は正月君に檻から出してもらい、身代金を持ってきた正月君とコジコジにお礼を言う。
お正月君が「僕らだけじゃないよ、クラスの皆がテル子のことを思っていたんだ」と言うと、テル子は涙を流した。
すると突然ブヒブヒが持っていた身代金が光り出し、300万円が消えて大きなお地蔵さんが現れた。
お地蔵さんは先ほどコジコジがお参りしたお地蔵さんであった。
お参りの際にコジコジから事の経緯を聞いていたお地蔵さんは、「この馬鹿者どもめ!この地蔵の怒りを知れ!」と言ってブヒブヒとスージーに雷を落とした。
雷が直撃した二人は灰になって飛んで行った。

その頃、次郎の元に1万、ひな子の元に20万、ゲランの元に100万が戻ってきた。
他のクラスメイトの元にも次々に身代金として払ったお金が戻っていった。
お地蔵さんはコジコジに「お金は全て元に戻った」と言うと、コジコジは「ジョニーはお金を出せなかったけど友情を出した」のだと話す。
お地蔵さんは「ジョニー君にはお金は戻してあげられないけれど、特別にいいものをあげたよ」と言ってウィンクし、消えて行った。

家の無いジョニーは木の下でいつものように物憂げな顔をしため息をついてた。
すると突然目の前にお饅頭が出てきた。
ジョニーは驚きながらもお饅頭を手にし、「なんか、友情の味っていう気がするな」と思いながらお饅頭を食べた。

『コジコジ』の登場人物・キャラクター

主人公

コジコジ

CV:青木静香

本作の主人公。
宇宙生命体という事以外は年齢も性別も不明。
本人すらも自分が何なのか知らず、興味も無い様子。
年齢については、メルヘンの国で恐らく一番長生きをしている13億歳の「長生きばあさん」の子供の頃を知っている描写があるため、少なくとも13億歳以上となる。
長生きばあさんは赤ちゃんの頃にクマの人形と遊んだという記憶があり、そのクマの人形と思っていた物がコジコジだと思われる。
両親に手紙を書くエピソードで、コジコジが自分に両親が居ない事を不思議に思うとどこからともなく両親の声が聞こえ、コジコジは「宇宙の子」であると教えた。
しかし翌日には宇宙という単語を忘れてしまい、両親は「「う」と「ち」の付く単語」であると次郎に話し、宇野千代と荒井注の子供だという誤解を生んだ。
性格はマイペース、天然、お気楽、のんびり、毒舌家で、周りの意見と反対の事を言い周りを困らせている。
それらがわざとなのか天然なのかは定かでは無いが、的を射た的確な毒舌も言うため丸っきりの天然とも違うように思われる。
言動のチンプンカンプンさから周りからは当てにされていないが、たまに哲学的で神秘性のある言動をして周りを驚かせる事もある。
やかん君のお茶と、カメ吉の持って来るおまんじゅうをよく好んで飲食しており、三人で一緒に居る事も多い。
しかし一番一緒に居る事が多いのは隣の席の次郎や、次郎の友人のコロ助など。
特に次郎を気に入っているのか自ら話しかける事が多く、次郎に邪険にされるとわざとらしく号泣したり、次郎をバカにしたりもする。
モノマネが得意で、カメ吉やペロちゃんの真似をした事がある。
歌う事が好きで、アニメでは度々独特な歌を歌うシーンがある。
コジコジの能力に関しては不明な点が多いが、長時間持続可能な飛行能力があり、日がな一日遊びながらかなり遠くの国や街まで行っているようである。
それ以外にも、雷を撥ね退けたり、地球と電波を繋いだりなど、チートな能力を持っているようであるが、全貌は不明。
家はなく、学校の後は好きなところをウロウロして遊び、お腹が空いたら昼間に貰ったお饅頭を食べたり、眠くなったらその辺の木や三日月をベッドにして眠っている。
普段の言動から常識など何も知らないかのような突拍子もない発言が多いが、結果的にそれが的を射ていることが多く本当は世界の全てを知っているようにも取れる。しかし真相は不明。

