コジコジ(COJI-COJI)のネタバレ解説まとめ

『コジコジ』とは、漫画家さくらももこによる日本の漫画作品、およびそれを原作としたアニメなどのメディアミックス作品。漫画は『きみとぼく』で1994年から1997年まで連載され、アニメは1997年から1999年まで放送された。メルヘンの国に住む主人公「コジコジ」と、その仲間達の日常生活を描いた作品。さくらももこの持ち味であるシュールさやブラックジョークをふんだんに用いて描かれている。

CV:石田よう子

うさぎの精。
ペロちゃんと仲が良く大抵一緒に居て、一緒に帰っている。

タヌキ君

タヌキ君(右)

CV:サエキトモ

タヌキ。
タヌキ一族のユニット「グレートタヌキーズ」の一員。
変身が得意で、その特技を買われてブヒブヒやスージーの悪巧みに加担させられているが、報酬未払いなどの被害者にもなる。

カツブー

CV:荘真由美

おにぎり星人。
自分の体(おにぎり)の一部を食べさせて人を喜ばせる事が使命。
具はおかか。
あまり焦点が当たることがないキャラクター。

サラサラ君

サラサラ君(左)

CV:石川大介

アニメオリジナルキャラクター。
アニメ中盤でさらさらの国から転校してきた。
本人は自分の事をサラサラした性格だと言っているが、実際にはしつこいナルシスト。
自分の事を周りが知っているという前提で何でも話し、言葉使いは柔らかいがどことなく上から目線で偉そうにしているため周りから警戒されている。
ペロちゃんを気に入り付きまとっているが、ペロちゃんからは煙たがれている。
うさ子やうめばち姫などの他の女子にはあまり興味が無い。
やかん君からはペロちゃんへの積極性を羨ましがられている。
言葉数が多く長広舌が得意で、自分に喧嘩を売って来たブヒブヒやスージーを言葉で煙に巻いた事もある。
ナルシストで自分の名前を誰もが知っていると思っていたため、コジコジに名前を間違われて落ち込む。

虎田進

CV:内藤玲

アニメオリジナルキャラクター。
正体はノストラダムス。
予言者である自分の人生に絶望し、新しく人生をやり直すため名前をノストラダムスのアナグラムで「虎田進(とらだすすむ)」にした。
正体を隠してメルヘンの国に転校してきたが、おかめちゃんによって正体がバレてしまう。
自分の予言によって恐怖の大王がメルヘンの国に来る事になってしまうが、コジコジの「恐怖の大王なんていないよ」という一言で全てが無かった事になり予言が外れた。
その後、自分がメルヘンの国にいては迷惑が掛かると思い「メルヘンの国の平和は永遠に続く」という予言を残してメルヘンの国を去った。

スージー

CV:TARAKO

ナゾ怪人。意地悪で横暴な性格の悪女。
クラスメイトのブヒブヒと組んで強盗、恐喝、サギなどの悪さをしてメルヘンの国の人たちを困らせている。
妹のデージーと一緒に暮らしているが、お互いに利用し合う関係で仲が悪い。
凡そ良い所がない性格であるが、三日月の晩になると普段とは正反対の心の清らかな絶世の美女に変身する。
美女の姿の時にある男性と恋に落ち、変身した晩のみ逢引きをしている。相手の男性の正体は不明。
美女のスージーは少女的な趣味があり、舞踏会に出かけるわけでもないのにドレスを着用して着飾り、同じく美女に変身したデージーとお互いを褒め合う。
普段のスージーは美女になった自分を毛嫌いし、美女になったスージーは普段の下品な自分を毛嫌いしている。
自分が美女になった記憶は保持されているため、翌日は嫌悪感でグッタリしている。

ブヒブヒ

CV:千葉進歩

悪魔。飛行能力を持つ。クラスで一番背が高い。
単純な性格で頭はあまり良くない。
スージーと一緒に悪さをしてメルヘンの国の人たちを困らせて楽しんでいる。
クラスメイトにも容赦がないが、コジコジには調子を狂わされてしまい苦手にしている。
上司である魔王がメルヘンの国に来て嵐を起こしに来た事があり、その際はブヒブヒもテンションが上がっていた。
しかしコジコジが魔王と遊ぼうと付きまとったため、調子を狂わされた魔王とその配下たちは嵐を起こさず帰ってしまった。

先生

メルヘンの国の人々

ひな子

CV:荘真由美

ひなまつりの精。正月君の嫁。
200年以上バレンタイン君と付き合っていたが別れ、正月君とお見合い後結婚した。
顔が控えめである正月くんの嫁とは思えないくらいの美女で、穏やかな性格。
外で亭主関白を気取っている正月君に合わせて、クラスメイトの前では従順な嫁の様に振舞っている。
実際は正月君がひな子にベタベタに甘えていて、ひな子の方もまんざらでは無い。
アニメ最終回では2人の間に女の子「まゆ」が生まれた。

hinnketu
hinnketu
@hinnketu

目次 - Contents