コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

物知りじいさん

CV:杉野博臣

物知りの精。
湖に住んでおり、首が長い。
湖に向かって名前を呼ぶと頭と首だけが出てきて、胴体がどうなっているのかは不明。
湖の下の洞窟のような場所に家がある。
何でも知っていると吹聴しているが本当は無知。
無知である事がバレそうになるとヒヤヒヤし、口からのでまかせを言って信じさせようとする。
最初は皆でまかせを信じていたが段々疑うようになっていく。
アニメ版では亡き妻のチエコが物知りだったという設定で、生前はチエコが耳打ちして何でも教えてくれていた。
チエコの遺影を家に飾っており、物知り爺さんが自信を失くした際に写真に一時的にチエコの魂が宿って知恵を貸し、その知恵によって名誉挽回したことがある。

カメ大明神

CV:うすいたかやす、宮澤正

カメ吉の師匠。
いつも偉ぶっているが、大明神という称号は自称。
しかし物知り爺さんよりは博識でもある。
カメ吉を格安のバイト料で修行と称してこき使っている。
カメ吉を馬鹿にされて怒ったことがあり、師弟愛もあると思われる。
カメ吉にやかん君のお茶断ちの試練をさせた際に、カメ吉に変わってお茶断ちの試練を止めて欲しいと頼みに来たコジコジに意地悪で消えてみろと無理難題を言う。
するとコジコジと共に世界そのものも消えそうになったため、コジコジに対して苦手意識と恐怖心を持っている。

バレンタイン君

CV:高橋広樹

バレンタインの精。
ひな子の元彼で200年付き合っていたが、浮気性であったことが原因で破局。
ひな子に未練があり、ひな子と正月君のお見合いに乱入してきた。
その際は正月君の叔母によって一時撤退に追い込まれたが、その後白馬に乗ってひな子をさらう。
ひな子との対話によってひな子を諦め、正月君との交際を認めた。

デージー

デージー(左)

CV:高乃麗

スージーの妹。
姉妹で一緒に住んでいる。
しかし仲は悪く、いつも取っ組み合いの喧嘩をしている。
スージー同様に三日月の晩になると清らかな美女に変身し、姉妹仲も良くなる。

クロック / ウォッチ

クロック(左)とウォッチ(右)。

クロックCV:橋本潮
ウォッチCV:甲斐田ゆき

アニメオリジナルキャラクター。一話限りのゲストキャラ。
クロックが兄で、ウォッチが弟。
メルヘンの国の時間を管理している。
時間通りに起きられるか心配になり2人揃って不眠症になってしまい、時間を進めて早く朝が来るようにしたためメルヘンの国全体が寝不足になった。

ハウキャウくん

CV:小堺一機

アニメオリジナルキャラクター。一話限りのゲストキャラ。
パンダのようであるが、本人はパンダである事を否定している。
「ハウキャウ」としか喋らない。
元々は小堺一機(お笑い芸人)が小さい頃に妹と考えた「ハウキャウパンダ」というキャラクター。
小堺のTBSラジオ『コサキンDEワァオ!』にさくらももこがゲスト出演した際に、小堺が本作のファンであったことを話してアニメへの登場・出演を交渉。
小堺の絵を元にさくらももこが手直しを加えて正式に完成した。
この回には小堺の盟友・関根勤もUFOの効果音として出演している。

その他

田中松之助

おかみさん(右から二番目)と松之助(右)

CV:西松和彦

メルヘンの国と陸続きにある「江戸っ子の国」の住人。
ゲタ屋の主人。
家族と一緒にメルヘンの国に遊びに来た所、何故か神様だと崇められて困惑した。

キク(おかみさん)

CV:水谷敬子

松之助の妻。
家族でメルヘンの国にやってきた。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

目次 - Contents