メルヘン学校の生徒・教師

次郎

CV:高乃麗

コジコジの隣の席に座っている半魚鳥。
鳥と魚両方の不利な面が遺伝した種族であるため、「飛べない鳥、泳げない魚」という特徴がある。
コジコジに対して突き放すような態度を取っているが、コジコジの方からは気に入られており頻繁に話しかけられていて、よく一緒に帰っていて何だかんだ仲は良い。
ツッコミ役で、特にコジコジに対しては良く突っ込みを入れている。
食べ方が汚かったり、自室をちらかすなど、少々だらしない性格。
物事を斜めから見ていることが多く、他人に対して辛辣な感想を言う事もある。
しかし悪意は無く、男女両方のクラスメイトと上手くやっている。
苦手なものは母親で、反抗的な態度を取ったり口答えをすると引っ叩かれたり怒鳴りつけられたりとしっぺ返しを喰らっている。
そんな母親から逃れるため一度は一人暮らしも考えたが、結局は自立するための資金も、バイトをする気力も無く実家に住んでいる。
父親の名前は太郎。

コロ助

CV:石塚堅

次郎と仲良い雪だるま。
雪だるまなのに暖かいところが好き。
好色家の美女好きで、エロや下ネタなどの話が好き。
ミステリアスなおかめちゃんに興味があるが、おかめちゃんはタイプではないため恋愛対象というわけでは無い様子。
コロ助がおかめちゃんを気にする事が多いため、次郎におかめちゃんとの関係をからかわれるが、コロ助は恋愛では無いと否定している。
親からの仕送りで家賃1万のアパートに一人暮らしをしている。
皿洗いのアルバイトをしており、貯めたお金で携帯電話を買った。
人間の作った雪だるまと合体する事ができ、地球の日本でやすひこ君という少年と一緒に過ごした思い出がある。
飛行能力があり、地球まで飛んで行くことが出来る。

ゲラン

CV:西原K太

太陽の城の王様。五千万歳。
有名人のサイン集めが趣味で、特に高橋留美子を敬愛している。
大好物はプリンアラモード。
性格はだだっ子で自分勝手であるが、本人は自分を威厳ある性格だと思っている。
しかし友人を気遣うなどの優しさもある。
褒め言葉に弱く、おだてられて騙されたりもする。
王様であるためお金を沢山持っており、よくブヒブヒやスージーのカモにされている。
隣の席に座るドーデスに良く話しかけているが、塩対応されていることが多い。
顔以外は子供っぽいが既婚者。
また、メルヘンの国の太陽であるため怒らせてしまうとメルヘンの国から光がなくなってしまう。
トラブルメーカーとしての面もあるが、スージーたちのように悪意のあるものではなくクラスメイトとも仲良くしている。

ドーデス

CV:泉尚摯

雷の城の王様。
クールでシニカルな性格で、ゲランとは対照的に紳士的で常識のある落ち着いた性格。
王様同士且つ席が隣ということもありゲランと一緒に居る事が多く、一緒に有名人のサイン会に行くような仲ではある。
しかしお互いのテンションの差から凄く仲良しという風にはあまり見えない。
雷の城で雷の管理をしており、部下の指導に精を出している。
一度はスパイダー仮面という悪者に城への進入を許し雷装置を悪用されそうになったこともあったが、装置の扱いの難しさとコジコジの裏での活躍によって大事にならずに済んだ。
その後スパイダー仮面が再びメルヘンの国を支配しに現れたときは、率先して雷装置で撃退しようと動いていた。
コジコジに対して一目置いている珍しい存在。

頭花君

CV:石川大介

頭花族の少年。頭に花が生えている。
病気になったときは、頭花族に伝わる万能薬のキノコを食べないと花が枯れて死んでしまう。
頭花とは種族名であり苗字でもある。頭花君の名前は「咲男」。
咲男という名前の由来は、「花が咲いている事から」というそのまんまのネーミングで、その事に本人はショックを受け自分や頭花族という存在に疑問を巡らす様になった。
何故頭花族は頭から花が咲いているのか不明であるが、生まれた時から頭に一本花が咲いており、自分の頭に咲く花の種類は選ぶ事が出来ない。
親戚には「ヒヤシンス(兄)」と「マーガレット(妹)」という美男美女の兄妹がいて、頭花君とは顔の造詣が全然違う。
好奇心旺盛な性格で、自分とは一切関係ない事にも興味を持ち、事の顛末を知りたがったり色々なものを見学しに行きたがる。
キノコが大好物で、一度笑いタケを食べて死に掛けたことがある。

おかめちゃん

lisa_999h4
lisa_999h4
@lisa_999h4

Related Articles関連記事

魔法陣グルグルの魔法・グルグル・キラキラまとめ

魔法陣グルグルの魔法・グルグル・キラキラまとめ

『魔法陣グルグル』は、『ドラゴンクエスト』を産んだENIX(現スクウェア・エニックス)の『月刊少年ガンガン』にて連載されていた、衛藤ヒロユキによる「『ドラクエ』っぽい」漫画です。 2012年より続編の『魔法陣グルグル2』が『ガンガンONLINE』で連載開始。さらに2017年には3度目のTVアニメが放送された人気作品です。独特の「魔法・グルグル・キラキラ」についてまとめました。

