コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

悪魔の「ブヒブヒ」と謎怪人「スージー」は、このところ良い儲け話がなくイライラしていた。
二人はメルヘンの国の中の人たちを困らせて楽しんだり、詐欺や恐喝でお金を得ている不良である。
ある日、ブヒブヒとスージーは友達思いで有名なクラスメイトの「テル子」に目を付け、テル子を誘拐した。
友達の多いテル子ならば身代金を皆が払ってくれると思ったからである。
ブヒブヒとスージーは、クラスメイトたちにテル子を返して欲しければ300万円用意するように言う。
五作とルルが先生を呼びに行き、教室にやってきた先生は身代金の事をうさ子から聞いて驚く。
こういう時、普通は警察を呼ぶが、メルヘンの国では悪い事をする人がいないため警察がいないのである。
そのため誘拐されたテル子を誰かに助けてもらう事はできなかった。
ブヒブヒたちを捕まえる事よりテル子の安全を優先し、クラスメイトでお金を用意する事になった。
まずはじめに先生は「30万出す」と言う。
続いて問答鉛筆で稼いでいるおかめちゃんも「30万出す」と言う。
ゲランはハレハレ君にサインを買うためのお金を身代金に回すように言われ、先生にもいくら出せるか問い詰められ困ってしまう。
するとコジコジが「100万円出せる」と勝手に言ったため、ゲランは100万円出す事になった。
さらにドーデスが「50万出す」というと、次郎はドーデスを立派だと褒めた。
正月君はひな子と夏のバカンスへ行くために貯めていたお金を使い「20万出す」と言う。
五作・ルルがお小遣いを合わせて5万、うめばち姫、うさ子、テル子はそれぞれ3万、次郎とコロ助が1万、頭花君とやかん君は2万出すという。
他のクラスメイトたちも自分の出せる金額を言い始めて、合計で300万円集まった。
コジコジとジョニーはお金を全く持っておらず、何も出せなかった。
ジョニーは自分は役立たずだと感じていたが、カツブー、うめばち姫、ペロちゃんがジョニーに「気持ちが大事だ」と言って慰めた。

次に誰が身代金を持って行くのか決める事になり、テル子と特に仲良しであるペロちゃんとうさ子が立候補するも、先生に危険であるため女の子はダメだと却下される。
ペロちゃんが立候補したのなら自分もとやかん君が立候補するが、おかめちゃんに「いざという時、飛べる人の方がいいと思います。やかんじゃダメよ」と言われ、しょんぼりしてしまう。
次に男で且つ空を飛ぶ事が出来る正月君が立候補し、正月君に決まる。
コジコジもついていくようであった。

身代金は夜に地蔵峠の頂上で渡す事になっていた。
正月君とコジコジは夜になってから身代金を持って出発する。
コジコジは身代金を持ちたいと言い出し、正月君は少し考えた後コジコジに身代金の入った袋を持たせた。
コジコジは風呂敷を持つとサンタさんの真似をし、正月君はコジコジは度胸があるなと感じていた。
二人は空を飛んで移動していたが、コジコジがお地蔵さんの前に着地し、そこで昼間にカメ吉に貰ったお饅頭をお地蔵さんにお供えした。
そんなコジコジを見ていたお正月君も、お地蔵さんに手を合わせた。

待ち合わせの地蔵峠の頂上にはブヒブヒとスージーが待っており、テル子は小さい檻に入れられていた。
正月君とコジコジが到着すると、ブヒブヒはコジコジから身代金の入った風呂敷を奪い取る。
そして300万円ちゃんと入っているか数えたあと、テル子の入った檻を蹴っ飛ばして二人に渡した。
テル子は正月君に檻から出してもらい、身代金を持ってきた正月君とコジコジにお礼を言う。
お正月君が「僕らだけじゃないよ、クラスの皆がテル子のことを思っていたんだ」と言うと、テル子は涙を流した。
すると突然ブヒブヒが持っていた身代金が光り出し、300万円が消えて大きなお地蔵さんが現れた。
お地蔵さんは先ほどコジコジがお参りしたお地蔵さんであった。
お参りの際にコジコジから事の経緯を聞いていたお地蔵さんは、「この馬鹿者どもめ!この地蔵の怒りを知れ!」と言ってブヒブヒとスージーに雷を落とした。
雷が直撃した二人は灰になって飛んで行った。

