コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

CV:木内力也

天使。
一般的な美しい天使とは離れた外見をしており、それをコンプレックスに思っている。
天使の身でありながらナゾ怪人のスージーに片想いをしており、悩んでいる。
吾作がスージーを好きな事は誰も知らない。

ルル

CV:宮城満希子

天使。吾作の妹。
吾作とは違い可愛い見た目をしている。
写真で見た神様(ゲタ屋の息子)に一目惚れし、それ以降ずっと神様に恋をしている。
神様がゲタ屋の息子だという事実は知らない。

ごうた

ごうた(左から二番目の和服黒髪の少年)

CV:小谷伸子

北風こぞう。
皆の迷惑になるため普段は北風を吹かす事ができず、ストレスを溜めていた。
見かねたテル子の提案で真夜中に北風を吹かすことになり、ストレス解消が出来た。

うめばち姫

CV:雪絵れな

神社の神様。梅鉢族(或いは神社の神様族・神社族)の藩主令嬢。
皆からは「うめちゃん」と呼ばれている。年齢は46781歳。
ペロちゃんとうさ子と仲良し。
地球の日本で神社の神様として人間の願いを叶えるアルバイトをしている。
父方の祖先が頭花族と結ばれていて、その血を引いているため先祖返りをしたのか突如うめばち姫の頭に梅の花が咲いた事があった。
梅の花は数日でどんどん成長し、梅の実になると枯れて頭から取れた。
うめばち姫は頭の花が枯れたら自分は死んでしまうのではないかと不安に思っていたが、梅の花が枯れても無事であった。
折角自分の頭に出来た物だからと、記念に頭から取れた梅の実を庭に埋めると、大きな梅の木になった。
その後、梅の木はうめばち姫に感謝を伝えて消え、実った梅の実はコジコジの提案で梅干になった。
アルバイトをしているため携帯電話を所有している。

トミー

CV:徳永悦子

かえる。
梅雨の季節になると地球へ行き、集まった仲間と共に雨の中田んぼで遊ぶ。
記憶の無いジョニーを気にかけるなど優しい性格。
情報通。

ゾラ

ゾラ(左側)

CV:小谷伸子

曲芸師。しかしこれと言った芸は持っていない。
アニメ版では芸をコロ助たちにバカにされてグレたことがある。

ムーア

CV:大栗伸慶

けむりの精。
教室では寝ている事が多く、あまり目立たず本人も目立つ事を望んでいない。
催眠術が得意。
第一話ではカメ吉やコジコジと一緒にやかん君のお茶を飲みに来ていた。

ピロロ / フー

ピロロ CV:古山きみこ
フー CV:松本美和

かぜの子供。
ピロロが姉で、フーが弟。
2人でいつも一緒に居る。
クラスでファッションショーをした際には、服が無いコジコジに洋服を貸したことがある。

うさ子

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

目次 - Contents