Read Article

NEW
HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の念能力・必殺技まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは1998年に連載が開始された冨樫義博氏が描く少年漫画である。 くじら島出身の少年、ゴン=フリークスが、父親であるジン=フリークスを追い求める冒険の中での様々な人との出会い成長していく。熱いバトルが繰り広げられる冒険譚である本作品を楽しむためにはかかせないのが念能力の存在。念能力は作中に登場する特殊能力で、その方向性によっていくつかの系統に分けることが可能である。

Read Article

魔法陣グルグル 2017(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法陣グルグル 2017(アニメ)のネタバレ解説・考察まとめ

「魔法陣グルグル 2017」とは、「衛藤ヒロユキ」による作品「魔法陣グルグル」の三度目のアニメーション作品。1回目「魔法陣グルグル」は1997年にアニメ化、2回目「ドキドキ伝説 魔法陣グルグル」は2000年にアニメ化、3度目になる本作は2017年にアニメ化。全二作はシリーズであったが、本作は原作一話から最終話までを全24話構成で製作したものとなる。主人公「ニケ」は勇者になるために、グルグルという魔法を使うヒロイン「ククリ」に出会い、二人は魔王ギリを倒す旅に出る。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)のネタバレ解説・考察まとめ

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)とは、1998年から『週刊少年ジャンプ』で連載されている日本の漫画作品。原作は幽遊白書などでお馴染みの冨樫義博。くじら島に住む少年ゴン=フリークスは、居ないと思っていた父親が優秀なハンターであることを知り、強い憧れを抱く。そしてゴンはハンターを目指し、くじら島を旅立つ。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の幻影旅団まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画作品、及びそれを原作とした映画やアニメなどのメディアミックス作品である。 父親であるジンを探すため、そして憧れていたハンターになるためにゴンは旅に出る。その先で、キルア、クラピカ、レオリオという仲間と出会い、ゴンは様々な冒険を繰り広げる。 「幻影旅団」とは、A級賞金首達が集う盗賊集団である。敵キャラでありながらも個性的な面々が集う幻影旅団は、ファンからも深く愛されている。

Read Article

魔法陣グルグル(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

魔法陣グルグル(アニメ・漫画)のネタバレ解説・考察まとめ

『魔法陣グルグル』とは1992年から2003年まで月間ガンガン(エニックス出版、現在のスクエア・エニックス出版)に掲載された衛藤ヒロユキによるギャグファンタジー漫画。本作を原作としたアニメ、ゲーム、スピンオフ作品が多数存在する。 舞台はドラゴンクエスト風ファンタジー世界。なりゆきで勇者となった少年ニケ、伝説の魔法「グルグル」を使う少女ククリが、さまざまな試練を「ギャグ」で乗り越えて行く姿を描く。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の特質系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)』とは『週刊少年ジャンプ』で連載している冨樫義博による少年漫画である。主人公のゴン=フリークスが父親を探すため、怪物・財宝・賞金首・美食・遺跡・幻獣など、稀少な事物を追求することに生涯をかける「ハンター」になり、様々な冒険をする物語だ。ハンターは仕事柄、未知の領域に踏み込むことが多いため、念能力という特殊な能力を身につけている。その中でも特質系と呼ばれる系統は他に類のない特殊な能力で、特質系に分類される能力者はとても少ない。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の操作系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。念能力の系統の一つ・「操作系」とは物質や生物などの物体をオーラで操作する能力で、高い応用性を持った系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の放出系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「放出系」とは体から離れたオーラを飛ばす、何らかの形を与える能力が多い。ゴンと共にハンター試験を受けたレオリオは、放出系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の具現化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「具現化系」とは念能力の系統の一つで、オーラを物質化させることができる。主要人物の一人であるクラピカは具現化系に属する。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の強化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博の漫画作品及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父を探す為に怪物、財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事の追求を生涯をかける「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」と呼ばれる特殊な能力を身に着けていなくてはならない。「強化系」とは、念能力を六つの系統に分けた属性の一つで、物の持つ力や働きを強める系統である。

Read Article

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

HUNTER×HUNTER(ハンター×ハンター)の変化系能力者まとめ

『HUNTER×HUNTER』とは、冨樫義博による漫画、及びそれを原作とするメディアミックス作品である。主人公のゴン=フリークスが父親を探す為に財宝、賞金首、美食、幻獣などの稀少な物事を探すことに生涯をかける職業「ハンター」を目指す。仕事柄未知の領域に足を踏み入れることが多い為、ハンターは生命エネルギーであるオーラを操る「念能力」を身に着けなくてはならない。「変化系」はオーラの形状や性質を変える能力で、糸、電気、ゴムなどあらゆるものに変化させる。ゴンの友人で、暗殺一家のキルアも変化系に属する。