その頃、次郎の元に1万、ひな子の元に20万、ゲランの元に100万が戻ってきた。
他のクラスメイトの元にも次々に身代金として払ったお金が戻っていった。
お地蔵さんはコジコジに「お金は全て元に戻った」と言うと、コジコジは「ジョニーはお金を出せなかったけど友情を出した」のだと話す。
お地蔵さんは「ジョニー君にはお金は戻してあげられないけれど、特別にいいものをあげたよ」と言ってウィンクし、消えて行った。

家の無いジョニーは木の下でいつものように物憂げな顔をしため息をついてた。
すると突然目の前にお饅頭が出てきた。
ジョニーは驚きながらもお饅頭を手にし、「なんか、友情の味っていう気がするな」と思いながらお饅頭を食べた。

『コジコジ』の登場人物・キャラクター

主人公

コジコジ

CV:青木静香

本作の主人公。
宇宙生命体という事以外は年齢も性別も不明。
本人すらも自分が何なのか知らず、興味も無い様子。
年齢については、メルヘンの国で恐らく一番長生きをしている13億歳の「長生きばあさん」の子供の頃を知っている描写があるため、少なくとも13億歳以上となる。
長生きばあさんは赤ちゃんの頃にクマの人形と遊んだという記憶があり、そのクマの人形と思っていた物がコジコジだと思われる。
両親に手紙を書くエピソードで、コジコジが自分に両親が居ない事を不思議に思うとどこからともなく両親の声が聞こえ、コジコジは「宇宙の子」であると教えた。
しかし翌日には宇宙という単語を忘れてしまい、両親は「「う」と「ち」の付く単語」であると次郎に話し、宇野千代と荒井注の子供だという誤解を生んだ。
性格はマイペース、天然、お気楽、のんびり、毒舌家で、周りの意見と反対の事を言い周りを困らせている。
それらがわざとなのか天然なのかは定かでは無いが、的を射た的確な毒舌も言うため丸っきりの天然とも違うように思われる。
言動のチンプンカンプンさから周りからは当てにされていないが、たまに哲学的で神秘性のある言動をして周りを驚かせる事もある。
やかん君のお茶と、カメ吉の持って来るおまんじゅうをよく好んで飲食しており、三人で一緒に居る事も多い。
しかし一番一緒に居る事が多いのは隣の席の次郎や、次郎の友人のコロ助など。
特に次郎を気に入っているのか自ら話しかける事が多く、次郎に邪険にされるとわざとらしく号泣したり、次郎をバカにしたりもする。
モノマネが得意で、カメ吉やペロちゃんの真似をした事がある。
歌う事が好きで、アニメでは度々独特な歌を歌うシーンがある。
コジコジの能力に関しては不明な点が多いが、長時間持続可能な飛行能力があり、日がな一日遊びながらかなり遠くの国や街まで行っているようである。
それ以外にも、雷を撥ね退けたり、地球と電波を繋いだりなど、チートな能力を持っているようであるが、全貌は不明。
家はなく、学校の後は好きなところをウロウロして遊び、お腹が空いたら昼間に貰ったお饅頭を食べたり、眠くなったらその辺の木や三日月をベッドにして眠っている。
普段の言動から常識など何も知らないかのような突拍子もない発言が多いが、結果的にそれが的を射ていることが多く本当は世界の全てを知っているようにも取れる。しかし真相は不明。