Read Article

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゼノ=ゾルディックとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主人公ゴン=フリークスの親友であるキルア=ゾルディックの祖父。暗殺一家ゾルディック家の一員。キルアに対して甘い一面があり、家族の意に反しハンターの道を進むキルアを見守っている。オーラと呼ばれる生命エネルギーを龍に変化させ自在に操る変化系の能力者。ハンター協会会長を務めていたアイザック=ネテロと古くから付き合いがあり、表社会と裏社会を統べる者同士で持ちつ持たれつの関係を築いている。登場人物の中でも、トップクラスの実力の持ち主である。

Read Article

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シルバ=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターであり、暗殺一家ゾルディック家の当主。ゴンの友達キルアの父親。長身、長髪で筋肉質な見た目は周りのものを委縮させるほどの威圧感がある。過去には幻影旅団の団員と戦って暗殺したことがあり、暗殺者としては一流の腕を持つ。キメラアント編ではヂートゥを一撃で叩き潰している。

Read Article

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ヒソカ=モロウとは『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、ピエロのような風貌の気まぐれな殺人快楽者。主人公ゴンと同じく第287期ハンター試験に合格。気に入った強敵と戦って殺すことに喜びを感じ、興味のない相手は躊躇なく殺す。ハンター協会内でも「謎の奇術師」として警戒されている。自らに匹敵する強さになると見込んだゴンをいたく気に入っている。幻影旅団の団長と戦うために一時団員として身を置いていた。団長との戦闘で敗北し奇跡的に生還を遂げた後は、旅団員を全員を殺すため暗黒大陸を目指す船に潜伏している。

Read Article

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

イルミ=ゾルディックとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている漫画『HUNTER×HUNTER』に登場する、ゾルディック家の長男でキルアの兄である。黒い瞳に黒髪ロングの見た目で感情の起伏に乏しく表情も全く変化がないため日本人形や能面を思わせる雰囲気を持っている青年。弟のキルアに対して異常な執着を持っており、普段は感情をあまり表に出さない冷酷なイメージだが、キルアが絡むと感情を露わにすることがある。執事のツボネ曰くイルミと次男のミルキは母親似で好きになれないらしい。

Read Article

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディック(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

キルア=ゾルディックとは漫画『HUNTER×HUNTER』の主要人物の1人で、伝説の暗殺一家の三男。暗殺術の才能はゾルディック家史上随一と言われており、ゾルディック家当主の父シルバ、長男イルミから英才教育を受けていた。しかし敷かれたレールの上を歩く人生に嫌気がさし、ある日母と次男を刺して家出をする。そして暇つぶしに受けたハンター試験でゴンに出会うのであった。

Read Article

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

マチ=コマチネは『HUNTER×HUNTER』において最初に登場した幻影旅団(通称クモ)の一員である。主に追跡や治療の役割を担っており、ゴンやキルア、ヒソカといった主要メンバーと関わる機会が多い敵陣のキャラクターだ。強気でクールな性格であり、自らと関係のない人物の命を容赦なく奪う。その一方で同じ旅団員、特に結成時のメンバーには仲間意識が強い。また団長クロロに厚い信頼を寄せている。

Read Article

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークス(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

ゴン=フリークスとは『週刊少年ジャンプ』に掲載されている『HUNTER×HUNTER』に登場する主人公である。ツンツンに逆立つ緑色がかった黒髪にどんぐり目の一重の少年。くじら島の出身で叔従母(いとこおば)のミトのもとで、幼い頃から大自然に囲まれて育ち、8歳の時にカイトと出会い、自然の厳しさと父親ジン=フリークスのことを教えられ、ハンターに対して強い憧れを抱く。そして11歳になり、父親を探し自分の夢を叶えるために、くじら島を出てハンター試験を受ける。

Read Article

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

クラピカとは、『HUNTER×HUNTER』の登場人物で、主要人物の1人。興奮状態になると目が緋色になる少数民族”クルタ族”の生き残り。同胞を惨殺し”緋の眼”を奪い去った幻影旅団を捕まえるため第287期ハンター試験を受験し合格。イズナビの元で修業を積み念能力を習得し、ノストラードファミリーとして裏社会で暗躍しながら亡き同胞の奪われた目を取り戻していく。レオリオの推薦で”十二支ん”のメンバーに抜擢され、残りの目を取り戻すため”B・W(ブラックホエール)1号”に乗り暗黒大陸を目指す。

Read Article

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエム(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

メルエムとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターでキメラ=アントの王。自らが種の全てを託された王であるという自覚と自負を、生まれながらにして持っている。非常にプライドが高く、自身の発言・命令への拒否、偽り、誤魔化しは断じて許さない。口癖は「二度言わすな」。身体能力は他のキメラアントを遥かに凌駕しており、長く伸びた尾をムチのように振るい、相手を叩き潰すことを得意としている。

Read Article

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フェイタン=ポートオとは『HUNTER×HUNTER』における悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。戦闘に長けており、殺人に躊躇のない冷酷さを持つ。中でも拷問好きの一面を持ち、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンに拷問を仕掛けようとした。一族を殺された報復としてクラピカにメンバーの殺害や団長を誘拐され、お互いを殺し合おうと激しい争いを繰り返している。一人称はワタシで「お前 調子乗りすぎね」等、特徴的な話し方をする。主な武器は、刀と弾丸を備えた傘。ゲームに興味を寄せる一面もある。

Read Article

NEW
フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

フィンクス=マグカブとは、冨樫義博の作品である『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクター。クモと呼ばれる盗賊集団・幻影旅団の初期メンバーで、戦闘に長けており殺人に一切の躊躇がない冷酷さを持つ。中でも短気な性格であり、団長クロロの奪還について反対するフィンクスに主人公・ゴンが腹を立てた際は、その首を折ると脅した。また旅団メンバーに助言を行うこともあり、冷静な状況判断にも長けている。常に武器は持たず、肉弾戦を得意としている。一族を滅ぼされたクラピカと旅団で激しい争いを繰り返している。

Read Article

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイ(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

シャルナーク=リュウセイとは『HUNTER×HUNTER』に登場する悪名高い盗賊集団・幻影旅団(通称クモ)の一員である。旅団結成時からの初期メンバーで、明るく仲間想いな性格である反面、殺人への躊躇がない冷酷な一面を持つ。また論理的な思考の持ち主で、旅団のアジトに連れ去られた主人公・ゴンが標的とは無関係だと結論づけた後は、すぐ逃がそうとした。プロのハンターでもあり、旅団内では主に情報処理を担当している。団長クロロが不在の際には、その優れた知識と分析力で状況を判断し、メンバーに対して指揮をとる。

Read Article

NEW
カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイト(HUNTER×HUNTER)の徹底解説・考察まとめ

カイトとは漫画『HUNTER×HUNTER』に登場するキャラクターで主人公ゴンの父親であるジンの弟子であり、ゴンの先輩にあたるプロハンターである。股に届くほど伸ばした長髪の青年で、帽子を愛用している。父親は死んだと教えられていたゴンに、ジンは生きていること、ハンターという職業があることを教え、自分もジンのようなハンターになりたいと決意させたのはカイトである。

Read Article

どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

どうしてコンナコトニナッタノカ?『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが色んな意味で凄すぎた。

『HUNTER×HUNTER』と言えば、1998年から「週刊少年ジャンプ」にて連載が始まったマンガです。しかし、作者の冨樫義博先生の度重なる休載により、17年経った今も「未完」となったまま“動き”がありませんでした。ところが、バンダイから販売されている『HUNTER×HUNTER』HGフィギュアが、色々と「トンデモない」“動き”をしていたのをご存知でしょうか?

Read Article

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の複雑な人間関係を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

【HUNTER×HUNTER】暗黒大陸編の複雑な人間関係を徹底解説・考察まとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。暗黒大陸は「世界の外側」「外の世界」と言われる人間が住む大陸のさらに外側にある世界のことで、大変危険な場所である。しかしその万病に効く香草や究極の長寿食ニトロ米などのメリットもあり、カキン帝国が「暗黒大陸」への進出を突如として宣言した。

Read Article

HUNTER×HUNTERの衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

HUNTER×HUNTERの衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターまとめ【ハンター×ハンター】

『HUNTER×HUNTER』(ハンター×ハンター)は主人公の少年・ゴン=フリークスがまだ見ぬ父親のジンと会うため、父の職業であったハンターとなり、仲間達との絆を深めながら成長する様を描いた冒険漫画である。本作は少年漫画の中ではショッキングな描写も多く、人気キャラクターが簡単に死んでしまうこともある。ここでは衝撃的な死を遂げた登場人物・キャラクターを紹介する。

Read Article

目次 - Contents