メルヘン学校の生徒・教師

次郎

CV:高乃麗

コジコジの隣の席に座っている半魚鳥。
鳥と魚両方の不利な面が遺伝した種族であるため、「飛べない鳥、泳げない魚」という特徴がある。
コジコジに対して突き放すような態度を取っているが、コジコジの方からは気に入られており頻繁に話しかけられていて、よく一緒に帰っていて何だかんだ仲は良い。
ツッコミ役で、特にコジコジに対しては良く突っ込みを入れている。
食べ方が汚かったり、自室をちらかすなど、少々だらしない性格。
物事を斜めから見ていることが多く、他人に対して辛辣な感想を言う事もある。
しかし悪意は無く、男女両方のクラスメイトと上手くやっている。
苦手なものは母親で、反抗的な態度を取ったり口答えをすると引っ叩かれたり怒鳴りつけられたりとしっぺ返しを喰らっている。
そんな母親から逃れるため一度は一人暮らしも考えたが、結局は自立するための資金も、バイトをする気力も無く実家に住んでいる。
父親の名前は太郎。

コロ助

CV:石塚堅

次郎と仲良い雪だるま。
雪だるまなのに暖かいところが好き。
好色家の美女好きで、エロや下ネタなどの話が好き。
ミステリアスなおかめちゃんに興味があるが、おかめちゃんはタイプではないため恋愛対象というわけでは無い様子。
コロ助がおかめちゃんを気にする事が多いため、次郎におかめちゃんとの関係をからかわれるが、コロ助は恋愛では無いと否定している。
親からの仕送りで家賃1万のアパートに一人暮らしをしている。
皿洗いのアルバイトをしており、貯めたお金で携帯電話を買った。
人間の作った雪だるまと合体する事ができ、地球の日本でやすひこ君という少年と一緒に過ごした思い出がある。
飛行能力があり、地球まで飛んで行くことが出来る。

ゲラン

CV:西原K太

太陽の城の王様。五千万歳。
有名人のサイン集めが趣味で、特に高橋留美子を敬愛している。
大好物はプリンアラモード。
性格はだだっ子で自分勝手であるが、本人は自分を威厳ある性格だと思っている。
しかし友人を気遣うなどの優しさもある。
褒め言葉に弱く、おだてられて騙されたりもする。
王様であるためお金を沢山持っており、よくブヒブヒやスージーのカモにされている。
隣の席に座るドーデスに良く話しかけているが、塩対応されていることが多い。
顔以外は子供っぽいが既婚者。
また、メルヘンの国の太陽であるため怒らせてしまうとメルヘンの国から光がなくなってしまう。
トラブルメーカーとしての面もあるが、スージーたちのように悪意のあるものではなくクラスメイトとも仲良くしている。

ドーデス

CV:泉尚摯

雷の城の王様。
クールでシニカルな性格で、ゲランとは対照的に紳士的で常識のある落ち着いた性格。
王様同士且つ席が隣ということもありゲランと一緒に居る事が多く、一緒に有名人のサイン会に行くような仲ではある。
しかしお互いのテンションの差から凄く仲良しという風にはあまり見えない。
雷の城で雷の管理をしており、部下の指導に精を出している。
一度はスパイダー仮面という悪者に城への進入を許し雷装置を悪用されそうになったこともあったが、装置の扱いの難しさとコジコジの裏での活躍によって大事にならずに済んだ。
その後スパイダー仮面が再びメルヘンの国を支配しに現れたときは、率先して雷装置で撃退しようと動いていた。
コジコジに対して一目置いている珍しい存在。

頭花君

CV:石川大介

頭花族の少年。頭に花が生えている。
病気になったときは、頭花族に伝わる万能薬のキノコを食べないと花が枯れて死んでしまう。
頭花とは種族名であり苗字でもある。頭花君の名前は「咲男」。
咲男という名前の由来は、「花が咲いている事から」というそのまんまのネーミングで、その事に本人はショックを受け自分や頭花族という存在に疑問を巡らす様になった。
何故頭花族は頭から花が咲いているのか不明であるが、生まれた時から頭に一本花が咲いており、自分の頭に咲く花の種類は選ぶ事が出来ない。
親戚には「ヒヤシンス(兄)」と「マーガレット(妹)」という美男美女の兄妹がいて、頭花君とは顔の造詣が全然違う。
好奇心旺盛な性格で、自分とは一切関係ない事にも興味を持ち、事の顛末を知りたがったり色々なものを見学しに行きたがる。
キノコが大好物で、一度笑いタケを食べて死に掛けたことがある。

おかめちゃん

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

目次 - Contents